イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

悲しい帰郷

 昨日、4月10日水曜日は、久しぶりにウルバーニアを訪ねました。

悲しい帰郷_f0234936_4351376.jpg
Palazzo Ducale, Urbania 10/4/2013

 「帰りました」と、「帰る」という動詞を使いたい思いに駆られるのは、わたしが11年前にイタリアで暮らし始めた最初の地であり、かつ、イタリアの家族と呼べるような友人家族に温かく迎えてもらった、うれしい思い出のある場所だからです。

悲しい帰郷_f0234936_4353032.jpg

 ただ、昨日突然ウルバーニアに帰ったのは、その大切な友人のお母さんの訃報を知ったからでした。夫が、職場から昼食時には帰宅して、君に同行するよと言ってはくれたのですが、それでは葬儀の開始時刻に間に合わない可能性が高いので、迷った挙句、一人で車を運転して行きました。片道2時間の道のりは長いのですが、幸い天気はよく、白や黄色、桃色のきれいな花たちが、緑の野山を彩っていました。

悲しい帰郷_f0234936_4354866.jpg

 何かできるわけではないし、気の利いた言葉が言えるわけでは決してないけれど、前にするだれをも優しく包み込むような、病気や苦難に遭いながら、いつも笑顔で働いていた、友人のすてきなお母さんに、最後のあいさつを、皆と一緒することができました。

********************************************************************************************************************************
Ieri sono tornata ad Urbania, purtroppo per dare l’ultimo saluto alla mamma di una carissima amica.
Era una persona davvero speciale, come descriveva ieri il sacerdote, ‘coraggiosa nei dolori e affettuosa, si dedicava sempre ai familiari, agli altri con tanto amore’.
********************************************************************************************************************************

関連記事へのリンク
- 思い出の学校1 (2/12/2011)
- 指輪の行方 (21/4/2012)
↑ ウルバーニアに滞在中、最初のホームステイ先ははずれだったけれど、温かい村の人や友人のおかげで楽しく過ごせたという話。
- 薬が効きすぎ (30/11/2011)
- ルパンと里帰り (16/9/2012)
- イタリア語のTPO (19/11/2012)
- 「直子の訪伊日記Ⅰ 出発編」 (3/4/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2013-04-11 21:39 | Ricordi