イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

授業の打ち上げ

 軍語学学校で4月から始まった3か月の日本語特訓講座、いえ基礎日本語講座も、他の希少言語の基礎講座と共に、試験と試験結果の発表を待って、7月1日に終了。

授業の打ち上げ_f0234936_22433245.jpg

 7月1日は、日本語とヘブライ語クラスの皆と共に、我が家で授業の打ち上げをしました。

授業の打ち上げ_f0234936_22445495.jpg

 写真手前に見えるアラビア風パンは、ヘブライ語の先生の手作り。焼き立てでおいしかったです。アラビア風パンというのは、この先生はイスラエル人ですが、バイリンガルで、母語はアラビア語、そして、イスラム教徒だからです。アラビア風パンは、左手に見えるヒヨコマメのクリームに、オリーブと酢漬けのキュウリを添えたお皿の具を、間に挟んでいただきました。巻き寿司と押し寿司は、わたしが作ったものです。

授業の打ち上げ_f0234936_22451887.jpg

 セコンドには、まずは、りえさん手料理の南蛮漬け。しょうがの風味がきいていて、けれどもさっぱりしていて、とてもおいしかったです。わたしも、ミンモさんの好物と知っていた焼き鳥を、作ってみました。

授業の打ち上げ_f0234936_22455425.jpg

 ワインやリキュールは、ミンモさんとヘブライ語の生徒さん、そして、たけしさんが考えてくれました。テーブルに写っているワインは、ミンモさんのお里、サバウディアの白ワイン。水の後ろに見える器には、りえさんの南蛮漬けがあります。左手のサラダボウルの中には、我が家の野菜畑で採れたてのサニーレタスとプチトマト(正確には、雨が降りそうだったので、午後2時頃に収穫したのですが)。

 生徒さんたちは、わたしたち教師陣にと、贈り物を用意してくださっていて、上の写真では、ミンモさんが、贈呈の辞を述べているところです。ナポリの特産品とかわいい小瓶に入ったオリーブオイルとバルサミコ酢のセットを、それぞれいただきました。思いがけなくて、とてもうれしかったです。

授業の打ち上げ_f0234936_2247038.jpg

 デザートはまず、りえさん手作りのおいしい抹茶風味のティラミス。ヘブライ語の生徒さんのおばさんの焼いたビスケットも、パンテッレリーア島のパッシートに浸して、おいしくいただきました。ルイージの作ったパンナコッタも好評でした。ブルーベリーなど、三つの果物からそれぞれパンナコッタに合わせるソースも、時間をかけてじっくり準備していました。

 すてきな先生方や生徒さんと、充実した3か月の講座を締めくくるすてきな夕食会になりました。最初の乾杯のときに、夫が言った、「世界から来た人々と、世界に向けて旅立つ人々に乾杯」という言葉も、我が夫ながらいいことを言うなあと思いました。

 みんな、本当にありがとう。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2011-07-29 15:47 | Gastronomia