イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia 日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより

歯医者その3と脱税、差別

 本日を以って、ようやく4週間にわたるイタリアでの歯科通院が、ひとまず終了しました。週に1度、計4回の通院で、費用は合計140ユーロです。興味のある方は、まず、以下の記事をご覧ください。

・「歯医者でびっくり、日伊の違い」(リンクはこちら
・「イタリアの歯医者と保険その2」(リンクはこちら

 以前の記事でも書いたように、通院の原因となった虫歯は1本だったのですが、まず、その治療に2週間かかりました。

 先週の木曜日は、「今日で歯医者通いも終わり」と喜びながら、バスを乗り継いで歯医者にたどり着き、診療室に案内してくれた女性に、「ふつう歯石の除去にはどのくらいかかるんですか。」と尋ねました。なにせ前の週に、1本の虫歯の治療のために1時間口を開け続けなければいかなかったのが辛かったので、もし妙に時間がかかるのであれば、心の準備をするためです。

 「20分くらいですみますよ。」と聞いて、ひと安心。大きな時計が診療台のすぐ前にあるので、診療開始時に大きく口を開きながら、「あと20分の我慢。」としっかり自分に言い聞かせました。

 前回日本に帰ったときには、京都の妹を訪ねたり、夫と共に旅行したりで、歯医者には行きませんでした。というわけで、歯石除去も数年ぶりになります。さらに歯並びがひどく悪いので、女医さんが苦労しながら歯石を除去してくれるのですが、やはり時々痛みます。時計を眺めながら、「あと10分間経てば……」と治療の終わりを心待ちにしました。

 20分のはずが15分ほどで終わったので、すっかり喜んでいたら、「歯茎から血も出ていて、痛むでしょうから、歯石除去は2回に分けてしましょう。来週また来てください。」と言われてしまい、がっかりしました。まあ、あのまま歯石の除去が続いたらそれはそれで拷問が長引いたようで辛かったと思います。

 そして、今日。やはり時々痛みましたが、ようやく2度に分けての歯石除去が終わりました。歯石を取り除いたあとに、何か白い粉のようなものを噴射して、口の中を掃除していたのですが、その主成分は重曹(bicarbonato)だそうです。皿洗いや洗濯に重曹を使うと、きれいに仕上がるし、環境にも健康にも優しいということは知っていたのですが、口の中に入れられるくらいだから、やはり毒や害のないものなのだろうと改めて思いました。

 歯医者さんは、「今から重曹で歯を掃除しましょうね。」と言って作業にかかり、掃除が終わったあとで、「重曹で食器や衣類を洗えるのは知っていましたが、歯も洗えるんですか」と聞くと、「ああ、でも重曹だけではなくて、他にもいろいろ入っているんですよ。」と言っていました。

 さて、時が流れるのがひどく遅く感じられた歯石除去のあと、いよいよ代金を支払うときがやってきました。「領収書(ricevuta)はいりますか。」と聞かれましたが、ここで領収書つきとなしとで値段の差がないところが、少しは良心的かと思います。最初から領収書の有無で料金に差を設けて、患者に領収書なしの支払いを暗に強制し、収入と税金をごまかす医者も、少なくないようです。

 これについては、今日の昼、『Le Storie - Diario italiano』という番組でも、脱税がテーマになっていました。「別に人を殺したわけでも暴力をふるったわけでもないし」と脱税しながら平気でいる脱税者の映像を流したあとで、脱税者たち(evasori)にまったく罪の意識がないことに、司会者と知識人たちが憤慨し、「脱税者は詐欺師(truffatori)だ」と言っていましたが、まさにその通り。脱税の規模の大きさも、脱税者に対する処罰がフランスでは非常に厳しいのにイタリアでは甘いことも詳しく語っていて、興味深い内容でした。イタリア在住の方は、1週間以内であれば、RAIのホームページで、今日の放送分をご覧になれます。リンク先は以下のとおりです。

 Le Storie – Diario italiano, 2010-09-29
(録画された番組放送の前に、コマーシャルが30秒ほど入っています。)

 この放送の冒頭部では、昨晩イタリアのニュースで取り上げられていた、自国に働きに来るイタリア人をネズミとして描いたスイスの問題映像が流れています。スイスにせよイタリアにせよ、移民なしでは経済自体が成り立たないのに、移民を一括りに差別・侮蔑する傾向があり、自分たちが侮蔑されたことを通して、せめて、「移民や外国人に対する自分たちの態度が問題だった」と思うイタリアの政治家や市民が増えてくれればと思います。

 この件については、新聞やそのオンライン版にも取り上げられています。興味のある方は、たとえば次の記事をお読みください。

-la Repubblica MILANO.it
Campagna razzista in Canton Ticino. “I frontalieri italiani sono come ratti” (リンクはこちら

 大臣でもあり、与党で勢力もあるLega Nordの党首ボッシが、日頃から移民や南部の人を目の敵にしている上に、最近「ローマ市民は豚だ」(Sono porci questi romani)という爆弾発言をして、顰蹙と怒りを買っていたのですが、どうやらようやく謝罪をしたようです。ただし、その謝罪も、「冗談だったのだけれども、もし市民が気分を害していたら謝罪します。」ですから、あまり反省の色が見えません。(この件についてのオンライン記事へのリンクはこちら

 弱い立場にある人が幸せに暮らせて、初めて本当に幸せで平和な社会だとはいうのに、移民も身体の不自由な方も、同性愛の方や子供、老人も、イタリア社会では生きていく上で大きく問題を抱え、子供と老人を除いては、差別の対象になりがちかという気がします。まずは、だれもがお互いを大切に思い合い、相手の立場や気持ちを尊重することから始めなければいけないのですが、上に立つべき首相が「ジャーナリストは皆共産党員だ」(最もひどい侮蔑のつもり)とか「裁判官は精神的に病んでいる」とか言っているくらいですから、先が思いやられます。

 話がずいぶん逸れてしまいました。歯医者の話に戻ります

 領収書がほしいと言うと、なんと歯医者は、そこで初めて、診療カードを作らなければと言って、いわゆる問診表の質問をわたしに投げかけ始めました。「アレルギーがありますか、既往症はありますか……」

 法的に必要だからではなく、患者に適切な治療を選ぶために必要なのだから、治療前にするべきだろう、と思いながら、質問に答えました。

 虫歯の治療代80ユーロと歯石除去の60ユーロ。計140ユーロを、本日現金で一括払い。幸い円高で、ユーロで出て行くお金は同じなのですが、円に換算すると、一時期に比べて同じ金額に対する円での料金がかなり安いので、妙にありがたく思ったりします。

 これからは1年に1度、歯石の除去をして、ついでに虫歯のチェックもしてもらおう、毎日しっかり歯を磨いて虫歯がないようにしよう、というこの今の気持ちを、いつまでも忘れずにいたいものです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/14702534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆん at 2010-10-01 11:15 x
歯医者さん通い、お疲れさまでした。
とにかく無事に終わって良かったですね。

重曹ですが、日本ではだいぶ前から何にでも使えると話題でした。
私は入浴剤代わりに浴槽にたっぷり入れるのですが、お湯が柔らかくなる上、浴槽掃除も楽チンで一石二鳥です。
市販されてる入浴剤は、重曹が主成分だそうです。
また、重曹をペースト状にして歯磨き粉代わりにするというのも以前やったことがあります。
結局、本物の歯磨き粉に比べて勝るほどのものを感じなかったので早々に取りやめましたが(笑)
他にもびっくりするほど色んなことが出来ます。
興味をもたれたら、日本語で重曹を検索なされば色んなサイトが出てくると思います。

それにしても、領収書を欲すると、治療後なのに問診してくる医者というのも日本では考えられませんね。領収書の有無で金額が違うのはもっとひどいですが。
素直に問診を受けるなおこさん、すっかりイタリアに馴染んでる証拠でしょうね^^
Commented by milletti_naoko at 2010-10-01 16:13
お優しいコメントをありがとうございます。入浴剤代わりに使えて、しかも入浴剤の主成分が重曹だとは思いもかけませんでした。我が家には浴槽はあるのですが、ただでさえ浅い上に、入れすぎたお湯を排出する穴が日本人のわたしからすると低い位置にあるために、浴槽に沈み込まないと湯水につかることができません。そのため、ゆっくり入浴を楽しむことができず、結局ふだんはシャワーで済ませていますが、やはり特に寒くなってくると日本のお風呂が懐かしいです。重曹は、歯磨き代わりにも使えるんですね。ひょっとしたら口の中に入れるのは害があるのではと不安だったので、安心しました。

実は、重曹はイタリアでもかなり前からスーパーの片隅に置かれていて、我が家にもあり、時々掃除や洗濯には使っていました。洗剤を製造する会社が広告主でもあるためか、メディアで大々的に重曹を取り上げることはないものの、箱に効用がいろいろ書いてあり、重曹を使った効果的な洗濯や掃除の仕方を説明する小冊子もついています。
Commented by milletti_naoko at 2010-10-01 16:17
紙の箱入りの粉末であるため、湿気ですぐに固まってしまって使いにくいのが難点で、つい易きに流れて洗剤を使ってしまっていました。つい最近昔ながらの生活の知恵を書いた本を2冊買って、そこに重曹を使う利点が書いてあったので、やはり食器洗いも重曹の方がいいようだと改めて思い始めたところです。日本の高校で教えていた頃、水槽に少し洗剤が入っただけで魚が死んでしまうという実験映像(今考えるとひどく残酷ですね)を見たこともありますし……

問診表を診察後というのには、ひどくあきれました。治療中も何も言わずに麻酔をしたりしているので、何かあったらどうするんだという気がしました。ただ、治療の腕はこれまで聞いているほかの歯医者に比べるとましなようなので、これで満足することにします。最初に問診表の記入がなかった原因は、わたしが初診時にすでに個人情報が分かっている夫と共に行ったからのようで、普通はこの歯科医でも問診表は記入するようです。
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 19:03
ひゃ~やっぱり高いですね。私は、先日、保健所に行って作ってもらったチケットで、歯石除去の予約を年内に1回入れられるのですが、表示料金は30ユーロです(しかもがっちり領収書をもらいます)。ペルージャでも保険が効くと良いですね。
Commented by milletti_naoko at 2010-10-01 19:29
どうやらペルージャでも保険が利く歯科医もいるようですが、家族内(義弟)にひどい治療事例があったということで、我が家では、というより親族一同、それ以来、保険のきく歯科医や保健所での治療は避けているようです。歯石除去であれば、問題ない気もするのですが、やはり信頼できる医師に任せたいところもあって、実験台となる勇気がありませんでした。

ただし保険が利いても、トスカーナほど安くないかもしれません。ウンブリア州で保険を利用した一層利用しやすい料金体系を定めたのに、歯科医師会および歯科技工士会の反対に遭い、結局まだ実施に至っていないという記事がありました。やはりトスカーナは海あり芸術ありの有名な観光地で観光収入が多く、市民へのサービスも充実しているようです。
Commented by anti fiorentina at 2010-10-05 01:42 x
領収書のあるなしで料金が変わらないのは、
良心的なのではなく、領収書さえ出さなければ
逆に税込の料金を全てポケットに入れている訳なので
領収書無しならその分、割引するという方が
脱税とはいえ、お金を払う側からすれば
良心的だと言えますね。領収書を請求されたので
後から仕方なくカルテを作ったって事です。
G.Finanzaの検査が入った時、患者のカルテがないと
やばいですからね。
Commented by milletti_naoko at 2010-10-05 04:32
言われてみれば、おっしゃるとおりですね。歯科医に限らず、私立病院では料金体系が不明瞭で、実際同じような診察・治療代であっても値段が違うところが多いし、明確な基準がなくて、本当のところはどうなのかという医師や病院が多い気がします。
by milletti_naoko | 2010-09-30 23:40 | Sistemi & procedure | Trackback | Comments(7)