イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院

 1月19日土曜日は、マルケ州にあるフォンテ・アヴェッラーナ修道院を訪ねました。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23504398.jpg
Monastero di Fonte Avellana 19/1/2013

ペルージャ周辺では、山の頂上付近にしか雪を見かけなかったのに、ウンブリアとマルケの州境に近づいてから、まずは道の両脇に雪が現れ、少しずつ野山に積もった雪が高くなっていきました。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_2350595.jpg

 まずは教会を訪ねました。祭壇の右下にある入り口から、

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23512929.jpg

こちらの、修道院内の最古の教会に行くことができます。地下にあるけれども、聖人の遺骨や遺品があるわけではないので、正確にはクリプタではないのだと、後で、ガイドが教えてくれました。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23514953.jpg

内部装飾に東方の影響が多く見られるのは、古来聖地、イェルサレムとの関係が深かったためだそうです。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_235299.jpg

 教会は、柱廊の左手にあり、柱廊の一番右のアーチの向こうにあるドアの前で、日に数回行われるガイドつきの修道院訪問を待ちます。ドアの傍らには、「ガイドが少々遅れたからと言って、呼び鈴を鳴らさず、静かに待つこと」という貼り紙がありました。柱廊の左手にある建物の地階が、修道士用の食堂になっていて、午前中早いうちに、あらかじめ頼んでおけば、訪問客のためにも、食事を準備してくれるそうです。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23522779.jpg

 そうとは知らなかったわたしたちは、修道院の傍らにあるバールで、青菜とチーズ入りのピアディーナを作ってもらって、食べました。このピアディーナが、思いがけずとてもおいしかったので、うれしかったです。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23524224.jpg

 それから、修道院境内の下方にある植物園(giardino botanico)を訪ねました。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_2353878.jpg

 雪が深いので、

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23533096.jpg

雪に包まれて見えない植物も多いのですが、夫が一番見たがっていた大木は、この位置からでも、よく見えました。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23534989.jpg

 この大きなおおきなセイヨウイチイ(tasso)の木です。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23541666.jpg

どっしりとした幹がどれだけ太いか、写真から、お分かりになるかと思います。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23543411.jpg

この巨木にあいさつをしたあとも、

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_2355066.jpg

しばらく散歩をして、他の木々を見てから、再び修道院に戻りました。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_23551885.jpg

 上の写真の手前に見える土産物屋で、薬用酒やクッキーを買い、午後3時からのガイドつきの修道院訪問を待ちました。料金は、一人2ユーロを修道院への寄付という形で支払います。ガイドと訪ねた修道院内部では、写真は撮影できなかったのですが、特に、かつて修道士たちが、写字生(amanuense)として、ギリシャ語やラテン語の古典作品を羊皮紙(pergamena)に書き写し、文化を社会に、後世に伝える貴重な写本(manoscritto)を生み出していた作業場、scriptoriumが興味深かったです。その写真は、修道院のサイトでご覧になれます。(リンクはこちら

 たくさんの大きな窓が、三方に設置され、朝から日暮れまで、日の光が降り注いで、書写の作業がしやすいように、工夫されています。かつてペルージャ外国人大学のラテン語・ラテン文学やイタリア文献学の授業で、羊皮紙の作り方や、写本作業、写本の際に起こりがちな誤りなどを、詳しく学んでいたので、この作業場の見学がとても興味深かったです。羊皮紙も、修道院内で作られていて、羊皮紙作りの作業にあたる修道士もいたと聞いて、それは知らなかったので、びっくりしました。

フォンテ・アヴェッラーナ修道院_f0234936_2356452.jpg

 夫が見つけたこちらの泉が、修道院の名の由来になった泉(fonte)かと思ったら、これは後から人工的に作られたものだそうです。本当の泉は、現在では建物内の鉄格子の向こうにあり、窓が閉まっていて見えないことが多いと聞きました。

 帰り道も、ウンブリア州に近づくまで、美しい雪景色を楽しみながら、ペルージャへと向かいました。

********************************************************************************************************************************
Monastero di Fonte Avellana, Marche 19/1/2013

Entrando nelle Marche si vedeva un mondo sempre più bianco, sempre più coperto dalla neve. Suggestivo!
Bellissimo il Monastero, interessante la visita guidata con guida.
Scriptorium, sala luminosa ed elegante dove i monaci amanuensi lavoravano, creando numerosi manoscritti per diffondere e tramandare la cultura.
Purtroppo, non si può avvicinare alla fonte che diede origine al nome del monastero. La fonte nell'ultima foto è artificiale e venne costruita posteriormente, però è comunque bella.
********************************************************************************************************************************

LINK
- Monastero della Santa Croce di Fonte Avellana - HOME
Dal sito del monastero - “Lo "Scriptorium S. Pier Damiani" è l’ambiente più significativo di Fonte Avellana; il luogo dove i monaci amanuensi obbedivano alle disposizioni della Regola di San Benedetto circa il lavoro quotidiano trascrivendo su pergamena antichi testi classici greci e latini, realizzando preziosi codici miniati.”

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2013-01-21 16:00 | Marche