タグ:在りし日&在りたき姿 ( 92 ) タグの人気記事

わたしだからできること、スペイン語・英語版ディーパク瞑想講座15日目 Everyone can be great

  わたしとはどういう人間か。
  わたしは何を望んでいるのか。
  わたしはどんなふうに世の中や人の役に立つことができるのか。

 簡単そうで答えるのが難しいこの三つの問いが、スペイン語版21日間瞑想講座の、それぞれの週の焦点となっています。

f0234936_6503898.jpg

 昨日は、14日目の講座を聞き損ねてしまい、15日目の講座を聴きました。奉仕・サービスと言っても、何も大きな自己犠牲を払ったり、多くの時間やお金を費やしたりする必要はないのだと言って、ディーパクが紹介した、マルティン・ルーサー・キングの言葉が心に残りました。「すべての人はすばらしい。だれもが世に役立つことができるからだ。」

 奉仕というのは、自分だから、自分だけが持つ個性や能力を理解して、それを人や自分の役に立てていくことなのだというディーパクの言葉に励まされます。わたし自身が本当にしたいことは何か、世の中で自分や人の幸せのために、わたしはどういう形で貢献していけるのだろうか。最近読み終えた、あるいは読みかけている自己啓発や起業、ビジネスの本や記事とも、不思議と相通ずるところがあります。


 そして、与えることと受け取ることは、同じエネルギーの流れを別面からとらえているだけで、人に与えるとき、わたしたちは同時に、自分たち自身にも恩恵を受けているのだというディーパクの言葉に、「情けは人のためならず」というとらえ方の普遍性を思いました。

  How can I serve?

 毎日自らに問いかけて、自分の心の奥深くからのささやきに、答えに耳を傾けなさいという言葉に、まだまだ確信を持って答えられないわたしは、温かい応援をもらえたようで、うれしくなりました。

*******************************************************
Capiamo i nostri talenti unici e usiamoli per rendere felici gli altri e noi stessi.
(Foto: i miei appunti del corso di Deepak Chopra)
*******************************************************

LINK
ディーパク瞑想講受講登録ページ / Corsi Deepak Chopra - Info
- Deepak & Cala – Reto de Meditación de 21 Dias – Destino Extraordinario (Inicia 16 de mayo、スペイン語版)
- 21 Jours de Méditation avec Deepak Chopra - La Puissance des E’nergies Vitales (Début le 30/5/2016、フランス語版)
- 21 Giorni di Meditazione con Deepak Chopra – Vivendo la Felicità (Dal 27/6/2016)
関連記事 / Articoli correlati
- 西仏伊英語ディーパク瞑想講座、明日から続々開始 / Iniziano i Corsi di Meditazione con Deepak Chopra in spagnolo, francese e italiano (15/5/2016)
- 自信と平安は、わたし自身の中に~イタリア語瞑想講座 / Meditazione con Deepak Chopra – Il Petere delle Energie Vitali (23/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-06-04 23:50 | Vivere | Trackback | Comments(0)

愛・幸せ発見いざなうフランス語

 だれかの心ない一言で、あるいは壁を乗り越えられない自分が歯がゆくて、つい心が揺らいだり、自信がぐらついたりする、そんなときがあります。


 自分が穏やかな安心した気持ちになれるのはどういうときか、確たる自信を持っていられるのはどういうときかを、思い出してみよう。実は、その安心や自信のよすがは、わたしたち、すべての人間の奥深くに存在するのだ – それが、今日1日目のフランス語版瞑想講座を聴いてみて、心に残ったことです。

   Jour 1 Trouver la Securité
   Jour 2 Trouver le Bonheur
   Jour 3 Trouver le Pouvoir
   Jour 4 Trouver l’Amour

 ディーパク・チョープラの新しいフランス語版瞑想講座、Pouvoir des Energies Vitales! Laissez-vous fluer avec l’inspirationは、月曜から始まったので、すでに4日分の毎日の講座の案内がメールで届いていて、件名を見れば、その日の講座内容が分かるようになっています。

 安心感(securité)幸せ(bonheur)力(pouvoir)愛(amour)を、日々確かに我がものと感じながら生きていけるヒントをくれるディーパクの、21日間1日約20分の瞑想講座を、楽しみに聴いていくつもりでいます。最初に流れるディーパク自身の英語の言葉をじっくり聴き、続くフランス語訳は、あまり分からないのでぼんやり聞き流すというのが、これまでの聞き方だったのですが、今回はフランス行きが間近に迫り、フランス語初級の復習を始めたこともあって、フランス語訳にも注意を払って聴くようにしています。

f0234936_764029.jpg

 今回のフランス語版は、昨年11・12月にあったイタリア語版と同じ内容なので、昨年受け取った講座の案内メールの件名を見ると、先の内容も予想できます。イタリア語版で解説をしてくれるプージャ・クリスティーナたちから、しばしば、「1度聴くだけでは本当には自分のものにならないので、少なくとも3度は、じっくりと受講しなければ」と聞いています。まさにそのとおりで、「いいなあ、なるほど」と、特に時間があるときは、時々音声を止めて、ノートに書き写しながら聴き、ブログの記事にしたりさえするのですが、2度目に聴いても新たに心に響くところや、忘れてしまっていたことがあります。それに、プージャが言うように、聴くたびごとに、そのときの自分の心や置かれた状況に応じて、心に響くことや、身につくことが違うということもあるのでしょう。

 心がざわつくときには、今日の言葉、「わたしの安心と心の平安は、わたし自身の中にある。」(Ma sécurité et ma paix sont en moi)を思い出せるといいのですが、たった1文でも、イタリア語と違って、覚えるのに手こずりそうです。心に安らぎと確かさを与えてくれるマントラ、Lamを、ゆっくり深呼吸して、心を静め、心の中で何度も繰り返し言ってみる、その方が手っ取り早いかもしれません。

f0234936_765720.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno 20/5/2016

 そういうとき思い浮かべるのは、穏やかに水をたたえたトラジメーノ湖の風景です。今、読んでいる瀬戸内寂聴さんが語る法話には、ディーパクの教え、説明する仏教の慣習には、カトリック教の慣習に、びっくりほど相通ずるところが時々あって、そうなのかと驚きながら、学びながら、本を読み進めています。「マントラは宇宙の魂に届く言葉」といったような言葉が、そう言えば最近読んだ本の中に書かれていました。

 先に始まったスペイン語版の瞑想講座も、今のところは1日遅れで聴き続けていますが、1日分だけ聴き逃してしまいました。いろんなところにしわ寄せが行っているので、もう少しすべきこと、したいことの優先順位と、どこまで時間を割けるかを、しっかり考えなければいけません。

**************************************************
Lunedì è iniziato il corso di Meditazione con Deepak Chopra
in francese, "Pouvoir des Energies Vitales".

Seguire il corso mi aiuta a vivere più serenamente e
ad imparare meglio il francese :-)
Foto: Tramonto al Lago Trasimeno 20/5/2016
**************************************************

LINK
ディーパク瞑想講受講登録ページ / Corsi Deepak Chopra - Info
- Deepak & Cala – Reto de Meditación de 21 Dias – Destino Extraordinario (Inicia 16 de mayo、スペイン語版)
- 21 Jours de Méditation avec Deepak Chopra - La Puissance des E’nergies Vitales (Début le 30/5/2016、フランス語版)
- 21 Giorni di Meditazione con Deepak Chopra – Vivendo la Felicità (Dal 27/6/2016)
関連記事 / Articoli correlati
- 西仏伊英語ディーパク瞑想講座、明日から続々開始 / Iniziano i Corsi di Meditazione con Deepak Chopra in spagnolo, francese e italiano (15/5/2016)
- 自信と平安は、わたし自身の中に~イタリア語瞑想講座 / Meditazione con Deepak Chopra – Il Petere delle Energie Vitali (23/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-06-02 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(6)

自分の真の声に耳を傾ける、スペイン語・英語ディーパク・チョープラ瞑想講座1日目

  Who am I? / ¿Quién soy?
  わたしは、だれですか?

 毎日こう自らに問いかけて、静かに深くその答えに耳を傾けましょうと、ディーパクは言います。

 この問いかけは、一見簡単そうに見えるものの、まったく簡単ではありません。

  本当はわたしは、どういう人間なのだろうか。
  人生で、どんなことがしたいと思っているのだろうか。

 家族の希望でも、世間の想定でもなく、わたしという人間が、この世にこうして生を受けて、生きていく間に、自分がこれはしてみたいことはどんなことで、どんなふうに生きたいと願っているのか。

 昔むかし、高校の国語教師として勤めた初任校で、ベテランの先生方と分担して、現代文の問題を作成したとき、苦労して、ア・イ・ウ・エと、筆者の主張を選ぶ選択肢を作ったのですが、先輩の先生方が、「これは私ね、石井さんが言うウよりも、誤答とみなしているエの方が正解だと思うわよ。」とおっしゃったこと、そうして、そういう機会が一度や二度ではなかったことを、今もよく覚えています。わたしはそうやってみっちり鍛えていただいたのですが、世の中には、国語の問題、ひいては、日本語能力試験やイタリア語検定でも、上級になると、本来読解力を問うべきであるのに、文章自体からは別の解釈も可能である、そういう解釈が分かれるところで、試験作成者と同じとらえ方ができているかどうかを尋ねるような、おかしな問題が、時々あります。そのため、現在、日本語能力検定試験のN3合格を目指して勉強する生徒さんも、「読解問題は、問題作成者の哲学や発想をうまく当てなければいけないから、困りますね。」と言い、わたしも問題集の正解に、うなってしまうことが、時にあるのでありました。

 閑話休題。ですから、「わたしはだれですか」というディーパクの問いも、人によって受け止め方が違ってくることでしょう。

 わたし自身は、先に書いたように解釈しました。そうして、その後に続いたウパニシャッドの教えが、心に響きました。

f0234936_7533211.png

 「私たちが望むことが、意図となり、意志となり、ひいては行動につながり、自らの運命となっていくのだから、わたしたち自身は、自らの最も奥深い望みにほかならないのだ。」

 もし本当に、自分は一生をこんなふうに生きたいという軸がしっかりと定まっていれば、たとえば、大学の試験のために勉強するように、1週間後の旅行にそなえて、交通手段や宿を手配するように、望みが意図、意志、そして行動になって、運命を望むように切り開いていけるはずではないか。

 毎日、当座のしめきりや、誘惑やしがらみに流されてしまうのは、するべきことができないのは、本当にするべきこと、したいことが認識できず、なすべきことに挑んでいく覚悟や思いが足りないからではないか。

 日々の行動やこれまでの自分の人生をふり返り、いろいろな問いを投げかけ、考える、そういうきっかけを、また、ディーパクの瞑想講座が与えてくれました。


 月曜に始まり、5日以内なら聴くことができる、そのぎりぎりの5日目の最終日、今日になって、ようやく1日目の講座を聴きました。イタリア語との類似と、同じ講座をすでに、英語訳つきのイタリア語版、フランス語版で受講しているおかげで、冒頭のスペイン語だけの説明も、不思議と7割ほど、理解できたような気がします。2分半ほどの導入が終われば、あとはまずはディーパクによる英語の教え、続いてスペイン語訳が、交互に流れるようになるので、主に英語で理解して、スペイン語は、なるほどスペイン語ではこんなふうに言うのかなどと、おもしろがりながら聞きました。

 写真は、今日見たトラジメーノ湖に沈む夕日です。

*******************************************************
Foto: Tramonto sul Lago Trasimeno 20/5/2016

Citazione: dal Corso di Meditazione di Deepak Chopra in spagnolo.
Chi sono io? Sembra una domanda semplice, invece Deepak ci invita
a domandarci ogni giorno e ad ascoltare attentamente la risposta.
Sì, bisognerebbe rifletterci su più spesso e più seriamente.
*******************************************************


関連記事へのリンク

- 西仏伊英語ディーパク瞑想講座、明日から続々開始 / Iniziano i Corsi di Deepak Chopra di Meditazione (gratis, 21 giorni) (15/5/2016)
- Qui suis-je? 望む人生は自分探しから、仏英瞑想講座1日目 / Méditation avec Deepak Chopra – Le Destin dans Vos Desirs (26/10/2015)
- わたしの現実をつくるのは - ディーパク英語・イタリア語瞑想講座 / Meditazione con Deepak Chopra - Il Destino nei Tuoi Desideri (14/7/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-05-20 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(2)

悪習慣ふり回されず断ち切ろう、瞑想講座14日目

 つい甘いものに手が伸びてしまうとか、するべき苦手なことを後回しにするとかいうことだけではなく、たとえば、何かささいなことで、すぐに腹を立ててしまうとか、落ち込んでしまうとか、恐怖にすくんでしまうというのも、実は自分が作り上げてきた過去の習慣によるところが大きいのか。今日14日目の瞑想講座を聞いて、なるほどと思いました。

 他人のことだと、「そんなことくらいで」と客観的に見られるのに、自分のことだとなかなかそうはいかないのですが、確かに、習慣的に無意識に、ふとしたことで負の感情のスイッチが入ってしまう場面があり、言われてみたら、確かにディーパクが言うように、それは、悪い習慣に、惰性にふり回されて、心や体が応じているのでしょう。

f0234936_754667.jpg

 自分が、無意識に望ましくない反応をしたり、すぐに負の感情を抱いたりする状況を思い返してみて、もし次回そういうことが起こったときには、では、無意識の悪習慣で条件反射してしまう代わりに、意識をしっかり持って、自分が本当はどうしたいのか、何を望んでいるのかを突きつめて考え、望ましい反応を自分の中で、模擬訓練していけば、そうした悪い連鎖を断ち切ることができ、悪い習慣から解放されるはずですと、ディーパクの教えは続きます。

 「わたしはこういう性格だから」と済ませてしまうのではなくて、やはり、行動が習慣を、習慣が人格を作っていくのだと意識して、少々小石が投げ込まれたくらいでは、荒波を立てない湖のように、落ち着いて構えていられたら、わたし自身も楽だし、相手にも、たとえ相手に非がある場合でも、こちらから穏やかさの波を発していけるのではないかと、そんなふうに感じました。

f0234936_7542449.jpg

 条件反射ですぐに感情的になってしまうのは、悪習慣に縛られているのであって、自分で意識して、こんなふうに対応したいという反応を自分が意識的に選べるようになれたら。「AならB」と自分の中に確立してしまった行動パターンや感情のパターンを打ち崩したところに、突破口が見つかるはずというディーパクの言葉に思い立って、今日の夕方は、「花粉症だから」「夫が義父と激しい口論をしたばかりで機嫌がひどく悪いから」と、いつもならうちで家事や仕事をするところを、あえていっしょに夫とミジャーナに出かけてみました。野生のアスパラガスを摘み、桜やこの冬植えた梨の若木の花を見ることもできて、習慣のよしあしに関わらず、自分の習慣的行動を突き崩してみるのはいいことだなと思いました。

What is one choice you can make today to move your life’s story in a positive direction?

Pubblicato da Chopra Center Meditation su Lunedì 4 aprile 2016

 「悪い習慣は根が深く、行動を縛ってしまいがちですが、自分が作り上げたものなのだから、わたしたち自身に、悪習慣を断ち切る力があるのです。」 

 このディーパクの言葉に、今日はとても励まされました。そうして今日は、少なくとも今日だけは、ある悪い習慣ににふり回されずに暮らすことができました。

************************************************
Le abitudini negative sono difficili da sradicare.
Ci comportiamo spesso in un certo modo
inconsapevolmente spinti dalle abitudini.
Tuttavia, possiamo liberarci da tali abitudini negative;
basta accorgerci dei circuiti abituali
che ci conducono alle reazioni negative inconsapevoli,
come ci consiglia Deepak.
************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-07 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(10)

4月3日と人生とブログ

 「願いや夢が実現するから、満足できて、穏やかな気持ちになれるのではなくて、穏やかな心が先にあるからこそ、するべきことや夢を実現することができるのです。」

 先ほど瞑想講座で、ディーパクがこう語るのを聴きながら、逆説的だけれども、きっとそのとおりだろうな、と感じました。

f0234936_752013.jpg
Lago Trasimeno, Passignano 2/4/2016

 どんなに寒くて、湖の表面が凍るときにも、湖の下の方は一定の温度が保たれていて、だから魚たちは問題なく冬を過ごすことができるのだと、夫から聞いたのを覚えています。昨日は、北風が強く、トラジメーノ湖の周囲を車でほぼ一周すると、場所によっては荒波さえ立っていたのですが、そういうときでさえ、荒立つのは表層だけで、少し下へゆけば、水は風に動じることもなく、常に穏やかなのでしょう。

f0234936_75779.jpg

 だれでも、自我の奥深くに潜んでいる、真の自己は穏やかさ、優しさ、愛情と可能性に満ちているのであって、瞑想を通して、その真の自己を少しずつ実際に自らのものとしていくことが大切なのですと、瞑想の導入にあたって、ディーパクが心を平安で満たすように呼びかけます。

Meditation helps us cultivate a center of peace within that we can always return to, no matter what is happening around us.How do you maintain an inner core of peace during hectic or stressful situations?

Pubblicato da Chopra Center Meditation su Mercoledì 30 marzo 2016

 そういうとき、穏やかな満ち足りた心でいようとして、わたしが思い浮かべるのは、トラジメーノ湖の穏やかな湖面であり、ただただ美しく咲いている日本の桜の花なのです。

Welcome to Day 10 – All Fulfillment Comes from PeacePeace is more than a feeling; it’s a way of being. You will never...

Pubblicato da Chopra Center Meditation su Mercoledì 30 marzo 2016

 2002年4月3日に、まずは語学留学生として、イタリアで暮らし始めてから、14年経ちました。必然か奇遇か、最初は「ペルージャ発 なおこの絵日記」と名づけていたこのブログも、書き始めたのは2010年4月3日です。

 心を落ち着けて、自分が人生で、そして今、本当にしてみたいのはどういうことかを胸に問いかけ、夢の実現に向かって、もっとしっかりとした足取りで、もっと積極的に動いていきたいと考えています。春が来れば、受け持ちのクラスや学年が変わり、時には勤務先の高校や暮らす町さえ変わる高校教師という仕事を、12年間続けていたために、3月末から4月初めにかけては、自然と自らを見つめ直し、新たに何かを始めようと思う、わたしにとって、そういう時期なのかもしれません。ブログのタイトルやツイッターのプロフィール名を変えたのも、そういう思いからです。

f0234936_745975.jpg

 目の前にある、そして今与えられている仕事やすべきことは、もちろん一つひとつていねいに仕上げていくつもりでいますが、今年はそれだけではなく、自分が本当はどういう毎日、どういう人生を望んでいて、そのためには日々どうすればいいのかも、しっかりと考える時間を取り、行動に移していくつもりでいます。

 皆さん、これからもよろしくお願い申し上げます。

********************************************************
"Each one has to find his peace from within." - Mahatma Gandhi
Quando Deepak invita ad attingere la pace interiore del vero sé,
per cercare di avere il cuore in pace,
tendo a visualizzare mentalmente il Lago Trasimeno
e la fioritura dei ciliegi giapponesi.
Sono passati 14 anni da quando ho iniziato a vivere in Italia,
da quando sono scesa dall'aereo a Milano il 3 aprile 2002.
********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-03 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(12)

インプット大事語学も人生も、ディーパク英語瞑想講座6日目

 イタリア語を本だけ読んで勉強すれば、小難しい書き言葉を使って話すようになってしまいます。かと言って、もっぱら親しい友達や恋人、家族との会話を通して学ぶと、くだけた口語表現ばかり身について、とっさの応答はできても、論旨の通った話をしたり、時の話題について皆が話しているのを理解したりするのが、難しくなります。だから読書や文法学習、会話はどれもインプットとして大切だという話は、すでに何度かしましたし、そう言えば、昨年薬草学講座で、小児科の女医さんが、「いくらわたしたちが、肥満や成人病に苦しむ子供を治療しようとしても、親が食生活に配慮せず、子供が、健康に悪いものばかり過剰に食べ続けていては意味がない」と訴えていたときも、飲食物として体内に採り入れるインプットの質が劣悪かつ過剰であれば、治療に効果がないほど身体の健康が損なわれると、インプットがいかに重要であるかを述べていたわけです。

 21日間瞑想講座、6日目の主題は、「人生、日々の暮らしにおけるインプットの大切さ」でした。

f0234936_4185454.jpg

 嫌な思いや経験ばかりをインプットとして取り込み続ければ、心身が疲弊するのは当然のことで、だからこそ、おいしい有機食品を食べ、自然の美しさに触れるなど、自分の心身が軽やかに感じられるような機会を意識的に増やして、どろどろインプットをわくわくインプットに変えていく必要がある。それは決して、仕事での嫌な経験や、心にさざ波が立つ人間関係を避けろということではなく、そういう受け容れがたい事実があったとしても、それを腹立ちや嘆きと共に心身に取り込んで、いつまでもいつまでも、そういう嫌なできごとや感情ばかりに焦点を当てて、負の感情を増幅させてしまってはいけないということだ。

 3月21日から始まったディーパク・チョープラのオンライン無料瞑想講座は、英語版です。ぎりぎりの5日遅れで今朝聴いて、なるほどなるほどと、メモを取りました。ただし、上の写真は、毎日届くその日の講座のメール案内を読みながら、ノートにまとめたもので、音声を聴きながらの書き取りは、もっと字が崩れています。

Welcome to Day 6 – The Key to Positive InputWhen you discover what truly nourishes your entire being, cravings and...

Pubblicato da Chopra Center Meditation su Sabato 26 marzo 2016

 嫌なことがあったとき、それをいつまでも思い返して憤慨していては、嫌なことが自分に与える負の影響を倍にしてしまう、レモンジュースの酸っぱさが倍になるというようなことは、ずいぶん前にデール・カーネギーの本で読んだ覚えがあります。そのときは、読んでなるほどと思い、分かったつもりでいました。けれども、今も、日々の暮らしの中では、つい嫌なことを思い返しては、腹立ちや悲しみを引きずってしまうことは、決して少なくありません。

f0234936_4185959.jpg
Giardino delle Piante Acquatiche, Isola Polvese 8/7/2011

 そうやって、負の感情を引きずることは、いつまでも気に病むことで、心身に毒素を蓄え続け、増やしてしまうということなのか。今朝はディーパクの言葉に、改めてそう感じました。嫌なこともありがたいと思えれば、心身の毒素ではなく、糧になるはずです。ディーパクがしばしば、よかった探しや、感謝日記を推奨しているのは、そういう心の糧になるいいインプットにこそ、日々注意を払い、できるだけ出会えるようにせよということなのでしょう。

f0234936_419692.jpg

 明日から4月です。いろんな意味で心身新たに、人生に臨んでいきたいと考えています。

*****************************************************
"Noi siamo quello che mangiamo" così ho sentito
durante il corso di erboristeria e ciò vale anche per il cuore.
Cercheremo di avere più input positivi,
evitando e non rimuginando gli input negativi.
Via tossina! Ci sentiremo più leggeri e lieti.
- I miei appunti dopo aver seguito la meditazione,
"Day 6 The Key to Positive Input" di Deepak Chopra

*****************************************************

参照リンク / Riferimento web
- Oprah & Deepak Shedding the Weight. Mind, Body and Spirit. 21-Day Meditation

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
外国語学習とインプット
- イタリア語のTPO (19/11/2012)
- 外国語上達の極意その2 (30/12/2012)
- 英伊仏ヒアリングマラソンと注意点 (25/1/2013)
健康と食のインプット
- 健康は食が作る、薬草利用と共に生活改善 / Noi siamo quello che mangiamo @ Corso di Erboristeria di Collepardo (21/8/2015)
- 花粉症に食事・薬草療法 (25/3/2013)
ディーパク・チョープラ21日間オンライン無料瞑想講座
- 鏡を見るたび (9/10/2014)
- そのときあなたは~心身と瞑想とフランス語 (26/11/2014)
- そう来たか ~悟りも健康も掃除から (30/11/2014)
トラジメーノ湖 / Lago Trasimeno
- 蓮と睡蓮の競演 / Fiori di Loto e Ninfea @ Isola Polvese sul Lago Trasimeno (8/7/2011)
- 初夏のポルヴェーセ島1 / Isola Polvese in estate 1 (7/5/2011)
- 初夏のポルヴェーセ島2 / Isola Polvese in estate 2 (7/5/2011)
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Andiamo al Lago Trasimeno (4/6/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-03-31 21:19 | Vivere | Trackback | Comments(4)

心が決める

f0234936_8185961.jpg

 1月2日の晩、ボローニャからリミニの友人宅までは、電車で戻りました。車内があまりにも明るいので、車窓が鏡のように電車の中を映し出し、窓に映った反対側の座席の窓の中に、わたしたちの傍らの窓とわたしたちが映り、合わせ鏡のように、入れ子式の箱のように、どこまでもどこまでも、窓の中に、さらに小さい車両内と窓が映り続けています。

 そういう眺めがおもしろいなと思うと同時に、外の夜景がほとんどまったく見えないことに驚きました。

 そうして、人の心や頭も同じで、「これはこうだ」、「あの人はこうだ」などと頑なに思い込んでしまうと、そういう自分の思い込みにばかり焦点が、光が当たって、いくら現実はそうではないことが分かるできごとや言動があっても、目に入らないのではないかと思いました。

 逆に、どんなに心を波立たせるようなことがあっても、自分自身が本当に平静な心を持ち、自分を根っこのところで信じて、大切に思えていたら、何があろうと、だれから何を言われようと、心穏やかでいられるはずです。

 言うは易く行うは難しではあるのですが、今年は、もっと客観的に、よりさまざまな視点に立って、物を考えるように努め、多少の波にすぐに動じない、落ち着いた心でいられる自分に鍛えていきたいと感じています。

Benvenuto al giorno 1 de "Il Potere delle Energie Vitali".Siamo molto felici che tu ti stia unendo a noi! Nelle...

Posted by Deepak Chopra Meditazione on Domenica 22 novembre 2015

  “La sicurezza e la pace sono dentro di me.
   My security and peace are within.

  「安心と平安は、わたしの中にある。」

 主語に並ぶ二つの単語は、本当にさまざまな訳し方ができるのですが、わたしはこんなふうにとらえながら、瞑想講座を聴きました。心の中で何度も繰り返すだけで、波のように優しく、心に強さと自信を育ててくれるような気がします。

*********************************************************
Luminoso dentro buio fuori nel treno verso Rimini il 2 gennaio.
Così la finestra mostrava solo le immagini dell'interno del treno,
occultando completamente i paesaggi esterni.
Ciò accade anche nella nostra mente e nel nostro cuore;
quando crediamo qualcosa ostinatamente,
siamo pieni solo dei nostri pensieri e delle nostre ragioni
e non riusiamo a riconoscere la realtà.
Nello stesso tempo, anche quando fuori c'è una tempesta,
il nostro cuore rimarrebbe calmo, indisturbato
se avessimo dentro di noi un forte senso di sicurezza e di pace.
*********************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 慈しみ庭を育てるように / Nuestro cuerpo es nuestro jardín… (23/11/2015)
- 鏡を見るたび (9/10/2014)
- そのときあなたは~心身と瞑想とフランス語 / Je suis le flux du rythme avec mon esprit et mon corps (26/11/2014)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2016-01-16 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(14)

世界はすてきに満ちている

 ~世界は、びっくりするようなすばらしいことに満ちていて、
  わたしたちに見る目さえあれば、
  すばらしい驚きが、目前に立ち現れる…~

f0234936_8564496.jpg

 昨年11月に昼食を食べた、それはおいしいレストランの壁に、こう書いた紙が貼られていました。冒頭の文はかなりの意訳で、文が呼びかけていることと、そのリズムが伝わるように訳してみました。

 山を歩いていて、予想もしなかったような美しい眺めに出会ったとき、びっくりするほど精巧で美しい彫刻などを目にするとき、夫の口をついて出るのは、「Che meraviglia!」という言葉で、meravigliaという言葉には、思いもかけなかったという驚き、なんとすばらしいのだろうという感嘆が入り混じっています。(伊伊辞典による語義の説明はこちら

f0234936_8574181.jpg
Montefiascone, Viterbo, Lazio 29/11/2015

~ Il mondo è pieno di meraviglie,
   che aspettano solo i nostri occhi per mostrarsi… ~

~世の中には、びっくりするようなすばらしいことに満ちていて、そういうわくわくするようなすばらしいことは、姿を現すために、ただわたしたちの目(i nostri occhi)だけを待っているのだ。~

 関係代名詞のche以降を先に訳さず、補足説明として後から添えてはいますが、今度はこんなふうに、直訳に近い訳し方をしてみました。

 この新しい年に、わたし、皆さん、そうして世界中の人々が、そういうすてきなこと、すばらしいものに気づく目を培うことができますように。 

f0234936_8574628.jpg

 モンテフィアスコーネ中心街の広場(上の写真)にあるレストラン、Mamma Pappaで、この言葉に出会いました。

f0234936_858371.jpg

 こここそ、あのチョコレートムースを食べた店なのです。どの料理もとてもおいしかった上、店の看板や内装も興味深かったので、いつかきっとご紹介するつもりでいます。

f0234936_8584573.jpg

Mamma Pappa
Largo del Plebiscito, 4
Montefiascone (VT)
Tel. 0761-1894159 / 3494511087
FB https://www.facebook.com/mammapappa.mammapappa

*********************************************************************
Dunque, alleniamo i nostri occhi :-)))

- Parole sagge trovate nel ristorante, Mamma Pappa.
Nella bella città di Montefiascone siamo capitati di pranzare in questo locale carino e cordiale. I piatti erano squisiti!
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 巡礼者の塔から、ボルセーナ湖とモンテフィアスコーネ / Rocca dei Papi & Lago di Bolsena @ Montefiascone (29/11/2015)
- チヴィタとかけてチョコムースと解く / Guarda, sembra Civita di Bagnoregio! (29/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2016-01-14 23:59 | Lazio | Trackback | Comments(10)

これは愛、これも愛

 「世の中は愛に満ちているのであって、孤独で壁を感じ、不安になるというのは、自分自身が愛を受け入れ、取り込むためのその入り口を、ふさいでしまっている状態なのです。」と、今日聴いたGiorno 11の瞑想講座で、ディーパクが語っていました。

f0234936_8575022.jpg

 「いいなと思う気持ち、感謝、喜び、愛情、恋愛など、愛にはさまざまな形があります。

  すてきな朝、
  友だちからのうれしい電話、
  とびきりおいしい昼食。

 こんなふうにうれしいこと、心躍ることがあるたびに、その喜びをしっかり感じて、自分自身に『これは愛だ。』と言い聞かせましょう。深く心を揺さぶるような激しい感情だけが愛ではありません。」

 「愛にさまざまな形があるのに気づけば、人に対しても、愛ある優しいふるまいが、容易にできるようになるでしょう。今日一日、心にいろんな表情の愛が現れるたびに、そうした愛に気づき、注意を注ぎましょう。注意を注ぐことで、愛をわたしたちの一部とすることができるでしょう。」

 なるほどとメモを取りながら聴いたのですが、途中で、夫の親戚の訪問があって、後から再度聴き直した部分があるため、上の説明の順序は、ディーパク・チョープラ自身の説明の順と前後するところがあります。

 空気がまわりに満ちていても、息をしなければ、その恩恵が受けられないのと同じで、いくら世の中が愛に満ちていても、わたしたちにそれに気づく目や心がなく、愛を受け入れる用意がなければ仕方がない。確かこういった説明もあって、なるほどと感じたように思います。

 よく似た教えを教会で聴いて、感動したことがあったと思って、検索してみて、奇しくも昨年の今日、ミサで新司教が語っていた言葉、説教の内容と、ディーパクの教えに相通ずることが多いのに驚きました。解説でプージャ・クリスティーナがニザルガダッタというインドの師の「すべては愛である」という言葉を引用していましたが、まったく同じ内容が、聖フランチェスコの生涯を語るミュージカルでも、何度も歌われていました。

Benvenuto al giorno 11 Attivare l’Amore.Oggi proseguiamo il viaggio attivando quella parte della nostra energia vitale...

Posted by Deepak Chopra Meditazione on Mercoledì 2 dicembre 2015

 プージャ・クリスティーナの解説には、「エネルギーは、わたしたちが注意を注ぐところに向かうのだから、自分の人生により愛があってほしいと思うなら、優しさや感謝など、愛をさまざまに具現したちょっとしたことに、注意を向けなければいけません。」ともありました。日々の心が躍ること、だれかの優しい言葉や行動、そういうさまざまな愛の表情に気づいて、「これは愛だ」としっかり感じていけたらと思いました。

 写真は、そういう愛の一つ、友人が自宅の木で採れた西洋梨を使って作り、わたしの誕生日にと届けてくれたケーキです。日曜の昼食は、義父母宅で大きなテーブルを囲み、みんなでにぎやかに、おいしいねと歓声を上げながら食べました。

*********************************************************************
Questo è amore. /This is love.

Una splendida mattina, una piacevole telefonata di un amico, un pranzo delizioso; queste piccole cose sono diversi profumi dell'amore -- racconta così Deepak Chopra: "Quando li noti, il semplice atto di mettere attenzione all'amore aiuta a renderlo un'intima parte di te."
Naturalmente, è amore anche la torta di pere fatta a mano e regalata dai nostri amici riminesi :-)))
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 愛はいつもそこに / Siamo avvolti dall’amore grande e paziente… (8/12/2015)
- 心に愛を / If you invite love to flow… (20/3/2015)
- やがて夜は明け春が来る / Francesco – Il Musical (8/2/2015)
- YouTube – Aspettando “Francesco Tutto ha un solo nome: Amore”
↑↑ 近年、上記のミュージカルがイタリアで再現され、「すべては愛」(直訳は「すべてのものの名はただ一つ、愛である」)というミュージカルの歌は、この映像の最後の1分間(6:28-7:27)に歌われています。
- ありがとう / Grazie di cuore per gli auguri! (6/12/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2015-12-08 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(2)

心と言葉の影響力、水の結晶・江本博士と瞑想講座

 「何も言わなくても、わたしたちは外部に対してエネルギーを発して、周囲の人や物に影響を与えているのです。」

 続くディーパクの言葉に、日本の江本勝博士の名が出てきたので驚き、さらにその説明を聞いて、すでに知ってはいたのですが、心を打たれました。

f0234936_845646.jpg
Dalla pagina web, http://www.masaru-emoto.net/jp/memory/index.html

 「江本博士の実験を通して、愛や感謝の言葉を伝えた水は、繊細な美しい結晶となるけれども、憎しみや攻撃的な言葉を伝えた水は、崩れて混沌とした様相を呈することが分かりました。

 わたしたち人間は、体も脳も、大半が水でできています。わたしたちが発するエネルギーが、わたしたち自身や他の人々にどれだけ大きな影響を与え得るか、皆さんにもお分かりでしょう。」



 上の映像を見て、感情は制御するのが難しいときがあっても、言葉は意識して選べる場合が多いことを思い、人に対しても、自分に対しても、温かい愛のある言葉がかけられ、そういう表情が浮かべられたらと思いました。難しいのは、特に身近な人に対して、そうして自分に対してだと思います。ディーパクがさまざまな講座で繰り返し伝えてくれているように、かけがえのない大切な自分に、温かい言葉と思いを寄せ、労ることが必要不可欠で、そうして、それができて初めて、周囲の人にも心から優しく接することができるような気がします。

 数日前に聞いたイタリア語版瞑想講座でも、プージャ・クリスティーナが、アブラカダブラという呪文は、「わたしが言うとおりになる」という意味だと語り、だから、わたしたちが自分自身に投げかける言葉に注意しなければいけないと言っていました。鏡に向かって、自分自身に「あなたを大切に思っているわ。」と、自分の名前と共に呼びかけたり、ほめ言葉をかけてみたりする練習が必要だ、とも。(Giorno 5)言霊を、言葉の大切さをつくづく感じました。



 こちらの英語音声でイタリア語字幕つきの映像でも、感情や言葉が水に与える影響の大きさが、一目で分かり、最後に紳士が女性に語りかける言葉、「思いが水にこれだけ影響を与えるのなら、わたしたちにどんな影響を与えるか、想像してみてください。」という言葉に、その影響の大きさを思います。

 毎日いろんな思いを抱え、自分に対して、人に対して、必ずしも声に出さずとも、さまざまな言葉や感情を発しながら、わたしたちは生きています。今日聞いたスペイン語講座では、そうして発する言葉や感情と共に身ぶりやオーラも含めて、エネルギーと呼んでいました。(Día 12)

Bienvenido al Día 12 - Dinamismo milagrosoTodos somos seres energéticos.¡Comparte con Deepak y Cala la compasión,...

Posted by Chopra Meditación on Venerdì 27 novembre 2015


 今日1日、心に置くべきこの言葉を、ディーパクは英語でこう語っていました。

  "I use my energy to heel and transform."

 幼い頃見たテレビアニメでは、ロボットがミサイルやビームで敵に打撃を与えたり、妖精や魔法使いが病気を治したり、ぼろぼろの服を美しいドレスに、荒れた森を再び美しい緑に立ちどころに変えたりしていたのですが、日々わたしたちが自分に対して、家族に対して、人に対して、環境に対して、投げかける感情や言葉、送るエネルギーにも、そういう大きな力があるのです。わたしたち人間や多くの生物の体、そうして地球の大半が水でできているのです。日々の積み重ね、人々の感情や言葉、エネルギーの集積が、どうか少しでも、周囲の人々、世界の人々、地球をよい方向に導いていきますように。まずは自分自身が、自分に対して、現状に甘んずることなく、けれど温かい言葉をかけ、時に嵐に遭っても、穏やかな海や湖のように落ち着きを保ち、周囲の人や地球に対しても、温かい言葉や感情、エネルギーを投げかけていけたらと思います。まだまだ精神修行が足りないのですが、まずは何をする必要があるのかに気づき、自分に学びを与えてくれる講座を受講し続けていることに意義がある、ということで。

*********************************************************************
***Parole & Energia di Amore, Gentilezza verso noi stessi e gli altri***

Il prof. Emoto ha dimostrato che le parole, i sentimenti di amore e di gentilezza trasformano l'acqua che avrà una bellissima struttura simmetrica e armoniosa, mentre le parole, i sentimenti di odio e disprezzo rendono la struttura dell'acqua frammentata e caotica.
Deepak Chopra cita le sperimentazioni del prof. Emoto per spiegare quanto le nostre parole e la nostra energia influenzano noi stessi e gli altri, ricordandoci giustamente che sia il nostro corpo che la Terra sono composti per grandissima parte da acqua.
Nell'articolo i due filmati YouTube al riguardo: uno in JP e l'altro in EN con sottotitoli IT.
*********************************************************************

参照リンク / Riferimenti web
- Office Masaru Emoto – 水の情報記憶
- Indiegogo.com – Emoto Peace Project - Rome

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 慈しみ庭を育てるように (23/11/2015)
- 迷走、英仏西伊ディーパク瞑想講座 (20/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2015-12-01 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(10)