イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

6月は色づいて

6月は色づいて_f0234936_761285.jpg
 今日、6月23日土曜日は、朝久しぶりにミジャーナの家に出かけました。

6月は色づいて_f0234936_742216.jpg

 テッツィオ山(Monte Tezio)が、エニシダ(ginestra)の黄色い花に彩られているのを見て、うれしくなりました。

6月は色づいて_f0234936_744711.jpg

 このところペルージャでは、毎日晴天の酷暑が続いています。朝は空気が澄んでいるので、ミジャーナに向かう途中に、改築中の家や、ミジャーナの町、プロコーピオ城(Castello di Procopio)が、きれいに見えました。

6月は色づいて_f0234936_75188.jpg

 朝9時に水道屋さんと出会う約束があったので、時間どおりに到着したのですが、約束のお相手が来たのは、9時20分のことだったので、それまで、夫と二人で改築状況を注意深く観察しました。

6月は色づいて_f0234936_753319.jpg

 わたしがパリに発つ前には、レンガを積み重ねる作業をしていた2階の内壁は、もうすべて完成しています。

6月は色づいて_f0234936_755423.jpg

 1階については、内壁作りはこれからです。ようやくやって来た水道屋さんと、水道やガスの配管について、話し合いました。

6月は色づいて_f0234936_761285.jpg

 ミジャーナの家の周りには、ペルージャの家の桜に比べると、サクランボが一月遅く実る桜の木がいくつも植わっています。木から摘んだサクランボを、いくつかそのままほおばりました。

6月は色づいて_f0234936_763192.jpg

 このミジャーナのサクランボを、お義父さんが、時々たくさん摘み取っては、持ち帰ってくれます。水曜日は、サクランボが傷まぬうちにと、

6月は色づいて_f0234936_764534.jpg

 以前に作っておいしかったレシピ(記事はこちら)で、再びサクランボの焼きプリンを作ってみました。

 こうして最近は、毎日生のサクランボやサクランボのデザートを食べていたのですが、今日の夕方になって、恐ろしい事実を知りました。朝、義父母がサクランボのシロップ漬けを作ろうと、実を瓶詰めにしていたら、小さな虫が、水面に浮かんできたというのです。お義父さんとお義母さんは、結局すべての瓶を処分したということなのですが、ということは、ひょっとしたら、わたしたちが今日、そして、最近食べていたサクランボの中にも、この虫はがいたかもしれません。お菓子作りのために、ナイフでサクランボを二つに割ったときには、この虫は見かけなかったので、わたしたちが食べた中には虫はいなかったと思いたいのですが、この件をきっかけに、ずっと前に読んだローマ在住のまゆみさんの記事(リンクはこちら)を久しぶりに思い出しました。あのときは、「虫がいるかもしれないからと、サクランボを食べないのはもったいないですよ」とコメントをしたのですが、しばらくは、サクランボが食べられなくなりそうです。

*追記(6月24日10:10)
 今インターネットで調べていたら、このサクランボの寄生虫はオウトウショウジョウバエ(Drosophila suzukii)もしくはオウトウハマダラミバエ(Rhacochlaena japonica)のうじ虫で、よく熟れた果実に穴を開けて産卵し、10~30日で卵から成虫になるようです。日本やイタリアの農業関係の文書を読むと、農薬散布の他に、実が熟れるたびに少しずつ収穫していくこととあるのは、やはり熟れた実が柔らかいので、卵を内部に産みつけやすいのかなと思います。お義母さんも、これまで取ったサクランボでも、数日前までは虫がいなかったというのですが、熟れすぎていないから大丈夫だったのか、それともまだ卵がかえっていなかっただけの話か、分かりません。びっくりしたのは、もともとこの寄生虫はどちらもアジアからヨーロッパに渡ったもののようだということです。オウトウショウジョウバエについては、それを明記して、アジア、特に日本と韓国から来た虫で、ヨーロッパ内への拡散を防ぐ必要があるとあります。オウトウハラミバエについても、学名がjaponicaという言葉を含むので、もともと日本やアジアに生育していたのではないかと思いますが、ヨーロッパに渡ったのはかなり昔のようです。両者とも、英語名に、cherry drosophila 、japanese cherry fruit flyとサクランボが入っているように、やはりサクランボに多い寄生虫のようですが、文書を読むと、他の果実にも寄生するようで、何だかこわくなりました。甘酸っぱくても、熟れる直前に食べるしか手がないかもしれません。

参照リンク
- Yahoo! Japan知恵袋 - さくらんぼの寄生虫について
- Laolex - Organismi nocivi di cui deve essere vietata l’introduzione o la diffusione in tutti gli stati membri
- damiano Zoffoli – Frutticoltura, chiesti interventi preventivi per proteggere le ciliegie dagli insetti (25/1/2012)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2012-06-24 00:07 | Umbria