イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

イタリアの今・未来

 今年2冊目に読み終えたのはイタリア語の本で、題名は、『L’Italia de noantri. Come siamo diventati tutti meridionali』でした。

イタリアの今・未来_f0234936_6391056.jpg

 冒頭のピザの話(下記リンク参照)は、意外でもあり興味深かったのですが、目次にたとえば、La meridionalizzazione del paese(国の南部化)、Gli italiani non hanno più voglia di lavorare(イタリア人は、もはや働こうという意欲を持たなくなってしまった)とあるように、現代イタリアの抱える深刻な問題を、取り上げていて、内容はかなり重いものでした。

 就職が本人の力や意欲ではなく、コネや親の力で決まってしまう、汚職・政治腐敗・マフィアの侵食が南部ばかりではなく、北部でもいかに進んでいるか、働く意欲のないイタリア人。さまざまな場で、わたし自身が身をもって感じたり、テレビや新聞で見聞きしたりしていたことが、具体的な実例を通して語られていて、こういう悪習が、イタリアでいかに根強いものかを、読みながらつくづくと感じました。

 こういう内容の本ですから、「Speranza」(希望)と題された後書きの中で、筆者がこの本を書いたのは、実は、読者から「何かもっと希望が見えることを書いてほしい」という要望があってのことなのだと読んで、驚きました。ただ、確かに筆者が言うように、この本の中では、国のために、人々のために真剣に活動をし、仕事をするイタリア人の姿も、いくつも書かれています。イタリアという国の未来を明るく思い描くのが、難しい状況が確かに長い間続いています。

 ちょうど先週の今日、午後8時前に、最高裁が、脱税をめぐる裁判で、ベルルスコーニを有罪とし、禁錮4年の刑が言い渡されたと知ったとき、このとき、個人的にですが、「ああ、イタリアでも、やはり権力者も、罪を犯せば罰せられるのだ。イタリアにも正義があるのだ。」とうれしくなりました。

 ただ、いろいろニュースを追っていると、判決では禁錮4年でも、恩赦法で実質は1年のみとなり、さらに、ベルルスコーニは70歳を超えているため、この1年も、監獄ではなく、自宅軟禁(arresti domiciliali)か社会奉仕(servizi sociali)のいずれかになる見込みです。

 初めて有罪判決を聞いたとき、これは大きな変化の兆しだ、イタリアが、ようやく暗く長いトンネルを抜け出ようとしているのだと、イタリアの未来に希望が見えるような気がしました。どんな悪事をいくつ重ねても、金と権力がある限り、あるいは権力者の庇護がある限り、罪を免れることができる。それを身をもって顕示するような人物が、国政の中枢にいる間は、イタリアの国としての未来に明るい光を見ることが難しかったのです。

 有罪判決が出てさえ、まだこのベルルスコーニを支持する議員や市民がいることに、暗澹とした気持ちにはなるのですが、一度変わった川の流れが、どうかこのまま変わらずに、イタリアの政界に、国に、新しい風が吹き込まれますようにと祈るばかりです。ただ、ここでも、ベルルスコーニのあとは、政治とは今のところ無縁の彼の娘を代わりに立てようという動きがあり、本人の経験や実力よりも、血縁や名前だけを考える政治家に、あきれるばかりです。

 というわけで、上の本の最後に触れられていた希望が、ようやく見え始めたと感じてはいるのですが、どうか今回こそは、この希望の光が消えることのないよう、イタリアが汚職・政治腐敗やコネ社会から脱却できますようにと、心から祈っています。

********************************************************************************************************************************
Dal libro:
"Noantri è la parola chiave dell’Italia di oggi. L’Italia dei clan, delle famiglie, delle fazioni. Del dominio dei rapporti personali. Della politica divenuta prosecuzione degli affari con altri mezzi. Un paese mai così frammentato, eppure mai così uguale dal Piemonte alla Sicilia: unificato dall’egemonia di Roma e del Mezzogiorno."
Il libro parla anche dell'impunità dei criminali eccellenti, delle assunzioni per parentela. Appena saputa la sentenza Mediaset, ho pensato: "Allora anche in Italia c'è la giustizia, chi commette crimini viene punito. Finalmente l'Italia che sta attraversando una lunga galleria lunga e buia vede una luce dell'uscita, una speranza..." Poi dopo di nuovo i sostenitori di Berlusconi lo difendono, lo sostengono comunque e quando lui sceglie sua figlia come possibile erede politico, i giornalisti parlano delle notizie comse se fosse una cosa normale...
Comunque, quella sentenza ci dà speranza: l'Italia non sarà più come prima, sarà nelle mani di chi ha gioito della notizia, di chi vuole voltare le pagine per descrivere una nuova Italia che sarà diversa e migliore.
********************************************************************************************************************************

LINK
- ピザを食せず世を去りぬ (3/2/2013)
- Amazon.it – “L’Italia de noantri. Come siamo diventati tutti meridionali” (Aldo Cazzullo)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2013-08-08 23:41 | Film, Libri & Musica