タグ:日本語教師・通訳・翻訳 ( 134 ) タグの人気記事

アドリア海の荒波と日々の荒波、悪夢のPartita IVA

 今日は夫と車ではるか東に向かい、マルケ州の海を訪ねました。コーネロ山州立公園(Parco Regionale del Conero)で、山の木々の下方に海が見える美しい眺めを、インスタグラムの投稿で時々見かけていたので(たとえばこちら)、わたしは海辺の山を歩いてみたかったのです。けれども、昨晩先に海に行きたいと言い出したのは夫で、家の改築に必要な小石を拾いに行きたいというのが、その目的でした。

f0234936_7553117.jpg
Portonovo, Ancona (AN) 7/10/2017

 と言うわけで、山歩きや山からの海の眺めを楽しめなかったのは残念でしたが、思いがけず荒々しい波が打ち寄せる海辺を、いくつか眺めることができました。

 まだまだ石が足りないからか、単に久しぶりに海の近くにいるのがうれしいからか、むやみに車を停めて、そのたびに、もっぱら小石の浜を歩いたために疲れ、9時前に帰宅して、食事を終え、ようやくパソコンに向かって、昨日頼んでおいたPartita IVA(付加価値税の納税者登録番号)が取れたことを知らせるメールが届いていたのはよいのですが、添付されていた文書を見て、青くなりました。

 こういう関係の法律には疎いわたしでも、わたしが取るべきPartita IVAが、個人事業主ではなく、フリーランス用のものだということは、知っていました。商品を売買したり、職人で自分の作ったものを販売したりする人が取るのが個人事業主用のPartita IVAで、まず、そもそもわたしがする教えるという仕事の内容と合致しません。また、個人事業主用のPartita IVAの方が、支払うべき税などがはるかに多いので、以前の契約に比べれば支払う税などが増えるけれども、個人事業主ほど支払う必要はなくてよかったと、ほっとしていたところなのです。これでは、税のみならず、付随する義務も支払いもかなり多くなってしまいますし、そもそも、本来の仕事と相容れない種類のPartita IVAなので、わたしの教えるという仕事から考えると、それに付随する義務は当てはずれで、とんちんかんちんなのです。まさか個人事業主用のPartita IVAになるとは予想もしていませんでしたし、昨日説明を受けた税金などの率も、調べてみると、フリーランス用のPartita IVAに関するものなので、おかしいとしか言いようがありません。

 帰宅が遅くなり、メールを見るのも遅くなったため、とりあえずメールで、わたしの困惑と疑問を書いて、返事を送りました。朝はしばしば税理士からメールが来ているだろうかと確認していたのですが、メールが着いたのは正午過ぎで、その頃には、すっかりメールを確認するのを忘れていました。無料でしてくれるという言葉はありがたかったのですが、この重大な間違いが無料ですぐに直せるものか、この間違いによって、すでに本来は必要ではなかった出費が発生していないかどうか、今晩はすでに疲れていたのに、その答えを教えてくれそうなサイトをいくつも調べて、確認しました。

 メールを確認できたらすぐに、学校に連絡をしようと考えていたのですが、この重大な間違いがあるため、明日はまず税理士と電話で話すことにします。日曜なのですが、電話が通じますように。

 昨日久しぶりに会った大学時代の友人は、「税理士なんて、最新の法律を知らずに、いい加減に仕事をしてしまって、こちらが後から大変な思いをすることもあるので、夫は二度三度、自分で必ず見直すのよ。」と言っていました。それは、彼女のだんなさんが店を経営しているからではあるそうなのですが、専門家なら信頼できると思っていたわたしは、昨日そう聞いて、驚いたのです。

 実は、先週、学校から仕事を請け負っている税理士がわたしたちにしてくれた説明と、うちが一家で頼んでいる税理士がわたしに昨日してくれた説明では、税などの率が微妙に違うので、いったいどちらが正しいのだろうかと思ってはいたのです。ただでさえ、Partita IVAを取ると、以前と同じ仕事をしても、出て行くお金が多くなるのに、この税理士の間違いのせいで、さらに恐ろしい事態にならないことを、心から願っています。やれやれ。

*************************************************************************************
Onde alte sulla spiaggia di Portonovo, Ancona 7/10/2017

A causa del Jobs Act, per continuare a insegnare a scuola come prima, purtroppo, sono stata costretta ad aprire la partita IVA; per le gentili parole del nostro commercialista, ho affidato l'incarico a lui, MA ieri sera ho scoperto che mi aveva aperto quella come ditta individuale, non quella come lavoratore autonomo come si dovrebbe - o così presumo - purtroppo oggi è domenica, speriamo questo errore (penso) non mi rechi ulteriori problemi... Temo che la partita IVA come ditta individuale dovrebbe richiedere ancora più spese per il mantenimento e obblighi.
*************************************************************************************

関連記事へのリンク
- 拷問椅子、グッビオの町とPartita IVA

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-10-07 23:59 | Marche | Trackback | Comments(2)

拷問椅子、グッビオの町とPartita IVA

 日曜に、中世祭りが開催中だったグッビオの歴史的中心街を訪ねると、

f0234936_6305119.jpg
Gubbio (PG) 1/10/2017

 針のむしろならぬ針の椅子、拷問椅子が、市立博物館の入り口に飾られていました。

f0234936_6264743.jpg

 館内で、拷問・処刑道具の展示が行われていたからなのですが、ヨーロッパ各地で、入場料を払って入った古城の中でも、そういう場所は避けるわたしは、この椅子だけ見て撮影しました。

 この数か月、法改正に伴って、諸問題が発生し、学校の会合に呼ばれたり、自分たちでも調べて、同僚の先生方と共に、関係者や専門家に話を聞きに行ったりしていたのですが、今週急展開があり、いろいろな意味でほぼ最悪の状況になりました。学校で教え続けるには、Partita IVA(付加価値税の納税者登録番号)がどうしても必要だということになり、今日会計士に頼んで、Partita IVAを開く手続きをしました。これまでの雇用契約に比べて、同じだけの時間数を教えても、税金などの出費がかなり高くなってしまうようで、それも困っていることの一つなのですが、その点については、教えられるだけ、ありがたいと思うことにします。今までずっと、ペルージャ外国人大学と学校と合わせて10年以上いっしょに仕事をしている先生方が、今回は教えられず、いつも互いに協力・連携し、助け合って、本当にいい仕事の、そうして仕事の他での関係を築けてきた先生方と、今回は教えられないようであるのが、わたしにとっても、そして、学校や生徒さんのためにも、とても残念で、今後状況が変わることを願わずにはいられません。新しくいっしょに仕事をする先生は、どういう方か、現段階では何一つ分からないので、なおさらのこと、そう感じます。そういう出会いと仕事の機会が、これまでに与えられたことには、心から感謝し、今後も再び共に仕事ができる日が来ることを祈っています。

 今日の午後、久しぶりに会って話をしたペルージャ外国人大学の学生時代の友人が、「Partita IVAを取ったなら、日本語の学校や協会も作れるんじゃないの。」と言っていました。まずは、取得によって、どういう義務が発生するかを把握し、学校の授業と並行して、その義務を果たしていくことで手いっぱいになりそうではありますが、来春になって状況が落ち着いた頃に、これまでよりも、活動の幅をが広げられるかどうかも、考えてみたいと思っています。

f0234936_6531173.jpg

 グッビオの町でも、紅葉が少しずつ始まっていました。

f0234936_7004.png
https://www.mystery.co.jp/programs/matteo

 現在日本で、グッビオを舞台にしたイタリアで人気の長寿ドラマ、『マッテオ神父の事件簿』のシーズン2が、AXNミステリーで、放映中です。 『ドン・マッテーオ』シリーズの日本での放送が続けば、グッビオやウンブリアの魅力を、日本の方により知ってもらえるのではないかと、期待しています。

関連記事へのリンク
- イタリア 中世祭り、ウンブリア グッビオ
- 大好きドン・マッテーオ
- マッテオ神父2・ヤングモンタルバーノ この秋日本放映、イタリア語学習メルマガ第113号発行
- 神父探偵と古代ウンブリア人の町グッビオ、JITRA連載第6回

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-10-06 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(0)

漢字学習に役立つオンライン無料プリント、日本語能力試験対策にも使える小学生向け教材

 おととしN4、昨年N3に合格し、今年の日本語能力試験(JLPT,、Japanese Language Proficiency Test。リンクはこちら)ではN2を目指す生徒さんの個人授業では、最初の数か月は、相談しあって決めた試験対策問題集を中心に学習を進めていたのですが、最近ではもっぱら、便利な上に優れもののオンライン学習教材を使っています。

 そうして、それは日本語能力試験対策のサイトではなく、小学生用の学習応援サイトが提供する学習教材なのです。2010年に新しい日本語能力試験に改定されて以来、各レベルの語彙や漢字、文法項目が記された出題基準が、非公開となりました。言語知識の暗記にとどまらず、日本語のコミュニケーション能力を図ることが目的なので、出題基準の公開は必ずしも適切ではないと判断したというその心は分からないではありません。そうは言っても、出題基準が分からなければ、試験対策をしようにも、荒海に羅針盤も地図もなしに放り込まれたようなものなので、かつての出題基準の古本が恐ろしい高額になってしまった昨今では、実施された試験問題や、各出版社が以前の出題基準や過去の試験問題をもとに制作しているであろう問題集や参考書を、利用することになります。

 日本語能力試験の旧出題基準において、各級で目安とされていた漢字については、一覧表をまとめたものがインターネット上に存在します。ただ、その表は各級ごとに、音読み・訓読みを添えた漢字一字だけをずらりと並べた一覧であって、しかも1字に1行使っているため、各級の習得漢字を把握するために印刷するにも、授業に活用するにも、ひどく不便です。また、N2の問題集は、読解にせよ、文法にせよ、N3に比べて内容が一気に難しくなっているために、あえて難しめの問題集を選びはしたのですが、生徒さんもひどく苦労しながら勉強しています。

 N3では、「日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができ」ればよかったのですが、N2では、「日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる」ことが要求され、日常的な場面の日本語についての理解を深めるばかりではなく、「幅広い話題について書かれた新聞や雑誌の記事・解説、平易な評論など、論旨が明快な文章を読んで、文章の内容を理解することができ」、「一般的な話題に関する読み物を読んで、話の流れや表現意図を理解することができ」なければならないのですから、確かに、学ぶべき語彙や漢字、文法項目の数が膨大になり、さらに難しくなるのは、ある意味仕方がありません。

 けれども、第二外国語学習・教育の先駆者であるクラッシェンが提唱したように、学習や教育の効率がいいのは、学習者がすでに習得したことよりも、わずかに難しいことを学ぶ場合であって、学習内容は難しすぎても簡単すぎても、学習効率がひどく悪くなってしまいます。(詳しくはこちら

 さらに、日本語能力試験が、すべて選択肢から選んで答える試験であるがために、文法の試験対策問題集は、実際にそういう文法項目が文の中に出てきた際に、読解や聴解ができるかどうかを問うのではなく、たとえば「ぐらい・くらい」、「など・なんか・なんて」などの類義語、あるいは互いに用法が似た言葉の、微妙な違いを突くような非常にいやらしい練習問題や、そういう重箱の隅をつつくような問題への対応力を養う厄介な文法説明に、学習者が苦しむようなつくりになっていがちです。本来は、「に限らず」、「のみならず」、「ばかりか」といった、くだけた場では使わないために、これまで学習者が触れたことのなかった表現は、そういう言葉がよく使われる、まとまりのあるある程度長い文章をいくつも読み慣れることで、少しずつ学んでいくのが望ましいのですが、こういう文法用の試験対策問題集では、残念ながら、それぞれの語を使った短い例文が列挙されるという形を取りがちです。

 そのため、もっと段階を追って、語彙や漢字、文法の力をつけ、さらに短文ではなく、まとまりのある論理的な文章の中で、こうしたことが学べるような教材があればと、常々思っていたのですが、ひょんなことから、まさにそれにうってつけの教材を、思いもかけぬところで発見しました。

 ことの始めは、生徒さんが日本語能力試験の漢字対策として、小学校5年生が学習する漢字、185字を、ジャポニカ学習帳に、小学校学習指導要領の学年別漢字配当表に書かれた順、五十音順に、「圧」から始めて、それぞれの漢字だけを20回も30回も書いて練習していたのを目にしたことです。生徒さんが参考にしていた表には、音読みと訓読みだけが添えられた配当漢字がずらりと並んでいるだけです。確かに生徒さんは、漫画などでふりがなつきの漢字を目にする機会は多いのですが、それにしてもこれでは、それぞれの漢字を使った言葉、たとえば「圧力」や「血圧」などの熟語の読みや意味も学べず、漢字を書くだけで終わってしまいますので、ちょうど英単語表だけを見て、つづりや意味を丸覚えしようとするのと同じで、せっかく努力しても記憶に長くとどまることが期待できません。以前からイタリア語学習などの外国語学習についての記事で何度か述べていますが、人間の脳というのは、文脈や状況から切り離されたことを覚えるのは苦手で、何か意味やまとまりのある文脈や状況があってはじめて、しっかりと記憶にとどめることが可能になるようにできているからです。「うぐいす鳴くよ平安京」といった言葉が、年号を覚えるのに役に立つのは、歴史的できごとの叙述にうまく起こった年(794)を読み込んだ文のおかげで、単なる数字がそうした文の意味や状況の助けを得て、ずっと記憶しやすくなるからです。

 それはさておき、現在、N2の合格を目指す生徒さんが、小学校5年生の漢字を学習するには、もっともな根拠があります。以下に、新しい日本語能力試験の認定の目安、新旧対照表(リンクはこちら)や、小学校・中学校・高等学校で学習する漢字についての学習指導要領の記載(こちらを参照のこと)をもとに、わたしが作った表をご紹介します。

f0234936_1382274.png

 各学年・学校修了までに習得するべき漢字の数と、日本語能力試験で各レベルごとに習得が目安とされる漢字の数を、対応が分かりやすいように、並べて記しています。

 N2で習得の目安とされる漢字は約1000字、小学校の6年生までに 習得するべき漢字が1006字となっています。子供が、生活と学校の中で学ぶべきとされる母国語の漢字と、社会人も含む外国人の日本語学習者が学ぶとよいとされる漢字では、学ぶ漢字や学ぶべき順序が微妙に違っている可能性は大いにあります。けれども、小学校の漢字も易しいものから難しいものへと登場していると思われるため、N3に受かった生徒さんが、小5・小6の漢字の勉強を順にしていこうと考えるのも、もっともで、確かに理にかなっています。ただ、問題は、「圧圧圧圧圧…」、「移移移移移…」という不毛な漢字練習です。そう指摘すると、「日本の小学生用の漢字問題集で、何かいいものがありませんか。」と生徒さんから尋ねられ、アマゾン日本のサイトで調べてみたのですが、実際に使った人の評価が分かっても、それぞれの問題集で、漢字がどんなふうに紹介され、どんなふうな、そして、どのくらいの数の練習問題があるのかは、まったく分かりません。大学などで、基礎から学んだ若者と違って、もともと独学から入ったこの生徒さんは、知っている語彙は多く、読解力や聴解力もあり、読める漢字も多いのですが、書ける漢字は少なく、また、書ける漢字も書き順や字体がどうもいいかげんなのです。それを確認するためにも、作文をするように何度か言って、実際書きはしたのですが、日本語能力試験では、書く力が問われず、試験の日程が迫っているために、つい作文の勉強は怠りがちです。閑話休題。小学校1・2年生くらいまでの教材であれば、文字も大きく書かれ、書き順もしっかり学べるように配慮がされているはずです。わたしの生徒さんには、上記のような事情で、小学校5・6年生の漢字の勉強に当たっても、細かい部分をどう書くかが分かるように大きな字で、さらに、書き順も記した教材が望ましいのですが、果たしてアマゾン日本に見られる問題集は、そういう要望に答えているのかどうかが、サイトからでは分かりません。

 そこで、ふと思いついて、ひょっとしたら日本語の入門者の生徒さん用に、ひらがなとカタカナに便利でうってつけな教材を、外国人児童用の教材を提供するサイトで見つけたように、生徒さんにうってつけの漢字学習教材が、インターネット上に見つかるかもしれないと、探して見ました。すると、ありました。リンクは、こちらです。人児童

- ちびむすドリル 小学生 - 小学5年生の漢字練習・テスト・プリント 無料ダウンロード・印刷

 「小学5年生の漢字 練習プリント」では、一つひとつの漢字が大きく書かれ、書き順も分かりやすく記され、書き順に従い、上からなぞって、何度も練習できるように工夫されています。わたしは、一つの漢字のあとに、その漢字の音読みや訓読みの言葉を含む文があって、書いたり読んだりしする練習があれば理想的だと考えていたのですが、残念ながら、このサイトの上記の漢字の練習プリントには、そういう練習問題はありません。ただし、上のリンク先のページの下方には「小学5年生の漢字テスト」をダウンロードできるリンクがあり、漢字テストでは、上述の「漢字練習プリント」と同じ五十音順に漢字が取り上げられ、それぞれの漢字を使った言葉を書く練習ができるようになっています。書きだけではなく、読みもあれば理想なのですが、それはまた補充できる教材を別に見つけたいと思っています。一つずつ漢字を紹介したあと、すぐにその漢字を用いた文が並び、読みや書きを練習するという体裁を取った練習プリントも、他のサイトにはあったのですが、小学校高学年向けであるためでしょう、書き順が書かれていなかったり、上からなぞっての練習ができなかったり、プリントの字が小さすぎたりしたために、わたしが見た中では、ここでご紹介したプリントが、わたしの生徒さんの学習教材としては、最も適していると判断したのです。

 このちびむすドリルの漢字練習・テスト プリントは、小学校低学年用の漢字、日本語学習者で言えば、入門者・初級者が学ぶ漢字については、さらにカラーのイラストがついて、学習や記憶を助けるように工夫されています。日本・海外で学ぶお子さんにも、日本語学習者にも役立つと思いますので、こうしたプリントがダウンロードできるリンクが並ぶページを、ここにご紹介します。

- ちびむすドリル 小学生 - 小学1年生〜6年生までの漢字

 この漢字練習・テストのプリントについては、最初のページは授業でいっしょに見たものの、以後は生徒さんが自宅での学習に活用しています。

 さらに、今、授業で主に使っていて、漢字や語彙・文法の力がついて、これはいいと思っているのは、次のページからダウンロードした教材です。

- ちびむすドリル 小学生 - 小学5・6年生 国語文法- 中学受験対策 【浅見先生の論理の力を鍛えるドリル・接続語編 第1部】
- ちびむすドリル 小学生 - 小学5・6年生 国語文法- 中学受験対策 【浅見先生の論理の力を鍛えるドリル・接続語編 第2部】

 N2の問題集で学ぶ文法項目や語彙には、生徒さんがN3対策までではほとんど出会わなかった論理的な文章や改まった場で使われる表現が多くあります。中学受験対策と言っても、高校生に国語を教えたわたしから見ても、文の構成や展開がはっきりした、読みごたえもあるいい文章ばかりです。試験対策問題集や漢字練習では、文脈なく登場する一文の中でしか出会えない語彙や漢字、文法事項が、まとまりと筋のある、読んでいておもしろい文章の中に出てくるのもいいし、同じ語彙や漢字が繰り返し登場するため、そういう語彙や漢字を、少しずつ覚えていくにも役立ちます。何より、生徒さんが試験に合格したN3のレベルよりもやや高いレベルの文章であり、けれども学ぶことが多い文章なので、このプリントの文章を読んでいくことで、生徒さんが日本語を読む力や語彙力・漢字・文法の知識を高め、対策問題集のレベルが高くで難しい読解問題にも、余裕を持って取り組めるだけの力が、徐々につけられるのではないかと期待しています。日本人のお子さんには、接続詞を選ぶこのプリントと共に、同サイトの記述式で答える読解プリントもお勧めします。記述式も含む問題の方が、より国語の力、読む力・書く力がつくからです。ただ、わたしの生徒さんの場合は、まずはあまり触れたことのなかった論理的文章を数多く読むことを通して、文脈の中で出会う語彙・漢字・文法事項のインプットを増やし、学んでいくことが大切なのです。それぞれの文章に数個ある空欄に当てはまる適切な接続詞を選ぶという目的を持って読むため、読みも真剣になりますし、また、問題を解きながら、それまで知らなかった接続詞の使い方を学ぶこともできます。「しかしながら」や「ところが」など、一見簡単そうに見える接続詞も、硬い文章に慣れぬ生徒さんは、知らずにとまどっていました。接続詞が正しく入れられるかどうかで、文章の内容を理解できているかどうか、どこが理解できていないのか、わたしにも分かりやすく、そういう意味で、この教材はとても役に立っています。

 話す力と違って、書く力や読む力は、教育がなければ、自然には身につきません。ただ、そうした力がつくように導いていくためには、目の前にいる教え子の現在の力と到達目標をしっかり把握した上で、適切な教材をうまく活用していくことが不可欠です。

 小学校5・6年生を対象としているために、小学校で学ぶ漢字にはひらがながふられていないおかげで、生徒さんが音読する際に、生徒さんにもわたしにも、どの漢字を使ったどういう言葉が難しいのかが分かり、今後の学習や授業の組み立ての参考にもなります。いつか書こうと思っていた記事を、今日ようやく書ききることができました。長くなってしまいましたが、どなたかのお役に立てましたら、幸いです。

関連記事へのリンク
忙しい外国人学習者に便利な平仮名練習帳で「ん」まで学習終了

参照リンク / Riferimenti web
日本語能力試験 JLPT
- 日本語能力試験 JLPT Japanese Language Proficiency Test - HOME
- 日本語能力試験 JLPT - 認定の目安 新旧対照 : 旧試験との比較 (PDF)
学校・学年別の配当漢字
- 学習指導要領「生きる力」- 別表 学年別漢字配当表
- みんなの知識 ちょっと便利帳  - 小・中・高校で学習する漢字の数など
- 音訓の小・中・高等学校段階別割り振り表 平成29年3月
- 文部科学省- 資料1 常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応に関する専門家会議(第1~3回)における主な意見
- オレンジ工房 - 小学校で習う漢字 チェックツール
- 光村図書 -教科書の言葉 Q&A 第15回 中学校では、どれくらい漢字を勉強するの?
日本語学習に役立つオンライン無料プリント
- ちびむすドリル 小学生 - 小学5年生の漢字練習・テスト・プリント 無料ダウンロード・印刷
- ちびむすドリル 小学生 - 小学1年生〜6年生までの漢字
- ちびむすドリル 小学生 - 小学5・6年生 国語文法- 中学受験対策 【浅見先生の論理の力を鍛えるドリル・接続語編 第1部】
- ちびむすドリル 小学生 - 小学5・6年生 国語文法- 中学受験対策 【浅見先生の論理の力を鍛えるドリル・接続語編 第2部】

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-09-12 23:59 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(2)

灼熱職員会議とうれしい再会、湖の燃える夕景

 ペルージャでは今週から来週の月曜日にかけて、最高気温が37〜39度という暑い日が続くという天気予報が出ています。今日もそういう暑い日であるのに、その最も暑い時間帯である午後3時から、学校で会議があるという招集のメールが、先週届きました。

 会合の会場には冷房がありません。つい最近午前中に会議があったときでさえ、サボテンを育てる温室の中にいるかのように、ひどく蒸し暑く、座っているだけで汗が流れる状況でした。

f0234936_535691.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno, San Feliciano, Magione (PG) 25/7/2017 20:42

 今日の午後3時はどんなにか暑いだろうと、暑中我慢大会なみの暑さを覚悟しながら、学校に赴きました。議論も熱く交わされ、そういう意味でも灼熱の職員会議となりましたが、会議のおかげで、数年ぶりに会えた同僚が数人いました。その一人、イラン人のファルシ語の先生が、「40度のテヘランから帰ってきたばかりなんだけれど、イランは湿度が低いので、イタリアの36度よりもずっと涼しく感じる。」と言っていたので、再会を懐かしみながら、そういうものなのかと、改めて驚きました。イランは最高気温がイタリアより高いけれども、湿度が低いので、過ごしやすいとは、カイロプラクティック院のイラン人の理学療法士の若者からも、聞いていたからです。

 会議の最初に、教職員に説明をするために来てくれた一団が、壇上に上がったのですが、その面々を見て、それはびっくりしました。6年前の教え子が、と言っても、わたしより年上なのですが、その中にいたからです。同僚の先生方が日本で会われたと聞き、また昨年ウンブリアに来てくれたときは、わたしも会えたはずなのですが、わたしがフランス旅行中で、授業が終わって以来、もう6年も会わずにいました。

 会の内容が深刻であり、打開策を見つけることがとても難しいことも、会議室が恐ろしい暑さであろうことも、実際に予想どおりだったのですが、久しぶりに、ようやく再び会うことができて、とてもうれしかったです。

 写真は、今週のイタリアの暑さを彷彿とさせるようなものをと、空と雲を赤々と染めながら、トラジメーノ湖の向こうに沈んでいく夕日の写真を選びました。7月25日に夫と義弟と3人で湖畔の店で夕食を食べたとき、料理が運ばれてくる前に、一人でしばらく岸辺に行って、夕日が傾くのを見つめ、撮影したのですが、そのときの写真です。今日はiBookの作成を思い出しながら、マックブックで写真の一部を切り取り、大きさを変更することに成功しました。

関連記事へのリンク
- イタリア各地の天気予報
- イタリア猛暑を乗り切るための黄金律十か条
- 三日月の茜に映える湖の夕、イタリア トラジメーノ湖 / Tramonto & luna crescente al Lago Trasimeno (25/7/2017)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2017-07-31 22:23 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(4)

10周年記念旅行と節目の年、イタリア語教育・学習

 アブルッツォ旅行に先週旅立ったのは、10年目の結婚記念日を旅先で迎えて祝う、記念の旅だったからです。

f0234936_70069.jpg

 とは言え、撮ってくださいとなかなか頼めず、二人の写真を自分たちで撮ろうとすれば、こんなふうに夫に腕を伸ばしてもらうしかないため、1週間の旅行中、唯一まともな二人の記念写真は、アッペンニーニ山脈でもっとも大きいというボレッロ(Borrello)のこの滝、Cascate del Rio Verdeの前で撮影したものです。

 でもそれが、いろんな意味でわたしたちらしい気がします。

 今年は結婚10周年、日本で高校教師の職を辞して、イタリアに渡ってから15年で、12月には50歳を迎えます。

 夫には自然の美しさや緑の中を歩く楽しさなど、いろいろ教えてもらいました。48歳で亡くなった母のその年を越え、目や歯、肩に次々と不具合が生じてはいますが、元気でいられることをありがたいと思い、自分の生き方や仕事を見つめ直す機会にしたいと考えています。

 大学4年生のときに母を亡くし、卒業後すぐに教え始めた高校で、教育について指導してくださった恩師が、3年目が終わろうというときに44歳という若さで突然亡くなり、12年間高校で教えて、30代になったわたしは、国語を高校生たちに教えることは大好きだったものの、「もしあと10年しか生きられないとしたら、わたしは何がしたいだろう。自分の新たな可能性に挑戦してみたい」という思いが募り、その数年前から興味を持って勉強し始めたイタリア語を十分に学ぶために、イタリアに留学しました。教えるのも好きでしたが、たとえば特に古文や漢文を教えるためには、教材について調べること、研究すること、また指導法をあれこれと考えることも大切で、教えながら、自分が学ぶこと、特に言語や文学を学ぶこと、研究することがとても好きで、熱中すると寝食も忘れてしまうことに気づいたからでもあります。また、高校教師として働く傍ら、わずかな自由時間を活用して、ヒアリングマラソンを受講し、英語の読書を続けて、実用英検1級に合格し、英日翻訳やイタリア語上級の通信教育を終え、イタリア語の本も少しずつ読み始めるなど、自分が外国語の学習が好きで、かつ実力をこつこつとつけていけることを確信していたからでもあります。

 イタリアに来て、まずは半年マルケの立語学学校で、そうして、それから、ペルージャ外国人大学のイタリア語・イタリア文化講座で、どちらも上級講座でしたから、イタリア語と共にイタリア文学や美術、歴史などを学び、それは、とても楽しかったのです。けれども、マルケでも、外国人大学でも、先生方の発案で、日本の古典文学についての講座を、ダンテ・アリギエーリ協会のウルバーニア支部やペルージャ支部のために、計3回行ったとき、話すために準備をして、そうして実際に聴衆の前で話しているそのときに、「ああ、今こそ自分が真に生きているな」と感じたのです。一度教職を去ってみて、改めてけれど、自分が教えることが本当に好きであるということに気づいたのです。その後ペルージャ外国人大学では、イタリア語・イタリア文化の外国人教育を専門とする3年の学位取得課程に編入・卒業し、幸い卒業と同時に、5年間、契約講師として、大学の日本語・日本文学の授業を担当することができました。その傍ら、年に2・3か月シエナ外国人大学の外国語・第二外国語としてのイタリア語教授法を専攻する大学院課程も無事卒業したものの、その後残念ながら、ペルージャ外国人大学の日本語の授業が大幅に削減され、中国語やアラビア語の授業が増えて、大学で教えることはなくなりました。幸い、学校や講座、個人授業などで、日本語・イタリア語を教え続けてはいるのですが、実は昨年、イタリアの公立学校の教員採用に関する法制度が変わったとき、わたしもイタリアの学校で、日本語あるいはイタリア語が教えられたらと、法の詳しい内容を楽しみにしていました。けれども、文学部ではなく、教育学部を卒業しているために、わたしが通った愛媛大学で言えば、わたしが通った中学校教員養成課程の国語専攻の方が、ずっと学校で国語を教える資格としてはふさわしいと思うのに、イタリアと日本の大学制度が異なるために、日本語を教えられるための条件が満たせず、また、イタリア語を教えたいと思えば、ペルージャ・シエナの両外国人大学での単位数を合わせれば、かなりのイタリア語やイタリア文学などの授業時数にはなるのですが、わたしが卒業した4年制大学はあくまで日本の大学であり、イタリア語・文学の授業はなかったため、やはり条件に達しません。

 この数年は日本語を教えつつ、イタリア語を個人授業で教える機会もあったのですが、仕事や報酬の数量から言えば、圧倒的に、日本語教育>通訳(伊日・英日)>翻訳(伊日・英日)>イタリア語教育>記事執筆となります。通訳・翻訳の仕事も、語学力を生かすことができ、またさまざまな意味で日伊の架け橋をすることができる上に、講演や企業の訪問・商談・研修・観光など内容がさまざまで興味深く、また、以前にいっしょに仕事をしたことのある方や、ブログをきっかけに、わたしを直接あるいは間接的に知っている方が、仕事を直接頼んでくださったり、依頼するお客さんに紹介してくださったりする場合が多く、感謝しています。ブログを書くのも、毎日書くのは時間を見つけるのは大変なのですが、書くことは楽しく、また書きたいことは尽きぬほどあるため、記事の執筆の依頼もありがたいです。写真を撮ることも大好きです。

 ただ、今自分が一番してみたいことは何かと考えると、日本で長年日本語や日本文学を教えてきた経験と、イタリアで第二外国語としてのイタリア語・イタリア文化教育を、5年間みっちり勉強してきた成果を生かして、日本語・日本文学やイタリア語・イタリア文学・イタリア文化を教えることなのです。

 これも、イタリアでイタリア語教師というと、どうしてもイタリア語母語者が優先され、日本の方が、イタリア語を勉強したいという場合でも、とにかくイタリア語のネイティブ・スピーカーの方がいいと考えがちです。

 でも、そこに大きな間違いが本当はあるのです。

 イタリア料理を食べたい、教わりたいというとき、イタリア料理を専門に学んで研修を積んだ日本人のシェフと、イタリア人で適当に料理もするという人と、どちらの料理を食べたいか、どちらの料理がおいしいか。

 言語はネイティブならだれでも話せる・書けると思いがちで、また、ネイティブがよく知っていると思いがちなのですが、日本人でも、書く文章にら抜き言葉や誤字・脱字が見られ、主述が一致しない文が散見する人は少なくありませんし、しっかり意識を注ぎ、見直しができるはずの書き言葉でさえそうですから、話す際にどれだけ留意をしているのか、敬語がきちんと使えるのか、あやしい人が少なからずいるはずです。イタリアでもそれは同じで、識字率の低下や読書離れ・イタリア語の乱れがさかんに叫ばれ、標準イタリア語の発音がきちんと身についているのは、その特殊な訓練を受けた俳優と、そういう知識を身につけた語学専門家くらいのものだとさえ言われています。と言うのも、イタリアでは、そもそも1861年にイタリア半島が国家として統一されるまでは、国土が政治的に分断され、それぞれの地域で、俗ラテン語から発展・変容を遂げてできた別々の言語が、話されていたため、最近になってこそ、兵役やテレビのおかげで、イタリア語が全国に行きわたるようになったものの、イントネーションや発音には、地域差が大きく、大半のイタリア人が話しているのは、たとえ俗語や方言ではなくイタリア語を話しているときでも、標準イタリア語ではなく、地方イタリア語だからです。

 ですから、言語学やイタリア語教育を専門に学ん人や、特に言語やイントネーションに注意を払う人でなければ、自分の子音や母音の発音、あるいはイントネーションのどこがどんなふうに標準イタリア語と違うのかを待ったく知らないという事態も多々発生します。

 また、イタリアの語学学校に通うのが、一見一番安くて、上達の近道と思われがちですが、それも、少なくとも中級まで、独学で、あるいは日本で学習して、達している場合の話です。

 イタリアの学校で行われるイタリア語の授業は、主に欧米の若い生徒を受講対象のモデルとして考案されている場合が多いと思います。それまでの学習経験ゼロの完全なる入門者を対象とした授業でも、できるだけ分かりやすいよく使われる語彙を使って、絵や写真・教科書・身ぶり手ぶりなどの助けを借りて、すべてイタリア語で行われることが少なくありません。

 それでも、言語の文法や語彙に共通点がある言語を母語とする生徒は、言っていることが理解できる場合が多く、そうして自分でこうだろうなと感覚的に、母語の知識に助けられて、あまりうろたえずに学んでいくことができます。今わたしがすっかり学習をさぼっているフランス語ですが、2012年にパリで2週間語学留学をしたとき、数か月独学でフランス語を勉強したただけのわたしの方が、イタリア語とフランス語の類似に助けられて、日本で4年間フランス語を学んだという留学生の方よりも、理解したり話したりできた場合が、しばしばありました。決して日本のわたしたちが言語を学ぶのが苦手だからではなく、母語である日本語のしくみや語彙が、イタリア語やフランス語と大きく隔たっているからなのです。ちなみに、言語的類型から見ると、日本語と中国語は、イタリア語から最も隔たった言語であると言われていて、そのため、シエナ外国人大学が行うイタリア語検定試験CILSでは、外国に暮らす外国人が受けるA1の試験では、日本語と中国語を母語とする受講者のために、特別に問題を考案したほどなのです。

 最初の段階では、イタリア語と日本語の違いをしっかりと認識し、かつ受講者の必要に応じて、文法に偏らず、柔軟に学習内容を組み立てられる日本人の教師に教わった方が、ずっと習得が早いはずです。

 閑話休題。自分が今一番したいことは、日本語やイタリア語を教えたいということであり、であれば、イタリア人向けの日本語・日本文学についての発信や、発行が滞っているイタリア語学習メルマガの発行を継続的に行い、かつ、ブログの記事で定期的にこうした記事を取り上げる機会を設けなければと感じています。

 ずっと感じているのに、目の前の仕事やノルマに流されて、方向性をしっかり定められていなかったので、この記事をきっかけに、考えを整理してみました。

*******************************************
Viaggio anniversario dei 10 anni di matrimonio
foto ricordo @ Cascata del Rio Verde di Borrello (CH)
la cascata più grande degli Appennini
*******************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-06-22 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(13)

日本語は楽しいです、英語・イタリア語・日本語における数の易しさ・難しさ

 最近の学校の授業では、形容詞に助数詞と、難しい学習事項が増えてきました。 今週に入ってから晴天の日が続き、教室の大きな窓ガラスから、午後西日がさんさんと降り注ぐため、教室が暑くて、まるで温室の中のようです。

 そこで、形容詞の定着を図りかつ楽しく授業をと、

「日本語は楽しいです。日本語はおもしろいです。」と、授業の前に、そうして、朝起きて鏡に向かったときに言いましょう、あら、そんな深刻な顔で言ってはいけません。ほら、自己暗示・自己催眠効果が出て、脳に「ああ、日本語は楽しい。だから、どんどん頑張れるぞ。覚えられるぞ。」と思い込ませるためには、もっと笑顔で、うれしそうに言わなくては

と、たきつけたりしています。

f0234936_713477.jpg

 数については、英語やイタリア語には英語やイタリア語の、日本語には日本語の難しさがあって、たとえばペンや本が二つあるという場合に、英語・イタリア語では、

英語
There is a pen. → There are two pens.
There is a book → There are two books.

イタリア語
C'è una penna. → Ci sono due penne.
C'è un libro. 、→ Ci sono due libri.

となり、存在する物の数が一つか二つか、つまり単数か複数かによって、その物を表す名詞の語形が変わるのみならず、それに伴って動詞も変化します。

 一方、日本語の場合は、

ペンが1本あります。 → ペンが2本あります。
本が1冊あります。  → 本が2冊あります。

といった具合に、「ペン」・「本」という名詞および動詞、「あります」は、ペン・本がいくつあろうと変わりません。

 その点だければ、日本語の方が一見簡単に見えます。けれども、英語やイタリア語の場合には、物が何であろうと、その物を表す数字の前に、「2」を表す数字、英語ならtwo、イタリア語ならdueをそのままつければ、それでいいのに、日本語の場合は、ペンなら2本、本なら2冊、はがきなら2枚といった具合に、物によって数え方が違ってきます。しかも、日本語では、同じ内容を述べた文でも、文の構成や表現法が、英語やイタリア語とはまったく違います。

 と言うわけで、我慢大会的暑さの中で、習得が難しい助数詞を、何とか楽しく学んでもらおうと、昨日は、上のようなプリントを、夜中に用意しました。テーブルの上のリンゴの絵を、覚えている方がおいででしょうか。そうです。中学生の女の子向けの英語の授業のために作ったプリントの絵を、再利用しています。

 明日も朝早いので、今晩はできるだけ早く就寝するつもりなのですが、今の状況では、午前1時前に寝られたら恩の字です。

 「日本語を教えるのは楽しいです。日本語を教えるのはおもしろいです。」

 無理に唱えずとも、これは心からそう感じているので、そういう仕事ができることが、ありがたいです。

**********************************************************************
In lingua giapponese non esistono le categirie grammaticali né del numero né del genere.
Quindi la parola giapponese, 'tomodachi' può indicare un amico ma anche un'amica, amici e amiche e non esiste l'opposizione singolare/plurale. Dunque, normalmente in giapponese non c'è il bisogno di cambiare la forma dei nomi, dei verbi e degli aggettivi a seconda del numero e del genere dei nomi, perché i nomi non vengono grammaticalmente marcati né dal numero né dal genere perché essi non esistono.
Sembra troppo facile? - Invece, in giapponese lo stesso numero può essere indicato in modi svariati a seconda di oggetti/persone/animali a cui si riferisce, mentre in italiano e in inglese il numero 2 viene indicato quasi sempre con le stesse parole, DUE e TWO.
In giapponese, 2 si dice generalmente NI quando si conta fino a dieci, ma si può contare anche usando la parola, FUTATSU.
Per contare gli oggetti lunghi, il numero 2 viene indicato con la parola NIHON, i libri - NISATSU, i piatti - NIMAI, le macchine - NIDAI, gli uccelli - NIWA, i cani - NIHIKI, le persone - FUTARI, i giorni - FUTSUKA e non finisce qui.
Dunque, durante lezioni sentendo il bisogno di sollevare l'animo dell'allievo, gli dico spesso di ripetere con un bel sorriso convincente le parole magiche, "NIHONGO WA TANOSHIIDESU." (Il giapponese è piacevole) e "NIHONGO WA OMOSHIROIDESU." (Il giapponese è interessante.) per l'autosuggestione.
**********************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-05-17 23:59 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(4)

大学院卒業おめでとう、イタリア

 わたしが個人授業で日本語を教えている大学院生の生徒さんが、おととい水曜日に、無事大学院を卒業しました。水曜は朝学校の授業があったので、残念ながら、論文の発表には出席できなかったのですが、昨日の夕方、日本語を勉強しに来た生徒さんが、こちらの卒業記念の品を、わたしにも贈ってくれました。

f0234936_7211532.jpg

 「おばの手作りです。フクロウ(gufo)は幸運を呼びますから。」と言いながら、手渡してくれたのですが、思いがけない贈り物で、人生の大きな喜び、節目の祝いごとを、わたしとも共有をと考えてくれたのだと、うれしかったです。フクロウの下のコンフェッティが入ったプラスチックケースが、卒業論文の冊子を思わせる形をしていて、よく工夫されているなと思いました。

 おしゃべりより授業をと、すぐに授業に入ってしまったので、将来の抱負はまだはっきり聞いていませんが、卒業という一区切りをつけて、今はうれしくほっとして、日本語については、「これで12月に受験する日本語能力試験N2の勉強に、もっとじっくり取り組めます。」と、熱意を語ってくれました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-05-12 23:59 | Altro | Trackback | Comments(4)

中は中田、墓ではなくて箱の中、イタリアで学ぶ日本語

 先週から、 「…は ~の うえ/した/よこ/なか です。」という場所表現の学習に入りました。教科書、『まるごと 入門 A1』では、初出の第8課では学ぶべき場所表現を必要最低限に抑えてあって、他の教科書では、いっしょに登場する「まえ/うしろ/みぎ/ひだり」などの表現は、後で学習することになっています。

 それでも、今日の授業中、練習として、絵やカードを使って、あるいは教室内にある実物の本や水の入ったペットボトル、ペンなどを、机の中やいすの上、棚の中などに移動して、「どこですか。」と、生徒さんに尋ねてみると、いくつかうろ覚えの語彙があり、場所表現の中では、特に「なか」を覚えるのに、苦労していていました。

 「はこ の なか です」が、「はこ の はか です」になったり、「はか の なか です」になったりしてしまうのは、イタリア語では、文字としてはhを表記に用いても無音であって、hという子音が存在しないために、hが入ると記憶の定着が難しくなるからであり、また、「はこ」と「なか」という2語は、いずれも母音aと子音kを含むため、単語が混乱しやすいからではないかと思います。

 「はこはscatolaだけれども、はかはtombaのことで、はかのなかと言ってしまうと、dentro la tombaという意味なので、意味がまったく違うから気をつけましょう。」と言い、ホワイトボードに箱とお墓の絵をかいて、横にそれぞれ「はこ」、「はか」と文字を添えてみたのですが、それでも、「はこ・なか・はか」の混乱が続きます。空き箱の絵と日本の典型的な墓石の絵をかいたのですが、「形がよく似ていますよ。」と言われて、確かにどちらも立法形なので、形は似ているなと、わたしも思いました。

 そのときふと、イタリア人もよく知っているサッカーの中田選手のことを思い出しました。漢字の「田」と「中」については、以前、漢字がどういうものかを説明したときに、漢字の成り立ちの例として、意味と共に紹介したことがあります。

f0234936_0552726.jpg
 
 そこで、「ナカタというのは、漢字で書くとこうなって、dentroを表す中と、risaiaを表す田という漢字から成り立っているんですよ。」と、言ってみました。

 すると、生徒さんは、ローマ在住かつサッカーファンで、中田のローマ所属時の活躍ぶりをよく覚えていたこともあり、この一言で、「中はナカタのナカ、意味はdentro」と、驚くほどすぐに完璧に記憶してしまいました。ナカタの絵をかいてくださいと言われたのですが、サッカーにあまり興味のないわたしは、正確に絵をかけるほどは中田選手の顔を覚えていないため、上に見えるような絵をさっとかきました。目が少女漫画のきらきらお目々になっているのは、生徒さんから、「日本の漫画やアニメによくある大きい目にしてはどうですか。」と言われたからです。

f0234936_1184351.jpg

 そのとき、「いいですか。」と手を挙げた生徒さんが立ち上がり、ホワイトボードに自らさらさらと描いたのが、こちらの中田の絵です。わたしが下方に書いた文字を見ながら、絵の横に、「中田」、「なかた」と、漢字とひらがなで添えたのも、生徒さんです。ちなみに、サッカーコートの絵は、わたしが休み時間に板書の写真を撮っていたら、生徒さんがかき加えたものです。

 本人も悦に入っていましたが、中田もサッカーコートも、本当にうまくかけています。「中田」、「なかた」も自らの手で板書したため、これは記憶にしっかりと残ることでしょう。

 実際、このあと、「どこですか。」と尋ねて、さらに練習を続けると、「はか」と「はこ」の間違いこそ時々あったものの、「なか」は完全に覚えることができていました。

 ちなみに、板書に「よびこう」という言葉と、「浪人」という言葉と絵があるのは、「日本の大学入試がそんなに難しいなら、受験に合格できなかった生徒はそのあと、1年間どう過ごすんですか。」という質問があったからです。roninは、映画を通して、イタリア人にも「使える主君のない侍」(samurai senza padrone)のことだと知っている人が多いので、まずは、浪人の絵をさっとかき、生徒さんが侍としての「浪人」を知っていることを確認した上で、「大学受験に合格できなかった人のことも、浪人と言って……」と、説明を続けました。

f0234936_133539.jpg

 学習用プリントには、つい最近、家庭教師で英語を教えている中学生用に作った絵を応用しました。教科書には、「うえ」と「なか」を使った会話は出てくるのですが、「した」と「よこ」は、続く練習問題で突然出てきます。わたしの方から、「こういう意味です。」と意味を教えるのではなく、絵と文から、「した」と「よこ」の意味を推測させようと考えて、プリントで、こんなふうに取り上げました。学習は何でも、与えられたものをただ暗記するよりも、まずは自分の頭を働かせて、何だろうと考えた方が、記憶が定着しやすいからですし、学習が受け身にならないからです。

 英語のおさらい用に作ったプリントには、「なか」が出てこなかったので、箱入りの人形の絵も、つけ足しました。おかげで、ねらいどおり、絵の助けを得て、文や表現の意味を、生徒さんがきちんとつかむことができました。「リンゴは ピザの よこ です。」という最後の文を、Le ciliegie...と訳すので、「リンゴはciliegia(サクランボ、ciliegieは複数形)ではなくて、melaのことですよ。」と言うと、わたしの描いた絵が、リンゴではなくて、サクランボに見えたからそう言ったのだそうです。確かに、へたの部分が、リンゴというには長すぎるような気もします。

f0234936_147468.jpg

 授業では、こんなふうに、まずは絵を見ながら文の意味を考えてもらったあとで、上のような構文の用法を、自ら発見してもらいました。

 ちなみに時々、「どこ」を生徒さんが「どく」と発音してしまうので、「どくはvelenoのことですよ。」と言っています。箱が墓になったり、どこが毒になったり、何だか言葉がホラーやスリラー向きの言葉と混同されがちなのも、おもしろいです。ただ、これも、かつての生徒さんたちがやはり、「おくさん」と「おこさん」を混同していた例もあり、日本語のウの音が、イタリア語のuともoとも違うけれど、どちらにも通じるところがある音なので、そのために取り違えやすいのだろうかと考えています。

*******************************************************************
NAKA E' NAKA DI NAKATA.

Oggi un allievo non riusciva a ricordare la parola, NAKA che significa 'dentro' in lingua giapponese; dopo alcuni tentativi non riusciti mi è venuta l'idea e gli ho spiegato che questa parola NAKA (中) si trova anche nel nome di Nakata (中田), ex calciatore giapponese.
Si è illuminato il viso dell'allievo, è venuto alla lavagna spontaneamente e ha dipinto Nakata e aggiunto il nome del calciatore in kanji e hiragana imitando il nome che avevo già scritto sulla lavagna. Dopodiché ha memorizzato perfettamente la parola e ha potuto usarla sempre in modo corretto.
*******************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-26 18:55 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(2)

ごはんがすきです、日本語授業と和食恋しいイタリア生活

 わたしは ごはんが すきです。 パンは すきじゃありません。

f0234936_7555814.jpg

 「すきです / すきじゃありません」という表現を、日本語の授業で復習するのに、教科書の例文やでっちあげた文よりも、わたし自身や生徒さんも知っている人について述べた方がよかろう、教科書の同じ課に出てくる語彙を使った方がよかろうと、まずは自分について、こういう文を書いてみました。

 「パンは好きじゃありません。」とは、あくまでそういう学習効果をねらう意図から書いた言葉ではあるのですが、イタリアに長く暮らすうち、自分はごはんの方がずっと好きであって、パンはできれば避けたいという気持ちになってきました。バールで食べるクロワッサンやシュークリーム、日本のパン屋でよく売られている卵などが入った調理パンは好きなのですが、ウンブリア州の人で、pane(パン)という言葉を聞いて、そういうものを思い浮かべる人は少ないと思います。

 夫が生地をこねて、窯で焼いたパンはおいしいし、義母が作る復活祭用のパンも、そうしてブルスケッタもおいしいのではありますが、「ごはんの方がずっと好きだ」とは、他人との食事や外食では、パンしか選べぬことが多い生活が長くなって、初めて気づけたような気がします。

 実際、小麦を挽いて粉にして、さらにその粉で作った生地を熱して作るパンやパスタに比べると、収穫された米を炊きさえすれば食べられて、加工が少ないごはんの方が、栽培・収穫・加工方法にもよりますが、健康にいいし、消化によいとは、イタリアでもよく読んだり聞いたりしてきました。さらに遺伝から、わたしたち日本人の体には小麦よりも米の方が合っているようだ、ということも。

 イタリアで留学生活を始めたばかりの頃は、「郷に入れば郷に従え」、文化や慣習も受け容れようとばかりに、数年ほど、たとえばホームステイ先で、食事を共にするにしてもしないにしても、ずっとイタリア料理を食べていました。日本では炊飯器でしか米を炊いたことがなかったために、イタリアで鍋で炊こうとは、初めは思いもよらなかったということもあるのですが、友人や知人が鍋で手早くごはんを炊くのを目にしたり、人に頼まれて日本食を作ったりするうち、やはり自分は日本の味に飢えているのだ、和食が恋しいし、体にも合っているのだと気づき、よくごはんも炊くようになりました。

 うちの夫は、週に何度かは昼食を食べにうちに帰ります。そういうときは、主にパスタを食べるのですが、わたし一人で食べるときは、近年では、ごはんを食べるようにしています。夕方も、肉や魚、豆腐、野菜料理にポタージュやみそ汁など、おかずを準備して、夫はパンと、わたしはごはんと食べるようにしています。

f0234936_14571560.jpg

 「AはBが好きです。」という文の構造が、日本語とイタリア語ではかなり違うため、まずは例文や聴き取り練習・会話練習を通して、意味や使い方を把握してもらおうと思うのですが、その後で、理解できたかどうかを確認し、また、さっと復習できるように、こんな表も作ってみました。

 大学生が相手の授業のときは、日本のアニメや漫画に興味がある学生が多いので、「あなたが好きです。」と、「好きです」という言葉は、恋の告白によく使われるんですよなどと言うのですが、明日の授業は2時間で時間があまりない上に、生徒さんがわたしとほぼ同じ年の社会人ということもあって、今回は割愛するつもりでいます。

 義弟の奥さんはエクアドル人です。義弟と共に明朝早くに帰国する彼女に、祖国の家族へのおみやげをと夫と出かけたほか、今日はあれこれと外で済ませなければならない用事が多かったため、明日の授業の準備が終わるのがすっかり遅くなりました。明日は朝8時から肩のリハビリで、そのあと帰宅して着替え、授業が終わるのが午後2時と遅いため、昼食のしたくをしてから、学校に授業をしに出かけます。インスタグラムへの写真の毎日一投稿は今日はあきらめますが、明日からはもう少し時間配分を考え、一つひとつノルマを果たし、早寝早起きできるよう努めたいと思います。

********************************************************************
すきです(sukidesu)
è un'espressione che si insegna a scuola in questi giorni. Come esempio per lezione di oggi ho scritto: "Mi piace il riso. Non mi piace il pane. A ... piace il pane." Non è che non mi piaccia veramente il pane, anche se preferisco senz'altro il riso, ma volevo usare solo le parole che si trovano nei manuali da noi adottati. Invece, in realtà trovo buono il pane che fa mio marito al forno a legna, buona la torta di Pasqua fatta da mia suocera e mi piace molto la bruschetta.
*********************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-06 23:59 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(6)

明日の授業の準備中、イタリア語・日本語それぞれの難しさ

 つい先ほど、明日の朝の日本語の授業用のプリントができあがって、印刷したところです。

f0234936_733942.jpg

 「すんでいます」という文法的に細かく見れば、難度の高い表現が、教科書の最初の方にぽんと出てくるのは、日本語でコミュニケーションを取れることを重視した『まるごと』の教科書ならではだと思います。

 イタリア語のVorrei…「…したいのですが。」と控えめに希望を述べる表現が、入門者でも知っておくと便利で、会話のいい潤滑油になるけれども、文法的に考えると、イタリア語学習がかなり進んでから学ぶべき条件法現在が使われているのに、よく似ています。イタリア語教育では、それでも、イタリアで暮らしたり旅をしたりするのに、知っておく必要があるこうした表現は、文法には触れずに、そのままの形で、こんなときにこんなふうに使いますと扱うべきとされているのですが、日本語で活用・接続のややこしい「て形」を含む「すんでいます」も、文法には触れず、自分や人の住んでいるところについて話すのに便利な表現として、扱うことにしています。

 教科書には、「…は…にすんでいます。」というパターン文しか書かれていないのに、わたしがあえて、主語を4通りに変えて文を並べているのには、理由があります。イタリア語では、「どこそこに住んでいる、暮らしている」と言う場合に、動詞は、abitare、あるいはvivereの直説法現在を用いるのですが、この動詞の形が、主語の人称と数によって、変わってくるからです。

 同じ直説法現在でも、主語がわたしたち(noi)であれば、abitiamo(viviamo)、わたし(io)であれば、abito(vivo)、「たけしさん」のように三人称単数であれば、abita(vive)、「レーモさんたち」のように三人称複数であれば、abitano(vivono)といったふうに、イタリア語では、主語によって、動詞の形が変化します。

 ですから、たとえ教科書の例文に「わたしたちは おおさかに すんでいます。」とあっても、生徒さんが、主語が変わったら、動詞の形も変わるのではないかという心配をするかもしれないと考え、日本語では主語の人称や数が変わっても、動詞の形が不変であることに、例文を通して気づいてもらおうと考えたのです。

 ああ、イタリア語はなんとめんどうくさい、難しいと思われた方がおいででしょうか。

 けれども、かぞくを学ぶこの課では、日本語ならではの難しさも頻出します。たとえば、課の題名からして、「かぞくは 3にんです」なのですが、イタリアでは、人であろうと本であろうと、車であろうと、3であればtreという数字を覚えさえすればいいのに、日本語では、人なら「3人」、本なら「3冊」、車であれば「3台」と表現が変わる上、人の場合はさらに、「ひとり」「ふたり」の読みが独特です。

f0234936_731510.jpg

 そして、家族を指す表現も、イタリア語では、そもそも兄弟姉妹は、年齢の上下は気にせず、男性ならfratello、女性ならsorellaですむのですが、日本語ではまず、年齢が上か下かで兄・弟、姉・妹と呼称が変わります。しかも、イタリア語であれば、自分の兄弟であろうと人の兄弟であろうと、fratelloですむのですが、日本語では他人の兄弟に言及するときは、「お兄さん・お兄さま・兄君・弟さん」などと、呼称が変わります。

 日本語ではこんなふうに、話し相手や話す場、話者の聞き手との関係によって、使う語彙が変わるのに対して、イタリア語では、たいていの場合、主語の人称や数によって動詞の形が変わります。名詞も単数か複数かによって形が変わるため、たとえば、兄弟を意味するfratelloも、一人ならfratelloと単数形でいいのですが、二人以上になると複数形にして、fratelliとする必要があります。

 日本語とイタリア語のどちらがどう難しいかという問題ではなく、日本語が中国語と並んで、類型的に見てイタリア語から最も隔たった言語とされている上に、日本文化がイタリア文化とはさまざまな点で異なり、そうした文化や伝統の違いが、言語に反映されているということなのです。あまり苦手意識を持たずに身につけてもらえるように、プリントでは、生徒さんもわたしも実際に知っている人を、例としてあげるなど、工夫をしてみました。

********************************************************************
In italiano il verbo si coniuga a seconda della persona e del numero del soggetto (es. io abito/tu abiti/lui abita/noi abitiamo/voi abitate/loro abitano), mentre in giapponese la forma del verbo 'すんでいます' (pronuncia: 'sundeimasu', significato: 'abitare') rimane invariata per qualsiasi soggetto. Tuttavia, mentre gli italiani usano lo stesso termine, 'fratello' sia per riferirsi ai propri fratelli che a quelli altrui, in giapponese si usano diversi termini e inoltre esiste un vocabolo che indica 'fratello maggiore' e quello che indica 'fratello minore'.
Secondo i linguisti il giapponese e il cinese sono le due lingue tipologicamente più distanti dall'italiano e per questo per gli apprendenti giapponesi è difficile imparare l'italiano e per gli allievi italiani è difficile studiare il giapponese, ma con sforzi e passione ci si riesce :-)
*********************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-04 23:59 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(2)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

朝焼け、乗り換え前の番号メモ..
at 2017-10-19 23:56
海辺の紅葉・ブーゲンビリア、..
at 2017-10-18 23:45
TIMの怪しい他社から乗り換..
at 2017-10-17 23:59
多彩でお得 外付けハードディ..
at 2017-10-16 23:58
アッシジ紅葉・ラベンダー園か..
at 2017-10-15 23:12

記事ランキング

タグ

(600)
(522)
(333)
(276)
(210)
(189)
(166)
(156)
(147)
(135)
(134)
(119)
(111)
(96)
(90)
(90)
(87)
(68)
(52)
(33)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、このジェラー..
by milletti_naoko at 21:37
nonkonogoroさ..
by milletti_naoko at 19:07
アリスさん、温かいお言葉..
by milletti_naoko at 18:59
かずさん、旅行中の携帯電..
by milletti_naoko at 18:50
アリスさん、日本でも各業..
by milletti_naoko at 18:42

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク