イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

赤い彗星と地球規模化

 今日は夫が、午後2時に仕事を終えて帰ってくるからと、オーブンもグリルも鍋も動員して、昼食を用意していた午後1時45分頃のこと。

赤い彗星と地球規模化_f0234936_21219.jpg

 呼び鈴が鳴って、配達屋さんが、オンラインで注文したCDを届けてくれました。それが、こちらのフランスのシャンソン歌手、シャルル・アズナヴール(Charles Aznavour)のヒット曲集、『Ses Plus Grands Succes』です。

赤い彗星と地球規模化_f0234936_23788.jpg

 最近、フランス語を勉強し始める前に、まずは耳を慣らそうと、家事をしながら、繰り返しこちらのCDを聞いていたら、夫が閉口して、「また~」と言い始めました。夫が帰宅したら消すようにはしているのですが、そう言われてもっともだと思い、フランス語のいい歌のCDを数枚買って、代わるがわる聞いてみようと思い立ちました。ポルトガル語やギリシャ語と違って、フランス語は重要言語の一つであり、イタリアからはお隣りだし、しばしば訪ねてみたいので、参考書も、すでに数冊買い込んでいます。さらに、フランスの歌のCDも購入し、歌を楽しみながら、フランス語のリズムや言葉に親むことにしました。

 そうこうして買いたいCDを探しているうちに、こちらのシャルル・アズナヴールという歌手の存在を知り、びっくりしました。名前が、『機動戦士ガンダム』のあの赤い彗星、シャア・アズナブル大佐にそっくりだからです。調べてみて、シャアの名前が、この歌手に由来していることを確認しました。富野由悠季氏が、当時歌手、シャルル・アズナヴールのファンだったからとのことです。わたしは、中学から高校にかけて、ガンダムに夢中で、中学生の頃は、赤いボールペンを振り回しては、友人たちと、「赤いスイセイ」(彗星・水性)と言って、はしゃいでいました。その赤い彗星、シャアの名前が、まさかフランス人歌手に由来しているとは思いもしなかったので、驚きました。皆さんの中には、とうにご存じだったという方も多いかもしれません。

赤い彗星と地球規模化_f0234936_242391.jpg

 世界のアマゾンのサイトで検討して、このCDを買おうと決めたのはいいのですが、アマゾンイタリアの該当商品のページを見ると、なぜか『Ses Plus Grands Succes [Edizione: Germania]』とあり、アマゾン日本では「米から輸入」とある同じCDが、なぜかドイツ版(Edizione Germania)となっています。歌の解説がドイツ語だったら困ると思って、ASIN番号を確認すると、まったく同じ番号なので、だったら大丈夫と思って、アマゾンイタリアのページからCDを注文しました。

 数枚のCDと1冊の本を一括注文し、一括配送を頼んだのは、1月27日金曜日の午後1時頃のことです。どの商品も、「すぐに入手可能」(Disponibilità immediata)とあったのに、お急ぎ便無料のアマゾンプライム(うっかり無料の利用期間を過ぎてしまい、年会費9.99ユーロを引き落とされてしまいました)を利用していても、注文確定メールには、なぜか「商品到着予定は、2月2~3日の予定」と書かれています。土日をはさんでいるせいかと思いつつ、のんびりと待っていたら、昨日になって、午後2時半と午後8時づけの、商品発送報告メールを受け取り、一括配送のはずが、2便に分けて発送されたことを知りました。発送料金が無料になるように、19ユーロ以上注文したので、1枚だけ別送されたCDの料金だけ、余分に取られていないかと心配したのですが、サイトで確認すると、幸い、発送料金の加算はありません。

 アマゾン側に発送料金の負担がかかるのに、どうして2便に分けたのだろうと思っていたら、今日届いた荷物の差出人住所を見て、分かりました。なんとフランスから送られているのです。アマゾンイタリアには在庫がなくて、フランスから直接我が家に送ったのだろうと察しがついたのですが、そうすると、まだ届いていない残りの本とCDは、いったいどこから到着するのか、なんだか不思議です。そう思って、今、Traccia il mio paccoで、商品がどこにあるか確認すると、昨日午後7時の時点で、Montelimarにあったとあり、これが南仏の町らしいから、もう一つの便も、やはりフランスから届くように思われます。

赤い彗星と地球規模化_f0234936_24564.jpg

 さて、こうして、アマゾンイタリアのサイトで、「ドイツ版」と書かれたフランス語のCDを注文し、それが、フランスから届いたわけですが、封を開けようとして、さらに驚きました。包装に、「ディスクはメキシコ製で、米国で包装」と印刷されていたからです。食品や衣料品では、商品が世界中から来ていることに慣れているのですが、まさかフランス音楽のCDまで、メキシコで製造され、アメリカで包装されているとは。あらためて、経済の地球規模化の浸透ぶりを感じました。

 今日の午後、皿洗いや掃除をしながら、さっそくこのアルバムの歌を聞き始めました。まだ何と言っているかさっぱり分からないのですが、優しいメロディーの中には、どこかで聞いたことがあるものも多く、歌声もすてきで、何度聞いても飽きることがなさそうです。明日あさってには、他のCDもきっと届くことでしょう。

参照リンク
- シャルル・アズナブールCD、『Ses Plus Grands Succes』
- Charles Aznavour, ”Ses Plus Grands Succes” [CD, Edizione: Germania]

ブログの関連記事へのリンク
- 今年はパリとフランス語
- 2006年はポルトガル語

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2012-01-31 18:07 | Francia & francese