イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

改築状況と台所選び

 昨日の夕方は、改築中の家の正面ドアの前にあるテラスに敷きつめるレンガを、今も伝統的な製法でレンガを作る、チッタ・デッラ・ピエーヴェの工房まで取りに行きました。

f0234936_7403292.jpg

 内部のドアを職人さんに頼むと、いいドアはできても、値段がとても高くなるので、試しに出来合いのドアを一つ購入し、そのドアを設置するための金具を買ったり、

f0234936_7404939.jpg

敷地を囲むための生垣に使いたい若木や苗を売る店を見に行ったり、右手に見える正方形の穴に入れたい、理想の窓ガラスが見つからずに、あちこちの店を回ったり、今週も慌しく、改築を進めるための作業や店回り、買い物が続いています。そう言えば昨日は、壁に取りつけるシャワーも一つ購入しました。

 最近、二人で一番頭を悩ませ、あちこち店を回ったり、あれこれと思いあぐねたりしているのは、台所です。

f0234936_741397.jpg
Cucina della casa dove abbiamo trascorso il fine settimana con amici

 こちらは、先週の週末に友人たちと借りて、ピザの宴を楽しんだ山の家の台所です。使い勝手もいいし、家の造りにあった、こういう台所ができれば、それに越したことはないのですが、それではとんでもないお金がかかることは、数年前に、現在住む家で利用中の台所を作るために、あちこちで見積もりを頼んで、よく知っています。ちなみに、この台所でおもしろいな、いい工夫をしているなと思ったのは、天井から吊り下げてあるはしごです。フライ返しやおたまなど、調理に必要な道具をこうやって、うまくはしごを利用して、取りやすいように工夫し、さらに上にも、籠を置いたりして、場所も有効に活用しています。

f0234936_7412159.jpg
Cucina Berta, dal sito di Mondo Convenienza

 ミジャーナの改築中の家には、田舎の古い家らしい、木の味が出る台所を置きたいけれど、値段はできるだけ抑えたいというわけで、最初に見積もりを頼んだのは、Mondo Convenienzaのこちらのシリーズの二つです。今、居住空間を整えつつある階には、二つアパートがあり、どちらにも台所を設置する予定だからです。

 台所が一列に並び、必要最低限のものがそろった標準タイプ、幅255cmのシステムキッチンであれば、オーブンや冷蔵庫つきで、値段がとてもお得です。台所のうち一つは、窓の位置や壁の長さの関係で、どうしてもL字型にしか置けず、そうすると、冷蔵庫もオーブンも抜きの小さい台所でも、標準タイプより高くなってしまいます。

f0234936_7423065.jpg

 そのため、素材をそれぞれ買って、自分たちで台所を創ろうかという話にもなり、最近は、ペルージャ郊外の工場へ、こんな流し台を見に行ったりもしました。電話の宣伝攻撃に負けて、昨日は、家具専門店でも、システムキッチンを見たのですが、やはり、大型家具スーパーに比べると、同じようなものでも、かなり値段が高くなります。覚悟はしていましたが、実際の改築費用は、当初の見積もりを大幅に上回る金額になり、現在は、銀行の住宅ローンも、各社のものを比較して、検討中です。お金がないのも、作業が遅れてしまう理由です。

 ともあれ、少しずつ少しずつ、二つのアパートが完成に近づいています。夫は、今年の4月からはお客さんが滞在できるようにしたいと言います。まずは決定しても、業者に頼んでからが、また日数もかかるので、カレンダーともにらめっこしつつ、急ぎ足になっているわたしたちです。

******************************************************************************************
In questi giorni, siamo in giro per andare a prendere i mattoni e le pianelle per la terrazza, vedere le piante che serviranno come recinto, comprare una doccia per un bagno, visitare diversi negozi per decidere come realizzare due cucine...
******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/21319199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2014-01-24 15:41
なおこさん、改築中のお家のドアや、テラスに敷くレンガ、生垣の若木に至るまで自分たちで吟味されるって素敵ですね♪日本だと何だか業者任せという感じでないかと思います(^-^;そうやって自分たちで手間暇かけたお家には、愛着もひとしおだと思いますよ。(^-^)
システムキッチンも、イタリアのものは、何だかオシャレで羨ましいです♪私まで何だか楽しみになってきました。(*⌒∇⌒*)
これからも改築の記事楽しみにしてますね~(*≧∇≦)ノ
Commented by milletti_naoko at 2014-01-24 18:44
アリスさん、建築業者によっては、電気技師や水道配管工事をする人がチームに含まれていることもあるようですが、基本的にはこちらでは、すべていろいろな業者に当たって、自分たちで決めていくことが多いようです。古い家を専門に細部まで仕上がりについて助言をくれる専門家の方もいるようですが、料金が高くてとてもとても…… レンガ業者の方にしても、「テラスへのレンガの配置の仕方はこの方がいい」など、いろいろ教えてくれて助かります。昨日取りに行ったレンガが10枚足りなかったという問題はありましたが。

イタリアにも、日本と同じように使いやすさを重視した似たようなキッチンは多いし、その方がずっと安いのですが、石造りの古い家に合うものをと言うことで、こういう昔風の木の温かみのある台所を考えています。わたしも、こういう木造りの台所、かわいらしくてとても好きです。

頭を悩ませることは多いのですが、こうして少しずつできあがっていくのはうれしいです。お優しいお言葉をありがとうございます♪
Commented by kazu at 2014-01-24 21:25 x
キッチンは主婦のお城だから、やはり好きなように気に入ったようにしたいですよね。なおこさんの思いの詰まったキッチンがどうか実現しますように。我が家も数年前に、お風呂場だけのリフォームがついでにと、トイレも台所もとなって、ついには全面改装になりました。結構大変だったので、なおこさんのお家のことも分かる気がします。どこかで折り合いを付けないと、したいと思うことはきりがなくて、かといって、こだわりも捨てられなくて。難しいですよね。でも、素敵なお家がこうして出来上がっていくのは、財産だもの。時間が掛かってもあきらめずに、出来るだけ希望通りに造れたらいいですよね。あとからは、もう出来ないこともあるから。私も完成を楽しみにして、心から応援しています。
Commented by suzu-clair at 2014-01-24 22:30
だんだんと完成に近づいていっておられるのですね☆
ご自分たちの手で、
ひとつひとつじっくりと作り上げていかれるおうち、
本当に愛着のわく素敵なお住まいとなられることでしょう。
この日々を重ねたプロセスもまた、
大切な思い出となりますね☆

とっても素敵なおうちになりそうですね~!
お近くなら、遊びに行きたいくらいです(笑)。
きっとなおこさんたちのお友達もみんな、
そう思っておられることでしょうね♪
Commented by Yuccolina at 2014-01-24 23:35 x
石造りの家の外観写真、とってもきれいです。
二人のアイデアで少しづつ家が完成していくの、大変ですがとても楽しい工程ですね。
ちょっとサイズが合わなくて、、とかちょっとだけ材料が足りなくて、、などという事も多いことと思います。
石造りの家にも合いそうなカウントリー風のキッチン!私達も去年たくさんのキッチン見て回りました。
(私達もちょうど去年家具付き賃貸から自分たちの改装したアパートに移ったので)。
一番費用がかかる印象を受けたのがキッチンでしたね。。
パーツパーツではそんなに、と思っても最終見積もりにはぎょっとする値段になったりで驚きました。
でも結果、自分たちで相談して手間ひまかけた家、愛着はひとしおだと思います!!
これからもやること盛りだくさんだと思いますが、完成目指して旦那さんと頑張ってくださいね~ ^ ^


Commented by milletti_naoko at 2014-01-25 00:24
かずさん、伝統的な古い家らしくと、屋根瓦に高価な古いものを使うなどしてきたので、内部を造り上げるにあたって、予算と相談する必要に迫られています。本当は一つひとつ自分たちが好きなものを選べたらいいのですが、たとえば標準タイプのステンレスの流し台の大きさや材料を変えるなどしただけで、同じ幅でも、冷蔵庫もオーブンもなしでも値段が標準タイプより数百ユーロ高くなり、さらに冷蔵庫などの料金が上乗せになってしまいます。それに、基本のデザインが気に入れば、すべて個別に希望を入れなくとも、機能的なすてきな台所になると思います。わたしは標準タイプが使えるアパートの方は、それを使った方がお得だと思うのですが、わたしよりは夫の方が、電源の配置にそぐわないし作業台が小さいしと難色を示しています。逆にL字型になる方は、自分たちで手作りやアイデアで工夫して創れば、値段も抑えて、個性的なものができそうだとわたしは思うのですが、夫はやはり業者に任せた方が統一が取れると言います。基本的には旅行者滞在用のアパートなのですが、やっぱり自分たちもいいと思えるものが人もいいと思うだろうしと、悩んでいます。応援をありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2014-01-25 00:29
すずさん、こちらでは家を改築するにも、一つひとつ技師や業者や材料を決め、そのためにあちこち回る必要があるので、なかなか大変ですが、手間をかけた分だけ、家に対する愛着もわいてきています。

機会があれば、ぜひ遊びに来てください♪ 友人たちも、もうかなり長い間、完成を楽しみにしてくれています。この週末も、雪が積もって交通が難しくならなければ、友人たちがアドリア海岸から、作業を手伝いに来てくれる予定です。
Commented by milletti_naoko at 2014-01-25 00:33
Yuccolinaさん、ご自分たちでいろいろと考えて、改装したアパート、住み心地は最高でしょうね。そうなんです。カントリー風のキッチンを始め、すてきなつくりの台所が、店にはいろいろ並んでいますよね。選ぶのは大変ですが、見るのは楽しいです。キッチンも、標準タイプですめば、かなり安く上がるのに、実際には配置を変えざるを得なかったり、あれやこれがほしいとなって、自分たちの希望を入れてもらうと、びっくりするほど高くなりますよね。わたしたちが今使用中の台所も、最終見積もりにはぎょっとしました!! その分、今も台所を見ると、うれしくなります♪ ありがとうございます。完成を目指して、頑張ります!
by milletti_naoko | 2014-01-23 23:43 | Altro | Trackback | Comments(8)