イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

問題発生! あきらめずねばる

問題発生! あきらめずねばる_f0234936_21394643.jpg
問題発生! あきらめずねばる_f0234936_21375049.jpg


 先週の朝、ミニメトロに乗ろうと、自動改札機に切符を通したのに、改札扉が開きません。

問題発生! あきらめずねばる_f0234936_21382155.jpg

 わたしが持っていたのは、最初の刻印から1年間有効の10回使える切符です。この切符をもう一度改札機に通すと、幸い改札扉は開いたのですが、切符を見ると、なんと2回分、二人分の刻印が押されています。

 ペルージャの中心街で待ち合わせをしていたので、中心街にある終着駅、ピンチェット駅に常時詰めていると聞いている係りの人に言って払い戻してもらおうと、そのときは、そのままミニメトロに飛び乗りました。ところが、駅の出口にあった呼び出しボタンには、Allarme(警報)と書かれ、「emergenza(非常事態)の場合に押すこと」と言葉が添えられています。それでいったん改札を出て、

問題発生! あきらめずねばる_f0234936_21375791.jpg

 以前に友人から、ミニメトロの警備をする人たちの詰め所があると聞いていたあたりをのぞいたのですが、それらしき表示も、連絡ボタンも見当たりません。
 
 そうやって探していたら、待ち合わせをしていた友人と出会ったので、イタリア広場にあるUmbria Mobilitàの市内バス・ミニメトロの切符販売所で、払い戻してもらうことにしました。ところが切符販売所では、駅に詰めている係員に問い合わせるようにと言われます。ピンチェット駅の構内をよく探せば、警報ボタン以外にも、詰めているミニメトロ警備員に連絡するためのボタンがあると言うのです。

問題発生! あきらめずねばる_f0234936_21394643.jpg

 さて、この日の帰り、再びミニメトロに乗ろうとしたときのことです。朝からもう数時間経過しているし、約1ユーロくらいのことだから、仕方ないかと、クレームはあきらめて、自動改札機に切符を通しました。ところがまた、扉が開かないではありませんか。切符を見ると、刻印だけはちゃんと押されています。

 そこで、毎回これではたまらないと、詰め所の係員に連絡を取ることにして、連絡ボタンを探しはじめました。上の写真で手前の道をまっすぐ進むと、改札口を通り過ぎたあとにすぐ、右手に、エレベータに乗るための通路があるのですが、ボタンは、このエレベータ通路に見つかりました。ボタンを押して事情を説明すると、幸いすぐに係りの人が来てくれました。

問題発生! あきらめずねばる_f0234936_21523643.jpg

 問題は、この「+1」とある行の刻印です。ペルージャ市内を移動する際に市内バスやミニメトロ、電車で使えるこの切符は、10回有効切符であれば、乗る人が複数であるときにも、同じ切符1枚で、乗車することができるのです。一人が刻印をしたあと、その人と一緒に同じ便を利用する人が、その刻印の後にすぐに続いて切符を刻印機に通すと、こうやって「+1」の刻印が押され、「2人が同じ時間帯に、この同じ切符を利用して、乗車をした」ことが記録に残ります。

 ただ、わたしの場合は、わたし一人だけが乗車をするというのに、一度目の読み取りでは改札扉が開かず、二度目にようやく扉が開いたときには、もう一人分の刻印が押されてしまっていたのです。

問題発生! あきらめずねばる_f0234936_215398.jpg

 実はこのとき、係りの人はいったん来たものの、何か疑問、あるいは不審に思うことがあったらしく、20分ほどわたしを改札口前に残して待たせたり、その後も押し問答をしたりしたのですが、最終的には、2回余分に刻印が押された分だけの1回有効切符を、わたしが受け取るという形で、払い戻しを受けることができました。10回回数切符自体の磁気に問題があるのではと言ったのですが、確認した結果、切符自体はきちんと使えるのだそうです。6月の、フィンランド国境警備への陳情もそうですが、やはり何事も、おかしいと思ったことは、きちんと言うことで、いろんなことが改善もしていくのでしょうし、何より、ちゃんと然るべき払い戻しを受けられて、ほっとしました。

 実は土曜日に、夫の車で外出中に、交通事故に遭いました。わたしはムチ打ち症くらいで、夫の車と相手方の車の破損が大きい以外は、特に被害はないのですが、夫にも落ち度はあるものの、相手方が、自分にはさらに重大な過失があるのに、ないとうそぶき、事故が起こったのがマルケ州と、旅先だったために、相手方が自分の呼んだ自動車修理工や保険会社の人を呼んだのですが、相手方に都合のいいようにだけ判断をして、書類に署名をするように迫り、今日事故の際に撮った写真を見て、これはあきらかに相手方に大きな責任があるので、夫は50パーセントならいいというのですが、わたしは相手方に100パーセント過失があるとも言えるのではないかと思うのです。今日の午後も、夫が自動車保険会社に行くのに同行して、ねばってみます。

**********************************************************************************************************
All'ingresso della stazione di Minimetrò di Perugia,
la macchinetta timbra il biglietto ma non si apre la porta.
Al secondo tentativo, la porta si apre, ma ci sono due timbri sul biglietto!
Ciò mi è successo ben due volte il 14 dicembre 2014.
Comunque, ho avuto il rimborso (2 biglietti singoli nuovi)
nella stazione di Pincetto. Prima avevo spiegato la situazione
alla biglietteria della Piazza Italia, ma mi avevano detto
che dovevo parlare con un addetto del Minimetrò della stazione.
**********************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

by milletti_naoko | 2014-12-15 12:54 | Altro