イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

家庭のカフェ、伝統の味のゆくえ ~老舗工場、東欧へ移転か~

 留学や仕事で長くイタリアに滞在したことがある方なら、だれもが一度は目にし、手にしたこともあるはずの、伝統の直火式コーヒー沸かし器。

家庭のカフェ、伝統の味のゆくえ ~老舗工場、東欧へ移転か~_f0234936_15285557.jpg


 現在ではさまざまな企業が同様の商品を製造していますが、この商品の発明と製造によって、イタリアの家庭のコーヒーに一大革命をもたらした本家はBialetti(ビアレッティ)社です。上の写真に見える右腕を高々と掲げた紳士が、ビアレッティ社のコーヒー沸かし器の目印です。写真では見にくいかと思いますが、紳士の下に大文字で「BIALETTI」と書かれています。

 1933年にビアレッティ社の創立者、アルフォンソ・ビアレッティが発明。この発明以前に、イタリアの家庭でコーヒーを沸かすの使われていたのは、ナポリ式コーヒー沸かし器でした。

家庭のカフェ、伝統の味のゆくえ ~老舗工場、東欧へ移転か~_f0234936_622228.jpg


 上の写真が、このナポリ式コーヒー沸かし器です。もう何十年も使われないまま物置の片隅で眠っていたのを夫が最近探し出してきたものです。ナポリ式では、沸騰したお湯がコーヒーの粉の入ったフィルターを通過する形で、コーヒーを沸かしていました。

 アルフォンソ・ビアレッティの発明した新しいコーヒー沸かし器が画期的であったのは、沸騰する熱湯の蒸気の圧力を利用し、以前のドリップ式コーヒーとは異なるエスプレッソ、より濃縮された味わいの深いコーヒーを、家庭で手軽に沸かし、楽しめるようにしたことです。

家庭のカフェ、伝統の味のゆくえ ~老舗工場、東欧へ移転か~_f0234936_737291.jpg

家庭のカフェ、伝統の味のゆくえ ~老舗工場、東欧へ移転か~_f0234936_7374210.jpg


 イタリア語では、Moka Expressと言い、単にMokaと呼ばれることの多いこのコーヒー沸かし器は、発明以来、イタリアの家庭で愛用され続け、Mokaは家庭で使う直火式コーヒー沸かし器の代名詞にもなりました。電気式のエクスプレッソ・メーカーが普及し始めた現在でも、やはりどこの家庭にも一つはあって、一人で気軽に、あるいは小人数分手軽においしいエスプレッソを楽しむのに大活躍です。イタリアの映画やドラマでは、台所のシーンに欠かせない小道具としてさりげなく登場し、生活感を醸し出しています。日本ではまだ公開されていないと思うのですが、数年前にイタリアで上映されたコメディ映画、『La febbre』(Pieraccioni)では、確か映画の最初のシーンがコーヒーが沸き出している最中のモカを至近距離から拡大撮影したもので、以後カメラが次第に後ろに下がっていって、初めて観客に、それがコーヒー沸かし器だと分かるというおもしろい趣向を凝らしていたとも記憶しています。

家庭のカフェ、伝統の味のゆくえ ~老舗工場、東欧へ移転か~_f0234936_7205599.jpg


 夫の伯母が一度、Mokaの発売当初に、購入をめぐって家族会議を開き、購入が決定したとき、そして購入したばかりのMokaで、初めてコーヒーを入れて飲んだときの感動を語ってくれたこともあります。

 ところが、4月8日に、この今でも愛される伝統のコーヒー沸かし器の製造拠点が、イタリア国内から東欧へ、おそらくはルーマニアへと移転するであろうというニュースがありました。わたしは当日RAI3の昼のテレビニュースで知ったのですが、夫がこの日持ち帰った新聞紙、『Corriere della Sera』にも同様のニュースを伝える記事がありました。

 記事の見出しには「ビアレッティ社、イタリア工場の閉鎖。コーヒー沸かし器はルーマニアで製造か」とありますが、具体的に記事を読んでいくと、今後労働者たちとじっくり協議を行う予定であるとのことです。そして、「カプセルコーヒーの販売躍進などによる生産規模縮小と安い経費で製造できる国の業者の台頭のために企業経営が苦しい状態にある」ことや、「おそらくはMokaすべての製造をどこか東欧の国に移転する可能性がある」ことに触れています。デザインの開発や品質基準の決定は、イタリア国内で行われるとのことですが、テレビニュースを聞いていても「made in Italyの代表的商品の製造が海外で行われること」を危惧する様子が伝わってきました。

 たとえ、製造が国外に移っても、今までどおり品質をきちんと保証できる、おいしいコーヒーが家庭で味わえる品を製造し続けていってほしいものです。

家庭のカフェ、伝統の味のゆくえ ~老舗工場、東欧へ移転か~_f0234936_6405625.jpg


*追記(4月13日)
 関連記事「伝統のカフェVSジョージ・クルーニー」をメルマガ第42号に執筆しました。上記の新聞記事について、イタリア語の原文を一部紹介し、読解力や語彙力の強化を図っています。また、口ひげの紳士が主役のテレビコマーシャル(1959年)へのリンクも掲載しています。興味のある方はぜひお読みください。

 この直火式モカエキスプレスが、アマゾン日本でも売られていると知って、驚いています。(リンクはこちら

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2010-04-12 07:15 | Notizie & Curiosita