タグ:日々の出来事 ( 256 ) タグの人気記事

ピザ窯土台作り中、ミジャーナ

 土曜は朝ミジャーナに出かけて、掃除をして、昼食を準備し、ピザ窯の土台作りを手伝いに来てくれたフランコを迎えました。昼食後、わたしが皿洗いと後片づけをしている間に、

f0234936_481070.jpg
8/10/2016

フランコと夫は、モルタルでつなぎながら、もうこんなにレンガを積み上げていました。土曜日は、夕食のしたくをするうちに日がとっぷりと暮れてしまったため、

f0234936_412199.jpg
9/10/2016

土曜にどこまで作業が進んだかは、翌日曜日の朝に見ました。夫は、昨夜床に落ちてしまったモルタルが固まる前にと、床をきれいにしていました。

f0234936_5212994.jpg

 改築中のうちの周囲には、古い木材がいくつか積み重ねてあるのですが、その中から型枠として使えそうな木材を選んで、フランコが切って、必要な長さにしていました。

f0234936_5262970.jpg

 正方形をした天板の上に厚さ10㎝のセメントを流し込みます。天板の奥の2辺は壁に接していますが、手前の2辺については、セメントをせき止める必要があるため、古い木材で型枠を作って設置します。
 
f0234936_5382288.jpg

 昼食のしたくを始める前に、再び作業の進行状況を見に行くと、完成した型枠の中に、補強するために金網を設置し、セメント・砂・水を混ぜ合わせたものを入れている最中でした。

f0234936_5401363.jpg

 夫がセメントを流し込み、

f0234936_5403980.jpg

フランコが表面をコテで平らにならしていきます。

f0234936_5485165.jpg

 最後は、こんなふうに、表面がむらなく平らになるように仕上げていました。

f0234936_5495897.jpg

 こちらは、昼食の後片づけが終わったあとに、乾くのを待つばかりという状態になった土台を、見に行って撮影したものです。

 ピザ窯は重くて一度にはとても運べないから2度に分けてと、昨夕夫とフランコが二人で取りに行ったのですが、あと2㎝というところで、夫の車には入らなかったため、業者に運送を頼むことになったそうです。すべて一度に運んでもらうとなると、ピザ窯は250㎏あります。ピザ窯を車から下ろして、うちの裏手にある土台の上まで運ぶには、荷車を利用するにしても、男手4人が必要ということで、夫とフランコの他、あとだれに頼めるかと、ただいま考え中です。義父は腕を、義弟は腰を痛めているからです。

 この記事を書くために、ピザ窯の土台を作った方のサイトを参考にしていたら、皆さん、土台に鉄筋を利用しているので、少々不安になりました。と言うのも、夫が購入を決めた、そうして最初はわたしと同じように「大きすぎる」と反対していたフランコも現物を見て納得したピザ窯は、ひどく大きく重たいからです。ただ、ピザ窯の製造会社が、自社サイトに載せている客が作った土台の例を見ていたら、夫とフランコが作ったような簡素な土台もあったので、ほっとしました。

 わたしの不安の要因はもう一つあります。ピザ窯会社に夫が「大きい窯がほしいけれど、わずかの差で入らない」と言ったら、なんと「壁を少し崩したらいい」と返事が返ってきて、「おお、これはコロンブスの卵だ。それは思いつかなかった。」と、夫はそれで、大きいピザ窯を購入して、その窯が入るように壁を打ち崩すことに決めたのです。厚みがあるから大丈夫とは言いますが、壁の中にはいろんな配線がありかねませんし、耐震性などどうなるのでしょう。せめて、穴を開ける前には、いろんな業者に聞き、図面をよく確認して、間違いのないように作業をしてほしいものです。

LINK
- ピザ窯求めて店めぐり / Alla ricerca del forno a pizza ideale (3/10/2016)

*************************************************
Costruzione della base per il forno a legna a Migiana
Grandissimo aiuto dell'amico. Grazie mille!! 8-9/10/2016
*************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-09 23:08 | Altro | Trackback | Comments(4)

親切うれしい迷い道、ペルージャ暮らし

 今日は夕方、自動車保険を更新しに、保険代理店に行きました。以前に一度、カーナビを使って訪ねたとき、該当の番地がなかったので、近い番号を入力したら、とんでもない場所にたどり着いてしまったことがあるため、カーナビはうちに置いて、家を出ました。

 夫としばしば行ったことがあり、迷いながらではあれど、わたし一人でも訪ねたことが何度かあるので、大丈夫だろうと、アイゴで出発しました。

f0234936_7433052.jpg

 問題は上のGoogle マップ中、ピンクで囲んだ部分の中央にある危険な三角地帯です。一方通行で、しかも二車線・三車線と車線の数が変わり、車線によって行き着く場所が違う上に、DIYや電気製品の店や、スーパーに行くための横道がいくつもあります。夫の車では何度も通ったことがあるのですが、ゆるやかなカーブになっている上に、脇道がいくつもあるため、どこかで右折しなければいけないのは覚えているのですが、それがどこかがうろ覚えで、いつも迷ったり間違えたりしてしまうのです。

 ピンクの矢印に従い、青い線で示された道路を通って、保険代理店に行かなければいけないというのに、どういうわけか、わたしの記憶では、保険代理店は茶色い矢印の方向にあることになっていました。魔の三角地帯は一方通行になっているため、行きはピンクの矢印、帰りは紫の矢印が示す道を通らなければならず、行きと帰りで道が違うことも、わたしの記憶の錯乱に拍車をかけたのではないかと思います。家庭用品の店、Alessandrelliの前で、道路を右に曲がって行かなければいけないと思い込んでいたのですが、それは、保険代理店から戻るときに、紫の矢印に従って、店の前で左に曲がるので、行きはその逆だと思い込んでいたからでしょう。

 それで、自信はないものの、記憶に従って、茶色い矢印の示す道を進むと、閑静な住宅街と緑の中を行く小道を通ることになり、道を間違えってしまったことに、すぐ気づきました。それで、方向を変えて、自分が保険代理店があるだろうと考えていた方向に向かおうとするのですが、閑静な住宅街の道はやがて行き止まりになってしまいました。

 絶体絶命だったのですが、幸い、先日スマートフォンのインターネット接続契約を、変更かつ更新したばかりです。Googleマップのナビ機能を使い、出発前に道筋を画面で確認し、運転中は音声案内に従って、なんとか魔の三角地帯に戻ることができましたが、ぐるぐる回れど、どの方向に進んでいいかがさっぱり分からず、三角地帯の中にある無人のガソリンスタンドに入って、駐車しました。このとき、ナビに従っていれば、きっとすぐに保険代理店に行けたのですが、わたしが道を勘違いしていて、わたしが考えるのとはまったく別方向をGoogleマップが指示するために、困り果ててしまったのです。

 仕方なく、ガソリンスタンドの隣にあるスーパーまで行って、店の前にいた年配の女性に、道を尋ねました。保険代理店の場所は知らないものの、それは親切にいっしょに考えてくれたので、とても心強かったです。その女性がさらに、店から出てきた若い男性に、保険代理店を知らないかと尋ね、二人ともそれは真剣に、この方向にあって、こう行けばいいのではと、いっしょに考えてくれました。最終的には、その若い男性の判断で、そうやって3人で話していた場所から見えていた、青い二重下線で記した家電の店舗の上階にある、わたしが契約している保険会社の別の代理店で、尋ねてみるといいということになりました。

 そうして、その代理店を訪ねると、年配の男性が席を立って、わたしといっしょに窓辺まで行き、窓ガラス越しに見える道路を指さしながら、こうこうこういうふうに行くといいと、ていねいに説明してくれた上に、地図までかいてくれたのです。

 そのとき男性は、わたしの保険代理店が最近引っ越したと勘違いをしていて、そのおかげで、わたしは、示してもらったのが自分の記憶とはすっかり違う場所であっても、そうか店が引っ越したのだと、男性が教えてくれたとおりに行ってみることにしました。車に戻ってカーナビで見ると、カーナビが示している道筋は、男性が教えてくれた行き方と同じです。

 Googleマップによると、うちから片道11分の道です。けれども、道に迷い、車を止め、人に尋ねながら進んでいたら、保険代理店に着くまでに1時間もかかってしまいました。6時の閉店に間に合うかどうか、心配しながら運転したのですが、幸い10分ほど前に到着し、無事契約を更新することができました。

 道に迷って大変ではありましたが、質問に応じてくれた人が皆それは親切で、買い物中、仕事中で忙しいでしょうに、こちらの言うことをていねいに聞いて、一生懸命に手助けしようと考えてくれたのが、とてもうれしかったです。わたしがイタリアやペルージャに暮らし始めた14年前は、ペルージャの人が外国人、東洋人に対して、もっと親切だったのにという印象を最近は持っていたのですが、まだまだ優しい人がたくさんいるのだとうれしくなりました。

****************************************************************
Ieri sono andata a rinnovare l'assicurazione auto. Per andare all'agenzia di assicurazione, devo passare una zona ritenuta da me "triangolo maledetto" dove sbaglio quasi sempre strada.
Anche ieri ho dovuto girare invano e sono arrivata in una zona lontanissima da dove volevo andare. Quanta frustrazione!!
Tuttavia, per fortuna tutte le persone a cui ho chiesto strada erano gentilissime e disponibilissime e grazie a loro sono riuscita ad arrivare alla destinazione. Mi sono persa, ma ho ritrovato e riscoperto la gentilezza dei perugini nei confronti degli stranieri sconosciuti.
****************************************************************
 
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-22 23:59 | Altro | Trackback | Comments(6)

名月さやかな秋の早朝

 最近は天候が不安定で雨が降りやすく、9月16日金曜日、イタリアで満月が愛でられるはずだった日の晩も、雨が降って、月は見ようがありませんでした。

 翌17日の朝4時半頃、肩の痛みで眠りの浅いわたしが目を覚ますと、寝室に戻ったばかりらしき夫が、満月がとてもきれいだよと言います。思わず、寝室の窓とよろい戸を、そっと開け放つと、

f0234936_6443332.jpg
17/9/2016 4:33

夜明けにはまだ早い未明の空が、輝く十五夜の光で、驚くほど明るく見えました。

f0234936_6561718.jpg

 雨のおかげで空が澄みわたり、中秋の名月がそれは美しく、こんなにも明るく輝くものなのかと感嘆しながら、二人でしばらく月を愛でたあと、再びよろい戸と窓を閉めて、眠りにつきました。

 沈もうとして西の空が近いために、大きく見えたのでしょう。夫がよろい戸を開けたまま眠ろうかと言ったとき、即座に閉めようと答えたのですが、開けたままにしておけば、名月の光を浴びながら、地平線近くでさらに大きくなる月にあいさつもして、眠ることができたかもしれません。

 夫は満月の晩はあまり眠れないそうで、わたしも最近は肩の痛みでよく目が覚めるのですが、おかげで、いつになく美しい名月を見ることができて、うれしかったです。

**************************************
Bellissima e incredibilmente luminosa
la luna piena che abbiamo trovato
alle 4.33 di mattina.
Limpido il cielo dopo la pioggia,
la luna splendeva come il sole che sorge.
Se avessimo lasciato le persiane aperte,
la luna ci avrebbe illuminato fino al tramonto.
Le ho chiuse, ma la luce della luna illumina
ancora i nostri ricordi e la nostra anima.
***************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-18 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)

苦難の青やすらぎの青、Windows 10エラー画面とたそがれのトラジメーノ湖

 8月25日木曜の朝、前夜までは問題なく使えていたデスクトップが突然起動しなくなり、その日は慌ただしく時間のないまま、夕方の葬儀のあと、夫と共に義父母をリッチョーネに送りに行きました。翌金曜日はペルージャに戻り、日本語の授業を終えてから、何度も電源を入れるものの、モニター画面は「DVI NO SIGNAL」という言葉が一瞬現れたかと思うと、すぐに暗くなり、デスクトップパソコン本体の電源がついているのに、起動しないからか、画面はいつまでも黒いままです。

f0234936_7253740.jpg
Lago Trasimeno, Ristorante Il Giardino, Torricella 29/8/2016

 古いマニュアルを発掘して、対処法を調べたり、配線を確認したり接続しなおしたりしても問題が解決しないため、夕方になってから、ネットブックやスマートフォンで検索して対策を調べると、「電源を30秒以上はずしてみて、放電すると正常に作動するようになるかもしれません」と教えてくれるサイトがありました。

 試してみるとそのおかげかどうかは分かりませんが、それまで約2日間起動できずにいたデスクトップがようやく立ち上がりました。ところが、18時48分に起動したばかりなのに、使い始めて約20分後の19時には、突然「Il computer ha riscontrato un problema…」(コンピュータが問題に遭遇しました…)と書かれた青い画面が現れ、続きを読む間もないうちに、モニター画面が真っ暗になってしまいました。

 その晩は、起動して約15分後に突然青い画面が現れて、画面が消え、けれどもデスクトップパソコン本体の電源はついたままで、しばらく待ってみても何の動きもないという状況が3、4回繰り返されました。

 翌土曜日、再び何度か起動してみると、少しずつ青い画面の表示される時間が長くなり、「エラー情報を収集して、再起動します」とあるものの、その情報収集の達成割合が100パーセントに達しないうちに画面が暗くなるために、再起動しないということが繰り返されました。そのうちエラーコードを読んで紙に控えられるようにもなってきたのですが、BAD_POOL_HEADER、IQR_NOT_LESS_OR_EQUAL、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONなど、エラー内容がころころ変わるのです。

 6度目だったか、ようやく情報収集が100パーセント完了し、パソコンがちゃんと自力で再起動をしたときは、とてもうれしかったのですが、その次はなんと立ち上げて数秒で青い画面が現れるという状況です。

 日曜日はほぼ1日リッチョーネに出かけていたのですが、それまでの間に、こんなふうに青いエラー画面が頻発すると、パソコンのシステムが異常をきたして壊れてしまう可能性があること、そうして、Windows 10への更新によるものである可能性が高いらしいことが、インターネットで調べてみて、分かりました。

f0234936_16442187.jpg

 そうして、今朝はまた新たなエラーコード、DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALが現れ、その対処法を調べていたら、パソコンメーカーのサイトから、ドライバーのアップデートを行えば問題が解決するかもしれないと分かりました。ところがパッカードベルのサイトで調べると、2010年7月に購入したWindows 7だったわたしのデスクトップは、Windows 10への更新に伴ってのサポート対象とならない機種ではありませんか。

f0234936_1559256.jpg

 ということは、Windows 10からWindows 7に戻さなければいけないのだろうか、そもそもまだそういうことが可能で、また復旧に伴って大事な写真や文書が失われることはないだろうかと、さらに情報を調べていると、今度は、たまたまというか必然というか、Windows 10 Anniversary Updateという画面に行き当たりました。

 Windows Updateを行うことで問題が解決できるかもしれないというサイトもあったので、アップデートは何度かしていたのですが、このAnniversary Updateは規模が大きい本格的なアップデートらしいから、ひょっとしたら旧Windows 7の不具合も解決してくれるかもしれないと、期待をして、すぐに手動でアップデートをしました。

f0234936_15394041.jpg

 アップデートにびっくりするほど時間がかかったため、水をやったり、食事のしたくをしたりしながら、時々パソコンの画面の進行状況を見に行っていたのですが、最近ミジャーナでの来客もあって特に忙しかった夫が、湖に夕日を見に行ってピザを食べたいと言うので、アップデートの中断を心配しながら、湖に出かけました。

 帰宅して、スリープ状態のパソコンを起こすと、幸い再起動後の新たな画面が現れ、パスワードを入力すると、「あなたのパソコンはアップデートされました。」(Il tuo pc è stato aggiornato)という言葉が画面に現れました。Windows 10への更新時同様、背景画像に問題があったのですが、今回は大きさではなく、写真そのものが、わたしが背景画像として選ぶはずもない写真に変わっていました。

 それが午後9時37分のことで、そのあと、これまでにいろいろなサイトで見た情報やこちらの記事の後半 を参考にして、青いエラー画面の再発を防ぐために、

f0234936_1530241.jpg

高速スタートアップをオフにしたり、

f0234936_15465092.jpg

Windows UpdateのP2P機能をオフにしたり、

f0234936_1553432.jpg

勝手にデバイスドライバまで更新されたりしないように設定を変更してみました。(詳しくはこちら

 日本語の解説を読みながら、該当するイタリア語を考えて実行すると手間はかかりましたが、こうやって試み、また、こうしてブログの記事を書くうちに真夜中近くなったのですが、まだパソコンに青い画面が現れていません。明日の授業の準備にも、学校への書類の提出にも、依頼を受けた記事の執筆にも、一定時間以上安心してパソコンが使える環境が不可欠なので、一連の不具合は、今晩ようやく解決したものと祈っています。

 冒頭の写真は、青は青でも安らぎの青、今晩トラジメーノ湖で日の入りを見たあと、夕食を食べたレストランから見えたたそがれの空と湖です。

*追記(9月1日 9:30)
 昨夕まで問題なく調子よく使えていたのに、昨晩突然この記事の冒頭に書いたのと同じ状況、画面に「DVI NO SIGNAL」と現れるものの、その後暗くなり、デスクトップ本体の電源はついていて音はするのに起動しないという状況に戻ってしまいました。

 こうなると、まだ起動して青いエラー画面が現れていた頃の方が救いが見えます。対処法をスマートフォンを使い、インターネットで調べて、埃や帯電のためかと、外からですが掃除機で吸い込んでみたり、長い間電源コードを抜いてみたり、いろいろ試みても、うんともすんとも言わないので、腹をくくって急ぐ原稿はこの遅いネットブックで書くつもりでいます。

 この冬、日本語を教える学校でMacを使わざることを得ない状況が、最近しばしばあるため、同僚の先生二人は、Appleのノートパソコンに3月には買い替えていました。わたしも今のデスクトップは購入してから6年経ち、ときどきフリーズして困ったりもしていたので、使う時間も長い大切な商売道具なのだから、まだ使えるから使い続けるのではなく、新しいパソコンを買って、大切な写真や文書を移動しておくべきだったと反省しています。ただ、Appleの日本や台湾などの下請け企業に対する横暴と思われる対応をあれこれ読んで、Apple製品にしようという思いは以前ほどではなくなっています。


***************************************************
Bello il blu del cielo e del Lago Trasimeno dopo il tramonto,
invece minacciosa e odiosa
la schermata blu di errore di Windows 10 aggiornato da Windows 7

che compariva frequentemente sul mio desktop,
lo spegneva spesso senza farlo riavviare di nuovo.
Per fortuna, ora il pc sembra guarito,
dopo che ho effettuato manualmente
Windows 10 Anniversary Update
e disattivato l'avvio rapido, gli aggiornamenti da più posizioni
e il download automatico delle app e le icone.
1/9/2016 Di nuovo non funziona il mio desktop!!
***************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 格闘Windows 10への更新イタリア語版PCの場合、問題1:更新が途中で中断
- 格闘Windows 10への更新イタリア語版PCの場合、問題2:背景画像・最大に開いたウィンドウの周囲に黒い太枠

参照リンク / Riferimenti web
日本語サイト / Siti in giapponese
- 121ware.com - パソコンの電源が入らない場合の対処方法
- @IT - Windows 10 The Latest:アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ (25/3/2016)
- engadget日本語版 - Windows 10 Anniversary Update配信開始。今すぐ入れたいなら手動アップデートで (4/8/2016)
- eye4brain - Windows10がアップデート – Anniversary Update まとめ (3/8/2016)
英語サイト / Siti in inglese
- Driver Easy – [Solved] DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL Windows 10 Error (21/6/2016)
イタリア語サイト / Siti in italiano
- Packard bell – Aggiornamento a Windows 10
- Microsoft – Risoluzione dei problem relative agli errori con schermata blu
- WindowsBlogItalia – Download e installazione di Windows 10 Anniversary Update per PC, tablet, smartphone, Xbox e HoloLens (2/8/2016)
- navigaweb.net - Windows Update in Windows 10: bloccare o disinstallare aggiornamenti (17/8/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-29 23:59 | Altro | Trackback | Comments(4)

結婚式、愛の誓いと合唱団

 夫や義弟と共に合唱団で歌っていた女性の結婚式が今日催され、解散していた合唱団も、この日のためにと集まって歌唱練習をし、結婚式で美しい歌を聴かせてくれました。夫や義弟が創立以来二十数年にわたって参加し、歌い続けていた合唱団は残念ながら数年前に解散してしまったのですが、社会人が多かったその合唱団に、彼女はまだ高校生の頃から、友人やいとこの女の子と共に参加していました。

  うれしいときも苦しいときも
  健やかなときも病めるときも
  いつもあなたに誠実でいて、
  人生のすべての日において
  あなたを愛し敬うことを誓います。

f0234936_4465860.jpg
27/8/2016

 カトリック教会での結婚式では、この言葉で新郎新婦が誓約を交わすことが決まっているため、わたしたちも自分たちが結婚する際に言い、式に参列するたびに、聞いてきた言葉ではありますが、結婚式で耳にするたび、新郎新婦の幸せを願うと共に、そうだな、そう誓ったのだなと、自分たちが結婚した日のことを思い出し、誓いの言葉が再び心に迫ります。

f0234936_4471325.jpg

 今週はひどく忙しくなるのが分かっていたため、合唱の練習が大変だとぼやいていた夫も、練習に行き、結婚式で歌ってみれば、久しぶりになつかしい歌の仲間たちと共に時間を過ごすことができ、気に入った歌を新たに教わったと、とてもうれしそうです。

 末永く幸せに。

 式を執り行った神父も、友人代表として祝辞を述べた友人も、新郎新婦と共に、すべての夫婦に、家族こそ大切なのだからいつまでも幸せにと、心をこめて語っていたのが印象に残りました。

******************************************************
Auguri agli sposi!
Come sempre
bellissime le canzoni cantate dalla Corale Tetium
emozionano le parole dell'amica
commoventi le promesse nuziali:
"Prometto di esserti fedele sempre,
nella gioia e nel dolore,
nella salute e nella malattia,
e di amarti e onorarti
tutti i giorni della mia vita."
Un buon auspicio; dopo la cerimonia abbiamo visto
due gabbiani che volavano via dalla chiesa verso il cielo lontano
sempre insieme, uno accanto all'altro.
*******************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-27 23:30 | Feste & eventi | Trackback | Comments(6)

いきなりアドリア海岸、夜もにぎやかリッチョーネ

 昨晩急な用事のため、リッチョーネの海辺で湯治中の義父母が、ペルージャに戻らなければいけないことになり、トーディの義弟と夫が、昨日の午後車で片道約2時間半のリッチョーネまで迎えに行きました。今日の夕方は、もう一人の義弟が義父母を送るのかと思ったら、夫が一人で運転して行くと言うのですが、古い夫の車は最近不具合で突然止まったり不調になったりすることがあるため、帰りに夜中あるいは早朝に、一人で車を運転していて何かあっては大変と、わたしも夫と共に、アイゴでリッチョーネまで義父母を送りにやって来ました。

f0234936_16394421.jpg
Riccione, Emilia-Romagna 26/8/2016 5:36

 二人とも明朝は仕事があるため、朝5時過ぎに起きてペルージャに戻る予定です。せっかくだからと、今夜泊まることになった義父母も滞在するホテルで、4人でいっしょに夕食を食べたあと、夜も多くの店が開き、人通りが多くてにぎやかな町を散歩しました。

 今朝は何度試みても、デスクトップのスイッチを入れても、モニター画面に「映像なし」だか「情報なし」とだけ一瞬画面に現れるだけで、後は真っ黒なままという状況が続きました。朝はその後、遠方の専門医に左肩を診察してもらいに行って帰りが遅くなり、昼食後法事の前に再び試みても画面は暗いままで、帰宅してすぐに夫たちとリッチョーネに来たので、パソコンの安否も気になるところです。

*追記(8月26日 9:43)
 今朝8時半頃、無事ペルージャの自宅に戻り、夫はすぐに職場に向かいました。追加した写真は、今朝リッチョーネのホテルを出る前に、部屋の窓から夜明け前の海辺を撮影したものです。早朝だと言うのに、もう大きなトラックがたくさん走っていて、思ったより時間がかかりましたが、道中、日が昇る前後の美しい朝焼けの空の色を楽しむことができました。

 デスクトップの不調は相変わらずで、この追記はネットブックを利用して書いています。まもなく日本語の授業がありますので、コメントなどのお返事は、そのあと時間が取れてからおいおいしていくつもりです。

************************************************************
Riccione, Emilia-Romagna 26/8/2016 5:36

Ieri sera abbiamo accompagnato i miei suoceri a Riccione e siamo tornati a Perugia stamattina presto. Foto scattata prima della partenza da Riccione.
Anche di notte, la città è animata e vivace, molti negozi sono aperti e passeggiavano tantissime persone!
************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-25 23:51 | Emilia-Romagna | Trackback | Comments(2)

行ってきます

 今朝ペルージャを発って、夫とリミニの友人宅に向かい、3人でフェッラーラによって、古い友人を訪ね、さらに北、ヴァルダオスタまで行って、スイスアルプスを歩いて、アオスタに到着したフランコと合流し、1週間ではありますが、前半はヴァルダオスタ、後半はピエモンテの山を訪ねる予定でいます。

f0234936_1025139.jpg
5/8/2015

 急に決まった話で、わたしは肩もひどく痛むし、何も一番道路も観光地も混雑して、料金が高騰する8月半ばに行かなくともと、最初は行かないと言っていたのですが、夫に押し切られる形で、わたしも同行することになりました。

 宿も急に決めたので、わたしたちは夫婦二組の計4人なのですが、最初の3泊は、ダブルベッドとソファーが二台あるアパート、後半の宿は、訪ねる予定だった国立公園よりもなんと80㎞も離れた山にある宿であることが、フランコの口にしたB&Bを予約してから判明し、はてさてどうなることやら。

 写真は、昨年ピエモンテで訪ねた元修道院です。

 この記事は予約投稿で、すでに出発当日の午前3時10分です。宿はどちらもWiFiがなさそうですし、旅行中の記事はすべて書いてから出発しようと考えているのですが、さてできますかどうか。

*追記
 予約投稿のつもりが、「予約投稿」の欄にチェックを入れるのを忘れて送信してしまいましたので、もう発行したということでよしとすることにしました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-13 03:20 | Piemonte | Trackback | Comments(4)

涼しい夕べに白い半月

 ペルージャでは数日前雨が降るまでは、暑い日が続いていたのですが、雨のあとも、昨日から今日にかけて1日中北風が吹き、昨晩はトラジメーノ湖畔でも雨が降ったため、気温が下がり、朝晩は涼しいほどになりました。先週は午後8時になっても、屋外が屋内と同じくらい暑いので、風と外気を入れるために、窓を開けようかどうしようか迷っていたのが、今日は午後7時過ぎにもう外の空気がひんやりしていたので、窓を開けました。

f0234936_7181197.jpg

 吹き込む北風が寒いほどなので、窓を閉めようとしたら、午後8時19分の夕焼けの空に、きれいな白い半月がかかっていました。天気予報サイトが告げる今日の日の入りは、写真を撮影した時刻とちょうど同じ午後8時19分です。

f0234936_718199.jpg

 ペルージャの我が家は急斜面に建っていて、東は斜面の上方に建つ家や木々で覆われて、日の出は見えず、西も小高い丘があるために、日はまだかなり高いうちに、丘の向こうに隠れてしまいます。それを夫は残念がっていますが、夕日が沈むのを見届けるために、トラジメーノ湖まで出かけられるのも、そのおかげかもしれません。

******************************************
Mezza #luna bianca sopra il #cielo un po' arrossito

Perugia 11/8/2016 20:19
******************************************
 
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-11 23:59 | Altro | Trackback | Comments(6)

猛暑と猫と起こしてごめん

 イタリア、ペルージャでは暑い日が続いています。今日、2階から下を見やると、日かげに寝そべって涼む猫が、2匹から3匹に増えていました。

f0234936_7283061.jpg

 うち1匹は、わたしがカメラを手にして再び窓を開けたとき、その物音で目を覚まして、顔を上げています。

f0234936_730242.jpg

 台所に行くと、テラスでは、ミミもやっぱり暑さにぐったりして、休んでいます。起こしてはいけないと、こちらの1枚は、台所の窓越しに撮影したのですが、つい欲が出て、音を立てぬように、そうっと窓を開けたつもりが、

f0234936_7304099.jpg

すぐにミミが起き上がって、近づいてきたのでありました。

 日曜に出会った同僚のフランス語の先生からも、もう長い間咳が止まらず、特に夜は咳で眠れないと聞いて、火曜から土曜まで、咳のために夜眠れずにいたわたしは、彼女に勧められて、「明日はかかりつけ医の診療所を再訪しよう」と考えていたのですが、幸い昨晩は、寝しなと起きたてに咳き込みつつも、きちんと眠ることができました。それで、今日、月曜は快方に向かい始めたものと期待して、診療所には行きませんでした。咳で眠れないのはわたしもつらいのですが、夫もしばしば起こしてしまう日が続いていて、申しわけないので、どうか早く咳とさよならできますように。

**************************************
Gatti nel pomeriggio d'estate 5/7/2016
**************************************

関連記事へのリンク
- 猫は暑さ、わたしは咳にばてる日々 (1/7/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-07-04 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(10)

マルケ最大のブナの巨木

 今日は、マルケ州で最も大きいブナの木を、カンファイートのブナの森を歩きながら探し、出会うことができました。

f0234936_844677.jpg
Il Faggio più grande delle Marche, Canfaito
San Severino Marche (MC) 2/7/2016

 森の散歩用の地図を記した案内看板はあるものの、このブナの巨木がどこにあるかという説明も、道しるべもまったくないため、探しあぐねていたのですが、同じブナを求めて、反対方向から山を登って来た二人の若者に出会い、わたしたちが人に聞いて得た情報や、二人がインターネットで調べた情報を合わせて、何とかこの樹齢500年以上というブナの長老を見つけ出すことができました。

 帰宅してしばらく休んでから、Euro2016のイタリア・ドイツ戦を観戦しました。PK戦での敗北は残念でしたが、イタリアチームは、対スペイン戦でも対ドイツ戦でも、苦しい試合を乗り切って、本当によく検討したと思います。ありがとう、お疲れさま。試合が長引いて真夜中となり、ぎりぎりの5日遅れで聴き始めたディーパク・チョープラのイタリア語版瞑想講座を、2日目からさっそく聞き逃してしまいました。英語・イタリア語の順で説明があるイタリア語は、同じことを二度聞くことになるため、フランス語やスペイン語版に比べて、集中力を継続するのが難しいことでもありますから、これからはできるだけ1日の早い時間帯に聴けるように心がけるつもりでいます。

*****************************************
Il Faggio più grande delle Marche

@Canfaito, San Severino Marche (MC) 2/7/2016
Il maestoso re di Canfaito ha più di 500 anni
ed è ancora molto vigoroso.
*****************************************

LINK
- Destinazione Marche Blog – Idea Weekend: una passeggiata fra i faggi secolari di Canfaito
- Comune di San Severino Marche – I Grandi Faggi. San Severino Marche – Monte Canfaito

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-07-02 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)