イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

最後の一滴、一粒まで

 「これはおいしい!」という料理を食べたあと、パスタならトマト・ソースが、肉料理なら肉汁が、お皿に少し残ったとします。「ああ、おいしいのに、もったいない。」

 こんなとき、どうしますか。

 小さい子供なら、お皿をなめてしまうかもしれない。大人でも、自分だけで誰もいないとなったら、一なめしてしまうかも。

 イタリアの場合、こういうとき、scarpetta(読みは「スカルペッタ」)をします。レストランや改まった場で食べるときは、マナー違反ですので、要注意。自分だけ、家族だけ、あるいは、ごく親しい友人同士での食事の場合に使える便利な技です。

最後の一滴、一粒まで_f0234936_740535.jpg

 その手順は、
1.パンを一切れちぎる。
2.パン切れを指の間にはさみ、あるいはフォークにさして、このパン切れを、ソースや肉汁の残ったところに載せ、前後左右に動かして、お皿をきれいにする。
3.パン切れを口に入れて食べる。

 おいしいソースや肉汁を余すことなく味わうことができるし、お皿もきれいになって、一石二鳥です。家族で食べるときには、残った汁がおいしい、おいしくないに関わらず、お皿をきれいにするために、この技を使ったりもします。

 こうやって、「パン切れを使って、食べ終わったあとの皿の汚れを取り除き、きれいにする」動作を、イタリア語で、fare la scarpettaと言います。scarpettaは「靴」を意味する名詞、scarpaに縮小辞-ettaがついたもので、「小さい靴」を意味します。指やフォークで皿の上に押さえつけたパン切れが、小さい靴のように見えるから、fare la scarpettaという説もありますが、この言葉のいわれには他の説もあるようです。

 家族や友人を見る限り、scarpettaをする動機は、「おいしいから」と「お皿をきれいに」の両方のようです。

 ただ、うちの夫の場合は、サラダを食べたあとに、深皿に残ったオリーブオイルと酢と塩の混ざったものでさえ、「オリーブオイルがもったいないから。」と、パンできれいにぬぐいとるのです。お皿をきれいにしてくれるのは、洗う側としてはありがたいのですが、何もそこまでしなくても、となんとなく思っていました。

最後の一滴、一粒まで_f0234936_7412966.jpg
今日はお義父さんも、ハシゴの上でオリーブを収穫

 その夫の気持ち、「オリーブオイルを、最後の一滴まで大切にしよう」という気持ちが、ようやく分かったのは、最近になって、オリーブを収穫していく作業が、どんなに大変かが身にしみて分かったからです。

最後の一滴、一粒まで_f0234936_742219.jpg
今日夫が収穫したのは、鶏小屋周辺のオリーブ。広げた網に、上から実を落としています。


 オリーブの木の下に網を広げ、木にハシゴをかけて登り、網の上にオリーブを落としてゆく。収穫がすむと、網の上の実を集め、枝葉をより分けながら、箱に移し、数十kgの重い箱をまずはガレージ、そして搾油場に運び、長い列に並んで、辛抱強く順番を待ち、……本当に息の長い、根気も力もいる作業のあとで、ようやく手に入る貴重なオリーブオイルなのです。

 「粒粒辛苦」という言葉がありますが、お米の一粒一粒のかげに、農作業の苦労があるように、オリーブもまた、一粒一粒が大変な作業の末に、収穫されていくものなのです。

最後の一滴、一粒まで_f0234936_7423214.jpg

 特に、今日の午後は、オリーブの木の下で、地面に落ちた実はないかと一つひとつ拾っていくお義母さんを見て、この「一粒のオリーブを大切にする姿勢」を、つくづくと感じました。「落穂拾い」ならぬ「落ち実拾い」が、農作物への愛や慈しみに近い気持ちから、行われているように感じました。

最後の一滴、一粒まで_f0234936_7431474.jpg

 わたしも午後5時頃、日が暮れて薄暗くなりかける頃まで、カゴを抱えて、オリーブを摘みました。この木は、ひどい急傾斜に生えています。目の前に鈴なりの実があるのに、危ないので手を伸ばせないのが、もどかしかったです。

 イタリアでは、サラダには、自分で適量のオリーブオイル・塩・酢を入れて、味つけをするのですが、サラダを食べたあとに、オリーブオイルが残ると、夫が「こんなに残ってもったいない」とよく口にします。オリーブの一粒一粒、オリーブオイルの一滴が、どれだけの苦労の上にできたものかが、身にしみて分かったので、これからは気をつけて、入れすぎぬように気をつけたいと思います。とは言え、夫にしても、お義母さんにしても、サラダのオリーブオイルはたっぷり入れるのが好きなので、「足りるように、しかも多すぎぬように」という加減を、まだまだ学んでいかなければいけません。

最後の一滴、一粒まで_f0234936_7433714.jpg

 薄暗い中、カゴを抱えて戻って来たわたしを見て、エサかと思った猫たちが、一斉に駆け寄ってきたのでありました。

最後の一滴、一粒まで_f0234936_7435882.jpg

 一方、こちらは、わたしがオリーブを摘もうと庭に出たときに、駆け寄ってきた子猫たちの写真です。あんまりかわいいので、この写真も記事に添えておきますね。 

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2010-11-19 23:47 | Famiglia