イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_031471.jpg
 テラスのフクシア(fucsia)が美しい花を咲かせ始めました。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0213232.jpg

 連日雨が降り、水がたっぷり補給された上、昨日から天気が持ち直して日も注ぎ、暖かくなったからかもしれません。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0262944.jpg

 華やかなピンク色の衣装に身をまとった妖精が、空から降りてきたかのような、美しい色と形をしています。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0233147.jpg

 お義母さんによると、夫の好きな花には移り変わりがあるということです。夫自身も、一時期フクシアに入れあげたときには、イタリアで手に入るほとんどの種を所有していたと言っています。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_028487.jpg

 フクシア、バラと対象が移り、今夫が最も大切にしているのはジャスミンの花たちです。好みがすぐに移り変わるのは幸い花だけで、他のことに関しては、物も友情も妻も、古いものをいつまでも長く大切にする人です。古いと言っても、わたしは40代に入った今も若いつもりでいますし、夫よりは7歳ほど年下です。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0283485.jpg

 下から見上げると、風鈴のようで、どこから見ても愛嬌があります。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0285924.jpg

 最近、わたしの気になっているのが、こちらの椿たちです。四つある鉢植えの椿のうち、すべてがつぼみをつけ始めて、少しずつ育っているのですが、特にこの椿のつぼみはとても大きくなってきています。

 夫は、「今から準備していても、咲くのは来年の春だよ。」と言うのですが、わたしはバラと同じで、椿も天候次第では二度咲きするのではないかと、ひそかに期待しています。つぼみの膨らみ具合が、ちょうど今年の春先と、よく似ているからです。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_031471.jpg

 というわけで、期待を込めながら、今年3月から4月にかけて、咲いていた我が家の椿(camelia)たちの様子をご披露します。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0323326.jpg

 落ちた椿の花を、水をはった器に載せて、食卓に飾るというおしゃれな演出は、夫が思いついたものです。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0325017.jpg

 ちなみに、器はイタリア製の和食器です。厚みのある陶器で少し重いのが難点ですが、雑貨店というよりは、食品以外は何でも売っているGrancasaという店で、和風の食器を見つけて、色合いや模様も気に入ったので、すぐに購入しました。お茶碗や湯のみのセットもあります。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0331441.jpg

 一つの木から、色も模様もとりどりの花が咲いていて美しいのが、こちらの椿です。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_034433.jpg

 白や赤、ピンクを基調とした一輪の花の中にも、少しずつ色合いの変化があったりします。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_034293.jpg

 こちらは3年前に購入した鉢です。鮮やかな白に差す紅の色が美しい椿です。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0345417.jpg

 椿の鉢植えは、すべてルッカ県で毎年3月に催される椿まつりで購入したものです。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0352172.jpg

 こちらが、椿まつりが開催された、トスカーナの小村、Sant’Andrea di Compitoです。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0354957.jpg

 こちらは、純和風の椿。今年の椿まつりの際に、わたしが日本を懐かしんで購入したものです。我が家は年中風が強いので、鉢が強風に倒れぬよう、対策を練りました。ペルージャでは土壌が石灰質、アルカリ性なので、酸性土を好む椿は、鉢で育てざるを得ません。

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ_f0234936_0361254.jpg

 水をやりに行くたび、つぼみが膨らんでいく椿に、期待が募る今日この頃です。(後半の写真は、すべて今年の春に撮影。6枚目の緑のつぼみだけが、本日写したものです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2010-10-07 17:38 | Fiori Piante Animali