イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

歯医者は痛いよ

 歯のつめものが取れたのは、周囲に虫歯ができていたからで、しかも、その虫歯を治療した後に、また別の虫歯が一つ見つかり、二つの虫歯の治療は、今週月曜に無事終わりました。

歯医者は痛いよ_f0234936_733681.jpg
Bucaneve 13/3/2015

 治療前には局部麻酔の注射をするため、その注射が痛いくらいで、治療中には特に強い痛みはないのですが、それでも治療中は、無理な姿勢で口を思いっきり開け続けなければならず、ウイーンとうなる歯を削る器具の音を聞くと恐怖感に襲われるもので、歯医者はできれば行きたくないところです。

 そもそも、虫歯になりやすい場所は、歯ブラシが届きにくい場所であり、だから治療も難しい場所にあるため、歯医者さんには何度も、
 
  “Apra, apra.” 「(口をもっと大きく)開いてください。開いてください。」

と言われました。

 そうして、私立の歯科医としては、安い方ではあるのでしょうが、虫歯1本の治療に80ユーロかかるため、2本の治療で160ユーロが飛んで行き、それも懐と心に痛いのでした。「ああ、160ユーロもあれば……」でも、払えるお金があることを、ありがたいと思うことにします。

 写真は、今朝庭に咲いていたマツユキソウの写真です。イタリア語では、bucaneveと言い、「雪(neve)に穴を開ける(bucare)ようにして咲く」ことから、この名があります。ですから、イタリアの山でも、1、2月のまだかなり寒いときに見かけることが多いので、3月の半ばに花が咲いたことに驚きました。

歯医者は痛いよ_f0234936_732254.jpg

Bucaneve 6/3/2015

1週間前に、夫がつぼみができているよと教えてくれたので、今朝、花が咲いているのに気づくことができました。

 花が、歯と同じ白い色をしている上、虫歯治療と「穴を開ける」という共通点があるということもあって、マツユキソウの写真を載せました。かわいらしい白い花を見ながら、今度こそ、虫歯なしで1年間過ごせるように歯を大切にしようと、心に誓うのでありました。

**********************************************************************************
Sono fioriti i Bucaneve
nel giardino. Molto carini :-)
Hanno finito di bucare i miei denti i dentisti. Meno male!
**********************************************************************************

関連記事へのリンク
- 行きたくないけど (2015/2/25)
- 歯医者でびっくり、日伊の違い (2010/9/13)
- イタリアの歯医者と保険その2 (2010/9/18)
- 歯医者その3と脱税、差別 (2010/9/30)
- 歯医者に愛車で (2012/4/16)
- 今日は力尽きますよ (2012/4/24)
- 虫がここにもあそこにも (2012/6/29)
- 歯医者と神父とクリスマス (17/1/2013)
- 一つあると (20/10/2013)
- 季節の災難と甘い誘惑 (24/10/2013)
- 歯医者と虫歯と夏休み (1/9/2014)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2015-03-13 23:04 | Fiori Piante Animali