イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

バーチチョコ談義その6

 バーチ・チョコレートのバレンタイン・デーシリーズが、今朝、行きつけのバールで売られているのを見て、びっくりしました。

バーチチョコ談義その6_f0234936_822536.jpg
La Rosa a stelo lungo di Baci Perugina, dal sito www.baciperugina.it

 夫がわたしに贈ってくれた赤いバラとバーチ・チョコセットと並んで、色だけ違う青や白のバラの花束にバーチ・チョコレートが入ったものも、置いてありました。ちなみに、バラの色によって、入っているバーチの種類が異なっていて、赤いバラの花束にはブラックチョコレート、青いバラならミルクチョコレート、白いバラならホワイトチョコレートのバーチが入っていると、ぺルジーナのホームページに説明があります。

 バレンタインから1週間経っても、まだ置いてあるとはどういうわけかと思って、チョコレート売り場を見渡すと、3月8日の女性の日用に、ミモザをあしらったバーチ・チョコも置かれています。それで、イタリア中のどの店もこぞってというわけではないでしょうが、ひょっとしたら3月8日の女性の日の贈り物としても売れると考えて、今も店内に置いているのではないかという気がしました。

バーチチョコ談義その6_f0234936_821885.jpg
RosaSpilla in Tre Colori, dal sito www.baciperugina.it

 こんなかわいらしい色のバラが添えられた箱入りのバーチもあります。造花ではありますが、逆にいつまでも大切に取っておくこともできるので、もし、イタリア旅行中に見つけられたら、ご自分用、あるいは、大切な人用のおみやげに、いいのではないかと思います。

 わたしは、夫がバレンタインに赤いバラつきチョコレートを贈ってくれたので、男女が逆転はするのですが、もし一人で訪ねた店でこのバレンタインシリーズが見つかるようであれば、ホワイトデーに夫に贈るべく、白か青のバラの花束入りチョコレートを購入したいと考えています。どうかまだしばらく、このシリーズの商品を店で見つけることができますように。すっかりネスレの商法に乗ってしまっている気がしますし、バレンタインに女性が男性にチョコレートを贈るわけではないイタリアには、そもそもホワイトデーというお返しの日が存在しないのではありますが。

*追記
 昨年だったか、ぺルジーナのチョコレート工場に勤務する義弟から、以前は日本でバーチ・チョコレートの代行販売を一手に引き受ける業者があったけれど、事情があって、今は日本への輸出ができなくなったと聞きました。ただ、インターネットで検索すると、日本でバーチチョコレートをオンライン購入できる店が、現在もいくつかあるようです。インターネットを見ると、昨年秋頃の日づけで、日本へのイタリアみやげとして、空港でのバーチ購入を勧める方が何人かいます。昨年、ペルージャを観光されたお客さんのお買い物やお食事時の同行通訳を務めた際、ペルージャ中心街にあるぺルジーナ専門店で、お客さんが買われた多くのおみやげの大半は、バーチチョコレートが入ったものでしたが、日本に戻られたお客さんからは、お礼の言葉だけで、問題があったとは何も聞いていません。というわけで、日本への郵送はできないかもしれないけれども、個人がおみやげ、あるいは自分用に持ち帰る分には問題がないのではないかと思います。この点について、最近イタリア旅行や留学のおみやげとして、バーチチョコレートを携えて日本に帰国された方、問題がなかった、あったなど、どういう事情になっているか、教えていただけると幸いです。

********************************************************************************************************************************
Sorpresa, ancora ci sono bar dove si vendono i Baci Perugina per San Valentino. Forse anche per la Festa della Donna?**
In Giappone nel giorno di San Valentino le ragazze, le donne regalano il cioccolato ai maschi e in cambio questi ultimi regalano il cioccolato bianco, fazzoletti ecc. il 14 marzo chiamato "White Day". Tutti e due gli eventi sono dovuti alle strategie dell'industria dolciaria, ma rendono i nostri giorni più dolci. Quindi per qualche signore giapponese che viaggia ora in Italia, questa rosa bianca con baci può essere un ottimo regalo per il White Day.
********************************************************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 気持ちうれしいバレンタイン (赤いバラの花束の中にバーチ・チョコ)
- 女性の日に寄せて (ミモザの花つきバーチセット)
- バーチとアンゴラの意外な関係
↑ バーチ・チョコレートを考案したのも、アンゴラうさぎから毛を取って衣類に使うことを思いついたのも、今はファッションで有名な故ルイーザ・スパニョーリです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2015-02-21 23:59 | Altro