イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

地中海へ ~『海底二万里』読書中

 ネモ船長の潜水艦、Nautilusで海を通り、世界をめぐる主人公たちは、船長が見つけた海底のトンネルをくぐって、スエズ運河が完成する前に、紅海から地中海へと進んだり、古代に海底に沈んだアトランティスのそばを通ったりするなど、奇想天外な冒険を続けていきます。

地中海へ ~『海底二万里』読書中_f0234936_7382147.jpg
Milo, Grecia & Mediterraneo 5/10/2008

今読んでいるのは471ページです。ノティリュス号は398ページで、地中海に入りました。

La Méditerranée, la mer bleue par excellence, 《la grande mer》 des Hébreux, la 《mer》 des Grecs, le 《mare nostrum》 des Romains, bordée d’orangers, d’aloës, de cactus, de pins maritimes, embaumée du parfum des myrtes, encadrée de rudes montagnes, saturée d’un air pur et transparent, mais incessamment travaillé par les feux de la terre, est un véritable champ de bataille où Neptune et Pluton se disputent encore l’empire du monde. (“Vingt Mille Lieues sous les mers” Chapitre VII)

 下の映像の38分1秒目から38分36秒目までに、この地中海の描写を朗読した音声が収録されています。


 南国の美しい自然に満ちた青い海として描かれ、また古代ローマ人が「我らが海」(Mare Nostrum)と呼んでいたという描写に、この名のもとについ最近まで行われ、多くの人々の命を救ってきた、アフリカからの難民の救助活動を思いました。このあと、ノティリュス号は、悪天候で難破した船の残骸の間を進んだりもするのですが、読みながら、地中海を安全に航海できるだけの技術が発達した今になっても、戦争や独裁政治、飢餓や政治罪に追われて、命を賭してこの海を渡る人々、そしてその旅の途中で命を失う人が多いことを、思わずにはいられませんでした。

地中海へ ~『海底二万里』読書中_f0234936_7391536.jpg
Santorini, Grecia 2/10/2008

 ジュール・ヴェルヌの想像力に、改めて感嘆したのは、潜水艦内が突然異常に暑くなり、主人公が服を脱ぎ、気分が悪くなるのに耐えながら、どうしたことかといぶかっていたら、実は、サントリーニ島近くの、海底火山がなお活動を続けている海域を通っていたのだったというところです。

地中海へ ~『海底二万里』読書中_f0234936_739191.jpg
Panorama da Santorini, Grecia 1/10/2008

En ce moment, - devais-je l’attribuer à une disposition personnelle, - je sentis une chaleur extrême, et je dus enlever mon vêtement de byssus. […] Je continuai mon travail, mais la température s’éleva au point de devenir intolérable. […]
- Sans doute. Nous flottons dans un courant d’eau bouillante.
[…] et je vis la mer entièrement blanche autour du Nautilus. Une fumée de vapeurs sulfureuses se déroulait au milieu des flots qui bouillonnaient comme l’eau d’une chaudière. J’appuyai ma main sur une des vitres, mais la chaleur était telle que je dus la retirer.
《Où sommes-nous? demandai-je.
- Près de l’île Santorin, monsieur le professeur, me répondit le capitaine, et précisément dans ce canal qui sépare Néa-Kamenni de Paléa-Kamenni.
(“Vingt Mille Lieues sous les mers” Chapitre VI)

 潜水艦は白い泡に包まれ、窓ガラスに触ったけれど、あまりに熱いのですぐに手を引っ込めたなど、まだ19世紀で、深海の映像など目にする機会もなかったであろう時代に、まるで見て来たように書いてあるのに、感心します。小説のこの部分と前後を目で追いながら、上の映像の朗読を聴いてみたのですが、残念ながらこの部分は朗読からは割愛されているようです。

地中海へ ~『海底二万里』読書中_f0234936_7392030.jpg

 ジュール・ヴェルヌの小説を母語であるイタリア語で読んでいる夫は、『神秘の島』はとうに読み終えて、今は、わたしと同じく『海底二万里』を読んでいます。最近は寝る直前にブログの記事を書き終えて床に入り、2ページ読み切る前に眠気が勝って、就寝することが多いので、そのうち夫に追い越されてしまうかもしれません。深い海の底を行く物語を読みながら、深い眠りに誘われる今日この頃です。

地中海へ ~『海底二万里』読書中_f0234936_7392041.jpg
Vénus de Milo, Musée du Louvre, Paris 13/6/2012

 ギリシャの写真は、2008年秋にギリシャ本土を訪ねたときのもので、冒頭の写真は、ミロのヴィーナスが発見されたミロス島で撮影したものです。

********************************************************************************************************************************
Bella la descrizione del Mediterraneo
, ricco di immaginazione il racconto del mare bollente vicino all'isola Santorino, del Nautilus circondato da un fumo di vapori solforosi di un'eruzione sottomarina - Foto del Viaggio in Grecia nell'autunno 2008
- Ora anche mio marito legge "Vingt mille lieues sous les mers" di Jules Verne e forse mi sorpasserà visto che sta leggendo il romanzo tradotto in italiano.
********************************************************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- イタリアとブラジル、移民と海と祖国 (3/7/2014)
- 夫婦でジュール・ヴェルヌ (10/1/2015)
- 806ページ目の悲喜劇 (30/6/2014)
- 離れ島でサバイバル、仏語で読む『神秘の島』 (7/3/2014)

参照リンク / Riferimenti web
- Amazon.co.jp - ジュール・ヴェルヌ作、村松潔訳『海底二万里(上)』 (新潮文庫)
- Amazon. it - J. Verne, "Vingt mille lieues sous les mers", Folio classique
- Amazon.fr - J. Verne, "Vingt mille lieues sous les mers", Folio classique

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2015-03-10 23:40 | Film, Libri & Musica