イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ピザと満ちゆく月

 今夜の夕食には、夫のルイージがピザを焼いてくれました。

ピザと満ちゆく月_f0234936_7414893.jpg

 今回の具は、トマト、ゴルゴンゾーラ、玉ネギ、そして、クルミです。一方、ふだんは、トマト、モッツァレッラに、アンチョビとケッパー、あるいは玉ネギを加えます。

 クルミを載せようと提案したのは、わたしです。

ピザと満ちゆく月_f0234936_7422639.jpg

 ピザ屋、ポンペイのゴルゴンゾーラとクルミのピザがとてもおいしいし、最近、夫が友人の引越し作業を手伝ったときに、お礼にもらったクルミの実がたくさんあったからです。

 風邪を引いて、前日は熱もあったのに、雨の降る寒い土曜日に、「約束だから」と出かけて行く夫を、心配しながら見送ったのですが、幸い風邪をこじらせることもなく、おいしいクルミを好きなときに食べることができます。

 その友人の家にはクルミの木がたくさんあるのですが、20年ほど前にそのクルミの木を植える際にも、夫が手伝ったそうで、その若木が今は大きく育ち、毎年たくさんの実をならせているそうです。

ピザと満ちゆく月_f0234936_7435344.jpg

 ピザを焼くのでも、デザート作りでも、作業中の夫は真剣そのものです。わたしは、待ちながらテーブルを準備し、クルミを割りました。実が黒く、食べられないものも半分ほどあるのですが、夫から、手に持って重たい実を選ぶといいと教えてもらいました。言われてみると、確かに、食べられないクルミの実は、とても軽いのです。

ピザと満ちゆく月_f0234936_7441687.jpg

 さて、薪をくべるかまどのない我が家で、おいしいピザを焼くのに大活躍してくれるのが、こちらのG3Ferrari社のピザ焼き器、Pizza Expressです。

ピザと満ちゆく月_f0234936_745884.jpg

 使ったばかりで汚れていますが、中はこんなふうになっています。オーブンのように火力を拡散させることなく、強い熱で、あっという間においしく焼けるので便利です。数年前に、安売りを機会に買ってすぐに、次のモデルが出たので、夫はとても残念がっていました。

ピザと満ちゆく月_f0234936_745273.jpg

 ピザが焼きあがりました。端がめくれているのは、今回は夫が、珍しくも生地を伸ばしすぎて、ピザ焼き器の中に入らなかった部分を、中に折り込んだからです。

 今回は、生地を作るのに使った小麦粉が、半分が薄力粉(farina 00)、半分が全粒粉(farina integrale)。

ピザと満ちゆく月_f0234936_7455587.jpg

 まずは焼きあがった1枚のピザを半分ずついただき、その間に、次のピザを焼きます。

ピザと満ちゆく月_f0234936_7461789.jpg

 焼きたてのピザは、夫の手作りでもあり、とてもおいしかったです。こんなにくつろいだ写真を載せていいのだろうかと思いつつ、雰囲気をお伝えするべく添えておきます。

 いつか夫がわたしに、こう言ったことがあります。

 「君って、満ちてゆく月みたいだね。」

 あら、珍しく甘い言葉かしら、と思ったら、すぐに続けて、

 「君の顔、だんだん丸くなる一方だもんね。」

 甘いものやピザなど、おいしいものをつい食べ過ぎて、丸くなる一方のわたしなのでありました。友人たちと外食するときなど、夕食が夜遅くなるので、太りやすいから…などと言い訳するのをやめて、甘いものを控え、食事は腹八分にして、運動を始めなければ、と思ってはいるのですが……

 この場を借りて、ダイエットの同志を募集します! 

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2010-11-09 23:55 | Gastronomia