イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

秋色の花市

 今回の花市では、色鮮やかなハートがたくさん実ったこちらの鉢を購入しました。

秋色の花市_f0234936_6212965.jpg

 オレンジ色と形がきれいで、一目惚れしたのですが、どうしてもほしくなったのは、やはり日本を懐かしむ気持ちからです。ホオズキというと、すぐに母方の祖父母の家を思い出します。ホオズキが色づく夏は、毎年帰省して、祖父母の家で過ごしたからでしょうか。

秋色の花市_f0234936_17421474.jpg

 ホオズキは、毎年、春と秋に催されるリッチョーネ(Riccione)花市、Giardini d’Autoreで購入しました。土曜の晩、セ二ガッリアのパン祭りのあともアドリア海岸に残るため、はるか北方のリミニの友人宅まで行って泊まったのは、この花市を訪ねるためだったのです。

秋色の花市_f0234936_6222042.jpg

 この日の朝、フランコはブラックベリー狩りに出かけましたが、マヌエーラはわたしたちと一緒に花市に来ました。花市には、工房、Artigianateの店も出ていました。ロマーニャ伝統のデザインを、17世紀から伝わる技法を用いて、布に施した美しい布製品が並んでいます。

秋色の花市_f0234936_6224435.jpg

 盆栽の紅葉も、ほんのりと赤くなっていて、秋らしいいい雰囲気を出しています。70ユーロという値段に驚いたのですが、日本でも、盆栽はこんなに値が張るのでしょうか。

秋色の花市_f0234936_623318.jpg

 今回、特にいいなと思ったのは、果物の若木を売る店の展示です。さまざまな品種のリンゴやブドウ、梨を、こんなふうに名前と共にきれいに飾ってありました。実りの秋だからこそ、できることです。幸水も豊水もあって、日本の梨が恋しいわたしには、うれしかったのですが、残念ながら、市には日本の梨の木は持ってきていませんでした。トスカーナの店には、二十世紀もあるということなので、いつか若木を買いに、店を訪ねようと思っています。

秋色の花市_f0234936_623459.jpg

 昨年、芸術的作品で目を喜ばせてくれたカボチャ友の会は、今年は、展示内容がざっとしていました。それでも、色とりどりで、大きさもさまざまのカボチャたちは、見ごたえがあります。

秋色の花市_f0234936_624468.jpg

 こんなふうに、いろんなおいしいものを売る店もあります。

秋色の花市_f0234936_6242134.jpg

 水辺に生える葦(canna)を使って、おじさんが作り出す水鳥たちを、子供たちがうれしそうに、手に取って眺めています。自然の生物の形を、木や葦を使って作り上げるというのが、すてきだと思います。

秋色の花市_f0234936_6244046.jpg

 庭を居心地のいい、楽しい空間にしてくれる飾りは、他にもたくさんあります。

秋色の花市_f0234936_6251970.jpg

 睡蓮などの水生植物を扱うこの店は、毎度のおなじみですが、毎回、花や置き物の色や形、配置を、以前とは違う形で、けれど上手に工夫して、訪ねる人が、見て楽しめるようになっています。

秋色の花市_f0234936_626149.jpg

 テーブルの上には、遠い異国の珍しい果物がたくさん並んでいます。こういう不思議な果実がなる植物を売る店もありました。

秋色の花市_f0234936_6262027.jpg

 唐辛子(peperoncino)も、びっくりするほど、いろんな色や形のものが、並んでいます。

秋色の花市_f0234936_6264350.jpg

 アイデアがおもしろい、もらおうかなと思ったのは、右手の木にかけられた鏡です。七つの太い筒の底に、鏡を貼って、花の形に並べてあります。

秋色の花市_f0234936_627527.jpg

 白やピンクのコスモスの鉢植えもあって、わたしはピンクのコスモスが買いたかったのですが、「種から簡単に育つんだから、鉢を買うより、春に種をまくように」と、夫から禁止令が出ました。いえ、ダイソンの掃除機やタワー型扇風機も、夫に買うなと言われつつ買っています(でも懐をはたいたのはわたしです)から、反対されたからと言って、従わなければいけないというわけでもないのですが、今回はあきらめました。

秋色の花市_f0234936_629947.jpg

 会場には、ロバ(asino)もいて、草をやると、うれしそうに食べていました。花市の会場内では、ピアディーナやライスサラダを買って、食べることができます。わたしたちも、正午過ぎに、花市に店を出していたシモーナと、会場内で昼食をすませました。夫が食べたピアディーナはおいしかったそうですが、わたしたちの食べたライスサラダの味は今ひとつで、シモーナは「こうするとおいしい」と言って、マヨネーズをたっぷりかけ、ごはんと混ぜ合わせて食べていました。

 昼食後は、まだしばらく花市の会場を回って、目をつけておいた鉢を買い、それから、寄り道しながら、ペルージャへと戻りました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2012-09-29 06:42 | Fiori Piante Animali