イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia 日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより

冬のラヴェルナと裸修行 sanpo

 1月27日日曜日、友人たちと山のお宿に泊まった翌日は、一緒にラヴェルナ(La Verna)を散歩することになりました。

f0234936_559479.jpg

 途中、道路が雪に覆われたところもあったため、

f0234936_5594087.jpg
Beccia 27/1/2013 10.26

10時半頃に、ベッチャ(Beccia)に着き、ここから歩き始めました。

f0234936_5595793.jpg

解けた雪が凍って、滑りやすい石畳の道を上り、こちらの門から、森へと向かいます。ラヴェルナを頂くペンナ山の周囲を、岩壁の裾野を歩いて周り、ラヴェルナまで行くコース、Anello Bassoを歩くためです。(下記リンク参照)

f0234936_602219.jpg

 冬の森の美しさに感動しながら歩いていると、

f0234936_611584.jpg

約2名上半身裸になるではありませんか。一行の一人が、昨年も今年も、1月にヴァッレ・ダオスタで、チベット伝来のトゥモ・ヨガを学ぶ講座に通ったので、その成果を試そうと、仲間に誘いをかけながら、肌を脱いだのです。(再び歩き始める前に、ちゃんと服を着ましたので、ご安心ください。)

f0234936_613525.jpg

 さらに先に進むと、ふだんのトレッキングコースが、解けた雪が凍ったらしく、氷の川になっています。

f0234936_615474.jpg

 この坂道を上ってから、遠くに連なる山並みを背景に、記念撮影。

f0234936_624442.jpg

美しい眺めに感嘆しながら、さらに登っていきます。

f0234936_63146.jpg

 再び森の中を歩いて、ブラザーDavidの洞窟、grotta di fra Davidを訪ね、

f0234936_633919.jpg

ペンナ山の岩壁の端を回ると、日が降り注いで暖かいためか、解けた雪が凍ったり、雪と氷の下を、音を立てながら、水が流れたりしています。

f0234936_635822.jpg
Beccia 27/1/2013 12.58

 ラヴェルナの修道院に到着したのは、ちょうど午後1時頃のことです。

f0234936_642087.jpg

 修道院付属のレストランで、食事をして、疲れを休めてから、修道院を訪ねました。この突き出した大きな岩、Sasso Spiccoについて、聖フランチェスコは神から、イエスが十字架の上で息を引き取って、地震が起こり岩が裂けたときに、裂けたのだという啓示を受けます。

f0234936_644528.jpg

 聖人は、そのため、この岩を訪ねては、一人静かに瞑想に過ごしていたそうです。

f0234936_6507.jpg
27/1/2013 15.36

 山を下り、車に戻ったのは、午後3時過ぎのことです。まだ日が高いので、このあとはアダムの岩(La Roccia di Adamo)を訪ね、バールでお茶を飲み、おしゃべりしてから、リミニの友たちに別れを告げ、ペルージャに向かいました。

f0234936_651556.jpg
Lago di Montedoglio 27/1/2013 16.59

 高速道路を走ると、夏には水位がすっかり下がっていた、モンテドッリョ湖が豊かに水をたたえ、夕焼け空を映し出していて、とてもきれいでした。

Anello Basso del Monte Penna con la neve 27/1/2013

- I due signori coraggiosi sfidano mezzi nudi il freddo e la neve.
- Bellissimo il monte ornato dalla neve e dai ghiacci.
- Ora è pieno pure il Lago Montedoglio!

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 雪のラヴェルナ、カマルドリ / La Verna & Camaldoli con la neve (26/1/2013)
- 山のお宿と山の幸 / Cena e note a Badia Prataglia (26/1/2013)
- 秋のラヴェルナ / Anello basso del Monte Penna in autunno (14/19/2012)
↑↑ 同じコースを秋に歩くと、紅葉やキノコ、自生のシクラメンの花が楽しめます。Anello Bassoのトレッキング・コースの地図あり。
- アダムの岩 / Roccia di Adamo (27/10/2012)
↑↑ ミケランジェロが、システィーナ礼拝堂の天井に、アダムの創造を描く際に、スケッチをして、壁画に利用したと言われる岩。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/18704525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ムームー at 2013-03-01 09:16 x
なおこさん
おはようございます。
わぁ~何か清々しいですねぇ~
お友達とのこういうのはいいですね、憧れますわ。
目的を持ちながら訪ね歩くって素敵!!
生活にメリハリや潤いがありますね~♪
いつもありがとうございます~
Commented by milletti_naoko at 2013-03-01 17:32
ムームーさん、おはようございます。雪のラヴェルナはこれまでにも歩いたことがあるのですが、この日は、雪が浅すぎず深すぎず、とても歩きやすかったです。リミニの男性陣が上半身裸になったときは、夫たちにも誘いをかけていたので、夫まで無茶をして、風邪を引いたらどうしようと、少し心配しました。

きれいな銀世界を皆で歩けて、楽しかったです。こちらこそ、ありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2013-02-28 22:05 | Toscana | Trackback | Comments(2)