イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

イタリアで英語学習

 今回は、『SpeakUp』という雑誌を、ご紹介します。『SpeakUp』は、イタリアで発行されている、英語学習者向けの月刊誌です。

イタリアで英語学習_f0234936_042213.jpg

 ちょうど日本で発売されている『English Journal』に似て、毎月1冊出るこの雑誌には、インタビューやニュースなど、多彩な英語の音声が、合計1時間ほど吹き込まれたCDがついています。

イタリアで英語学習_f0234936_055981.jpg

 上に見えるのは、雑誌付属の音声入りCDが入った紙のケースです。右の写真は、このケースの裏面で、収録された音声教材の内容や分数が、順に記されています。

 雑誌の表紙には、購買意欲を高めるためか、映画俳優が多いのですが、収録されている英語は、俳優のインタビューだけではなく、スポーツ選手、作家、歌手、政治家など、さまざまな分野で活躍する人の言葉や、英米の興味深い場所やできごとを語ったニュースや出来事など、多岐にわたっています。毎月最初の五つほどは、語彙が優しい素材をゆっくり読み上げたものが収録されていて、雑誌本体には、収録された英語の全文が書かれ、それぞれの素材の難度がA1、C1などと記され、イタリア語訳はありませんが、鍵となる言葉をイタリア語で説明した語彙の解説がついています。『English Journal』と違って、雑誌の構成が音声教材中心で、それ以外の内容はほとんどなく、また対訳もありません。ただ、イタリアでは、映画館でもテレビでも、映画が吹き替えで放映されることがほとんどなので、英語を耳にする機会が少ないため、しっかりした英語を繰り返し聞いて、耳を慣らそう、英語のブラッシュアップをしようとするには、とても便利な教材だと思います。『SpeakUp』(ホームページはこちら)は、CDつきで1冊5.9ユーロなのですが、わたしは昨年の春から1年間、年間購読をしていました。送料込みで、年間46ユーロ(40%割引)ととてもお得だったからです。(年間購読申し込みページはこちら
*追記: 2021年4月現在は、1冊が年間購読料が40%引き、49.5ユーロとなっています。興味のある方は年間購読料を、年間購読申し込みページでご確認ください。

イタリアで英語学習_f0234936_061916.jpg

 イタリアに長く暮らしているうちに、鈍ってきた英語の力をたたき直そうと、昨年の初めに、はるばるイタリアから、日本の『ENGLISH JOURNAL』の年間購読を申し込んだあとになって、この雑誌の存在を知りました。学習情報は『English Journal』の方が圧倒的に多いし、音声CDに収録された英語については、語彙の説明だけではなく、日本語の対訳もありますが、日本から取り寄せるとなると、送料と関税のために、料金が非常に高くなります。

 どちらの教材にしても、繰り返し聞くことを前提として作られているからか、人生を生きる上で、示唆に富むような人物のインタビューや興味深い話がたくさんあります。『SpeakUp』のCDに含まれた、ジョージ・クルーニーのインタビューでも、話題は俳優としての仕事や私生活ではなく、彼および他の著名人の社会奉仕活動が、中心になっています。また、『SpeakUp』には、毎月、英国人男性とイタリア人女性のカップルの間の文化的衝突を、英国人男性の視点から描いたエピソードが、挿入されています。それぞれの国、男女における行動・心理の違いが、誇張して描かれていて、そのために起こるハプニングがそれは楽しくて、毎月楽しみながら聞いています。

 最初のうちは、単に家事をしながら聞くだけではなく、教材に目を通したりもしていたのですが、最近はすっかり怠けて、アイロンがけをしたり、料理をしたりしながら、耳にするだけになってしまいました。聞くだけで内容が大体分かるというのも、学習のつめが甘くなる理由です。ただ、1年間同じ時期に、日本とイタリアの英語学習雑誌を共に講読し、それぞれのCDを代わる代わる聞いてみると、『English Journal』では日本に、『SpeakUp』ではイタリアに関わりのある人物や出来事、あるいは、それぞれの国で関心を呼んでいる人物や話題を、中心に取り上げているということが、当たり前ではありますが、よく分かりました。実際、『English Journal』のCDを聞いていると、よくJapanと日本が登場するので、夫が「なぜこんなに日本のことが話題に上るんだ」と、聞き取れる内容が少ないためもあって、いぶかっていました。

 今ちょうど、両誌の1年間の購読期間が過ぎたところなのですが、実はまだ封を開けていない雑誌・CDさえあります。もう1年は繰り返し、同じCDを聞きながら、雑誌の方にもたまには目を通して勉強できたらと思っています。

参照リンク
- SpeakUp - HOME
- SpeakUp イタリア国内での年間予約購読申し込みページ

関連記事へのリンク
- 英伊仏ヒアリングマラソンと注意点

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2011-04-01 00:00 | Notizie & Curiosita