イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

女性の日を祝って

 昨日、3月8日は、女性の日(Festa della donna)。女性の政治的・社会的平等への道を振り返り、男性が日頃の女性の働きに感謝する日で、イタリアでは、女性にミモザの花を贈ります。

女性の日を祝って_f0234936_2058953.jpg

 お義父さんが、我が家の木に咲くミモザ(mimosa)で、花束を作って、贈ってくださいました。

女性の日を祝って_f0234936_20593429.jpg

 外は寒いのですが、日差しは暖かく、椿の花もいっそう美しく咲いていました。

女性の日を祝って_f0234936_210711.jpg

 和風の椿も、昨日になってようやく、最初の花が開き始めました。花たちも、こうして女性の日を祝ってくれているようです。

女性の日を祝って_f0234936_2104945.jpg

 ミモザの花も、日の光を浴びて、金色に輝いています。

女性の日を祝って_f0234936_2111124.jpg

 女性の日を祝って、ミモザ・サラダを作りました。ゆで卵をフォークでつぶして、塩・コショウ、それからニンニクをすりおろして少々加え、最後に、みじん切りにしたルーコラとオリーブオイルをふりかけて、混ぜ合わせました。

 ミモザの葉に見立てて、周囲をルーコラで飾ります。友人から畑で採れたルーコラをたくさんもらって、ルーコラ尽くしの日が続いたのですが、ようやく使い切ることができました。

女性の日を祝って_f0234936_2122320.jpg

 ミモザ風に飾った下には、ケッパーと共にゆでたジャガイモの層が、隠れています。夫はパンと一緒に食べたのですが、わたしはごはんの上に、ミモザとジャガイモをよそって、ミモザどんぶりにして、食べました。

女性の日を祝って_f0234936_2125454.jpg

 花のつぼみであるケッパーを使ったのは、こうすることで、おかずを花のようにお皿に盛るだけでなく、本当の花を食することもできると考えたからです。

女性の日を祝って_f0234936_2131379.jpg

 午後は夫と、テッツィオ山のミジャーナ(Migiana di Monte Tezio)へ行きました。右手に見える横に長い山は、アッシジを中腹に抱く山、スバージオ山(Monte Subasio)。頂上付近にわずかながら雪を頂くスバージオ山の左手には、白い雪に覆われたアッペンニーニ山脈の高峰が、見えています。

女性の日を祝って_f0234936_2135243.jpg

 こちらが、夫がこの数週間、鉄ブラシを使って、幹をきれいにし、精力を取り戻させようとしていたオリーブの木々です。空が澄み渡っているので、白い雪を頂いた遠くの山々が、よく見えました。

女性の日を祝って_f0234936_214940.jpg

 改修中の城のそばを通って、テッツィオ山(Monte Tezio)を、しばらく登って行きました。

女性の日を祝って_f0234936_2142927.jpg

 冬を越した野バラの赤い実は、やがて地面に落ちて、その実のいくつかから、新しい木が育つことでしょう。

女性の日を祝って_f0234936_2144888.jpg

 まだ枯れた風情が色濃いものの、ところどころに、春の兆しが見えていました。

女性の日を祝って_f0234936_215636.jpg

 散歩を終えて、ミジャーナのオリーブ園に戻ると、スミレ(violetta)が、そこかしこで、かれんな花を咲かせていました。

女性の日を祝って_f0234936_2153795.jpg

 手前の地面は、自生のシクラメンの葉で、びっしりと覆われています。春には、美しいピンク色の花を咲かせてくれることでしょう。ここは土が盛り上がっている上に、岩がちなので、シクラメンたちはゆっくりと花を咲かせることができるのですが、シクラメンの葉は、オリーブの木々に近い平らな地面にも生えていて、夫は、トラクターを使って草を刈るときに、どうすればシクラメンの花を救うことができるか、それとも、草と一緒に刈らなければいけないかと、頭を悩ませていました。

女性の日を祝って_f0234936_2155631.jpg

 シクラメンの葉の間に立ち、黄色い花に飾られている木は、セイヨウサンシュ(corniolo)。小さいつぼみたちが、くす玉から飛び出して、星のような花を咲かせていました。

 女性の日やその前後には、毎年イタリア各地で、さまざまな催しが行われますが、まだ真の男女同権までの道のりは遠いというのが現状です。そこで、今年の女性の日にあたっては、日本のフェミニズム運動の先駆者、平塚らいちょうの文章を、イタリア語に訳して、日本語の原文も添え、女性たちに贈りました。今からちょうど100年前、1911年に書かれた文でありながら、今も変わらぬ新鮮さ、力強さと共に、わたしたちの心に訴えかけてきます。

女性の日を祝って_f0234936_2164136.jpg

 3月8日に見つけた花の写真と共に贈った、この記事へのリンクは、こちらです。

 近所の映画館、Giometti Cinemaでは、「3月中は、女性の月として、女性の入場料は、毎日3.9ユーロ」。これを機に、いい映画をたくさん見られたらと思っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2011-03-09 13:08 | Feste & eventi