イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

片づけの呪文もスキトキメキトス

 恥ずかしながら、掃除と片づけは苦手です。日本に住んでいた頃のように、終始仕事で忙しいわけでもなく、その気になれば、きれいに家を整える時間はあるはずです。お料理上手のお義母さんが、「料理より掃除の方が好き」と言うように、イタリアでは、日本の感覚からすると、ここまで徹底しなくてもいいのではと思うほど、掃除が行き届いた家もよく見かけます。夫も、自分は何でも散らしたり汚したりするばかりなのに、ピカピカの家に慣れているので、わたしには、お義母さんがしていたように、いつでもどこでもきれいにしておくようにと口うるさいのです。おかげで、掃除が苦手なわたしも、いつお客さまが来ても慌てない程度の掃除はできています。でも、上の階に住む義弟の奥さんは、お義母さんに輪をかけた掃除好きで、たとえば階下の義父母宅でおしゃべりをしているときでも、気になるし手持ちぶさただからと、家具の上に置かれた小物のホコリを取りながら、話したりすることさえあります。上と下を、そういうとってもきれい好きな女性たちが掃除する家に挟まれて、そういうわけで、何だか肩身の思いをしています。

 そういうわけで、「今年こそきちんと掃除・片づけをするぞ」と、毎年心に誓いつつ、結局なあなあになるということを、この数年繰り返してきました。ただ、2014年は、「今年こそ」という気合を入れるためにも、確実に片づけられる人になるためにも、大いに役に立ってくれそうなこちらの本を、年末に家計簿と共に、日本から取り寄せました。

片づけの呪文もスキトキメキトス_f0234936_4362755.jpg

 日本のさまざまな方のブログの記事から、「断捨離」なる片づけが流行し、いろいろな方がそれで掃除を試みたり、成功したりされたということは知っていました。ただ、本の題名や片づけ方が、精神修行のようで禁欲的で、「こうしなければいけません、思いを断って」と迫られているような気がして、遠い日本からわざわざ本を注文して実践してみようとまでは、思えませんでした。

 それが、この近藤麻里恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』です。ベストセラーになって、ドラマ化もされたとのことなので、日本にお住まいの方は何を今さらと思われるかもしれませんが、この本の紹介や、その教えに従って片づけをされている方のブログの記事を読んで、この方法ならわたしにも、片づけができそうだ、それも、楽しみながらできそうだと感じました。「人生がときめく」や「魔法」という言葉に、題を読んだときから、すでに魔法をかけられたような気がします。

 読み始めたのは、ようやく昨日になってからなのですが、この本を買ってよかった、これならわたしも立派に片づけができそうだと思いました。まだ100ページしか読んでいませんが、目からうろこが落ちるような学びがいくつもありました。「しなければいけないから掃除をする」のではなく、「もっと自分が楽しめるような、うれしいような、ときめいて生きていけるために、暮らしていけるために片づける」。片づけのとらえ方を、義務や責任から、夢への架け橋、夢の実現への確実な一歩へと、180度転換してくれました。読めば読むほど、片づけたあとに訪れるであろうすてきな毎日や家の様子が、確信できるようになってきました。そうして、「もったいない」という思いから、いかにすでに必要もなくなったものや心がときめかないものがあふれる中に、自分が暮らしているかということに、唖然としました。料理だって、いい素材を使って、さらにいい味が引き出せるように、毎日の暮らしだって、単にあるからという惰性ではなく、自分が本当に好きなもの、心がときめくものだけに囲まれて暮らせば、確かにより幸せな、うれしいものになることでしょう。服に限らず、日用品を大切にする、一つひとつの物にきちんと向かい合う。単に片づけの仕方だけではなくて、日々を生きる上で大切なヒントも、すでにたくさん教えてもらいました。

 しっかり片づけてしまい、すっきりした家で暮らすためにも、フランス語は脇におき、まずはこの本を読んで、片づけに励むことにしました。そうか、片づけも、「自分が本当に好きなもの」、「心がときめくもの」を選び、心のときめく日々を送れる助けになってくれるなら、呪文はやっぱり恋と同じで、「好きときめきとキス」、「スキトキメキトス」だなと、懐かしいアニメの歌を思い出しました。



 わたしの片づけのテーマソングになってくれそうです。

********************************************************************************************************************************
Manuale straordinario per ordinare la casa.

Lo sto ancora leggendo, ma imparo anche a come vivere meglio. In sintesi il libro dice: "Teniamo a casa solo ciò che ci fa battere il cuore e ci piace veramente e buttiamo tutto il resto nel cestino, in modo che possiamo vivere circondati solo dalle cose che ci rendono felici e vivere con gioia." Poi ci sono anche le istruzioni pratiche e dettagliate.
Infine una canzone del cartone animato giapponese, "Sasuga no Sarutobi", molto carina e simpatica.
********************************************************************************************************************************

LINK
- amazon.co.jp - 『人生がときめく片づけの魔法』、近藤麻里恵著
- amazon.it - Libro, "Il magico potere del riordino. Il metodo giapponese che trasforma i vostri spazi e la vostra vita"

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2014-01-21 20:39 | Film, Libri & Musica