イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

壁画が語る暮らしと信仰

 7月23日土曜日、山頂の湖を散歩し、地元特産のチーズを購入したあと、わたしたちはパランフレ(Palanfré)の村を後にしました。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1283592.jpg

 パランフレの教会には、キリストの使徒の一人である聖ヤコブ(イタリア語では、San Giacomo)の絵が、教会正面に聖母子と共に描かれ、内部にも聖ヤコブの像がありました。聖ヤコブは、スペイン語でサンティアーゴ。スペインのサンティアーゴ・デ・コンポステーラへの巡礼は、本来、この聖人の遺骸が見つかった地を聖地として、訪ねるものです。聖ヤコブ、そして、サンティアーゴ巡礼いずれもの象徴であるホタテ貝が、左に描かれた聖ヤコブが手に持つ杖に、飾られています。

 カトリック教会では、7月25日が聖ヤコブを記念する祝祭日とされています。聖ヤコブを崇める教会を持つパランフレでは、7月23日の晩から25日にかけて、聖ヤコブの記念日を祝う村祭りがありました。村の掲示板には、晩に肉を焼いて食べたり、ダンスをしたり、と祭りのプログラムが書かれていたのですが、何だか静かな村がにぎやかになりそうで、わたしたちは、その祭りが始まる一足先に、村を出ました。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1292912.jpg

 そうして、しばらくドライブしたあと、訪ねたのが、このヴェルナンテ(Vernante)の町です。ピエモンテ州のマリッティメ・アルプスの教会には、正面を壁画で装飾したものが多いのに驚いたのですが、ヴェルナンテの町も、同様でした。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1301382.jpg

 マリッティメ・アルプスの町や村には、教会だけではなく、家の壁にも美しい絵が描かれていることがありました。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1303451.jpg

 ヴェルナンテ(Vernante)は、町中が、ピノッキオ(Pinocchio)の物語を描いた壁画(murales)で飾られています。それは、ピノッキオの重要な挿絵画家の一人であるアッティーリオ・ムッシーノ(Attilio Mussino)が、かつてこの町で暮らしたことがあるからです。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1311981.jpg

 わたしたちも、クジラに飲み込まれるピノッキオの絵や、遊びほうけてロバになるピノッキオの絵を見て、楽しみながら、町を歩きました。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1313559.jpg

 その晩、わたしたちが宿泊したアンドンノ(Andonno)の村では、家々の壁に、昔の職人たちの仕事ぶりが描かれていて、教会の正面にも、やはり壁画がありました。夕食後の散歩中に撮影したので、暗かったため、絵が見づらくなっています。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_132351.jpg

 宿泊先のアグリトゥリズモでは、ラヴェンダー(lavanda)も栽培していました。夕食はおいしかったし、部屋は広かったのですが、建物とわたしたちの部屋が、交通量の多い道路に面していた上、夕食時に、宿泊客であるわたしたちが、食事のみの客に比べて、女主人にひどく冷遇されている気がして、二度と戻りたくないと思いました。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1324287.jpg

 7月24日日曜日の朝は、せっかくすばらしい旅行をしたマリッティメ・アルプスを、この宿を最後に後にするのは、後味が悪いからということで、少し遠回りをして、サンタンナ・ディ・ヴァルディエーリ(Sant’Anna di Valdieri)に行きました。この村で、4日間居心地よく過ごしたホテル兼バールで、カップッチーノを飲み、宿を経営する人のいい若者と、おしゃべりを楽しみました。

 古来、ライ麦(segale)の生産がさかんで、ライ麦生活・環境博物館(Ecomuseo della Segale)のあるサンタンナの村では、家々の壁に、ライ麦の農耕に勤しむ人々の様子や、ライ麦を使った食品などが、描かれています。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1354737.jpg

 この店の壁には、村人がライ麦を脱穀する様子が描かれています。ライ麦博物館のほぼ正面にあるこちらの食料品店では、マリッティメ・アルプスみやげや地域の特産品が売られています。みやげの種類は豊富で、菓子類や酒類の他に、絵はがきやアルプスに棲息する動物たちの木彫り作品などもありました。わたしたちは、ラヴェンダー入りクッキーやリキュールのgenepì、genepì入りチョコレート、木彫りの動物などを、購入しました。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1352425.jpg

 こちらの壁には、ライ麦のパンを、釜で焼く様子が描かれています。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1361278.jpg

 サンタンナの教会も、やはり壁画で装飾されています。

壁画が語る暮らしと信仰_f0234936_1363361.jpg

 この日、サンタンナに着いてすぐ、夫は双眼鏡で、向かいの山にあるカモシカの道を眺めました。狩人がカモシカをおびき寄せるために、塩をまき、カモシカがよく通るので、この名があり、7月19日には、夫が道もない岩山をするする登って、この道を訪ねたのですが、この日の朝は、ちょうどカモシカ(camoscio)が2匹いるのが見つかりました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2011-09-25 18:36 | Piemonte