イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

秘蔵のフィレンツェ3、ドゥオーモII

昼食後は、本来は年に1度しか開放されないというドゥオーモの屋上テラスを、歩いて撮影することができました。

f0234936_2193858.jpg
Evento per Fotoblogger, Firenze 19/10/2013

In alto verso il cielo, verso la Cupola

らせん階段を上り、ブルネッレスキが資材を持ち上げるのに利用したという機械の傍らを通って、
f0234936_2110374.jpg
Brunelleschi usò questi attrezzi per sollevare i materiali,

地上32メートルの高さにある屋上テラスに出ます。
f0234936_21102793.jpg
noi saliamo centinaia di scalini.

ジョットの鐘楼に向かって歩いていきます。
f0234936_21112492.jpg
Ora verso il Campanile di Giotto

クーポラなど、大聖堂の造りや装飾を、間近に見ることができ、町並みの眺めも楽しむことができます。
f0234936_21114575.jpg
si cammina sulla terrazza;
sopra di noi la Cupola così vicina e dovunque i panorami stupendi.

朝訪ねたサン・ジョヴァンニ洗礼堂を、今度は上から見下ろします。ダンテが、郷愁を込めて、「我が美しきサン・ジョヴァンニ」と呼んだ洗礼堂はまた、第二次世界大戦前までは、フィレンツェのすべての市民が洗礼を受けた場所でもあるそうです。
f0234936_2112244.jpg
Il Battistero, chiamato da Dante con nostalgia, “il mio bel San Giovanni" (Inferno, canto XIX)

招待メールを送ってくれたフランチェスかが向こうから手を振って、あいさつしてくれています。
f0234936_21122075.jpg
Un attimo di saluto a Francesca e ai panorami,

いったん中に入ると、大聖堂内部を鳥瞰できます。
f0234936_21123858.jpg
rientro nella Cattedrale, ora siamo sopra le arcate gotiche.

フォトブロガーたちは、撮影に余念がありません。
f0234936_21125321.jpg
Fotoblogger al lavoro!

床を飾るモザイクのみごとさと配置の妙に感嘆します。
f0234936_21131295.jpg
Il pavimento tessuto dai meravigliosi mosaici.

再び外に出て、華やかなファサードの上を歩きます。大聖堂を彩る白・緑・ピンクの三色の大理石は、それぞれカッラーラ、プラート、マレンマから運ばれたそうで、当時のフィレンツェの富と繁栄を改めて思います。
f0234936_21132912.jpg
Di nuovo fuori, sopra l’elegante facciata del Duomo
decorata dai marmi bianchi di Carrara, verdi di Prato, rossi della Maremma.

今度は、洗礼堂に背を向けて、ドゥオーモの反対側のテラスを、
f0234936_2113453.jpg
Con il battistero alle spalle sull’altro lato della terrazza,

クーポラに向かって歩いて行きます。
f0234936_2114167.jpg
ora verso la Cupola, stiamo per salire là dentro.

美しい外壁や風景としばし別れ、クーポラ上の展望台を目指して、赤屋根の内側を登るためです。
f0234936_2114192.jpg
Già siamo in alto, sopra i tetti, la gente minuscola.
Ci attendono ancora le meraviglie e le scale.

下の写真は、昼食後、ドゥオーモへと出陣する前に撮影したものです。我らがガイド、ルイージさんが説明する背後にある歴史ある建築物の窓に、ドゥオーモのクーポラがきれいに写っていて、個人的に気に入っている写真です。
f0234936_21144031.jpg
Foto scattata prima dell’avventura sulla terrazza e nella cupola. Nelle finestre del palazzo antico dietro si riflette la cupola della Cattedrale di Santa Maria del Fiore.

 ドゥオーモの屋上テラスは、今のところ、毎年9月8日だけ、市民や観光客に無料で開放され、散歩ができるようになっているそうです。それは、1296年(1298年という説も)9月8日に、大聖堂を築くための最初の石が置かれたことを記念して、祝うためです。(下記リンク参照)今回、フォトブロガーを招待し、特別訪問を企画したのは、1296年以来、大聖堂を始めとするサン・ジョヴァンニ広場の建造物の建築や修復・運営を担当しているOpera di Santa Maria del Fioreです。このときの説明では、大聖堂のテラスで、毎日観光客が散歩できるようにするためには、通路や係員、安全の確保が必要で、現状では難しいけれども、将来的に可能になるように、支援を要請しているところだとのことでした。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 秘蔵のフィレンツェご招待1 / Fotoblogger a Firenze 1 (19/10/2013)
↑↑ サン・ジョヴァンニ洗礼堂(Battistero di San Giovanni)の一般公開されていない歩廊、マトロネオ(matroneo)を歩き、美しいモザイクを鑑賞することができました。
- 秘蔵のフィレンツェ2、ドゥオーモI / Fotoblogger a Firenze 2 - DuomoI (21/10/2013)
- 大聖堂クーポラ登り、フィレンツェ4 / Fotoblogger a Firenze 4 - Cupola del Duomo (31/10/2013)
- イタリア語学習メルマガ第90号「フィレンツェ洗礼堂とダンテの郷愁~美術書を読む」
- イタリア語学習メルマガ第20号 「イタリア語の歴史とダンテ」

Riferimenti bibliografici & web
- S. Buricchi, A. Sanna, G. Uzzani, “Firenze”, L’Espresso, 2011, Roma.
- Opera di Santa Maria del Fiore・Firenze – La passeggiata sulle terrazze (8 settembre)
- Opera Magazine – Eventi Passeggiata sulle Terrazze della Cattedrale
- facebook – mimulus – Il Grande Museo del Duomo apre ai blogger! 19 e 26 ottobre 2013: eventi per foto/travelblogger!

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/20707896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazu at 2013-10-29 00:41 x
なおこさん、こんばんは。凄い眺めですね。ジョットの鐘楼が手に触れられる位置にあるなんて、目を見張ります。歩けるこんな屋上テラスもあるとは知りませんでした。クーポラは上りましたが、結構狭くてほこりっぽくて、上がり始めるともう途中で引き返せなくて、でも上がったら狭い場所でしたが絶景でした。生涯忘れることのない景色です。

なおこさんは確か高いところが苦手だとおっしゃっていましたが、大丈夫でしたか。この屋上テラスはクーポラまで続いているのかしら。どれも貴重な写真ですね。そしてとても綺麗。メルマガも読ませて頂きましたが、私には難しくて辞書を片手にですが、なおこさんの解説がとても分かりやすかったです。ダンテはほんとにフィレンツェを愛していたのですね。ちょっと感動でした。
Commented by ayayay0003 at 2013-10-29 01:13
なおこさん、こんばんは。どの写真も素晴らしいです💘一年に一度しか入れないところになんて、羨ましいです!でもなおこさんの写真で、自分も見たような気持ちになれて幸せな気持ちになれるのでとっても癒されてます(*^^*)いつもありがとうございます♪歯をお大事に!私も歯では、二年前にひどい目にあったので人ごととは思えないです😿
Commented by milletti_naoko at 2013-10-29 02:21
かずさん、こんばんは。風景にも、そして、間近に見たファサードの装飾の美しさときめ細かさにも感動しました。この後、クーポラにも上ったんですが、今考えると、あのクーポラの赤屋根とモザイクの間にある空間を歩いていたわけですよね。下にはどっしりした石の階段が見えたので、あのときはあまり考えなかったのですが…… ありがとうございます。このテラスやクーポラでは恐怖を感じなかったのですが、おとといチッタ・ディ・カステッロで、階段100段ほどだというから塔のてっぺんに上ったら、途中からはすべて下が丸見えの木の階段で、それはそれは怖い思いをいたしました。

クーポラに上られたんですね!見晴らしが本当にすばらしいですよね! メルマガを読んでくださったんですね。ありがとうございます。わたしもここまでダンテが恋しがった故郷で、少なくとも死後は尊ばれ、絵と作品が大聖堂にまで飾られたと知って、うれしかったです。
Commented by milletti_naoko at 2013-10-29 02:47
アリスさん、こんばんは。おほめの言葉をありがとうございます! 機会があれば、ぜひ9月8日に、あるいは2016年以降、もしだれもが上れるようになったら、いつか訪ねてみてください。わたしも、こういう機会を与えてもらえて、本当にありがたかったです。記事を通して、見晴らしと感動を共有していただけて、うれしいです♪ ありがとうございます。いけないと思いつつ、甘いものに手が伸びていますが、歯を大切にするよう気をつけます。
Commented by ムームー at 2013-10-29 15:31 x
なおこさん
こんにちは。
街並みがすべて芸術作品を見てるようですね。
無駄なく美しさが際立つ街並みにうっとりしています。
日本も美しい街並みはありますが、そぐわない建物が
あったりします。
こういう長い歴史に彩られた所のひとつひとつに
感動ですねぇ~
こちらの日の入りは5時すぎなんですの、何も
見れなくなりました。
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2013-10-29 17:19
ムームーさん、おはようございます♪ 京都とフィレンツェは姉妹都市なんですよね。フィレンツェも美しいのですが、京都の古い佇まいや寺社・庭の美しさにも感動します。わたしも、そぐわない建物が混在するのが残念なのですが、たとえばうちの夫や友人は、京都駅を未来の建物のようだと絶賛しますし、最近仕事でお会いした都市計画を手がけるアメリカの方も、京都や東京のように、歴史あるものと新しいものが混在する町並みを意外性と多様性に満ちていて、すばらしいとほめていました。 

中世には、道は建物に挟まれて狭く、60以上もの高い塔のような家が立ち並んでいたのを、政権の基盤が固まった14、15世紀には政庁など、領主の権力を象徴する搭が突出するように、その大半が取り壊されたそうです。大聖堂自体も、繁栄したフィレンツェがもはや当時の大聖堂には満足できず、シエナやピサの大聖堂をしのぐ建築物をと、町の威信をかけて築き上げたそうです。美しい町並みや大聖堂にも、歴史が深く関わっているのだなと、興味深いです。

日の入りが5時過ぎ! そんなに早いんですね。これからどんどん短くなるのがつらいですね。こちらこそ、いつもありがとうございます。
by milletti_naoko | 2013-10-28 13:17 | Toscana | Trackback | Comments(6)