タグ:日本語教師・通訳・翻訳 ( 131 ) タグの人気記事

電車でおしゃべり1

 ローマからペルージャに帰る途中、フォリンニョで、電車を乗り換えました。電車は、フォリンニョ駅に、少し遅れて到着したのですが、わたしは、無事、ペルージャ行きの電車に、乗り込むことができました。(記事はこちら
すぐに大勢の人が、次々に同じ車両に入ってきました。先ほどわたしに、「フォリンニョでは、問題なく乗り換えができますよ。」と言ってくれた男性も、同じ車両に乗り込みます。「この人たち、みんな、同じ電車で今ローマから着いたばかりなんでしょうか。」と尋ねるわたしに、通りかかる人々が、笑いながらうなずきました。

 わたしからは、通路を挟んだ向こうの席に座っていた金髪の女性が、不平をこぼします。
「まったく、ローマから来て、フォリンニョで乗り換えると、いつもこうなんだから。乗り換える時間はほとんどないし、乗り継ぎの電車がどこから出るかわからないから、毎回こうして、焦って慌てるはめになるんですよね。」
 わたしが、
「まあ、無事にみな乗り換えることができたから、よかったということで……。」
と言うと、少し外国人アクセントのあるその女性は、
「イタリアの鉄道って、いつも問題があるんだけど、このフォリンニョの駅では、決まってこんなふうに混乱していて、皆が心配しながら、急がなければいけないのよね。」
と答えます。
 女性の向かいに座っていた、イタリア人の老紳士が、それに対して、
「二人とも、十数年前のテルミニ駅が、どんなに混乱した状態だったかをご存じですか。当時に比べたら、駅の状況が格段に改善されて、電車を利用しやすくなったんですよ。」
と返事をし、それからペルージャに着くまでの30分あまり、ずっと3人で話し続けることになりました。

 まずは最初に自己紹介。金髪の女性はロシア人で、わたしは日本人。老紳士は、今は退職前は、大学で哲学を教えていたとのことです。わたしたちがなぜイタリアに来たのか、ロシアや日本では、電車はイタリアのような遅延やストライキは少ないこと、など、いろんなことについて話しました。

 3月以来、わたしが日本人だと知ると、面識がなくても、地震後の日本はどうかと、尋ねてくる人がよくいます。。このときもやはり、老紳士にそう問われ、今もまだ被災に苦しむ方がいる上に、放射能汚染の問題も深刻なのだと答えると、これもやはりいつものことですが、そうした困難を力を合わせて、乗り越えようとしている被災者の方や日本はすばらしいと、女性も老紳士も、日本を称え、応援してくれました。

f0234936_0272779.jpg
Giardino Shosei-in, Kyoto 29/3/2010

 実は、この日の午後、ローマではイタリア産業界の要人も交えた会談があり、その席でわたしは通訳を務めたのですが、そのときも、日本からのお客さんたちが、なぜイタリアに来たかを説明して、貴国から多くのことを学びたいと言ったとき、その要人の一人が、思いがけず、こんなふうに答えたのです。
「わたしたちは、今、日本に対して、できる限りの協力をしていきたいと考えています。先の地震で、被災者の方が、日本の皆さんが、想像を絶するような苦境に遭いながら、それでも、前に進もうとされている姿に、わたしたちは感銘を受け、また心から敬意を抱いておりますので。」

 心づくしの温かい言葉に感激し、目に涙を浮かべながら、すぐに言われた言葉を訳しました。これはほんの一例で、こんなふうに日本を応援してくださる方が、イタリアにもたくさんいるのです。(つづく)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
人気ブログランキングへ

by milletti_naoko | 2011-11-20 16:30 | Giappone - Italia | Trackback | Comments(6)

駅と電車でハプニング

 先週、11月10日木曜日の夕方、ローマでの通訳の仕事が終わったあと、お客さんの一人、Yさんと一緒に、テルミニ駅から、ウンブリア州に向かう電車に乗りました。

f0234936_0132296.jpg
Stazione di Roma Termini 2/8/2011

 仕事が終わる時間が分からなかったので、帰りの切符をまだ買っていなかったわたしは、翌日日本へと発つ他のお客さんたちにあいさつをするなり、荷物と共に走り出し、皆さんの前で、思いっきり転んでしまいました。あまり痛くはなかったけれど、少し恥ずかしかったです。

 自動販売機で、わたしはペルージャ行き、Yさんはフォリンニョ行きの切符を買いました。販売機を使っていると、移民らしき人が、わたしたちの反対を押し切って、切符を買うのを、かなり強引に手伝ってくれました。購入後は、何となく予想していたとおり、お駄賃の請求がありました。ただ、切符をよく見ると、わたしはエウロスター(Eurostar)でフォリンニョまで行って、乗り換える切符を買ったのに、Yさんの切符は、普通列車利用となっています。

 電車の出発まで、約20分。Yさんを送ることは、仕事には含まれていなかったのですが、日本に発つお客さんから、「石井さんと一緒なら、安心だから。」と、できたら同じ電車でフォリンニョまで行くように頼まれていました。そこで、電車に乗り遅れない範囲で、できるだけ同じ電車で帰れるように、自動販売機の横にあった、対人販売の窓口前の長い列の後ろに並びました。

 わたしの電車の出発が17時27分だったので、Yさんには、こう言いました。「追加料金を払って、同じエウロスターに乗れるように、切符を変えてもらいましょう。10分前までは、ご一緒しますが、もし間に合わなければ、今お持ちの切符で、17時43分発のフォリンニョ行きの普通列車には乗れますから。」

 それが、悪いときには悪いことが重なるもので、もう少しでわたしたちの番だというときになって、窓口に向かって歩いていた高齢の紳士が、突然床に倒れてしまいました。すぐに窓口の人たちが紳士に駆け寄り、呼び出しを受けた救急班も駆けつけたものの、幸い紳士はまもなく息を吹き返し、しばらくは人々が心配そうに見守る中、椅子に座って、息を整えていました。

 何事もなくすんだので、一同ほっとしたのですが、紳士が倒れてから5分ほどの間は、五つほどある窓口の係員が、全員立ち上がって、紳士の様子を不安げに見守っていて、窓口での作業は一旦停止の状態となりました。

 紳士の健康に問題がないと分かってから、再びすべての窓口で切符販売が始まり、Yさんの切符の変更が終わったのは、7分前。Yさんは、慌てるわたしを見て、「まだ、時間があるから、そんなに急ぐ必要はないんじゃありませんか。」と言うのですが、いえ、急ぐ必要があったのです。

f0234936_0142652.jpg
Stazione di Firenze S.M.N. 12/8/2011

 イタリアでは日本と違って、電車が予定よりかなり遅れて到着することもあり、そのため、到着・出発するホームが決まっていないのです。空港で、乗車予定の飛行機が出発するゲートを、モニターを見て確認するように、イタリアの駅では、構内にある電光掲示板を見て、乗車予定の電車が、どのホームから出るかを、確認する必要があるのです。ちなみに、上の写真は、8月にピサを訪ねたとき(下記リンク参照)、電車を乗り換えたフィレンツェS.M.N.駅で撮影したものです。横に長い大きな電光掲示板の左右の列の一番上には、それぞれ、Arrivi/Arrivals、Partenza/Departuresと書かれています。左側に、到着(arrivo/i)予定の電車、右側には、出発(partenza/e)の電車について、それぞれ情報が書かれています。

f0234936_015457.jpg

 上の写真では、前の写真の掲示板のうち、出発電車の案内が並ぶ右側を、拡大しています。たとえば、8月12日、わたしはこのあと、ピサ行きの電車に乗り換えなければならなかったのですが、出発案内には、電車の種類と番号、終着駅と出発予定時刻、ホームだけが書かれています。わたしは、前日に、Trenitaliaのホームページ(リンクはこちら)で、電車の時刻を確認したとき、乗車予定の電車すべての番号や出発時刻を調べて、印刷していたので、リヴォルノC.L.E.行きのRV3123番の電車に乗り換えなければいけないことを知っていて、この電車が3番ホームから出発することを確認しました。

 電車に乗るときに、電光掲示板を確認する必要があるのは、ローマのテルミニ駅でも同様です。駅が大きいので、発着する電車も多く、自分が印刷しておいた乗車予定の電車の詳細情報と見比べて、出発ホームを確認するだけでも、かなり時間がかかります。この日は、仕事の終了時刻が分からなかったので、17時以降にペルージャ方面に向かう電車を、あらかじめすべて調べておきました。ちなみに、電車が出発する予定のホームは、一度すでに掲示されていても、あとから変更されることも、たまにありますから、乗り換えのために、駅の構内でしばらく待たれる場合には、出発の10分ほど前に、再度出発予定のホームを確認しておいた方が無難だと思います。

 さらに、テルミニ駅のように、大きい駅の場合には、目指すホームが遠いため、かなり歩かなければいけない場合があります。この日、電光掲示板で、乗るべき電車が2番ホームから出ると知ったわたしたちは、まず2番ホームへと急いだのですが、荷物を持って、かなり長いこと歩かなければいけませんでした。ホームへ着いたあと、切符で指定された座席を見ると、7号車なので、再び荷物を抱えたまま、今度は走りながら、ホームを長いこと走って、7号車へと向かいました。こうして、何とか発車予定時刻の1分ほど前に、ようやく電車へと乗り込むことができ、ほっとしました。

 ほっとしたのも束の間、電車が出発してしばらくしてから、わたしは急に青くなりました。慌てていて、切符に刻印を押す(下記リンク参照)のを、すっかり忘れてしまったのです。切符の刻印など、日本では必要なかったので、ぎりぎりに駅に駆け込むと、うっかり忘れてしまうことがたまにあります。実は、この前日も、フォリンニョ(Foligno)から電車で帰宅したとき、あらかじめ仕事の終了時刻が分からなかったため、出発間際の電車の切符を慌てて買うことになり、刻印するのを忘れて、電車に乗ってしまったのです。電車に入って一息ついてから、車内の掲示に、「切符を購入しないで、あるいは切符に刻印をしないで乗車したことが、発覚した場合は、最低50ユーロの罰金を払うこと」とあるのを見て、刻印していなかったことに気づいて、長い長い電車の中を、第一車両まで歩き、車掌さんに事情を説明して、刻印代わりに、署名と検札をしてもらいました。「あ~あ、これでは罰金を払わないとね。」と、からかわれながら…… 

 ただ、このローマ発の電車の場合は、わたしが近くに座っていた女性に、「切符の刻印を忘れたんですけれど、車内にも刻印機があるでしょうか。」と尋ねたら、「フォリンニョに着くまでは、エウロスターで、切符は座席指定だから、刻印の必要はありませんよ。」と、返事が返ってきて、安心しました。

 電車がローマを出発する間際に、大柄の老紳士が乗り込んできて、わたしの隣の席に腰を下ろしました。車内では、Yさんや、先の女性などと、時々おしゃべりをしながら、過ごしました。途中、Yさんが、「イタリアの電車では、日本と違って、これから着く駅の案内がないんですね。」と言ったので、イタリアでは、次に着く駅を案内する車内放送がないことが多く、逆に、日本を旅行する外国人旅行者の多くが、頻繁にありすぎる車内放送(次に到着する駅、乗り換え情報、忘れ物・足元に注意、電車利用への感謝など)に、言葉が分からないこともあって、不安になることも多いのだと、お話ししました。わたしの隣の老紳士は、席についてすぐ、ずっと眠りについていたのですが、この会話を聞いて目を覚まし、興味深そうだったので、イタリア語で説明をしました。「ああ、でも、この電車はフレッチャロッサ(Frecciarossa)だから、次に着く駅の案内はあるよ。それにしても、もう次の駅か。もうフィレンツェ? 何だか早すぎるような……」

 まもなく電車が駅に入ってスピードを落とし、駅の名が読めるようになりました。結局、車内放送はないままです。着いたのがテルニ駅だと知った老紳士は、フィレンツェ行きのフレッチャロッサに乗る予定だったのに、電車を間違えたことに気づき、慌てて下車しました。残ったわたしが、きょとんとしている他の乗客に事情を説明すると、「ひょっとしたら、このままフォリンニョまで行って、フォリンニョからフィレンツェ行きに乗り換えた方がよかったかもしれない。」、「いや、やっぱりここで降りてよかったのでは……」と、しばらくおしゃべりが続きました。イタリア人で、電車に乗り慣れている人でも、電車に乗り間違えることは、あるのです。慣れないうちも、慣れてからも、やはり注意が必要だなと思いました。

 電車は18時54分に、フォリンニョに到着予定で、Yさんはフォリンニョで下車するのですが、わたしは、ペルージャ行きの電車に乗り換えなければいけません。乗り換えの電車が出発するのは、19時3分で、乗り換え時間が10分もなく、フォリンニョ到着が予定より遅れる可能性もあります。幸い、先の女性の向かいに座った男性が、「よくこの電車を利用するけれど、時刻には正確で、フォリンニョ駅での乗り換えには、支障はありませんよ。」と教えてくれました。ただ、話を聞くと、この電車が着くホームから次の電車が出るホームまでは、階段を下りて上らないと行くことができない上、出発ホームについての車内放送はなく、駅のホームで案内表示を見て確認しなければいけないということです。

 そこで、電車がフォリンニョに着く15分ほど前に、Yさんにあいさつして、すぐに電車を降りられるよう、ドアの前に待機しました。電車が駅に着くときには、降りる乗客が、自分でドアを開けなければいけません。電車によって開け方が違うので、通りかかった車掌さんに、開け方を尋ねると、「わたしがここにいて、ドアを開けますから大丈夫。」と親切に言ってくれました。

 おかげで、愛想のいい車掌さんとしばらくおしゃべりをしたあと、問題なく電車を降りて、フォリンニョ駅で、無事に乗り換えを済ませることができました。このあとの電車の中でも、興味深い出会いが待っていたのですが、またの機会にお話しするつもりです。

 こういうわけですから、皆さん、イタリアで電車に乗るときは、できるだけあらかじめ、切符を購入しておくように、そして、駅には余裕を持って到着するようにしておきましょう。

関連記事へのリンク
- 「電車でお出かけ」(イタリアで電車に乗る際の注意とペルージャ・スポレート間の車窓風景)
- 「ピサの斜塔に挑戦」
- 「ペルージャ・ローマ間はバスが便利」

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
人気ブログランキングへ

by milletti_naoko | 2011-11-19 16:17 | Viaggi | Trackback | Comments(8)

彩なすブドウ畑

 車窓から、赤や黄色に丘を彩るブドウ畑の紅葉を見て、その美しさに、思わず目をみはりました。

f0234936_6525343.jpg

 我が家の前のブドウの木も、今は鮮やかな黄色をしているのですが、この辺りでは、紅葉したブドウの木が一面に並び、平安時代の和歌ではありませんが、紅と金の錦を、丘の上に織り上げているようです。

f0234936_6531873.jpg

 写真は、今日、ウンブリア州のおいしいワインの産地として知られるモンテファルコ(Montefalco)を訪ねたときのものです。と言っても、いつものように楽しみの観光や散歩に足を伸ばしたのではなく、今回は仕事の最中に、撮影したものです。今週月曜日から2週間は、通訳の仕事で、慌ただしい毎日を過ごすことになりそうです。写真は、移動中に、イタリア人スタッフが、日本からお越しのお客様に、写真をお撮りになりたければ停車しますよ、と言った際に、わたしもちゃっかりせっかくだからと、撮影したものです。逆光なのが残念ですが、曲がりくねった坂道を登るうち、下るうちに見えてくる紅や黄のブドウ畑の美しさが、それはみごとで、道を曲がって、新しい景色が見えるたびに、皆で嘆声を上げました。モンテファルコには、何度か行ったことがあるのですが、こんなにブドウの葉が美しい時期に訪れたのは初めてです。予想もしなかった美しさに、感動しました。

 今日は外泊で、明日ペルージャに戻るのはかなり遅くなります。宿泊費は自己負担だからと(遠いし交通費は出せないので、無理なら構いませんよと言われたのですが、最後まで責任を持って、と思い、お客様と共に、長旅をしました。)、安い宿を選んだら、お客さんたちの宿や翌日の待ち合わせ場所からひどく遠くて、使うべきところには、お金を惜しんではいけないなと思いました。今晩はゆっくり休んで、明日の仕事と旅に備えるつもりです。まあ、安くても無料でWi-Fi接続ができる宿を選んだおかげで、長く移動をすることにもなり、こうして記事を投稿することもできるわけですから、一長一短です。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
人気ブログランキングへ

by milletti_naoko | 2011-11-09 22:57 | Inteprete Traduzioni | Trackback | Comments(8)

授業の打ち上げ

 軍語学学校で4月から始まった3か月の日本語特訓講座、いえ基礎日本語講座も、他の希少言語の基礎講座と共に、試験と試験結果の発表を待って、7月1日に終了。

f0234936_22433245.jpg

 7月1日は、日本語とヘブライ語クラスの皆と共に、我が家で授業の打ち上げをしました。

f0234936_22445495.jpg

 写真手前に見えるアラビア風パンは、ヘブライ語の先生の手作り。焼き立てでおいしかったです。アラビア風パンというのは、この先生はイスラエル人ですが、バイリンガルで、母語はアラビア語、そして、イスラム教徒だからです。アラビア風パンは、左手に見えるヒヨコマメのクリームに、オリーブと酢漬けのキュウリを添えたお皿の具を、間に挟んでいただきました。巻き寿司と押し寿司は、わたしが作ったものです。

f0234936_22451887.jpg

 セコンドには、まずは、りえさん手料理の南蛮漬け。しょうがの風味がきいていて、けれどもさっぱりしていて、とてもおいしかったです。わたしも、ミンモさんの好物と知っていた焼き鳥を、作ってみました。

f0234936_22455425.jpg

 ワインやリキュールは、ミンモさんとヘブライ語の生徒さん、そして、たけしさんが考えてくれました。テーブルに写っているワインは、ミンモさんのお里、サバウディアの白ワイン。水の後ろに見える器には、りえさんの南蛮漬けがあります。左手のサラダボウルの中には、我が家の野菜畑で採れたてのサニーレタスとプチトマト(正確には、雨が降りそうだったので、午後2時頃に収穫したのですが)。

 生徒さんたちは、わたしたち教師陣にと、贈り物を用意してくださっていて、上の写真では、ミンモさんが、贈呈の辞を述べているところです。ナポリの特産品とかわいい小瓶に入ったオリーブオイルとバルサミコ酢のセットを、それぞれいただきました。思いがけなくて、とてもうれしかったです。

f0234936_2247038.jpg

 デザートはまず、りえさん手作りのおいしい抹茶風味のティラミス。ヘブライ語の生徒さんのおばさんの焼いたビスケットも、パンテッレリーア島のパッシートに浸して、おいしくいただきました。ルイージの作ったパンナコッタも好評でした。ブルーベリーなど、三つの果物からそれぞれパンナコッタに合わせるソースも、時間をかけてじっくり準備していました。

 すてきな先生方や生徒さんと、充実した3か月の講座を締めくくるすてきな夕食会になりました。最初の乾杯のときに、夫が言った、「世界から来た人々と、世界に向けて旅立つ人々に乾杯」という言葉も、我が夫ながらいいことを言うなあと思いました。

 みんな、本当にありがとう。

Link・関連記事
- 日本を愛する心 (2011/04/02 )
- 書けたよ、「日本人」! (2011/04/11)
- お城で夕食 / Cena al Castello dell'Oscano (2011/06/01)
- 日伊の架け橋、アニメと漫画 (2011/06/02)
- ブスは禁句 (2011/06/13)
- 思い出と未来に乾杯 / Brindisi al futuro e ai ricordi - festa di fine corso (2011/07/07)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-07-29 15:47 | Gastronomia | Trackback | Comments(16)

思い出と未来に乾杯

f0234936_232528.jpg

かつて修道院だった美しい軍外国語学校で
世界中から来たさまざまな国の先生方と
任務のために世界各国に赴く軍人さんたちと過ごした3か月間。

Tre mesi trascorsi nella scuola bellissima con persone fantastiche
provenienti dal tutto il mondo,
pronte a vivere nei Paesi lontani per missione,
e/o responsabili e orgogliosi di lavorare a scuola.

f0234936_2332043.jpg

漠然と抽象的にとらえがちだった軍隊という組織が
今はわたしの中で、
自分の仕事に誇りと責任を持って取り組む
勇敢で、けれど謙虚で優しい軍人さんたち一人ひとりからなる
より血の通ったものとなり、

L’Esercito era prima per me un ente un po’ astratto,
ma ora mi è chiaro che è costituito da
molte persone coraggiose, responsabili e simpaticissime,
mi è più vicino al cuore.

f0234936_2333539.jpg

距離的に、心理的に遠かった場所や国々さえも、
同僚の先生方の故郷、あるいは
軍人さんたちがこれから赴く任地であるために、
近しく、親しみのわく土地となりました。

Anche i luoghi e Paesi prima lontani
sia geologicamente che psicologicamente
ora mi sono familiari e vicini,
perché sono i posti dove sono cresciuti carissimi colleghi docenti
e dove vanno a vivere carissimi allievi militari.

f0234936_2335488.jpg

6月29日水曜日は、生徒さんたちの企画で、午後1時から
希少言語講座修了を祝う打ち上げの会がありました。
生徒陣を代表してのあいさつが、とてもすてきでした。
何も分からない赤ん坊のようだったぼくらが、忍耐強い先生方のおかげで
まずは初めの「ママ」ならぬ「せんせい」という言葉から、
難しい言語を少しずつ身につけていくことができました。

Mercoledì 29 giuno, al rinfresco di fine corso organizzati gentilmente dagli allievi,
erano bellissime e commoventi le parole del loro rappresentante.
Come bambini abbiamo iniziato a imparare da zero
sotto la guida dei docenti -
come la prima parola, abbiamo imparato ‘maestra’ anziché ‘mamma’.

f0234936_234937.jpg

この日あたりと眺めのいい日本語の教室での
ミンモの最初の一歩と、瞳に浮かぶ誇りと喜びをわたしがよく覚えているように
他の先生方も、生徒さんたちも、教え学ぶ過程の一つひとつを
大切に覚えているはず。

Ricordo bene i primi passi del nostro allievo,
la gioia e l’orgoglio nei suoi occhi
in questa aula di giapponese luminosa con vista.
Sarà così anche per altri docenti e allievi.

f0234936_2345375.jpg

わたしも、生徒さんから、他の先生方から、たくさんのことを教えてもらいました。
今は、世界各国のいろんな言葉であいさつを交わした廊下も思い出のひとこま。
みんな、すてきな思い出をどうもありがとう。

これからも、どうかそれぞれの土地で、頑張ってくださいね。どうかお元気で、実りのある歳月を過ごしてください。さようなら。いつかまたどこかで会えることを楽しみにしています。

Anch’io ho imparato e ricevuto molto da voi, allievi militari e colleghi docenti. Ora fa parte dei ricordi anche il corridoio dove ci salutavamo in diverse lingue. Vi ringrazio di cuore per le vostre gentilezze e i bellissimi ricordi.

Tante belle cose per il vostro futuro – Sayonara, mi farà sempre un grande piacere rivedervi un giorno in qualche parte del mondo.

LINK
- SLEE - Scuola Lingue Estere dell’Esercito 

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-07-07 16:11 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(6)

ブスは禁句

 イタリア語というのは、英語やフランス語と違って、表記と発音のずれが比較的少ない言語です。だからと言って、「イタリア語はローマ字読みでいい」と思う方は、気をつけましょう。

f0234936_456407.jpg

 外国語を習うときは、ただでさえ、母語の影響がいろいろな面で出てきます。たとえば、日本語を母語とする人の場合、文法面では、母語である日本語に冠詞がないため、イタリア語や英語の冠詞の習得で、いつまで経っても、定冠詞と不定冠詞を正しく使い分けることが、難しかったりします。発音でも、母語では「r」と「l」、「b」と「v」などの子音を識別する必要が存在しないため、こうした子音の違いが存在する言語を学ぶときに、なかなか子音の識別ができず、従って記憶も不正確になり、イタリア語や英語が上達してからでも、間違って書いたり、発音したりすることがありがちです。

 こんなふうに、外国語の学習は、ただでさえ母語の影響を受けやすいのに、片仮名表記ばかりに頼って、外国語の発音を覚えようとすると、この母語の悪影響がさらに大きくなってしまいます。

 イタリア語を学習する場合、一番問題となるのは、たとえば、libro(意味は「本」)という単語の中心にある「b」は、イタリア語では単なる子音の「b」を発音するのに対し、これを片仮名で表記すると「ブ」となり、本来の単語にはない、「u」という母音が入ってしまうため、間違った発音を身につけてしまうということです。これは、日本語の音節構造は、大半が、1子音+1母音であるのに対して、イタリア語では、str- pr-などと、子音が連続する場合も、よくあるからです。

 音楽でご存じの単語、allegroにしても、片仮名読みでは、できるだけ原音に忠実に表記しようとしても、「アッレーグロ」となり、「l」と「r」の発音の違いを表すことができません。ですから、こうした単語の発音を、片仮名表記に頼って覚えようとすると、ただでさえ、覚えにくく難しい「r」と「l」の区別が、ますますつきにくくなってしまいます。そうして、外国語学習・教育の研究結果から、「最初に一度間違って覚えてしまったことを、あとから修正するには非常に時間と労力がかかる」ことが分かっています。どの位置に舌をおいて、どう発音するかということを図だけ見て理解したり、発音記号だけで学んだりすることは難しいと思いますから、最初のうちだけは、片仮名の助けも必要でしょうが、できるだけ早いうちに、イタリア語のどういうつづりが、実際にどういう発音に該当するかを習得して、片仮名表記に頼らず、イタリア語の表記やCDの音声を頼りに、発音を身につけていく必要があります。

 イタリア人が日本語や英語を学習する場合にも、やはり母語であるイタリア語の発音の影響がいろいろと出てきます。イタリア語というのは、英語やフランス語と違って、文字表記と発音の一致が多い言語です。ですから、ついつい英語のjuiceの発音が「ジューイス」だと信じ込んでいたりする場合があります。また、イタリア語では、子音の「s」のあとに、mやlが続くと「s」を[z]と発音するので、英語のslipやsmallを発音するときでも、発音がイタリア語化して、「ズリップ」、「ズモル」となりがちで、伊伊辞典で、こうした外来語の発音として真っ先に掲げてあるのは、本来の英語の発音ではなく、こちらのイタリア語化した発音の方だったりします。

 イタリア語では、「バス」のことをautobusと言いますが、発音は片仮名表記だと「アウトブス」になります。日本語では「バス」というところの発音が「ブス」になるため、日本語の授業中には、最初のうち、「バス」も「ブス」と発音してしまう生徒が、必ず何人か出てきます。

 ミンモさんも例に漏れず、初めは「ブス」と何度か口にしてしまっていましたが、「ブスは日本語ではこういう意味で、間違って使って、相手に誤解されたら大変だから、気をつけるように。」と注意したあとは、「それは大変。しっかり覚えなければ。」と言って、真剣にメモを取り、以後はいっさい間違えなくなりました。あとで、ツイッターでこの話を披露したら、「あ、その間違い、ぼくもしましたよ。」という返事が、何人かのイタリア人学生から来ました。

 イタリア人が日本語を学習し始めるときも、最初はどうしても、平仮名や片仮名をローマ字書きしたものを足がかりにして、発音を覚えます。ただ、これもいつまでも続けていると、母語の発音の悪影響が大きくなってしまいます。かつて教えた学生の中に、授業開始から3か月経って、試験を受ける段階になっても、問題用紙に書かれた日本語をすべてローマ字に書き直してから、問題に答える学生が何人かいました。そうすると、たとえば「は」を「ha」と覚え、「ひ」を「hi」と覚えるため、イタリア語では書かれていても発音されない「h」の音を、日本語でも発音しない傾向がでてきます。それで、出欠の点呼に答えて、「アイ」と言ったり、「コーヒーください」のつもりで、「コイください」と言ったりすることになったのですが、この間違いについて、詳しいことは、 こちらの記事をご覧ください。

 「バス」を「ブス」と言ってしまうユニークな間違いにだけついて書こうと思ったのに、今回はずいぶん硬い話になってしまいました。仕事などが忙しくて最近サボっているメルマガ向けの記事だったかもしれません。退屈された方には申しわけありません。

*写真は、5月30日に撮影した、我が家のジャスミンの花です。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ Ninki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-06-13 22:57 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(13)

日伊の架け橋、アニメと漫画

 わたしたちが日本語を教える教室の右横では、アラビア語の授業が行われていて、レバノンやイラクなど、政治的にも軍事的にも、難しい地域に赴任することになっている軍人さんたち3人が、アラビア語を学んでいます。

f0234936_693397.jpg

 この3人もやはり、とても気のいい人たちで、「先生が授業をおてやわらかにしてくれるように」と言って、飴やチョコレートを持ってきては、時々、隣の教室で教えるわたしにも、一つ二つと分けてくれます。ちなみに、この「甘いもの作戦」を最初に考え出したのはミンモさんで、お隣さんたちは、横を通るたびに、「この飴、一ついただきますね。」と手を出したりしていたこともあり、自分たちも持参することになったようです。授業中にこういうものが机の上にあるのはいただけない、とわたしは授業の間は、机の下の目に見えない場所に置いて、そのまま忘れてしまうので、時々、「ああ、またこうやって隠すから、食べるのを忘れちゃうんだよね。」と言われます。

 ある日、このアラビア語の生徒さんの一人が、わたしの名前を「なおと」と呼び間違えました。「なおこですよ。」と言うと、「あ、すみません。実は、幼い頃から、アニメの『タイガーマスク』(L’Uomo Tigre)が大好きで、その主人公の名前、『なおと』と混同してしまって…」と言うではありませんか。『タイガーマスク』は、わたしも幼い頃に見ていましたが、主人公の名前など記憶になかったので、まずは、彼が今もその名を覚えていることに驚きました。ちなみに、あとでインターネット上で調べて、本当に主人公の名が「なおと」だということが分かりました。

 この話が発端になって、いろいろなアニメの話になり、3人とも、『UFOロボ グレンダイザー』を見て育ったということが分かりました。『荒野の少年イサム』まで知っている人がいて、実はわたしも幼い頃に見ていながら、結局イサムが父親とめぐり会えたかどうかが分からなかったのに、バグダッドに赴任することになっている軍人さんが、「最後には、父親と会えたんだよ。」と教えてくれました。30年以上も前に見て、結末が分からずにいた日本のアニメがどう終わったかを、イタリアで軍人さんに教わるなんて、世の中おもしろいなあ、とつくづく思いました。3人ともひどくまじめな人たちなのですが、『愛してナイト』も、よく見ていたようです。「父親が鉄板の上で何かを焼く店を開いていて」、「男性の主人公が髪を染めていて」、「猫の名前がジュリアーノとイタリア語名」だと聞いて、3人が何のアニメの話をしているのかが、ようやく分かりました。

 グレンダイザーは、イタリアでは、Goldrakeとう名前で放映されていました。40代の軍人さんたちにとっては、心に一番残るアニメの筆頭であるようで、このことは、すでに授業中にミンモさんから聞いていました。イタリアで各家庭にカラーテレビが導入されたのと、グレンダイザーが放映されたのが、ちょうど同じ時期で、そのため、ミンモさんは、「カラーテレビの色彩の美しさを、グレンダイザーを通して実感し、楽しんでいた」そうです。ミンモさんのお母さんもやはり、その色彩の美しさに感嘆し、いつも一緒にグレンダイザーを見ていたそうです。わたしもやはり、小学生の頃、グレンダイザーを見ていましたが、カラーとグレンダイザーを特に結びつけて意識した記憶がなかったので、驚きました。

 以前にも書いたように、外国語というのは、歌を通して覚えると、聴覚も動員し、リズムもあるので、記憶に残りやすいし、正しいイントネーションや発音が身につきやすいので、外国人大学の授業では、よく学生たちといっしょに、『春が来た』などの歌を歌っていました。(記事はこちら)ミンモさんにも、最初から、「時々歌をうたって、勉強しましょうね。」と言っていたのですが、「ぼくは、歌はへただし、隣の教室に迷惑をかけるから、歌だけは絶対うたわない。」と、言われていました。というわけで、結局、日本語の歌は歌わずじまいだったのに、グレンダイザーの話をしたとたん、ミンモさんは、自分から、グレンダイザーのイタリア語のオープニング(リンクはこちら)を、すべて歌って披露してくれました。きちんと歌えるし、歌もじょうずじゃない、と言うと、「Goldrakeだけは特別で、何度も何度も聞いたから。」とのことでした。グレンダイザーは夫も好きで、よく見ていたようですが、オスカノ城での夕食(記事はこちら)のあと、別れ際に、何がきっかけでか、ミンモさんがGoldrakeをすべてすらすら歌ったとき、夫もいっしょに歌おうとしたものの、忘れていたところがあったので、ミンモさんは、本当にグレンダイザーが好きなんだなあと、つくづく思いました。

 そんなことがあったので、この日は、廊下で他の外国語を学ぶ軍人さんに会うたび、その人にとっての懐かしの日本のアニメを尋ねていたら、やはり中東の難しい地域に赴任することになり、ダリー語(だったと思いますが、あとで確認します)を学ぶ軍人さんが、ガンダムの大変なファンだということが分かりました。ガンダムは、わたしも中学・高校時代に大好きだったので、妙に話が盛り上がりました。イタリア語に訳された、ガンダムの漫画まで持っているそうで、今度学校に持ってきてくれるそうなので、楽しみです。「他のアニメとは一味違うすばらしい作品だ」と語るのを聞いて、「そうですよね。ひょっとして、ガンダムの世界にあこがれて、軍人になったんですか。」と尋ねると、「それは考えたことがなかったけれど、ひょっとしたら、そうかもしれない。」ということでした。

 こうやって話をしていると、皆、子供のように生き生きと瞳が輝いてきて、「ああ、いいなあ。こんな話をしていたら、自分も日本に行きたくなってきた。」と、ミンモさんをうらやましがるのでした。ただ、この隣のクラスのアラビア語の生徒さんたちや、少し離れた教室で、ロシア語を学ぶ生徒さんは、自分たちの学ぶ言語が難しくて、めげそうになると、わたしたちの教室にやって来て、ミンモさんがノートに書いている日本語を眺め、黒板に書かれた言葉を見て、「ああ、自分より難しいことを勉強している人がいる」と、自分たちを慰めています。そう言えば、最近はミンモさん、「また(授業中に)たたきのめされた」とは、言わなくなりました。(記事はこちら

 3か月の語学研修を終えると、やがて、それぞれの赴任先へと向かっていく軍人さんたち。情勢の非常に厳しい地域に行かれる方も多く、それでも、まじめに、かつユーモアと笑顔を忘れずに、決して易しくはない言語の習得に、励んでいます。わたしたちの教える希少言語の教室の並ぶ教棟には、将校クラスの人が多いのですが、優しくきさくな軍人さんがほとんどです。授業はあと1か月で終わる人が、ミンモさんも含めて大勢います。生徒さんだけでなく、先生方も、世界中のさまざまな国、文化を背景にした方ばかりで、話していて、とても興味深いものがあります。

 外国人大学では、外国人がイタリア語・イタリア文学を学ぶ場合が圧倒的に多いのに対して、この軍語学学校の中では、イタリアの中で、イタリアの軍人さんたちが、自分たちが赴任する先の国の言語や文化を学ぶため、わたしたち外国人が教員で、イタリア人側が、生徒ということになり、そういう関係もなんだかおもしろいなと思います。そう言ったら、「試験前や試験中に、将校たちを苦しめるのもなかなか楽しいものよ。」などと、本気か冗談か、答えていたある外国語の女の先生もいました。いずれにせよ、軍人さんたちが赴任する前に、勤務先の言語・文化を学ばせようという姿勢は、すばらしいと思います。世界中から来た人々が集まり、それぞれの国の言語や文化を教える場所。イタリアのために、世界のために、命を賭して働く使命を自分に課した軍人さんたちが学ぶ場所。とてもすてきな環境で、働くことができることを、うれしく思います。

 昔、日本の高校で教えていた頃には、担当するクラスや学年がかわったり、教えていた生徒たちが卒業したり、異動で学校がかわったりすると、ひどく悲しくて、よく泣いたものです。この学校で授業が終わり、ここで知り合った軍人さんたちに、さよならを言うときも、きっとひどく寂しいだろうなという気が今からしています。あと1か月、悔いのないように、精いっぱいいい授業をしていけたらと思っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ Ninki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-06-02 23:10 | Giappone - Italia | Trackback | Comments(12)

お城で夕食

 ペルージャ郊外のチェネレンテ(Cenerente)の村には、それは優雅で美しいホテル兼レストラン、Castello dell’Oscano(発音は「カステッロ・デッロスカノ」、訳すと「オスカノ城」)があります。

f0234936_238879.jpg
Castello dell’Oscano e Papaveri 6/6/2010

 わたしたちが日本語を教えるミンモさんを始め、軍外国語学校(ホームページはこちら)で学ぶ十数名の軍人さんが、このホテルに滞在しています。昨日、5月31日火曜日は、ミンモさんが、わたしたち日本語教師3人を、お城での夕食に招待してくださいました。

f0234936_2383683.jpg

 夫と二人で、車で会場に駆けつけ、お城の写真を撮ろうとしたとたん、うっかり足を滑らせると、「どこに行くつもり?」と、聞き慣れた声が聞こえてきました。ミンモさんの登場です。

f0234936_2385220.jpg

 4月に授業が始まってから、学校ではミンモさんに夫のことを、家では夫にミンモさんのことを、話す機会も多かったのですが、とうとうこの二人が出会うことになりました。

f0234936_239912.jpg

 あいさつの後、お城の中に入り、内装のすばらしさに感嘆しました。すでに来ていた他の方にあいさつし、夫を紹介した後は、生徒さんたちが、お城を案内してくださいました。こちらの木でできた優雅な階段を登って行くと、

f0234936_2392649.jpg

 屋上に出ます。塔が立ち並ぶお城のつくりも、そして周囲の山々の眺めも、それは美しかったです。夕食には、日本語クラスとヘブライ語クラス合同の夕食会です。ミンモさんと、日本語を教える3人組、りえさん、たけしさん、わたしと夫に、ヘブライ語の生徒さんと先生が加わり、計7人が集まりました。

f0234936_2395359.jpg

 これを機会にと、夫が、日本語クラスとヘブライ語クラスの記念写真を撮ってくれました。

f0234936_23101481.jpg

 外観もなのですが、内部も、天井も壁もすべて木で覆われ、装飾の施された部屋があったり、教会のように天井に彫刻を施した部屋があったり、それはみごとでした。内部の様子に興味のある方は、下に添えてあるCastello dell’Oscanoのホームページをご覧ください。

f0234936_23103329.jpg

 夕食は、レストランの中の、優雅な本棚の並ぶ一室でいただきました。写真に写っているのは前菜です。前菜からデザートまで、どれも、盛りつけも美しく、とてもおいしかったです。生徒さんも先生方も、とてもすてきな方ばかりで、おしゃべりを楽しみながら、そして、料理のおいしさに舌鼓を打ちながら、あっという間に時が過ぎていきました。ごちそうしてくださったミンモさんたち、本当にどうもありがとうございました。

 秋から東京イタリア大使館に、3年間勤めるために、日本語を学んでいるミンモさんは、優しく、ユーモアがあって、それでいて、きまじめで責任感の強い人です。赴任直後は仕事などが忙しくて時間がないだろうけれども、余裕ができたら、夜間に通える日本語の授業で学び、ゆくゆくは、たくさんの日本の方と知り合い、おつきあいすることができたらと、語ってくれます。「日本では、他の国の人と会う機会が多くなるだろうけれど、できれば日本の人と話がしたい。」というミンモさんの思いはまた、かつてのわたしも含めて、イタリアでイタリア語学校に通う多くの方に共通するものの、なかなか実現が難しいものかもしれません。わたしもマルケの小村で留学生活を始めたときは、すぐに村の多くのイタリア人と知り合いになれたのに、ペルージャでは、最初の数年は、外国人の友人がほとんどでした。東京のような大都会になるとまた、外国から来る方に限らず、初めての人と知り合い、つきあっていく気持ちの余裕や機会がないということが、多いかもしれません。

 以前、出会った外国人の英語の先生には、「日本語を勉強したくて、日本語で話しかけるのに、日本の人が英語で答えがちだ」と悩んでいた方も多くいました。ミンモさん本人は、「大使館勤務だから」と敬遠されないようにと願うのですが、わたしは、イタリア人男性に対する偏見も心配しています。

 日本国民に敬意を抱き、問題点も知りつつ、すばらしい文化だと思ってくれるミンモさんが、日本で過ごしていく間に、どうか多くのすてきな温かい日本の方と、日本語で交流ができますように、そして、3年間の勤務が心に残るいい思い出になりますように、と、外国人大学の学生さんたちと違って、ミンモさんはわたしより年も上だし、責任のある仕事を持たれている方にも関わらず、心からそう祈っています。

Castello dell'Oscano
Strada Forcella, 37 I - 06070 Cenerente (PG)
Tel : +39 075 584371, Fax: +39 075 690666
Email: info@oscano.com
Sito : http://oscano.com/index.html

*******************************************************
Cena al Castello dell'Oscano 31/5/2011

- Castello stupendo, cena squisita e una serata molto piacevole.
- Grazie infinite agli allievi gentilissimi che hanno invitato
noi insegnanti e mio marito a cena :-)))
*******************************************************

LINK
- Castello dell’Oscano - HOME

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ Ninki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-06-01 16:12 | Umbria | Trackback | Comments(10)

書けたよ、「日本人」!

 先週教え始めた日本語の生徒。あいさつや自己紹介の表現などと並行して、ひらがなすべてとカタカナいくつかを教えた今日の段階で、「漢字を教えたらやる気が減退するかな」とひやひやしながら、日・本・人の三つを教えて、聖徳太子の「日出づる処の天子…」の話や、本という漢字は木に横棒が一本入っていること、「人」という字は形からよく「人はお互いに支え合って…」と訓辞などで使われることなどを話したら、とても興味を持って、かえってうれしそうに喜んで練習してくれました。「にほんじん」が漢字で書けたのが本当にうれしそうで、よかった、よかった。

f0234936_9235475.jpg
La fioritura dei ciliegi - Tempio Daigo-ji, Kyoto  27/03/09


 先週の月曜日から、軍人さん用の外国語学校で、日本語を教えています。慌しいのですが、教えるのは楽しいし、毎日充実しています。

 この学校の生徒さんは陸軍の方のみです。階位は将校とは限りませんが、私たちが教えている方は将校クラスです。個人情報になるので、階位は申しませんが…… ひらがなやカタカナを覚えるのが辛いようで、休み時間に他言語を学ぶ同僚に向かって、「また叩きのめされた」とか「抹殺された」とかぼやいています。軍人同士の間ではこういう単語(イタリア語でdistruttoとかammazzato)に一般人が感じるほどの強い刺激がないのか、職業柄「疲れた」とか「参った」という代わりにこういう語彙を使うのかが興味深いところです。

 単に本人の個人的な口癖かもしれませんが…… いえ、大丈夫。決していじめているわけじゃないし(本人はそう捉えているかも??)、やる気もあって、なかなかいい人です。自分は特に難しい言語を学んでいて大変なんだということを、知ってもらいたいのでしょう。

f0234936_8594685.jpg
マッジョーレ島(Isola Maggiore)


 イタリアの他州から来た生徒さんに、先週、彼の宿泊先周辺の見所として、カステル・リゴーネとトラジメーノ湖のマッジョーレ島(上の写真、記事はこちら)をすすめたら、さっそく週末行って、「いやあ、美しいところで、本当に感動した。ぼくのウンブリアのガイド!」と、それは喜んでくれました。毎週末旅行情報がほしいそうです。

~以上、今日4月11日のわたしのツイートからでした。すみません。今日は疲れていて、ブログの記事を構成をしっかり考えて書くほど頭が働かないし、明日も朝早くから授業がありますので、今回はツイッターに書いた言葉を引用しました。~

 最初の写真は、2009年3月に、京都醍醐寺の桜を撮影したものです。醍醐寺のみごとな桜に興味のある方は、こちらの記事(リンクはこちら)をご覧ください。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-11 22:41 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(8)

日本を愛する心

 来週月曜日から、新しい職場で、日本語を教えることになりました。

f0234936_84751.jpg

 こちらが、その学校です。教会ではないか、と思われる方も多いでしょう。それもそのはず、もともとは教会、修道院であった施設が、その後、軍人病院になり、今はイタリア国外に勤務することが決まった軍人のための、外国語学校として使われているのです。このサンタ・ジュリアーナ(Santa Giuliana)、近所を通ったことは何度もあったのに、まさか中に軍人さん向けの語学学校があるとは、思いもしませんでした。

 お義母さんは、以前に軍人病院であった頃に、一般の人も通院することができたので、何度か足を運んだことがあるそうです。

f0234936_8473336.jpg

 最初の写真には写っていないのですが、建物は広大で、教会の左側に隣接しています。手前にベンチがあるのは、周囲が公園として、一般に開放されているからで、そのため、散歩に訪れている人も何人かいました。

 いつもペルージャ外国人大学でチームを組んで教えている先生方に誘っていただいて、4月4日から、3か月間、この学校で日本語を教えることになりました。と言っても、生徒は、すでに東京の大使館への勤務が決まった軍人の方1名です。月曜日から金曜日まで、毎日1日6~8時間、週に計34時間の、言わば日本語集中特訓講座です。さらに授業は1対1の個人授業で、3人の教師が、交代で教えることになります。

 というわけで、最近は、授業の打ち合わせや、必要な書類の提出のために出かけたり、授業計画を立てたり、授業の準備をしたりと、何かと慌しく過ごしています。

 高校で12年間国語を教えたあと、「わたしは勉強をするのが好きだから」と、まずは語学留学、そして、イタリアの大学での学習と、学ぶのに没頭できる月日を満喫しました。それが、外国人大学の先生に頼まれて、日本文学の授業の講演をしたり、イタリア語教育の授業中に、先生や他の学生の前で、発表をしたりする機会があったときに、自分は教えることが好きなのだということを、実感しました。聞く人が楽しめるように、よく分かるように、十分に準備をするのも、そうして、聴衆の顔を見ながら、手際よく、関心を引きつけながら説明していくのも…… 久しぶりに教壇に立ったとき、話を始めたとき、すぐに、「ああ、自分は今本当に生きているな。」という不思議な実感があったのです。

 日本と言うと、天皇、侍…と考えがちなイタリアの人にとって、平安文学の世界や俳句は意表をつく上、興味深いようでもあり、もともと古典の好きなわたしは、大学の日本文学の授業では、いつも奈良時代から江戸時代までの、古典作品を扱っています。

f0234936_8475614.jpg

 自分が本当に好きな仕事をして、お金を稼げるのは、ありがたいことだな、と思います。かつて公立高校の教員として働いていたときほどの安定した仕事や収入は、イタリアでは得られるはずもないと思いつつ、それでも、以前、高校生たちに、文学作品の魅力や言葉を学んでゆく楽しさを教えたように、日本語や日本文学の授業を通して、イタリアの、そして世界から来た学生たちに、少しでも、その魅力が伝わり、興味を抱き続けてもらえたらと思い、自分自身が楽しみながら、教えています。

 今回教える方については、特に震災のこともあって、日本に赴任する前から、日本や日本文化を愛してもらえるような授業ができたら、と思っています。こうした要の場で働く人が、一人でも日本を思ってくれれば、その気持ちは、水面に小石を投げ込んだときのように、少しずつより大きな輪になって広がっていくと思うからです。

 さて、明日(もう今日ですね)は、夫が山に散歩に行こうというので、遅くまで授業の準備をしたあと、もう寝ようかと思ったその前に、思いついて、こちらの記事を書きました。寝る前に書く文章は感情的になりやすいから、手紙は朝読み直してから送るように、と遠い昔にどこかで読んだ気もしますが、時間もないので、このまま投稿します。校正は明日山から帰ってから、日本時間ではもう皆さんが再び眠りにつかれたあとになりますので、もし何か不備がありましても、どうか大目に見てくださいませ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-04-02 01:55 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(14)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

悩んだ末にPostemobi..
at 2017-08-21 23:54
秋咲きシクラメンと山が分かつ..
at 2017-08-20 23:46
シビッリーニ山脈 ロトンド山..
at 2017-08-19 23:57
花の絵彩る中世の町 スペッロ..
at 2017-08-18 23:28
バルセロナ テロ死者13名、..
at 2017-08-17 23:59

記事ランキング

タグ

(581)
(510)
(313)
(270)
(208)
(186)
(161)
(155)
(144)
(131)
(130)
(117)
(111)
(93)
(88)
(86)
(85)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

なおこさん、今は、スマホ..
by ayayay0003 at 14:22
なおこさん おはようご..
by ムームー at 05:50
のりーなさん、ここまで高..
by milletti_naoko at 23:37
アリスさん、ここまで登る..
by milletti_naoko at 23:23
日本では シクラメンと言..
by nonkonogoro at 22:51

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク