タグ:日本とイタリア ( 32 ) タグの人気記事

違和感

 7月にアマゾン日本で注文した6冊のうち5冊は、日々の過ごし方や人との関わりなど、注目する点は少しずつ違っても、どれも生き方について語る本です。インターネットで、わたしがすてきだな、学ぶところが多いなと感じた方たちが、「ぜひに」と勧める本や、そうした本について、アマゾンの書評を見ている途中に、これもよさそうたと感じて選んだ本です。

f0234936_653420.jpg
Lago Trasimeno al tramonto 11/9/2014

 生き方と言えば、日本で教壇に立っていたときにも、文学作品を初め、さまざまな宗教家や教育者、詩人などの作品を読んで、感動したのですが、今回購入した5冊の著者は、弁護士、経営者、学者、音楽家など、専門も分野も仕事の内容も、互いにかなり異なっています。どうして急に、生き方に関する本が何冊も読みたくなったかはさておいて、夏に入って、短期・長期の旅行に出かける際に、フランス語の分厚い小説を持っていくのもいかがなものかと、小説はさておいて、こうして届いた日本語の本を読み始め、今、その3冊目のちょうど半分あたりまで読み終えたところです。

 今、読んでいる本の内容は、まったく思いもかけなかったもので、びっくりしたのですが、こんなことがありうるのかという驚きを感じつつも、不思議と腑に落ちて、言葉や内容が心に響き、しみ込んできています。それが、初めに読んだ2冊の本は、日本ではベストセラーで、多大な人気を博しているということなのですが、なるほど、これは学びたいというところも多々あったものの、違和感を覚えるところも、いくつかありました。

 24時間仕事のことを考え、頭の片隅に置き、仕事に没頭しなさい。そうすれば、逆に余暇や家族との関係に割く時間も増え、有意義な人生が送れるようになる。

 そういう暗黙の、あるいは明白な著者の意図が、この2冊には見えたのです。仕事はもちろん大切だし、一生懸命に取り組む必要もあり、日頃から、よりよい仕事ができるように余暇も勉強に割く必要がある、ということには、わたしも同感です。実際、日本語教師や通訳といったわたしの仕事は、生徒やお客さんが目の前にいないときに、つまり、授業や通訳の仕事の前に、入念な準備をし、前後に緊密に連絡を取り合う必要があるのであって、そういう準備・連絡・見直しを誠実に、十分に行うことの大切さをつくづく感じて、実行しています。新しい外国語を学んだり、そのために学校に通ったりするのも、自分が好きだからであると同時に、自らを生徒と同じ立場に置いてみて、その難しさや、よりよい授業の在り方を模索する手立てでもあります。

 けれども、わたしは、家族や友人と過ごすときには、一緒にいてくれる人を大切にし、野山を歩くときには、自然を全身で感じ、自分の体力の限界に挑戦するというふうに、目の前にいる一人ひとりの人や、一つひとつのもの、そしてことに、真剣に向かい合うことこそ、大切なのではないかという気がします。24時間仕事のことを考えるのではなく、「いまここ」にいる人やあるもの、ことを大切にすることこそ、豊かに生きることにつながり、そうして、調和の取れた人間を目指すことができて、それがいい仕事をすることにつながるのではないか、と。

 こんなふうに考えて、2冊の著者の言葉に、違和感を覚えるのは、ひょっとしたら、わたしが日本ではなく、イタリアに暮らしているからかもしれません。イタリアでは確かに、業者に連絡してもすぐには電話がつながらず、業者に仕事を頼んでも、期日までに仕上がらない、バスや電車が遅れるなどという問題には、しばしば出会います。けれども、働く人が、平日遅くや土日に、無理して奉仕をする必要に迫られることが少ないそのおかげで、勤務時間がゆったりとしていて、家族と多くの時間を過ごすことができます。本当は、適度にサービスが行き届いて、働く人も適度に休養が取れれば一番いいので、わたしは、日本とイタリアを足して2で割ったくらいが、人々が真の意味で暮らしやすい社会なのではないかという気がしています。

 そうして、個人的には、社会がうまく機能しても、平日は早朝から夜遅くまで、そうして、週末さえ、夫が、あるいは自分自身が働かなければいけない日本ではなく、遅延や怠慢に困り、憤ることがあっても、定時を過ぎれば夫が家に戻れるイタリアに暮らせることを、うれしく思っています。

 読書というのは、賛同をしたり、学んだりするためだけのものではなく、自分とは違う考えを読んで、違和感を感じながら、「ああ、実は自分はこんなふうに感じていたのか」と、自分でも気づかなかった自分の思いを明らかにする、そういう発見をさせてくれるものでもあると考えています。ですから、この最初の2冊には、共感できた気づきや教えを与えてくれたことと同時に、自分が実はこんなふうに考えていたということを明らかにしてくれたという意味で、感謝しています。

 もちろん、この文章を読んで、違和感を覚える方もいらっしゃることでしょう。そんなふうに、人によって、生き方も考え方も感じ方もさまざまで、だから世界は、人間社会はおもしろいのだと、わたしは思います。もちろん、これは人間として、社会として、絶対に許せない、認められないということについては、断固として反対していかなければならないのでありますが。

 仕事と言えば、最近は、遠出を決めるたび、するたびに、なぜか仕事の依頼と重なってしまうので、今年はすでに4件、お断りをしなければいけない仕事がありました。せっかくお声をかけていただいたのに申しわけなくて、早めに依頼をいただけていたらと思う一方、逆に、数日前に頼まれて、都合が合って引き受ける仕事もあるわけですから、やはりご縁というものがあるのかなという気がしています。

Lago Trasimeno al tramonto 11/9/2014

- Colore arancione dove le folaghe lasciano le scie

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-09-11 23:56 | Viaggi in Umbria | Comments(10)

日本健闘、惜敗するもイタリアで絶賛

 イタリア時間では、昨晩の真夜中から、ブラジルで、日本対イタリアのサッカーコンフェデ杯の試合が行われました。Rai1およびRaiHDでは、この試合関連の放映が、午後11時20分に始まり、わたしは、番組開始から、テレビの前に座り込み、イタリアの解説者やサッカー関係者が、日本代表をどう評しているのか、イタリア代表は、どんな気持ちで試合に臨もうとしているかを知ろうと、耳を澄ませました。

f0234936_0161395.jpg
Immagine presa dal sito di Ansa.it

 すでにイタリアのオンラインニュースで、FIFAランキングではイタリアが8位であるのに対し、日本は32位であると知っていましたが、一足先にワールドカップへの切符を手にし、自国出身の監督が率いる日本代表を、イタリア側がどう評価しているのが気になっていました。さらに、夫もわたしもワールドカップでもなければサッカーの勝敗を気にすることはまれで、日頃サッカーの試合を見ることが少ないので、試合が始まる前に、見どころを聞いておきたいと思ったからです。

 記憶をたどりながら書いていますので、不確かな点もあると思いますが、うれしかったのは、試合前のインタビューや解説で、監督から解説者までが皆、ザッケローニ監督の、チームを育てる技量と人柄を称え、日本代表の技術力の高さ、速さとチームワークなどを賞賛し、この監督と日本代表の組み合わせは、イタリア側にとって、非常に手ごわい敵となるだろうと言っていました。イタリア代表はブラジルの暑さと湿度の高さに順応できず、体力的に厳しい状況に置かれているという言葉もありました。また、イタリアは引き分けで終わっても、とにかく土俵に残れるのだということ、イタリアもいいチームができあがっているので、FIFAランキングから見ても、いい試合にすることはできるだろうとも言っていました。

 最近、改築中の家の前で、排水溝を設置する作業が始まったため、炎天の酷暑が続くペルージャではありますが、夫はほぼ毎日、仕事を早めに切り上げて、午後2時過ぎに帰宅しては、昼食後に、照りつける太陽の下行われる作業を見に行っています。それで、すっかり疲れている夫は、試合が始まる真夜中前には睡魔に襲われ、就寝したのですが、ここで寝てくれてよかったと、本人のためにも思います。

 試合開始後、30分ほどの間の試合は、サッカーに詳しくないわたしが見ても、日本が優勢で、イタリアが押されているのがよく分かる状況だったからです。さらに、まずはイタリア側が口をそろえて誤審と言うファウルの判定がきっかけで、日本側が最初の1点を、続いて、みごとな連携プレーで日本側が2点目を手にしたからです。テレビでも試合の会場でも、イタリアの解説陣は、全員が、「いくら引き分けでいいからと言っても、この戦いぶりはひどい。」と嘆いていて、こんな試合ぶりを夫が見ていたら、ストレスがたまり、翌朝仕事があると言うのに、途中で席を立つこともできなかったでしょう。日本代表の守りの強さとチームワーク、技術力については、試合前から言われていましたが、この30分ほどの間は、日本チームを、さらに、disciplinati、 organizzazioni、sacrificarsiという言葉で称えていました。「(規律や言われたことに)従順に、素直に従うことができ」、「統制が取れ、全体を見すえて、行動に移すことができること」、「(チーム、社会などのために)献身的な行動をすること」日本人や日本社会が、イタリアに比べて、こうした特質に優れている場合が多いのは、サッカーに限らず、社会生活のさまざまな側面で、あるいは一個人の行動にも、認められることが多いと思います。

 前半41分目、ようやくイタリア代表側が反撃に転じ始め、解説者は皆、ほっとしながらも、「どうしてここまで追い込まれる前に、最初から、こういうプレイが見せられなかったのか。」と嘆きます。

 後半では、最初、イタリア側がめざましい動きを見せ始めたのに対し、日本代表の統率に乱れが見え、「やはり完璧なプレイや陣形を長い間保ち続けるのは、さすがにこのチームでも難しい。」という声が聞こえます。途中で、今度は日本に不利な誤審が、イタリアに得点をもたらします。やがて日本側も態勢を持ち直し、最後の最後までどう決まるか分からない、いい試合が最後まで続くのですが、チームの連携と統率の美しい日本チームと、バロテッリを中心に得点を入れようと核はあるものの、それぞれにすばらしいものを持つであろう選手たちの、しかし全体の統制がうまく取れていないイタリア代表という印象を、サッカーをよく知らないので、見当はずれかもしれませんが、わたしは持ちました。

 残念ながら、3対4という結果で、試合には負けてしまいましたが、日本代表は、自分たちの長所を十分に発揮して、すばらしい試合ができていたと思います。試合後のインタビューや解説では、プランデッリ監督が、「前半でうまく戦えなかったのは、ブラジルの暑さと湿度の高さに選手が苦しんでいたためだろう。」とし、特に対戦相手の日本代表には言及していなかった(試合直後のRai1で見られたインタビューは、全インタビューのうち、ごく一部かもしれませんが)だけで、あとは、イタリア代表の選手も解説さも、日本代表の戦いぶりとチームの技術力を絶賛していました。前半での苦戦ぶりについてインタビューを受けた選手二人のうち、一人は、「暑さと湿度の高さで、最初は息をするのも苦しかった」ことにも言及しましたが、どちらも、「日本代表の技術力が高く、守りが堅くて、なかなかボールを自分たちのものにすることができなかった。」と、日本の選手たちが非常に優秀である(bravi)と繰り返していました。選手の一人、また、解説者の一人も、何とか勝つことができたのは、「土壇場に追い込まれて、絶体絶命に思えるようなときでも、最後まであきらめず、希望を持って戦い続けることができた」からであり、さらに「運がよかった」(fortunati)という言葉を使っています。ザッケローニ監督に対するインタビューも、続いて放映されました。「日本代表は、それぞれが本当にいいプレイをして、完璧と言えるような試合ができたのに、負けてしまったのは、やはり、イタリア代表の方が、技術力がはるかに勝っているからでしょう。せっかくすばらしい勝負をして、負けには値しなかったのに、敗北を喫した日本代表の選手たちのことを思うと、ただただ残念です。」この言葉を聞いて、ブラジルの会場のイタリアの解説者は、「イタリアの方が技術力が勝っていたなどということは決してないので、ザッケローニ監督は、謙虚な人ですね。すばらしい人柄だと分かりますよ。」と言っていました。

 勝ちは勝ち、負けは負け。とは言え、日本は負けても、それはすばらしい試合、イタリアを感嘆させ、学ばなければいけないところが多いと思うような試合ができていたと思います。わたしも感動して、夜遅くはありましたが、この試合をイタリア側がどう評するかすべて聞いておきたいと、朝2時半に、話題がブラジル・メキシコ戦の結果に移る直前まで、ずっと番組を見ていました。また、イタリアの選手にしても、ザッケローニ監督にしても、勝っても、また惜しくも勝利を逃しても、相手チームの長所を認め、称えることができる態度というのはすばらしいし、こういう謙虚さが、相手に倣ってさらに成長を重ねなければという気持ちが、よりすばらしい選手としての活躍や監督としての指導につながっていくのではないかと思いました。日本代表の皆さんも、ザッケローニ監督も、手に汗を握り、感動のできるすばらしい試合を、本当にどうもありがとうございました。今後のさらなる活躍が楽しみです。

 そのうち、この試合に関するイタリアでの報道を精選し、イタリア語学習の教材として、メルマガでご紹介するつもりでいますが、今回は、主として日本のオンラインニュースの関連記事へのリンクを挙げておきます。

関連記事へのリンク
- Fifa.com – FIFA/Coca-Cola World Ranking
- ja.wikipedia – FIFAランキング
- FNN -サッカーコンフェデ杯 日本、イタリアと大接戦の末惜敗
- nikkansports.com -日本3-4イタリア/コンフェデ杯詳細

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-06-20 17:17 | Giappone - Italia | Comments(2)

日本、ワールドカップ一番乗り ~イタリアのオンライン記事から

 サッカー日本チーム代表、ワールドカップ出場決定、おめでとうございます。開催国を除くと、日本代表が世界で初めて2014年のW杯ブラジル大会の出場権を獲得したことは、イタリアのオンライン記事でも報じられ、チームを率いるザッケローニ監督がイタリア人であることに言及し、試合の詳細を報告し、ザッケローニ監督の言葉を伝えています。

f0234936_1925536.jpg
@REUTERS/Toru Hanai – tramite tuttosport.com

 Quotidiano.netの記事(下記リンク参照)では、「オーストリア、ヨルダン、オマン、イラクといった競争相手に対して、属するグループの中で圧倒的優位を保つことができた日本代表は、出場権を獲得するに値するチームであった」と評されています。加えて、「日本での経験では、2011年のアジア杯ですでに優勝を獲得したザッケローニ監督は、再び満足すべき結果を手に入れることができた。」(石井訳)と、述べています。

 Corriere dello Sport.itの記事(下記リンク参照)では、ザッケローニ監督の喜びの言葉を引用しています。

 「ザッケローニ - アルベルト・ザッケローニは、自ら率いる日本代表が2014年のW杯ブラジル大会の出場権を獲得したことへの喜びを隠さない。『監督として、ワールドカップに参加できることは、すばらしい結果だ。』と国の代表監督はANSA.itのインタビューに答えて言った。『(日本は)このために(ワールドカップ参加[出場権獲得])のために私を招き、私もこのために(日本に)来たのです。』」(石井訳)

 日本代表とザッケローニ監督の、今後のさらなる活躍に、わたしも大いに期待しています。

 今回、わたしの方で訳してご紹介した、イタリアのオンライン記事の該当部分を、イタリア語学習メルマガで、教材として取り上げています。興味のある方は、下記リンクから読んで、イタリア語学習にお役立てください。

Il Giappone va ai mondiali Brasile 2014!!! La prima qualificata :-)))

関連記事へのリンク
- メルマガ第88号「日本、ワールドカップ一番乗り ~イタリアのオンライン記事から」
- 「日本がアジアの覇者に」 ~イタリアのニュース記事から
 ↑↑ 2011年のイタリア報道には、ザッケローニ監督の日本代表チームへの賛辞や記者の監督に対する評価が詳しく書かれていました。
- 「ザッケローニ、日本、おめでとう!」 ~イタリアのニュース記事から2
↑↑ 同じく2011年のアジア杯優勝のイタリア報道から。Eurosportイタリア版編集長による日本優勝とザッケローニ監督活躍の評価および賛辞、監督が日本で感じている使命など。
- メルマガ第64号「日本・ザック監督、アジア杯制覇とイタリアでの報道」
↑↑ アジア杯決勝戦後の監督へのインタビューを、リスニングの学習教材として取り上げています。

LINK
- CNN.co.jp - 本田が同点弾 サッカー日本代表、14年W杯に一番乗り
- SoccerKING W杯出場を決めた日本代表のザック監督「10歳は年をとった」
- Quotidiano.net – Zaccheroni va ai mondiali. Giappone prima qualifica (4/6/2013)
- Corriere dello Sport.it – Giappone ai Mondiali. Zaccheroni: Che risultato (4/6/2013)
- Tuttosport.com – Brasile 2014, si qualifica il Giappone di Zaccheroni (4/6/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-06-06 12:28 | Notizie & Curiosità | Comments(4)

奇跡の国、ニッポン

 今週のイタリア誌、『Panorama』は、昨年3月11日の東日本大震災から1年を迎えようとしている日本を特集しています。

f0234936_157792.jpg

 表紙のデザインは、日の丸を基調とし、とりわけ大きく描かれた紅の円に、「奇跡の日本、以前よりもさらに強く」(Giappone dei miracoli. Più forti di prima)と見出しが書かれ、その下に、小さな活字で、「地震と、津波、原子力災害に打たれ、長期の危機そ強いられたかに見えた日本。ところが、たった1年後、再び立ち上がり、回復が始まった。決してくじけることなく(、くよくよと涙にくれてばかりいない)国民のおかげで」とあります。(「  」内は石井訳。)

 赤丸の下には、大きく両腕を広げ、掲げた力士の写真があります。困難にくじけずに、両足をしっかりと地面につけて、国を支える日本国民を、象徴しているのでしょうか。

f0234936_1572750.jpg

 東北自動車道をわずか6日間で復旧し、福島から約80kmの距離にある仙台空港で、30日後には一部運航が再開など、驚くべきはやさで、大災害後の復興や経済の持ち直しが行われていることを讃え、「困難な状況にも耐えることができ、我が身が逃げることではなく、同胞のために何ができるかを考える国民性のおかげ」、「政治家は頼りにならなくても、国民が自分たちで指針を見つけて進んでいけること、経済力の強さの賜物」としています。

f0234936_1574757.jpg

 震災による被害状況をまとめ、不安定な政治や国民の政治不信、東京電力発表データの信憑性の薄さにも触れつつ、国際的な学際調査団の長期にわたる調査結果を踏まえて、現在の日本における放射能における汚染状況を、簡潔に説明しています。

f0234936_158332.jpg

 記事には、沖の深海では、もう放射能汚染の心配はないものの、沿岸地域の魚や淡水魚、土壌では、まだまだ汚染が著しいと書かれています。

 本当は、地震の爪跡がまだ深く、今も自宅に帰れずにいる方や、地震当時、あるいは現在も、放射能汚染の強い地域に住まれて、不安と隣り合わせに暮らされている方も多いのは、十分承知しています。ただ、この特集では、政府や東京電力の対応の問題点にも触れながら、それでも自分たちの力で助け合って立ち上がろうとする、そういう国民の姿に焦点が当てられ、自ら被災地に留まることによって、被災地の経済復興を支えていこうという人々の声も取り上げられています。災害を受けた方の深刻な状況には触れていないものの、日本を励まし、「わたしたちも応援しています、日本の姿勢に見習いたいと思います。」という声援が、どの記事の背後にも響いているように感じました。

f0234936_1583784.jpg
Nocera Umbra 3/3/2012 10.44

 そうして、その日本の地震後の復興のはやさに驚き、敬服する様子が、心からのものであることが、昨夕たまたま、ノチェーラ・ウンブラの町を訪ねてよく分かりました。昨日、ペンニーノ山へと散歩に出かけたとき、行きがけに見かけた町並みが美しかったので、登山の帰りに、立ち寄ってみたのです。1997年に、イタリア中部のウンブリアとマルケを大震災が襲ったとき、この町は建物が崩れ落ち、ほぼ壊滅状態となったそうで、夫の弟は、一時期、ノチェーラ・ウンブラ再建のために、ここに移り住んで働いたそうです。

f0234936_159095.jpg
Nocera Umbra 3/3/2012 10.44

 もう地震以来、14年半建っているので、もう再建も済んだことだろうと夫が言うので、訪ねてみたノチェーラの町。それが、復旧作業はいまもまだ終わっておらず、

f0234936_1591993.jpg

 再建された美しい家も、まだ電気や水道が通っていないためか、いろいろな配線がむきだしで、ほとんどが空き家になっています。

f0234936_1593222.jpg
Nocera Umbra 3/3/2012 18.07

 町の一番高い位置にあるこちらの教会も、まだ復旧が終わらず、入ることができません。門の外のバールで一息ついて話を聞くと、今中心街に住むのは4家族だけで、知人の多くが地震で恐い思いをしたために、「たとえ町が元の姿を取り戻しても、もう帰るつもりはない。」と言っているそうです。そういうバールの主人も、やはり町から1km離れたところに暮らしているとか。地震で壊滅状態になったとは言え、放射能の恐れはないのに、こうして復旧作業が依然として進まず、町民が戻らない。先の『Panorama』の記事は、そういうイタリア各地の状況を踏まえて書かれているのだと思います。

 YouTubeに、2009年3月のノチェーラを取材したニュース映像があります。題名には「ゴーストタウン(città fantasma)」とあり、わたしたちも、町を訪ねてそういう印象を受けました。



 3年後の今ではかなり修復が進んでいますが(映像に登場する教会は、けれど、1998年に再建完了予定でした)、中部イタリアでさえ、地震後の再建にこれだけ苦労している現実があるのだという参考に、興味のある方はぜひご覧ください。

 東日本大震災後も、放射能汚染の恐れがあると知りつつ、地元に残る方のために、そして、復興支援のためにと、訪れる人々のためにも、政府は、汚染の実態の公表や放射能除去に、積極的に取り組んでもらいたいものです。一番弱い立場にある人、困っている人が幸せに暮らせるように図れば、皆にとってよりよい社会になると読んだことがあり、そのとおりだと思います。地震だけではなく、日本の経済成長の、豊かさの犠牲となった東北地方の人々が、再び安心して暮らせるようになって初めて、日本という国がきちんと機能し始めるのだと思います。『Panorama』の記事には、「政治への不信がこのまま募れば、リーダー不在では、日本社会に深刻な危機が訪れる可能性がある」とありますが、わたしは今回の地震をきっかけに、逆に、国民の一人ひとりが、政治家に任せていてはいけないことや、政府やマスコミの情報に偏重・隠蔽の傾向があることに気づき、真の民主主義の兆しが見え始めたのではないかと思い、そういう意味では、希望を持っています。

 『Panorama』の記事には、今年2月17日現在、犠牲者は15870人、行方不明者は3287人とあります。多くの方の大切な命を、そして大切な家族を、家を、ふるさとを奪った地震と津波、今も押しかかる放射能汚染の危険と不安。天災と呼べる被害と、十分に対処していれば、経済よりも国民の健康や環境を優先していれば防げたはずの人災。命を落とされた方々のご冥福を、そして、被災地の方が一刻も早く、元通りとは言わないまでも、それに近い暮らしを取り戻せるように、心からお祈りしています。そうして、日本という国が、これからも奇跡を生み出し続けていけますように。

LINK
- it.wikipedia - Terremoto di Umbria e Marche

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
ブログランキング・にほんブログ村へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-03-04 18:04 | Giappone - Italia | Comments(12)

電車でおしゃべり1

 ローマからペルージャに帰る途中、フォリンニョで、電車を乗り換えました。電車は、フォリンニョ駅に、少し遅れて到着したのですが、わたしは、無事、ペルージャ行きの電車に、乗り込むことができました。(記事はこちら
すぐに大勢の人が、次々に同じ車両に入ってきました。先ほどわたしに、「フォリンニョでは、問題なく乗り換えができますよ。」と言ってくれた男性も、同じ車両に乗り込みます。「この人たち、みんな、同じ電車で今ローマから着いたばかりなんでしょうか。」と尋ねるわたしに、通りかかる人々が、笑いながらうなずきました。

 わたしからは、通路を挟んだ向こうの席に座っていた金髪の女性が、不平をこぼします。
「まったく、ローマから来て、フォリンニョで乗り換えると、いつもこうなんだから。乗り換える時間はほとんどないし、乗り継ぎの電車がどこから出るかわからないから、毎回こうして、焦って慌てるはめになるんですよね。」
 わたしが、
「まあ、無事にみな乗り換えることができたから、よかったということで……。」
と言うと、少し外国人アクセントのあるその女性は、
「イタリアの鉄道って、いつも問題があるんだけど、このフォリンニョの駅では、決まってこんなふうに混乱していて、皆が心配しながら、急がなければいけないのよね。」
と答えます。
 女性の向かいに座っていた、イタリア人の老紳士が、それに対して、
「二人とも、十数年前のテルミニ駅が、どんなに混乱した状態だったかをご存じですか。当時に比べたら、駅の状況が格段に改善されて、電車を利用しやすくなったんですよ。」
と返事をし、それからペルージャに着くまでの30分あまり、ずっと3人で話し続けることになりました。

 まずは最初に自己紹介。金髪の女性はロシア人で、わたしは日本人。老紳士は、今は退職前は、大学で哲学を教えていたとのことです。わたしたちがなぜイタリアに来たのか、ロシアや日本では、電車はイタリアのような遅延やストライキは少ないこと、など、いろんなことについて話しました。

 3月以来、わたしが日本人だと知ると、面識がなくても、地震後の日本はどうかと、尋ねてくる人がよくいます。。このときもやはり、老紳士にそう問われ、今もまだ被災に苦しむ方がいる上に、放射能汚染の問題も深刻なのだと答えると、これもやはりいつものことですが、そうした困難を力を合わせて、乗り越えようとしている被災者の方や日本はすばらしいと、女性も老紳士も、日本を称え、応援してくれました。

f0234936_0272779.jpg
Giardino Shosei-in, Kyoto 29/3/2010

 実は、この日の午後、ローマではイタリア産業界の要人も交えた会談があり、その席でわたしは通訳を務めたのですが、そのときも、日本からのお客さんたちが、なぜイタリアに来たかを説明して、貴国から多くのことを学びたいと言ったとき、その要人の一人が、思いがけず、こんなふうに答えたのです。
「わたしたちは、今、日本に対して、できる限りの協力をしていきたいと考えています。先の地震で、被災者の方が、日本の皆さんが、想像を絶するような苦境に遭いながら、それでも、前に進もうとされている姿に、わたしたちは感銘を受け、また心から敬意を抱いておりますので。」

 心づくしの温かい言葉に感激し、目に涙を浮かべながら、すぐに言われた言葉を訳しました。これはほんの一例で、こんなふうに日本を応援してくださる方が、イタリアにもたくさんいるのです。(つづく)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
人気ブログランキングへ

by milletti_naoko | 2011-11-20 16:30 | Giappone - Italia | Comments(6)

日伊の架け橋、アニメと漫画

 わたしたちが日本語を教える教室の右横では、アラビア語の授業が行われていて、レバノンやイラクなど、政治的にも軍事的にも、難しい地域に赴任することになっている軍人さんたち3人が、アラビア語を学んでいます。

f0234936_693397.jpg

 この3人もやはり、とても気のいい人たちで、「先生が授業をおてやわらかにしてくれるように」と言って、飴やチョコレートを持ってきては、時々、隣の教室で教えるわたしにも、一つ二つと分けてくれます。ちなみに、この「甘いもの作戦」を最初に考え出したのはミンモさんで、お隣さんたちは、横を通るたびに、「この飴、一ついただきますね。」と手を出したりしていたこともあり、自分たちも持参することになったようです。授業中にこういうものが机の上にあるのはいただけない、とわたしは授業の間は、机の下の目に見えない場所に置いて、そのまま忘れてしまうので、時々、「ああ、またこうやって隠すから、食べるのを忘れちゃうんだよね。」と言われます。

 ある日、このアラビア語の生徒さんの一人が、わたしの名前を「なおと」と呼び間違えました。「なおこですよ。」と言うと、「あ、すみません。実は、幼い頃から、アニメの『タイガーマスク』(L’Uomo Tigre)が大好きで、その主人公の名前、『なおと』と混同してしまって…」と言うではありませんか。『タイガーマスク』は、わたしも幼い頃に見ていましたが、主人公の名前など記憶になかったので、まずは、彼が今もその名を覚えていることに驚きました。ちなみに、あとでインターネット上で調べて、本当に主人公の名が「なおと」だということが分かりました。

 この話が発端になって、いろいろなアニメの話になり、3人とも、『UFOロボ グレンダイザー』を見て育ったということが分かりました。『荒野の少年イサム』まで知っている人がいて、実はわたしも幼い頃に見ていながら、結局イサムが父親とめぐり会えたかどうかが分からなかったのに、バグダッドに赴任することになっている軍人さんが、「最後には、父親と会えたんだよ。」と教えてくれました。30年以上も前に見て、結末が分からずにいた日本のアニメがどう終わったかを、イタリアで軍人さんに教わるなんて、世の中おもしろいなあ、とつくづく思いました。3人ともひどくまじめな人たちなのですが、『愛してナイト』も、よく見ていたようです。「父親が鉄板の上で何かを焼く店を開いていて」、「男性の主人公が髪を染めていて」、「猫の名前がジュリアーノとイタリア語名」だと聞いて、3人が何のアニメの話をしているのかが、ようやく分かりました。

 グレンダイザーは、イタリアでは、Goldrakeとう名前で放映されていました。40代の軍人さんたちにとっては、心に一番残るアニメの筆頭であるようで、このことは、すでに授業中にミンモさんから聞いていました。イタリアで各家庭にカラーテレビが導入されたのと、グレンダイザーが放映されたのが、ちょうど同じ時期で、そのため、ミンモさんは、「カラーテレビの色彩の美しさを、グレンダイザーを通して実感し、楽しんでいた」そうです。ミンモさんのお母さんもやはり、その色彩の美しさに感嘆し、いつも一緒にグレンダイザーを見ていたそうです。わたしもやはり、小学生の頃、グレンダイザーを見ていましたが、カラーとグレンダイザーを特に結びつけて意識した記憶がなかったので、驚きました。

 以前にも書いたように、外国語というのは、歌を通して覚えると、聴覚も動員し、リズムもあるので、記憶に残りやすいし、正しいイントネーションや発音が身につきやすいので、外国人大学の授業では、よく学生たちといっしょに、『春が来た』などの歌を歌っていました。(記事はこちら)ミンモさんにも、最初から、「時々歌をうたって、勉強しましょうね。」と言っていたのですが、「ぼくは、歌はへただし、隣の教室に迷惑をかけるから、歌だけは絶対うたわない。」と、言われていました。というわけで、結局、日本語の歌は歌わずじまいだったのに、グレンダイザーの話をしたとたん、ミンモさんは、自分から、グレンダイザーのイタリア語のオープニング(リンクはこちら)を、すべて歌って披露してくれました。きちんと歌えるし、歌もじょうずじゃない、と言うと、「Goldrakeだけは特別で、何度も何度も聞いたから。」とのことでした。グレンダイザーは夫も好きで、よく見ていたようですが、オスカノ城での夕食(記事はこちら)のあと、別れ際に、何がきっかけでか、ミンモさんがGoldrakeをすべてすらすら歌ったとき、夫もいっしょに歌おうとしたものの、忘れていたところがあったので、ミンモさんは、本当にグレンダイザーが好きなんだなあと、つくづく思いました。

 そんなことがあったので、この日は、廊下で他の外国語を学ぶ軍人さんに会うたび、その人にとっての懐かしの日本のアニメを尋ねていたら、やはり中東の難しい地域に赴任することになり、ダリー語(だったと思いますが、あとで確認します)を学ぶ軍人さんが、ガンダムの大変なファンだということが分かりました。ガンダムは、わたしも中学・高校時代に大好きだったので、妙に話が盛り上がりました。イタリア語に訳された、ガンダムの漫画まで持っているそうで、今度学校に持ってきてくれるそうなので、楽しみです。「他のアニメとは一味違うすばらしい作品だ」と語るのを聞いて、「そうですよね。ひょっとして、ガンダムの世界にあこがれて、軍人になったんですか。」と尋ねると、「それは考えたことがなかったけれど、ひょっとしたら、そうかもしれない。」ということでした。

 こうやって話をしていると、皆、子供のように生き生きと瞳が輝いてきて、「ああ、いいなあ。こんな話をしていたら、自分も日本に行きたくなってきた。」と、ミンモさんをうらやましがるのでした。ただ、この隣のクラスのアラビア語の生徒さんたちや、少し離れた教室で、ロシア語を学ぶ生徒さんは、自分たちの学ぶ言語が難しくて、めげそうになると、わたしたちの教室にやって来て、ミンモさんがノートに書いている日本語を眺め、黒板に書かれた言葉を見て、「ああ、自分より難しいことを勉強している人がいる」と、自分たちを慰めています。そう言えば、最近はミンモさん、「また(授業中に)たたきのめされた」とは、言わなくなりました。(記事はこちら

 3か月の語学研修を終えると、やがて、それぞれの赴任先へと向かっていく軍人さんたち。情勢の非常に厳しい地域に行かれる方も多く、それでも、まじめに、かつユーモアと笑顔を忘れずに、決して易しくはない言語の習得に、励んでいます。わたしたちの教える希少言語の教室の並ぶ教棟には、将校クラスの人が多いのですが、優しくきさくな軍人さんがほとんどです。授業はあと1か月で終わる人が、ミンモさんも含めて大勢います。生徒さんだけでなく、先生方も、世界中のさまざまな国、文化を背景にした方ばかりで、話していて、とても興味深いものがあります。

 外国人大学では、外国人がイタリア語・イタリア文学を学ぶ場合が圧倒的に多いのに対して、この軍語学学校の中では、イタリアの中で、イタリアの軍人さんたちが、自分たちが赴任する先の国の言語や文化を学ぶため、わたしたち外国人が教員で、イタリア人側が、生徒ということになり、そういう関係もなんだかおもしろいなと思います。そう言ったら、「試験前や試験中に、将校たちを苦しめるのもなかなか楽しいものよ。」などと、本気か冗談か、答えていたある外国語の女の先生もいました。いずれにせよ、軍人さんたちが赴任する前に、勤務先の言語・文化を学ばせようという姿勢は、すばらしいと思います。世界中から来た人々が集まり、それぞれの国の言語や文化を教える場所。イタリアのために、世界のために、命を賭して働く使命を自分に課した軍人さんたちが学ぶ場所。とてもすてきな環境で、働くことができることを、うれしく思います。

 昔、日本の高校で教えていた頃には、担当するクラスや学年がかわったり、教えていた生徒たちが卒業したり、異動で学校がかわったりすると、ひどく悲しくて、よく泣いたものです。この学校で授業が終わり、ここで知り合った軍人さんたちに、さよならを言うときも、きっとひどく寂しいだろうなという気が今からしています。あと1か月、悔いのないように、精いっぱいいい授業をしていけたらと思っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ Ninki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-06-02 23:10 | Giappone - Italia | Comments(12)

日本を愛する心

 来週月曜日から、新しい職場で、日本語を教えることになりました。

f0234936_84751.jpg

 こちらが、その学校です。教会ではないか、と思われる方も多いでしょう。それもそのはず、もともとは教会、修道院であった施設が、その後、軍人病院になり、今はイタリア国外に勤務することが決まった軍人のための、外国語学校として使われているのです。このサンタ・ジュリアーナ(Santa Giuliana)、近所を通ったことは何度もあったのに、まさか中に軍人さん向けの語学学校があるとは、思いもしませんでした。

 お義母さんは、以前に軍人病院であった頃に、一般の人も通院することができたので、何度か足を運んだことがあるそうです。

f0234936_8473336.jpg

 最初の写真には写っていないのですが、建物は広大で、教会の左側に隣接しています。手前にベンチがあるのは、周囲が公園として、一般に開放されているからで、そのため、散歩に訪れている人も何人かいました。

 いつもペルージャ外国人大学でチームを組んで教えている先生方に誘っていただいて、4月4日から、3か月間、この学校で日本語を教えることになりました。と言っても、生徒は、すでに東京の大使館への勤務が決まった軍人の方1名です。月曜日から金曜日まで、毎日1日6~8時間、週に計34時間の、言わば日本語集中特訓講座です。さらに授業は1対1の個人授業で、3人の教師が、交代で教えることになります。

 というわけで、最近は、授業の打ち合わせや、必要な書類の提出のために出かけたり、授業計画を立てたり、授業の準備をしたりと、何かと慌しく過ごしています。

 高校で12年間国語を教えたあと、「わたしは勉強をするのが好きだから」と、まずは語学留学、そして、イタリアの大学での学習と、学ぶのに没頭できる月日を満喫しました。それが、外国人大学の先生に頼まれて、日本文学の授業の講演をしたり、イタリア語教育の授業中に、先生や他の学生の前で、発表をしたりする機会があったときに、自分は教えることが好きなのだということを、実感しました。聞く人が楽しめるように、よく分かるように、十分に準備をするのも、そうして、聴衆の顔を見ながら、手際よく、関心を引きつけながら説明していくのも…… 久しぶりに教壇に立ったとき、話を始めたとき、すぐに、「ああ、自分は今本当に生きているな。」という不思議な実感があったのです。

 日本と言うと、天皇、侍…と考えがちなイタリアの人にとって、平安文学の世界や俳句は意表をつく上、興味深いようでもあり、もともと古典の好きなわたしは、大学の日本文学の授業では、いつも奈良時代から江戸時代までの、古典作品を扱っています。

f0234936_8475614.jpg

 自分が本当に好きな仕事をして、お金を稼げるのは、ありがたいことだな、と思います。かつて公立高校の教員として働いていたときほどの安定した仕事や収入は、イタリアでは得られるはずもないと思いつつ、それでも、以前、高校生たちに、文学作品の魅力や言葉を学んでゆく楽しさを教えたように、日本語や日本文学の授業を通して、イタリアの、そして世界から来た学生たちに、少しでも、その魅力が伝わり、興味を抱き続けてもらえたらと思い、自分自身が楽しみながら、教えています。

 今回教える方については、特に震災のこともあって、日本に赴任する前から、日本や日本文化を愛してもらえるような授業ができたら、と思っています。こうした要の場で働く人が、一人でも日本を思ってくれれば、その気持ちは、水面に小石を投げ込んだときのように、少しずつより大きな輪になって広がっていくと思うからです。

 さて、明日(もう今日ですね)は、夫が山に散歩に行こうというので、遅くまで授業の準備をしたあと、もう寝ようかと思ったその前に、思いついて、こちらの記事を書きました。寝る前に書く文章は感情的になりやすいから、手紙は朝読み直してから送るように、と遠い昔にどこかで読んだ気もしますが、時間もないので、このまま投稿します。校正は明日山から帰ってから、日本時間ではもう皆さんが再び眠りにつかれたあとになりますので、もし何か不備がありましても、どうか大目に見てくださいませ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-04-02 01:55 | Insegnare Giapponese | Comments(14)

伊マスコミと地震報道3~日本人のわたしたちからの呼びかけ2

 イタリアでの報道は、日本にも触れるものの、リビア紛争の方に、重点が移りました。イタリアはNATOの加盟国として戦闘にも参加し、一方では、チュニジアやリビアから、ボートに乗って、大量に自国沿岸に押し寄せるという問題も、抱えているからです。

f0234936_05923.jpg

 そうは言っても、やはり日本の放射能汚染についての扇情的報道が気になる中、相澤さんの方から、日本女性のわたしたち3人から、イタリアのマスメディアへの訴え(記事はこちら)が、冒頭の部分だけ、『Terra』という新聞(上の写真)に取り上げられたという連絡をいただきました。

 そして、オンライン新聞、『Articolo 21』にも、前回の記事に続いて、中澤さんの記事、そして、わたしが、被災地への義援金情報の提示をと訴える記事が、掲載されました。以下、最初の記事については重複になりますが、これらの記事へのリンクをご紹介します。

Articolo 21.info – giornale on line per la libertà di stampa(↓↓ Sotto i Link per gli articoli)

-La nostra riflessione su ciò che è accaduto in Giappone. E sull’informazione italiana – di A. Nagasawa, N. Okada e N. Ishii

-No al giornalismo sensazionalistico che ferisce e non informa – di Ai Nagasawa

-Notizie che possano contribuire a sostenere i terremotati del Giappone - di Naoko Ishii

f0234936_053493.jpg

 被災地への支援が、イタリアで風化することのないように、放射能汚染の恐ればかりが取り上げられないように、少しでも、状況を改善していけたらと願っています。イタリアのマスメディアに訴えかける、こうした記事が、できるだけ多くのイタリアの方の目に入るように、ツイッターやフェイスブックを利用されている方に、協力していただけると、助かります。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-03-31 23:30 | Giappone - Italia | Comments(2)

天皇のスピーチ

 被災に遭った方々を励まし、日本国民に贈られたその言葉は、イタリアでも、すぐにテレビニュースで取り上げられました。

f0234936_022428.jpg
3月24日発売発売の雑誌、『Corriere della Sera - Sette』から。


YouTubeメッセージ映像へのリンク(↓↓)
YouTube - 天皇陛下 被災者へのメッセージ / 東北関東大震災.flv(5:48)

 震災で亡くなった人、苦しむ人、救助にあたる人々、被害を受けなかった地域の日本国民、それぞれの立場の人を思いやって、穏やかに語りかける、その温かい言葉の一言ひとことに、胸を打たれました。何か自分の中で形にならない思いを、代弁してくれているようにも、感じました。

 実は、わたしは、もともと天皇制には反対で、それは戦争責任や将来また政治的に利用される可能性が否めないという他に、皇室に関して「血・家柄の尊さ」を語る報道などが、結局は人々に「血や家柄の貴賤」の存在をたとえ潜在的にであってでも意識づけて、部落差別などの差別の存続につながっていくのではないか、と考えるからでもあります。

 映画、『英国王のスピーチ』(記事はこちら)では、後に国王ジョージ6世となる主人公が、兄の退位によって国王とならねばならぬことを恐れ、妻が「王族なんかとつきあいたくはないと思っていたけれど」と、夫を励ますくだりがあります。皇室に生まれただけで、あるいは関係するだけで、プライバシーや、一般の国民であるわたしたちが楽しめる自由が、ひどく制限されてしまうことにも、疑問を持っています。

 ただ、やはり国の象徴とされるだけあって、今回、ふだんは表舞台に立たれない方が、あえて贈られたメッセージに励まされ、苦しい中で希望を見出された方、あるいは自らにできることをしようと奮い立たれた方も、きっと多いことと思います。

『英国王のスピーチ』で、ジョージ6世が、自らの吃音を克服し、戦争に突入した英国の国民を前に、戦争の意義や英国の役割を語り、不安に襲われた国民を勇気づけていった、その場面が、今回の被災地へのメッセージと重なりました。

 命を失われた方への悔やみ、少しでも多くの、そして早くの行方不明者が救助されるようにとの願い、寒さと飢えの中で苦しむ人々の苦労、その中でも強く生きようとする方々の雄々しさへの感動、被災した方を思っての心痛、救援活動に携わる人々への感謝、ねぎらい、海外のメディアの日本への賛辞、海外の国の温かい支援への感謝。「希望を決して、失わずにいてください。一緒に苦労を乗り越えましょう、日本人皆が支え合っていきましょう。」

 わずか6分足らずの言葉ですが、込められた思いの大きさ、深さ、視野の広さに、国の象徴という重い立場を、国民への慈愛を持って背負われている方、そういう立場に、ふさわしい人柄を持たれた方なのだ、と感じました。

f0234936_044844.jpg

 そして、「これからも皆が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを、衷心より願っています。」という、この願いの言葉は、3月28日付の米雑誌『TIME』(記事はこちら)にも、オバマ米大統領の言葉を3位に押さえて、一番に掲げられています。

 まだ余震も続き、被災地の方々がまだ苦しみの多い生活を送られている上に、放射能汚染の問題で、被災地から遠い地方でも、心配や不安がなかなかぬぐえない状況ではないかと思います。日本はきっと大丈夫、日本の科学技術力と根性があれば、原発の問題も解決し、震災後の復興もできると信じています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-03-31 17:10 | Giappone - Italia | Comments(6)

伊マスコミと地震報道2~日本人のわたしたちからの呼びかけ

 日本語や英語が分からず、情報源をイタリア語に頼っているイタリア人は、住む場所がイタリアであるにせよ、日本であるにせよ、こうした不安を煽るようなイタリア語の地震報道ばかりを見聞きして、やがてそれをうのみにすることになります。日本に暮らしていても、心配する家族に毎日帰国をせきたてられ、自分自身も日本語が分からないので、家族の言葉、イタリアの報道を信じて、恐怖や不安に襲われて、帰国を考えるイタリア人がいます。一方では、イタリア人で、イタリアの家族に、「自己中心的」、「頭がおかしい」と非難されながらも、日本語・英語のニュースで情報収集をして、自分の暮らす地域は、関東であっても安全だと判断し、愛する日本、自分に多くを与えてくれた日本に残りたい、というイタリア人もいます。

f0234936_22342795.jpg
昨日購入した3月28日付の米雑誌、『TIME』。この雑誌への言及は、記事の最後に。


 過剰に不安を煽り立てる報道は、単に間違った情報を伝えているというだけではなく、こうして、必要以上の不安を人々に感じさせて、不要な帰国を決意させ、人生の軌道を逸らし、また、上述のように、本来は被災地で不安を抱えている人を励ますべきイタリアの家族が、逆に辛辣な非難や叱責で、余計にストレスを与えて、辛い思いをさせ、家族関係に軋轢を生じさせてさえいます。こういう軋轢は、イタリア人と日本人の夫婦の間にも、日本で、あるいはイタリアでも、あちこちで生じています。夫のイタリア人は、イタリアの情報を信じ、母国の家族の懇願に打たれて、日本からの早急の帰国を考え、一方、日本人の妻は、東京周辺でも、それほど危険がないと考えて、帰国など視野に入らない。お互いが、互いが根拠とする地震情報の大きな食い違いに気づき、あるいは譲り合って、いったん関東よりもさらに西に移住するなど、妥協点を見つけられればいいのですが、相手の立場、そういう考えに至らせた地震報道の在り方が分からないと、問題の解決が難しいのではないかと思います。

 また、こうしたいたずらに恐怖を煽る報道、にも関わらず義援金情報のない地震報道は、わたしも見ているうちに、まずはむやみに不安な気持ちに、襲われました。そして、後から日本の報道を見て、そんなことはないと胸をなでおろしながら、TG1、TG2への不信感を募らせていきました。Raiのニュースはまた、今回の地震が与えた日本経済的打撃や地震の被害額にも、詳しく触れていました。にも関わらず、ふだんは頻繁にある義援金の寄付の案内がまったくないことへの怒りがわき、少しずつふくらんでいきました。

f0234936_2234555.jpg

 前回の記事でも書きましたが、イタリアにも、Skyを中心に、日本の大地震やその被害、放射能汚染の危険性について、いたずらに不安を煽ることのない報道は、存在します。ただ、Skyは契約金を払って契約しないと見ることができないため、結局国営放送であるRaiのニュースを見る人、そして、そのニュースを信じ込む人が多くなります。こうした扇情的な報道は、さらに、テレビニュースだけではなく、信頼する人の多い、二大有力紙、Corriere della Sera、la Repubblicaにさえ、登場することがあります。

 それで、わたしは地震発生以来、インターネット上で、主にイタリア語で、イタリア語の地震や原発事故の報道が、過剰に不安を煽りがちで、信憑性のない場合も多いことを、繰り返し伝えてきました。恐怖に陥ってまったく聞き入れる耳を持たない人もいれば、イタリアの一般人やジャーナリストで、耳を傾けて、こういう訴えや、本来日本で報道されている内容、あるいは他の海外メディアによるイタリアほど扇情的ではない情報を、インターネット上に広めていくのに、力を貸してくれる人もいました。

f0234936_22492247.jpg

 ただ、最近になって、いただくコメントを拝読していて、イタリアに暮らしている日本の方の中にも、たとえば留学生活を送っている方で、家にテレビはあっても、Skyの契約はなく、インターネットに24時間接続できる環境にいないために、地震の情報を、主にイタリア語のテレビニュースや新聞から得て、それで、すっかり不安を抱かれている方も、意外と多いのではないか、と思いあたりました。確かにわたしも、学生のときは、インターネットは、必要なときだけに、インターネットカフェなどに出向いて利用していました。テレビのないアパートに暮らしたことさえ、多くありました。

 近くに、日本人でイタリアに長く住んでいる方がいたり、しばしば日本の家族と連絡が取れる環境にあれば、そういう不安もぬぐわれるかと思うのですが、もしかしたら、そのどちらも、頻繁にできる状況ではなく、イタリアの報道を中心に、地震のニュースを得て、必要以上に、恐怖や不安を抱いている方が、わたし自身にコメントをくださって、そうした不安を語ってくださった方以外にも、いらっしゃるかもしれない…… それが、今回、初めてこの件を、日本語で書いた理由です。執筆の動機にはまた、上に述べたように、イタリア語での報道と日本語のニュースに大きなギャップがあることを、もし、そのために家庭内で問題が起こっているようであれば、知っていただきたかったということもあります。日本で暮らしていると、Raiのテレビニュースがどんな地震報道をしているか、そして、それがイタリアの家族や知人に、どんな不安を抱かせているかが、分かりにくいかと思ったからです。

 イタリア人の配偶者や家族が、こうした扇情的な報道にふりまわされている場合には、もしイタリアにお住まいであれば、たとえば、テレビであれば、SkyTG 24やRai News24のニュースを、一緒に見てみてください。また、最近はイタリアのマスコミやイタリア人のブロガーの中にも、こうしたイタリアの過剰な報道を告発し、現状はどうであるかを述べた記事も多くあります。ぜひこうした記事を、イタリア人の身内に、読んでもらってください。

- Diritto di Critica
Giappone: blogger contro i media, “scrivono falsità”. Tra i nomi anche Repubblica e Corriere

- Marco Togni a Tokyo – Blog in diretta dalla capitale del Giappone
Un messaggio di Federica, residente a Yokohama

- Corriere Della Sera.it
Giappone, bacheca online delle bufale giornalistiche sul dramma nucleare. Blogger raccoglie errori ed esagerazioni della stampa

f0234936_2236643.jpg

 あちこちでイタリア語や日本語で、イタリアの地震報道が扇情的であり、信憑性のない場合もままあることを訴えていたら、ローマと京都で、マスコミ関係の仕事にも携わっている二人の女性から、イタリアの報道機関に向けて、日本人として訴えかける記事を、一緒に書いてみないかというお誘いがありました。そうして提出した原稿は、これから少しずつ、イタリアのオンライン新聞、Articolo 21 (Associazione per la difesa della libera informazione)に、4回に分けて、少しずつ取り上げられていくことになりました。以下は、その最初の記事へのリンクです。

- Articolo 21.info – giornale on line per la libertà di stampa
La nostra riflessione su ciò che è accaduto in Giappone. E sull’informazione italiana

 この記事では、まず各人の記事の導入として、イタリアにおける扇情的な地震報道のために、わたしたち日本人が、怒りや悲しみを覚えたことが語られています。今後は、3人の記事が、1度に一つずつ紹介されていく予定だと、執筆を提案してくださった長澤さんの方から、おうかがいしています。各自の分担した記事では、わたしは、イタリアの各報道機関に、日本の被災地への義援金情報を、より積極的に伝えていってほしいと、訴えています。

 イタリアの報道が過度に恐怖を煽り立てるものであるのは、実は今回の地震に限ったことではありません。この点については、また別の機会に述べてみたいと思います。また、同時に、日本での報道が、たとえば放射能汚染の可能性や危険度をすべてをくまなく伝えているかというと、それにもやはり疑問はあります。

f0234936_22372594.jpg

 そこで昨日は、仕事でペルージャの中心街に出向いたついでに、アメリカの雑誌、『TIME』を購入してきました。最初の写真は、その表紙です。昨日は1日中忙しかったので、とりあえず、いくつかの記事を読み、全体に、ざっと目を通してみました。悲惨な災害の最中でも、秩序を守り、尊厳と勇気のある被災者の方々の行動や在り方をたたえている点は、イタリアの報道、また他の世界各地の報道に通じるものがあります。

 ただ、日本やイタリアの記事と比べて、特に印象に残ったのは、地震発生の様子や原発事故発生の原因を、簡潔かつ的確に伝えている点、そして、記事の叙述が非常に客観的であるという点でした。また、日本があまり原発での進捗状況を逐一発表しないのも、損傷した原子炉の状況に関する情報は得てして不完全で、刻一刻と変わりうる可能性があるからだとも、書かれていました。日本やイタリアの報道をいくら見聞きしても漠然としていた今回の地震、津波、原発事故の全貌、またその世界経済への影響が、骨子だけを、けれど必要な事項は確実に記事全体の中に位置づけて語る記事を読んで、なぜかすっと、頭に入りました。しかも、被災者への追悼と、詩的な響きさえ、感じられる文章なのです。これから、さらに記事を読んでみて、またこれはと思うことがあったら、ブログでもご紹介していきたいと思います。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-03-25 14:44 | Giappone - Italia | Comments(14)