イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia 日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより

ポルチーニ見つけた1

 10月13日土曜日は、友人たちに誘われて、アッペンニーニ山脈に出かけました。紅葉を楽しむのが、散歩の目的だったのですが、

f0234936_17511223.jpg

車を置いて歩き始めてすぐに、道の中央に、そして傍らに、栗の実がいくつもいくつも落ちています。というわけで、全員が夢中になって、栗拾いを始めました。

f0234936_1751439.jpg

 荷物が重くなるし、まずは目的地へと、栗拾いをやめて、皆は山を登り始めたのですが、夫は一人後ろに残って、まだ栗拾いをしています。

f0234936_17515947.jpg

 紅葉には、まだ一足早かったのですが、最近は雨が多いので、大きさも形も色もさまざまのキノコが、あちこちで、地面から、切り株から、木の幹から、顔を出しています。

f0234936_17521495.jpg

 キノコ狩りの大好きなフランコは、目ざとくこちらのキノコを見つけました。つい最近、知人から教えてもらって、食べられることを知ったのだそうです。大きすぎると、筋っぽくなるので、こんなふうに、小さいうちの方が、おいしいのだとか。

f0234936_17523356.jpg

 アニメ映画に出てきそうな、色の鮮やかなキノコもあります。

f0234936_17524810.jpg

 こちらは、つばの広い、オレンジ色の帽子をかぶったキノコ。

f0234936_1753568.jpg

 でも、一番多いのは、茶色、ベージュなど、木の葉や木の幹、土の色に似たキノコです。木の葉にまぎれて、人や獣の目を逃れ、長生きできるように、ということでしょうか。

f0234936_17532263.jpg

 色と形が、ビーチパラソルのようなキノコも見かけました。

f0234936_17533976.jpg

 栗拾いをやめた夫が皆に追いつき、おしゃべりしながら、歩いて行きます。このキノコがかわいい、あのキノコもと、写真撮影に忙しいわたしは、少し遅れて、皆の後について行きます。

 すると、突然、フランコが足を止めて、「見つけた!」と言うではありませんか。と言われても、見慣れぬ目には、彼の差す方向を見ても、まだどこだか見当がつきません。

f0234936_17545373.jpg

 そこには、イタリアでキノコ狩りを愛する人が、情熱をかけて探す、あのキノコの女王、ポルチーニ(porcino、porciniは複数形)が、鎮座していました。以後は、しばらく山に分け入り、その付近に他にポルチーニがないかと、皆で探しました。

f0234936_17551391.jpg

 ほら、ここにも! 見つけるのは、いつもフランコです。ご覧のように、ポルチーニも、枯葉と見まがいやすい色をしています。初心者の上に、近視のわたしには、5メートルも10メートルも先の枯葉の中に潜んでいるポルチーニを見つけることは、できません。

f0234936_17553295.jpg

 そこで、こういうかわいらしいキノコたちを撮影することで、満足しました。

f0234936_17554658.jpg

 大木が倒れて、残った幹が朽ち枯れたその上から、苔がむし、花が咲いて、芸術作品のようです。
 
f0234936_1756631.jpg

 栗を拾い、キノコに心奪われてと、寄り道の多い散歩になりましたが、ようやく目的地が近づいてきました。まだ緑の木々の多い中、すでに紅葉している木があります。

f0234936_17562466.jpg

 ようやくたどり着いた山小屋の、広い野原の木の下で、パニーノの昼食をすませたあと、来る途中に見つかったポルチーニたちと記念撮影。1時間のはずの散歩道を、栗を拾ったり、キノコを探したり、写真を撮ったりしていて、2時間以上かけて歩き、到着したときには、もう午後1時半を過ぎていましたが、秋の恵みやキノコで装った山を楽しみ、それは充実した山歩きとなりました。(つづく)

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- ポルチーニ見つけた2 / Bosco & doni d’autunno – Parte 2 (13/10/2012)
- 夕食は秋の幸 / Doni d'autunno a tavola! (15/10/1012)
- キノコとごあいさつ / Funghi & saluti (18/10/1012)
- 白トリュフ、見つけた! / Caccia al tartufo bianco (12/12/2010)
- ピサで毒キノコ中毒死 / Funghi velenosi e mortali (23/10/2012)

東京都福祉保健局 - 食品衛生の窓 - キノコ食中毒
↑↑ キノコ食中毒の概要、キノコの見分け方のウソ、毒キノコによる食中毒防止法、主な毒キノコの毒成分と症状など、有益な情報が多い上、主な毒キノコの写真つき解説へのリンクもあります。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

さわやかな秋!おすすめアウトドア&スポーツ体験!
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/18070143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ムームー at 2012-10-15 19:05 x
なおこさんこんばんは。
わぁ~色々なものがありますね、栗がこうして落ちてるのも
こちらの山でも見ますが、同じような景色が見れるって
不思議な気がします~♪
珍しいキノコですね、目に入る時の感動は素晴らしいでしょう~
皆さんでこうして山歩きをされて楽しまれる様子はこちらまで
嬉しくなります~素敵です~
Commented by Riana at 2012-10-15 19:19 x
なおこさん、こんにちは。
私も主人もキノコ類が大好きなのですが、知識が全くないので山で見かけても手が出せません。とても大きくて新鮮なポルチーニが3つも!!羨ましいです。
昨日山歩きに出かけ、私たちも栗拾いをしたんですよ。栗の木があるとは知らずに歩いていたら、散歩道がまさになおこさんの写真のような状態で、毬にくるまれたままの栗を初めて見た私は夢中になって拾ってしまいました。拾っている最中もあちこちで栗が落ちる音が聞こえてきて、頭に落ちてくるのではないかと少し怖かったですが大きくてつやつやした立派な栗で、食欲には勝てませんでした。
イタリアでは自然の恵みや、季節の移り変わりというのが日本よりも身近に感じられる気がします。
Commented by milletti_naoko at 2012-10-15 19:23
ムームーさん、本当に、びっくりするほどいろいろなキノコがあって、見ていて楽しかったです。イタリアでも栗林はかなりあちこちにあるんですよ。昔、農民が大切な生活の糧として手入れをしていたのに、今は放置されている栗林も多いのが、残念です。

ありがとうございます。夕陽や湖、花やおいしいものを求めて、ご家族であちこちと行かれるムームーさんご一家も、すてきだなと、わたしはつくづく思っています。
Commented by milletti_naoko at 2012-10-15 19:33
Rianaさん、イタリアのキノコもいろいろあって、おいしいですよね。フランコはたくさん収穫したので、翌日は皆でポルチーニ・パーティだと言っていました。彼のうちはリミニなので、参加できなくて、残念でした。うちは夫が見つけたポルチーニ一つを(えらい!)、今晩大切に料理するつもりです。わたしは野生のアスパラガスは見つけられるようになりましたが、キノコはまだまだです。夫も、ポルチーニを見つけたのは、この日が初めてで、見て分かるのは、昔住んでいた家の辺りでよく採れたキノコ(galletto、prataiolo)くらい。まあおかげで、あまりキノコに振り回されずに、この季節にも散歩を楽しむことができます。

Rianaさんも栗拾いをされたんですね! 思いもかけないところで、栗がたくさん見つかるとうれしいですよね。そうそう、栗を拾っている傍らから、木上からいがが落ちてくるんですよね。同じです。わたしも、頭の上から落ちてきたらどうしようと心配しましたが、地面に落ちている栗も、それだけ新鮮だということですよね。
Commented by にきーた at 2012-10-15 19:58 x
楽しそうな秋の散策ですね。
ポルチーニ、今年は豊作みたいです。
同僚や近所の人たちが9月からきのこ狩りにでかけていますが
毎回2キロとか5キロとか、持ちきれないくらいのポルチーニを
持ち帰ってきます。

そういうのを見ると、フライにしたりSugoにしたり・・・
といろいろ想像してそれだけでおなかがすいてしまいます。
Commented by クロちゃん at 2012-10-15 20:20 x
なおこさん、こんばんは♪
秋の山を満喫しましたね。
赤いキノコはベニテングダケでしょう。
白雪姫が食べて眠ってしまったキノコです。(^^ゞ
大きいキノコが収穫できましたね。
秋の山は魅力いっぱいと感じます。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2012-10-15 22:00
にきーたさん、9月からポルチーニがたくさん採れるのは、さすがピエモンテ、水の多い地方だからでしょうね。ウンブリアや、わたしたちがよく訪れるトスカーナのアッペンニーにでは、この数か月本当に雨が降らなかったために、いつもはポルチーニがあるところにもまったくないと、9月は皆が、手ぶらで無念そうに帰ってくることが多かったようです。ようやく最近になって、雨の日が増えてきたので、こちらでもポルチーニが見つかるようになりました。

毎回そんなにたくさんのポルチーニ、なんてうらやましい! 秋にはおいしい食べ物がたくさんあって、うれしいですね。
Commented by milletti_naoko at 2012-10-15 22:04
クロちゃん、こんにちは。なるほど、ベニテングダケと言うんですね! 名前にふさわしい、にぎやかななりをしていますよね。毒があるとは知りませんでした。フランコはキノコ好きと言っても、関心があるのは専ら食べられるキノコばかりで、食べられないキノコは名前も知らないものが多いようです。ありがとうございます。おかげで、キノコのイタリア語名も分かりました♪

今は栗にキノコ、もう少ししたら、紅葉と、本当に秋の山は魅力でいっぱいですね♪
Commented by fusello at 2012-10-16 00:42
こんばんは☆
秋の山の恵みに乾杯ですね!
栗にキノコどのようにお料理されたのかしら?
オレンジ色のキノコ、毒々しいですねぇ、薄茶の小さいキノコはしめじの仲間? それにしてもポルチーニの「りっぱなお姿」にビックリです!

私も今ちょうどキノコがいっぱいのレースを織っているところです。次にデザインする時にはnaokoさんのキノコのお写真を参考にさせて頂いてよろしいでしょうか?
Commented by oliva16 at 2012-10-16 07:51
すっかり秋ですね。なおこさんの写真で季節を感じています。山道を何時間もかけて散策なんて、私は何十年もしていません。もしかしたら、学校の遠足以外でしたことないかも…?外の新鮮な空気の中で食べるパニーニは美味しいでしょうね…羨ましがっていないで私も、新米でおにぎりでも作ってたまには歩いてみようかな…んん、1人では実践できそうもないですが(>_<)。
Commented by milletti_naoko at 2012-10-16 16:34
fuselloさん、おはようございます。昨晩、栗は焼いて食べ、ポルチーニはリゾットにしました。小さいキノコがいっせいに並ぶ様子って、確かにしめじに似ていますよね。

秋らしいレースやセーター、すてきですね。ぜひどうぞ。わたしは写真を撮っただけで、キノコたちの自然な姿です。できあがったレースを拝見するのが楽しみです。
Commented by milletti_naoko at 2012-10-16 16:37
Olivaさん、今回はあちこち目移りして、かなりのんびり歩いたのですが、機会があれば、ぜひ外を歩いてみてください。公園でも川沿いでも並木でも、町中にも秋が感じられる散歩コース、どこかにあることと思います。新米のおにぎり、おいしそうですね。東京近辺にも、あまり構えずに登ったり、歩けたりする山がいろいろあるようですよ。登りやすいコースを見つけて、どなたか誘ってみてもいいのでは?
by milletti_naoko | 2012-10-15 11:00 | Toscana | Trackback | Comments(12)