なおこのイタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

いきなりスペイン語

 昨日から、イタリアで入手できるよさそうなスペイン語の入門書を探すために、アマゾンイタリアやスペイン語を学習するイタリア人向けのサイトを訪ねて、いろんな独学用の入門書の書評を調べていました。

f0234936_784480.jpg

 そうして今日、近所の書店に置かれていたスペイン語の入門書を手に取り、アマゾンでの書評も思い起しながら、ページをめくったり、外側の解説を読んだり、大きさや厚さを見比べたりした結果、店頭で、この『Impara lo spagnolo con Zanichelli』を購入しました。

 フランス語の入門書は、多少入門者には難しすぎるように思えるものの、しっかりできているGiunti社のCorso completoシリーズは、スペイン語については、アマゾンイタリア上の書評がいまひとつで、今日訪ねた書店にはありませんでした。それに、フランス語同様のつくりとすれば、1か月で勉強するには、難しすぎるだろうとも考えました。アマゾンでもスペイン語学習サイトでも、絶賛されているAssimilの本とCD4枚のセットも、店には置かれていています。迷いはしたのですが、会話に置く比重がかなり重く、会話ではB2レベルに到達できても、読み書きや文法の力はそれほどつきそうにないように思われ、また、わたしは会話も、文法や書き言葉も共に学ぶのが好きなので、選びませんでした。

 昨日アマゾンの書評やスペイン語学習サイトを見て、評価が高かったのは、わたしが買ったザニケッリ社の入門書と、『Lo Spagnolo in 30 giorni』という本の2冊でした。書評から察するに、どちらも日常生活や旅行などで遭遇しがちな場面についての会話を柱として、語彙や文法も勉強できるようになっていて、CDがついており、わたしが好きなつくりになっています。ただ、会話の長さや文法項目の説明の程度が、表紙の写真や書評だけでは分かりません。アマゾンイタリア上では、確か昨日の時点では、わたしが買った本は「2、3週間後に取り寄せ」となっていたため、昨夜はよほど、内容が分からないままでも注文しようかと思ったのですが、今日になって、「やっぱり学習書は、手にとって、ページをめくって内容を見比べないと、選べない。」と考え、食料品の買い出しに行く途中に書店に寄って、店員さんに質問し、いろいろと教えてもらったあと、Assimilと『スペイン語30日』と『スペイン語はザニケッリで学べ』の三つを、つくづくと見比べて、悩みました。

 店員さんは、「私はこのザニケッリシリーズでドイツ語を勉強したんですが、とてもよくできていますよ。」と勧める一方、「人気があるのはAssimil」だと教えてくれました。それでも、ザニケッリ社の入門書が、これまで使ったイタリア人向け入門書に比べると、導入会話がひどく短く、文法の説明が少なく思えて気になったのですが、『スペイン語30日』は、本とCD入りの箱を、開封して中を見ることができない上に、箱がこれだけ小さいのなら、本に書かれている情報も限られてくるし、本のサイズも小さそうで、字を書き込むにも苦労しそうだと、結局は、このザニケッリ社の入門書を選びました。アマゾンイタリアでは在庫もなかったしと、購入して帰り、今この記事を書くために見たら、店頭での購入価格より4ユーロ安くなっています。

 ただ、今日すぐにも手に入り、中を見て購入できたことに満足しています。帰宅後は、買ってきた食品を片づけ、夕食のしたくをしながら、さっそく2枚あるCDのうち1枚を聞き始めました。スペイン語だけが録音してあるものと思ったら、イタリア語の説明や訳まで入っていて、少々がっかりはしましたが、逆に言うと、本での勉強が進まなくても、聞き流すだけでも、会話に耳を慣らしながら、身につけることができるということです。わたしは、本来、日本語を教えるときでも、外国語を学ぶときでも、まずは何も知らない状況で聞きながら、概要をつかみ、内容を推測・把握することが大切だと考えています。これは母語で何かを読んだり聴いたりするとき、脳がこんなふうに働くからです。それなのに、このCDには、少なくとも最初の部分には、先にイタリア語の言葉があって、それをスペイン語で言っているところが何箇所かあって、それが残念なのです。

 フランス語と違って、日本から入門書を取り寄せる時間もなく、1か月で、1冊をみっちり勉強しようと考えているので、少し易しく見える(見えるだけかもしれません)、このくらいがちょうどいいのかもしれません。アブルッツォ旅行以来、フランス語で読むことや聴くことさえさぼり、フランス語学習がすっかり頓挫しているというのに、なぜここでいきなりスペイン語を勉強するのか。それは、来月末から、約10日間だけですが、夫や友人たちと共に、サンティアーゴ・デ・コンポステーラまで歩くことが、ほぼ決まったからです。

 それで、昨日から、留守が続いた家の中を片づけ、ブログの記事を書く傍ら、飛行機やスペイン語の学習書の情報を、あれこれと調べ続けていました。巡礼のためのガイドも、航空券も、購入するのはこれからです。

 というわけで、これから1か月は、スペイン語の勉強に励みます! ポルトガル語やギリシャ語も、やはり旅に出る1か月前から勉強して入門書を1冊終え、相手の言うことを理解するのは大変なものの、自分の言いたいことは、本に助けられながら、何とか伝えることができました。2006年秋にポルトガルを訪ねたのも、本来は友人たちと共にポルトガルからサンティアーゴまで歩くためだったのが、夫がひざを動かすのに痛みを感じたため、そのときは、巡礼をする代わり、バスでポルトガルを周遊しました。あのときは、3週間の旅の2週間が終わった頃から、ようやくポルトガルの人たちと話ができるようになったのですが、スペイン語の方が、イントネーションや言葉がイタリア語に近いという印象があります。ただ、巡礼の場合は、結局は友人とイタリア語で、他の巡礼者と英語で話すことが多く、結局、スペイン語を使える機会はそれほどないかもしれません。とは言え、備えあれば憂いなし。フランス語をしっかり身につけてから、スペイン語も勉強して、それからサンティアーゴへ、もっとしっかり収入がある身になってからサンティアーゴへなどと考えていたのですが、人生、思い立ったときが好機です。というわけで、9月22日の出発に向けて、明日から本格的に、スペイン語の勉強を始めます。

DA OGGI STUDIO LO SPAGNOLO
con questo libro per un mese, perché cammineremo verso Santiago di Compostela dal 23 settembre anche se solo per circa dieci giorni. In futuro vorrei camminare un percorso classico, ma per iniziare questo anno cammineremo insieme agli amici che hanno già raggiunto Santiago a piedi più volte. Peccato, l'originale del manuale è in inglese. Sarebbe stato meglio se fosse stato scritto per gli italiani. Comunque, per un mese studio la lingua spagnola! Mi aiuteranno le conoscenze dell'italiano. Nel 2006 ho studiato il portoghese sempre per un mese con un libro e di recente poco ma studio il francese dal 2012. Anche le conoscenze di queste lingue saranno utili per imparare lo spagnolo.

LINK
- Amazon.it - ”Impara lo spagnolo con Zanichelli” Con 2 CD Audio (Zanichelli, 2012)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/22774478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2014-08-21 15:25
こんにちは♪
来月は、スペインのサンティアゴ巡礼の旅に出られるのですね~(*_*)確かに思いたった時が行きどきかもしれません!
私も今まで若い頃からそのようにしてきたので、あの時でなければ行けなかっただろうということ今になって思えばたくさんあります~(笑)
ただなおこさんのように語学をマスターしてからという選択肢がなかったもので…(笑)
スペインへ旅行した時の現地在住のガイドさんが、「日本人にとっては、フランス語やドイツ語の発音よりスペイン語のそれは簡単なのですよ~」なんて言ってましたが…私には全くわからないので本当かな?と思った思い出があります。
なおこさんは、語学学習が大好きなので多分短い期間でもかなりマスターされるに違いないと思います(*^^*)
また、色々なことの記事を楽しみにしていますね~♪


Commented by toto at 2014-08-21 16:43 x
おはようございます。次はスペイン語ですね! バルセロナに長く住んでいる日本人の友人が、イタリア語を勉強しようと思ったけれど、あまりにもスペイン語に似ているのでやめた、と言っていました。なおこさんはすでにフランス語も勉強されているし、もちろんスペイン語の方が発音は日本人に馴染みやすいし、1カ月とは言え、結構いけるのではないでしょうか。
私は20代の頃に1年ほど東京にあるスペイン系の会社で働いたことがあって、その時期に少しだけスペイン語を勉強したことがあります。それ以来、勉強はストップしてしまいましたが、次に勉強するならスペイン語と思っています。テキストを進めていって、また感想を聞かせてください!

それと、前回のポストでシェアされてた染色の先生のリンクなどみてみました。素敵ですね〜。私もとても染色など興味あります。縫い物も編み物もするので、いつか自分の染めた糸で編み物を、、、なんて思い描いてます。ベルガモの手芸品店で織物の講座を見つけたのですが、人がいなくて不定期開催らしく「開催するときに連絡します」と言われたものの全くもって連絡なし。でも、あちこちで講座があるんですね。知らなかったです! 楽しみが増えそうです!
Commented by milletti_naoko at 2014-08-21 17:07
アリスさん、おはようございます♪ 眠い目をこすりながらだらだらと書いたので、妙にひとりよがりでだらだらと長い記事になってしまったのですが、読んでくださって、ありがとうございます。リミニの友人たちはこの十年ほど、ほぼ毎年サンティアゴに出かけていて、わたしたちも誘いは受けていたのですが、今年はいよいよ歩いてみることになりました。実質わずか10日ほどですが、いつかは約800kmという古典的な巡礼路をすべて歩いてみるための、その前に、まずは今回、経験を積んだ友人たちと、Camino Primitivoを歩いてみます。

イタリア語が日本人にとって発音が学びやすいのは、音節構造が「子音+母音」である場合が多いという点が、日本語と似ているため、そして、文字表記と発音の乖離が少ないからですが、スペイン語もそうなのかもしれませんね。

最近はフランス語の勉強をすっかりしっかりさぼっていますが、今回は、出発までちょうど1か月、しかも実際に歩くのに必要ですから、気合を入れて頑張ります! マスターとまではとてもいきませんが、旅行中、簡単なことならスペイン語で意思疎通ができるくらい程度の基礎力がつけられたらと思っています。
Commented by milletti_naoko at 2014-08-21 17:40
Totoさんもスペイン語を勉強されたことがあるんですね! あと1か月と出発が目前に迫っているので勉強に気合が入るものと、期待しています。1か月のつめこみ勉強くらいでは、イタリア語の基盤が揺るがない自信はあるのですが、まだまだ勉強中のフランス語とごっちゃにならないかという心配はあります。また勉強を進めていって、本の使い心地をお知らせしますね。実はうちは、義弟の奥さんがエクアドル出身で、母語がスペイン語だったりします。最近は会える機会は少ないのですが、そういうわけでスペイン語に接する機会はこれまでにもありました。

Rosso di Robbiaは、毛糸の染色の方が歴史が長くて、拠点がリミニなので、これからも時々、ロマーニャ地方を中心に講座があると思います。毛糸の染色講座に通ったことはありませんが、先生が熱心でいい方なので、おすすめです。今回のアブルッツォでの草花染め講座には、ジェノヴァやパドヴァ、ヴェローナなど、わたしよりさらに遠方から、電車やバス、来るまで駆けつけた人たちもいて、びっくりしました。
Commented by suzu-clair at 2014-08-21 18:28
これからスペイン語習得なのですね!
がんばってくださいね☆

イタリア語とスペイン語は似たところがありますから、
きっとなおこさんなら、1ヶ月でかなりマスターなさることと思います☆
じつは私も、
外国語の会社に勤めていたとき、
仕事柄、手軽に学べる環境にあったので、
イタリア語のレッスンを受けていたら、
隣でスペイン語をレッスンしている内容が簡単にわかって(基礎的なレベルのレッスンだったためだと思いますが^^)、
イタリアの方はスペイン語も簡単に話せるのだろうなと思いました。
なおこさんが学ばれてのご感想、またぜひお聞かせくださいませ。

スペインへの巡礼の旅、
きっとまた素晴らしい感動との出会いの旅となられることでしょうね。
ご出発の日が、楽しみですね。
Commented by kazu at 2014-08-21 18:55 x
もう何年も前、ローマを一週間掛けて回ったことがあるのですが、その時、同じく一人旅をしているアンドレアという女の子と知り合いになりました。スペイン人でしたが、私の話すたどたどしいイタリア語をよく理解してくれて、一緒にバス観光したり、バチカンやシスティーナ礼拝堂を見学したり、ランチも同席したりして楽しい一日を過ごしました。ほんとにイタリア語とスペイン語はよく似ていますね。また広島に来るスペインからの観光客はすぐにわかって、彼らがSI SI と相槌を打ちながら話しているから、イタリア人かしら、と思うと全く予測も付かない言葉を口にしているので、思い切ってスパニョーロ?と聞くとSI!と笑いながら返事が来たりして、つかの間の交流があったりします。

なおこさんなら、語学の専門家だし、スペイン語はきっとあっという間にマスターされるでしょうね。実際に現地に行って話すことを念頭におくと、モチベーションも上がるし、それが何より勉強に拍車を掛けることになりますものね。楽しみですね。
Commented by milletti_naoko at 2014-08-21 21:23
すずさん、イタリア語教授法の授業だったかで、イタリア語をまったく勉強したことがない、同じゼロの状態からペルージャ外国人大学でイタリア語の授業に通い始めても、上達して中上級(当時のVI grado)にたどり着くまでに要する日数に、スペイン語圏、フランス語圏、英語圏・ドイツ語圏の人と、アジアからの留学生では、母語とイタリア語の言語的近さ・隔たりの関係で、かなり隔たりがある(確かそれぞれ、1か月、3か月、6か月、9か月だったような気がするのですが、もともと外国人相手にこのクラスで教えた経験の長い先生の経験からくる「これくらいか」という大ざっぱな数字である上、生徒さんにもよるでしょうし、この授業を受けたのは、10年近く前なので、記憶もあいまいです)と聞いて、そんなに違いがあるのかと驚いたことがあります。ただ、自分がフランス語を勉強してみて、入門書を終えただけでも、本が読めたり、かたいニュースはある程度理解できたりするのも、イタリア語を知っているおかげで、もともと同じ俗ラテン語から発展・変容してできたために、互いに似ている言語は、やっぱり単語も文法のしくみも共通点が多くて、勉強も理解もしやすいと感じました。(つづく)
Commented by milletti_naoko at 2014-08-21 21:23
すずさんへ(上からの続きです)

通訳は大きい仕事は数か月前に連絡が来ることが多いし、大学や学校の授業は、万一この時期に当たることになっても融通が利くので、身動きもできるし元気だしと、思いきって行ってみることにしました。時々、旅行中に緊急の仕事の依頼が入ることもあるのですが、すみませんが無理ですと丁重にお断りしています。6日間の巡礼やトレッキングは、これまでイタリアで何度かしているのですが、「2週間は初めてだから大丈夫かしら」と言うと、巡礼の達人フランコから、「巡礼は3日以上歩いたら、3日も3か月も同じこと」という返事が返ってきました。せっかく行くのだから、より余裕を持って楽しめるためにも、しっかりスペイン語を勉強します!
Commented by milletti_naoko at 2014-08-21 21:30
かずさんにも、スペイン人の女の子とのそういう出会いが、ローマであったんですね! スペインの人って、くったくがなくて優しいですよね。少なくとも、わたしがペルージャであったスペインの人には、そんな印象があります。わたしが夫と知り合ったのも、スペインから留学していた友人たちと知り合い、その一人が、夫の友人と同じアパートに住んでいたおかげで、よく考えたらスペインとは、もうその頃から縁があるのかもしれません。真夜中の公園でダンスを踊り始めたり、約束はいつもわたしが待つことになったり、ジャガイモとタマネギたっぷりのオムレツを何度かごちそうしてもらったり、なつかしい思い出がいくつもあります。やっぱり広島には、スペインからも観光に来る人がいるんですね。

本には「A1からB2まで到達することができる」とあるのですが、1か月でそこまでは難しいでしょうから、せめて確実にA2程度、旅行などで必要なだけの会話はやり過ごせるだけの力は着くように頑張ります!
Commented by nagisamiyamoto at 2014-08-22 01:32
なおこさん、こんばんは
なおこさんスゴい!本当に積極的な人生を送っていらっしゃると思います。私もイタリア語がイヤになったときにスペイン語を始めました。イタリア語に非常に似ていると思いますが、文法的にはスペイン語のほうがちょいと難しいように思えます。
しかし、語学に興味のある方は筋がいいですからなおこさんには問題ないでしょうね。
がんばってください!本当に勉強熱心で私なんぞ恥ずかしい限りです。
Commented by milletti_naoko at 2014-08-22 17:01
なぎささん、こんにちは。おほめの言葉はありがたいのですが、なぎささんのように毎日お仕事が忙しく、一生懸命心を尽くして働かれている方(ほう)がすばらしいですよ! わたしの方はちょうど今のところは仕事の予定がない2週間に、友人たちが、わたしたちも以前からいつかは行きたいと思っていたサンティアーゴに今年も行くと知って、夫も残り少ない有給を何とかやりくりして、二人で参加することにしました。事故のこともあって、先延ばしにするのはやめて、行きたいとき、行けるときに行こうと、思いきりもよくなっています。ウンブリアのガイド資格を取るために勉強しなければいけない本や事柄、試験の内容が明らかであれば、もともとウンブリアの観光資源には興味があるので、必死に勉強するのですが、試験の実施時期が不特定であるだけではなく、試験の内容自体も、試験で問われることもかなりばらつきがあり偏りがちで、一生懸命勉強しても受かるとは限らないと聞いて、手をつけていません。

昨日は、とりあえずスペイン語についての概要を読み、本の付属CDを家事をしながら一通り聞いてみました。本には今日から取りかかります!
by milletti_naoko | 2014-08-20 23:59 | ImparareL2 | Trackback | Comments(11)