イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d'Abruzzo2

 今月は、3日間、アブルッツォの元修道院で、植物を使って、布を染めると同時に、草や葉、花の形も布に写し取る技術を学んだのですが、皆の顔が一番輝き、一番歓声が上がったのは、

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_6353334.jpg
Corso di stampa naturale su tessuto Florario d’Abruzzo
Foto dell’Ostello sul Tratturo 14/8/2014

美しい紅色に染まった布を、開いているときでした。

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_63614.jpg

 布を赤く染めるには、乾燥させたセイヨウアカネ(robbia tinctorum)の根を使います。染める準備ができた布を入れて、60~75度で煮立てれば、きれいな赤になるけれど、水温がそれ以上に高くなると、レンガのような茶色になってしまうので、注意が必要だと教わりました。

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_6351086.jpg

 そして、日本のヤエムグラ(Galium spurium var. echinospermon)の親戚である、この セイヨウカワラマツバ(caglio、学名Galium verum L.)の根も、アカネ同様に、赤い染料になるということで、講座の最終日には、村はずれの野原に、このヤエムグラを探しに行きました。 

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_6352330.jpg

 細くて長い根は、地面の中にある上に、途中で切れてしまいやすいので、掘り出すには注意が必要です。

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_6355110.jpg

 こうして掘り出した根も、この日、布に模様を描き出すのに、使いました。イタリア語でcaglioと言うと、チーズを作るために牛乳を固める凝乳酵素(レンニン)を指すことが多いのですが、この植物は、かつては、赤い染料として利用されると同時に、凝乳する(cagliare)ためにも使われていたため、俗名をcaglioと言うそうです。

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_635290.jpg

 たとえば、アブサンで染めたこちらの黄色い布の中央部分には、赤い細い線で描かれた模様がいくつかありますが、これはすべて、ヤエムグラの根を置いていたところが、赤くなっているのです。
 
草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_6405915.jpg

 乾燥したアカネの根を1時間半水に浸しておいたあと、布を入れて、60~75度で2時間煮込み、布が真紅に染まりました。

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_6351545.jpg

 赤色の魔法で、どの布もきれいに染まり、皆が自作のできばえを喜んでいました。こんなふうにセーターに、葉や根を使って、きれいに花を描いた作品もあります。

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_6354314.jpg

 早く乾くように外に干しながら、他の人の染め上げた布を見て、感嘆し、勉強します。

草花で赤く彩り染め上げる ~Florario d\'Abruzzo2_f0234936_635120.jpg

 わたしも今回の自分の作品の中では、アカネの根で染めたこの布が、一番気に入りました。わたしもヤエムグラの根を使っています。目を凝らされると、赤い細い線がいくつか上下に走っているのがお分かりかと思います。

✿Rosso - Robbia, Caglio & Passione✿
Corso di stampa naturale su tessuto Florario d'Abruzzo parte 2
con Michela Pasini e Sheila Rocchegiani
Ostello Sul Tratturo, Navelli (AQ), Abruzzo

**************************************************************************************
Bel colore rosso grazie alle radici di robbia e di caglio.

In campagna abbiamo raccolto diverse piante
per tingere e decorare i tessuti.
**************************************************************************************

関連記事へのリンク
- 草花で布を彩り染め上げる / Corso di stampa naturale su tessuto Florario d’Abruzzo
- 茜色はアカネの色 / Rosso di Robbia & Rosso di Akane
↑ イタリア語でrobbiaと呼ばれる植物が、赤い染料として用いられることは知っていたのですが、今回記事を書くにあたって、このrobbiaの和名が「セイヨウアカネ」であることを調べ、そうして初めて、植物のアカネを用いて染めた色を、茜・茜色と呼ぶのだと知りました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2014-08-25 23:41 | Abruzzo