イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館

 今日はペルージャから200km近く車を走らせて、

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8413983.jpg

フィレンツェ近くの見晴らしのいい丘の上に建つ館で催されている、花市を訪ねました。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_842130.jpg

 色も形もとりどりの菊の花が、きれいに咲いています。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_843649.jpg

 本当の花を使って作った、すてきな絵やおしゃれなピアスに心を魅かれました。耳に穴をあける度胸がないのを、今日ほど残念に思ったのは初めてです。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8432775.jpg

 装飾用のカボチャも売られています。こちらも色や形がさまざまです。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8435674.jpg

 リンゴ、梨、ブドウなど、果物の木も並んでいます。実りの秋を利用して、目で見てほしい木が分かるように、そして、見る人の心を打つように、展示が工夫されています。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8475512.jpg

 花市だけではなく、会場を回りながら、庭や眺めも楽しみました。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8441394.jpg

 昼食も会場の店で頼んで食べました。わたしが食べたcrespelle ai funghi porciniは、塩味のクレープに風味たっぷりのポルチーニ・ソースが入っていて、とてもおいしかったです。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8442727.jpg

 夫も、cartoccio del trippaioがおいしいと言っていましたし、食べ終わった人が皆、店の人に、「本当においしいかったです!」とほめ言葉を言って、席を立っていました。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_84420100.jpg

 こんなふうに、さまざまな香辛料を売っている店もいくつかありました。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8442184.jpg

 今回は買わなかったのですが、これはいいなと思い、アイデアに関心したのは、こちらの商品です。自然の石を使って、素朴な味のある形の花活けにして、壁に取り付けた磁石の力で、壁に花や緑を飾れるようになっています。

- NOVOTONO – Garlasco (PV)

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_844746.jpg

 わたしが最初に購入したのは、こちらのスタンドのバラのシロップです。のどにもいいそうで、バラの成分と香りには魅かれたものの、白砂糖は体に悪いと考えて購入をためらっていたのですが、有機栽培である上に、使っているのは黒砂糖だと聞いて、迷わず購入しました。ジェノバ近くにあるバラの花の栽培で有名だという谷にフランスから嫁いで、だんなさんの信念と仕事の影響で、花育てやシロップ作りに情熱を注ぐようになったというお店の方の話を聞いて、いつか必ず花が美しい頃に訪ねたいと思いました。6月末が見頃、訪ね時だということです。

- Azienda Agricola “Il Giardino delle Dalie” – Savignone (GE)

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_844928.jpg

 夫もいろいろ買い物をしたのですが、一番長くいて、話をじっくり聞いて買ったのはこちらです。いろいろな植物の種を売っているのですが、空き缶を再利用して、売る種を入れるのに使うというアイデアもいいなあと思いました。夫は、花や穀物の種を、

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8443185.jpg

わたしは栽培用の生姜を買いました。話を聞くと、育てるのはなかなか大変で、しかも最初の収穫は1年後でわずかということです。それでも、スーパーで見かける生姜の産地は中国、タイ、ブラジルなど、土壌の汚染や農薬の使用がずっと気になっていたため、最近は、自分たちで育てたいという気持ちになっていました。イタリア産の、自分たちが育てたという生姜を見つけたのは初めてでもあり、思いきって購入しました。25cmほどの鉢に土を入れて生姜を埋め、冬の間は室内に置いておき、夏は外に出していいけれども、直射日光が当たってはいけないとのことです。

- Eta Beta Onlus

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8443156.jpg

 この花市の会場は、フィレンツェに近いLastra a Signaという町の丘の上にある館、Villa Caruso Bellosguardoです。そうです。ナポリ出身の名高いテノール歌手、エンリコ・カルーソー(Enrico Caruso)が暮らしたことがある場所で、今は彼を偲ぶ博物館にもなっています。

 花市は明日、10月13日日曜日までの開催で、時間は朝10時から午後7時まで、入場料は3ユーロです。近くにお住まいの方は、興味があれば、ぜひ訪ねてみてください。

Botanica, 4a mostra mercato di piante rare e da collezione
12-13 ottobre 2013, ore 10.00-19.00
Via di Bellosguardo, 53 – 50055 Lastra a Signa - Firenze
Info Villa: Museo Enrico Caruso – Villa Bellosguardo

 博物館も訪ねたかったのですが、安く上げようと、高速道路を避けたわたしたちは、シエナ経由で遠回りして、200km近い道を2時間以上かけて到着したため、疲れてもおり、帰りが遅くならぬようにと、今回は訪問を見合わせました。そうして、家に帰ってよくよく距離と値段を比べてみて、高速道路を使わなかったために30km遠回りして、高速料金は安く上がったけれども、ガソリン代がかなり余分にかかったため、30分も余分に運転して行ったのに、どちらにしても、費用には差がなかったことが分かりました。

フィレンツェが見える館で花の市、歌手カルーソー偲ぶ館と博物館_f0234936_8442158.jpg

 館の見晴らしのいい場所から、遠くに小さくですが、花の都、フィレンツェの町並みが見えてうれしかったです。木々の間からごくごく小さく見えたのですが、20倍ズームを利用して、こんな写真も撮ることができました。もうずいぶん長い間訪ねたことのないフィレンツェを、今度の土曜日に用事で訪ねることになっているので、そのフィレンツェがわたしにあいさつをしてくれているような気がして、うれしくなりました。

 帰りは、夕日が空を染め、その空がたそがれていく中、美しい空の色や風景を楽しみながら、ペルージャに向かいました。花と言えば、先ほど、うちから近いピアン・ディ・マッシアーノの駐車場で、きれいな花火が勢いよく、いくつも空に上がっていました。11月初めに例年催される死者の市(Fiera dei Morti)、そして、まもなく始まるチョコレート祭りを前に、ペルージャのミニメトロ終着駅の巨大駐車場には、毎年この時期に、大型遊具が設置され、ミニ遊園地ができます。今夜の花火は、この遊園地の利用開始を知らせるためのものだろうと夫が言っていました。

関連記事へのリンク
- ペルージャ、死者の市 (2/11/2010)
- 死者のソラマメ、死者の市 (31/10/2010)
- ペルージャ、チョコレート祭り (20/10/2010)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2013-10-12 23:59 | Fiori Piante Animali