イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

5人寄れば大前進

 昨日土曜日から今日の昼まで、リミニから駆けつけた友人たちが加勢してくれたおかげで、一気に改築作業がはかどりました。

5人寄れば大前進_f0234936_6203072.jpg

 フランコに後光が差して見えるのは、何もこの写真の中だけの話ではありません。過去に家具職人をしたことがあり、今は水道配管工事屋として働くフランコは、自分たちの住む家を、時には専門の職人や友人の力も借りながら、自らの手で建てた人です。

5人寄れば大前進_f0234936_6205276.jpg

 というわけで、夫も手伝いながらですが、昨日はトイレを設置し、

5人寄れば大前進_f0234936_7111217.jpg

ルロワ・メルランで買ってきた出来合いのドアを、このトイレの入り口に取りつけ、

5人寄れば大前進_f0234936_6212878.jpg

テラスと台所には、改築が始まる前に、下の階で使われていた古いドアを、

5人寄れば大前進_f0234936_621478.jpg

取りつけてくれました。

 わたしたち女性陣はと言うと、ずっと以前に使われていた古いかんぬきや古い柵の修復作業に当たりました。

5人寄れば大前進_f0234936_622722.jpg

 木を使って和風の照明を作る仕事をしているシモーナ(下記リンク参照)は、ひどく傷んだかんぬきの修復に専念し、

5人寄れば大前進_f0234936_6223093.jpg

マヌーとわたしは、古い柵の一本一本の傷んだ部分を、ワイヤーブラシやヘラでこそぎ落としたり、刺さっている釘を抜いたり、打ち込んで埋めてしまったりしました。

5人寄れば大前進_f0234936_6234583.jpg

 長い間使われていなかったので、とんでもなく埃が立つものが多く、埃にむせながら作業を続け、終わったときには、二人とも埃まみれになっていました。日暮れ過ぎまでに、これだけの柵の木をきれいにすることができました。最後に行くほど、湿気たものが多いので、最初に比べて、かなり間隔を開けて、積み重ねました。

5人寄れば大前進_f0234936_6242639.jpg

 ご覧のように、土曜の昼、みなが到着した頃には、遠くの山々を始め、スバージオ山(Monte Subasio)の頂にも雪が積もっていたのですが、スバージオ山や低い山の雪は、夕暮れ時にはほとんど解けてしまっていました。

 見晴らしがすばらしいこのテラスからは、今日や昨日のように、最低気温が氷点下まで下がる寒い日には、冷気が屋内に入り込みます。

5人寄れば大前進_f0234936_6244270.jpg

 それでも、夜はこんなにきれいな夜景を、家にいながら楽しむことができ、今は、上部は少し開いているもののドアができたので(写真上から4枚目)、屋内に入る冷たい空気も少なくなりました。

5人寄れば大前進_f0234936_624579.jpg

 すきま風の少ない上の階の部屋で、皆といっしょに寝袋で眠った翌朝は、太陽こそ雲の後ろに隠れていたものの、きれいな夜明けを見ることができました。

5人寄れば大前進_f0234936_6251214.jpg

 朝食後、さらに上に昇った日が、雲の間から金色の光を投げかける様子も、神秘的です。

5人寄れば大前進_f0234936_6252710.jpg

 今日はフランコは、水色のトイレのシャワーの床に敷きつめた石の間をしっくいで埋め、

5人寄れば大前進_f0234936_6254389.jpg

 わたしたちは、雨ざらしになっていた古い梁を、乾かして切って、柵に利用するために屋内に運び込んだり、

5人寄れば大前進_f0234936_6262554.jpg

壁に塗ったペンキが落ちて、床が汚れた部分をきれいにしたり、

5人寄れば大前進_f0234936_6264119.jpg

今後の改築作業について、フランコに相談したりしました。

5人寄れば大前進_f0234936_6265725.jpg

 作業を終えて、義母が準備してくれた昼食の席へと向かう頃には、こんなにきれいな青空が広がっていました。この2日間で、びっくりするほど、改築作業が進みました。みんな、本当にどうもありがとう。

*******************************************************************************************************
Grazie ai nostri superamici, molto avanti i lavori di ristrutturazione.

Ora abbiamo tre porte interne, un bagno quasi completo,
cancello, pali & pavimenti in una condizione migliore e non solo.
Inoltre, è sempre bello trascorrere il tempo insieme.
Durante e dopo i lavori, bellissimi panorami delle montagne con la neve.
*******************************************************************************************************

LINK
- 2013年から2014年へ / Casa di Migiana dal 2013 al 2014

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2014-01-26 22:27 | Altro