イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

甘い誘惑

 ロンドン旅行中は、代表的なイギリス料理、フィッシュ・アンド・チップス(fish and chips)を始め、

甘い誘惑_f0234936_18445278.jpg

こってりしたものや、ボリュームの多いものを食べる機会が多かったので、毎日長時間歩きはしたものの、それでも体重が増えてしまいました。

 イタリアに帰ってきてから、「ダイエットをしなければ」と思い、玄米ごはんと野菜中心のおかずを食べるように心がけました。(ちなみに、夫はこういうとき、おかずをトーストしたパンと共に食べます。)それが、映画を見に行って、料金を安く上げるためにカードを作ったら、ポップコーンが無料でついてきて、だれも食べるのに協力してくれないし、おいしいので、おなかもすいていないのに、一人ですべて平らげてしまいました。友人たちと共にピザ屋に出かけては、ピザを食べた上に、皆がデザートを頼むので、どうせ割り勘だしと、わたしもティラミスを頼んだりして、これでは、翌日の体重が増えるのは目に見えているものの、年末年始には、こういう機会がたくさんあります。

甘い誘惑_f0234936_18451825.jpg

 夫がいるときは昼食にパスタを料理することが多いのですが、一人で食べるときは、朝も昼も軽くすませるようにしていたら、午後はおなかがすいて、おとといは、「そう言えば、ローマに行ったときに買ったおもちがあったっけ。」と、切り餅を焼いて、

甘い誘惑_f0234936_18453597.jpg

しょうゆをつけ、海苔をまいて、食べました。もう長いこと、おもち自体を食べたことがないので、おいしい上に、味が懐かしくて、とてもうれしかったです。

 焼くとおもちがこんなふうに、ぷうっとふくらむというのも、知らないというか覚えがなくて、ああ、だから「やきもちをやく」と言うのかしらと、思ったりもしました。後で調べると、そういう語源説もあるようです。値段を見ると、400gの切り餅が10.5ユーロですから、1kgあたりの値段は26.25ユーロで、生ハム並みです。大事に取っておいて、今度は年明けにお雑煮にして食べたいと思います。夫の印象は「ゴムみたい」(E’ gommoso.)だったので、あんまり好きではないかもしれないのですが……

甘い誘惑_f0234936_18462974.jpg

 クリスマスも近いからと、来客用にとチョコレート菓子を買うのですが、このチョコレートに、ついつい手が伸びてしまっていけません。チョコレート、大好きなんです。義弟がぺルジーナのチョコレート工場に勤めているというのに、わたしが秘かに好んでいるのは、リンツ社のリンドールのミルクチョコレートです。ブラックチョコレートとヘーゼルナッツでできたバーチ(baci)の方が、健康にはいいであろうと、思いはするのですが…… ちなみに、バーチ・チョコレートを作ろうと思いついたのは、ペルージャの女性企業家、故ルイーザ・スパニョーリ(Luisa Spagnoli、1877‐1935)で、この誕生秘話がとてもおもしろいので、興味のある方は、ぜひ関連記事をお読みください。(下記リンク参照)

甘い誘惑_f0234936_18465382.jpg

 閑話休題、昨夜は、チョコレート菓子に手を伸ばす代わりにと、チョコレート風味のケーキを焼くことにしました。と言っても、ウンブリア州の伝統的なリングケーキ、トルコロ(torcolo)に、粉末カカオを加え、レシピに若干の変更を加えただけです。(トルコロのレシピは、下記リンク参照)

 卵に砂糖を加えて、よく混ぜたあと、薄力粉と粉末カカオを加えて、さらに混ぜ合わせ、トルコロと違って、レモンの果汁と皮は使わず、代わりに牛乳を、ふだんより多めに加えました。そして、オリーブオイルを加えて混ぜたあと、最後に、ベーキングパウダーをふるいかけて混ぜ合わせ、型に入れ、オーブンで焼いて、できあがり。

 材料の分量は以下のとおりです。

卵        3個
砂糖       ヨーグルト容器(1杯125g)2杯分強
薄力粉      ヨーグルト容器4杯分(イタリアの小麦粉の場合は、farina00)
粉末カカオ     50g
オリーブオイル   ヨーグルト容器半分弱
牛乳       ヨーグルト容器半分強
型用無塩バター・薄力粉  ともに適量
ベーキングパウダー    1袋
*こちらで使用するものは16g入り、バニラ風味つきです。

甘い誘惑_f0234936_18474553.jpg

 チョコレート風味のリングケーキが、なかなかおいしくできて、うれしかったです。こうやって、トルコロのレシピに、カカオやジャムを加えたものを、夫とわたしは、たとえば「チョコレート風味のトルコロ」などと呼ぶのですが、お義母さんからは、「トルコロと呼べるのは、本来の伝統的な材料だけを使って作ったときだけよ。」と聞いています。

甘い誘惑_f0234936_18484010.jpg

 イタリアで販売されている粉末カカオにはいろいろあるのですが、今回使ったのは、こちらの砂糖が添加されていないもの(cacao amaro in polvere)です。そのため、今回は、砂糖を、若干多めに加えました。砂糖入りの粉末カカオ(cacao zuccherato in polvere)を使う場合には、砂糖を特に多めに加える必要はないと思います。

甘い誘惑_f0234936_1849427.jpg

 以前には、カカオと共に、こちらのチョコチップを加えて焼いたこともあるのですが、スポンジ全体がチョコレートの味をしているため、せっかくのチョコチップの味が感じられなかったので、今回は入れませんでした。

 今朝のわたしの朝食は、このケーキと緑茶でした。シリアルで朝食をすませて間食をするよりは、朝食をしっかり食べて(イタリアでは甘い朝食を取る人がほとんどです。下記リンク参照)、間食は避けようという作戦なのですが、さて結果はいかなることやら。

関連記事へのリンク
- ローマでそば発見!(切り餅を買ったローマの店と、この店で購入した日本食材について)
- バーチとアンゴラの意外な関係(バーチの誕生秘話)
- トルコロは母の味(トルコロの詳しいレシピ)
- イタリア語学習メルマガ第7号「イタリア式朝食、ラウラ・パウジーニの歌 『Fidati di me 』」
↑ イタリア式の朝食につて、イタリア語のオンライン記事を使って説明)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

by milletti_naoko | 2011-12-15 10:55 | Gastronomia