イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

自然の芸術と思うことども

 日曜の薬草講座で山を登っていたら、ブナの木の洞に、落ち葉が積もり、苔がむした中に育った若木の葉の緑がきれいで、自然と時が生み出した芸術の美しさに感動しました。

自然の芸術と思うことども_f0234936_5564615.jpg
Valle del Rio (FR) 7/6/2015

洞の形も、次世代に命をつなごうとする落ち葉と、緑の苔と若木の命を、柔らかく包み込む手のように見えます。

 5月だったか、心温かな仕事の依頼がありました。日本の文化が大好きな若者に、友人たちで何時間か日本語の授業を贈りたいのだけれど、というメールが来たのです。返事では、まず、友達に大好きな国の言葉を学べる機会を贈ろうという気持ちの温かさをたたえ、そのお友達の若者はあなた方のようなお友達がいて幸せですねと書きました。そのあとで、もちろん喜んで授業は担当できるけれども、若い皆さんにはわたしの授業料は高すぎる可能性があるので、もしそう判断した場合には、日本語の教科書、たとえばこういう本を贈ってあげるのはどうでしょうと、書き添えました。

自然の芸術と思うことども_f0234936_557390.jpg

 わたしは日本語でもイタリア語でも、個人授業の料金は、60分25ユーロとしています。ペルージャで、大学や学校で教えた経験がある外国語教師の、個人授業の相場でもあり、1時間の授業に対しても、数時間ときには10時間あまり準備をして臨むこともあり、その報酬に値するだけの勉強や経験を重ねてきたという自負、授業ができるという自負もあります。若い生徒さんに教えてあげたいという思いはありますが、それで金額を安くしてしまうと、これまでこの授業料で日本語を教えてきたイタリアの方、イタリア語の個人授業をしてきた日本の生徒さんに失礼でもあります。本を贈ってあげてはどうかと、候補となる本も挙げたのは、授業について質問のメールが10通あったとすると、これまでの経験では、授業料を知って、それでもお願いしますという方が5名、残念ながら、その授業料では自分には難しいので断念しますと返事をくださる方が2名、そのまま返事のない人が3名といった割合だからです。授業料を提示したあとに返事がなかったら、教科書の紹介をしてあげられないと思って、あらかじめ先手を打ったのですが、友達に優しい女学生は、仕事を依頼しようとしたわたしに対しても礼を尽くして、ていねいなお礼とおわびの返事をくれました。

自然の芸術と思うことども_f0234936_5573362.jpg

 今日は、本当は、年の初めにアッシジ観光の同行通訳の依頼があった日だったのですが、先方の都合で、かなり前にではありますが、キャンセルになりました。5月の初めにあった依頼も、学校の授業があるために残念ながら、その日程ではできませんとお断りしています。そうして実は、学校で日本語の試験があった当日にも、通訳の仕事の打診があったのを、どうしても外せない仕事があるので残念ながらと、お断りしています。産業翻訳については、実は、先週の仕事に限らず、「日本のお客さんや、お客になってほしいと思っている業者が、突然ウンブリアの我が社を訪ねてくることになったので、通訳をしてほしい」と、1日前、3日前に突然メールや電話がかかってくるのだけれど、ペルージャを遠く離れて旅行中で、残念ながらお断りするということが、少なくありません。ウンブリアの業者を訪ねようという日本の業者の方は、おそらく日程に余裕があったから足を運ぶことにしようというくらいのおつもりなのだと思うのです。だから、ウンブリアの企業への連絡が間際になり、わたしへの通訳の依頼や打診も訪問直前になるのでしょう。確かに、両業者に、だれかは英語が話せる人がいるはずで、意図は通訳なしでも何とか通じるはずです。けれども、ウンブリアの企業側は、「せっかく大事な取引先が、遠い国から来てくれるのだから、できれば観光案内などもして、我が社の事情もしっかり聞いてもらいたい。そのためには通訳をだれか。」と考えるのでしょう。実際、一度イタリアの子会社を訪ねて巡業中の日本の企業の社長さん一行がウンブリアの子会社を訪ねたとき、わたしがイタリア語・日本語間の通訳をしたら、「他の企業では3時間かかった会合が半分で終わった」と喜んでいただきました。イタリア語→英語→日本語、日本語→英語→イタリア語と、いちいち英語を介していると、社長さんたちが社の方針を説明するのを訳すにも、子会社側からの質問を訳すにも、時間がかかるからです。

自然の芸術と思うことども_f0234936_5574482.jpg

 というわけで、ウンブリアに限らず、イタリアの企業と取引があって、この日にここを訪ねようという予定がある場合は、できるだけ早めに、取引先に連絡を入れておかれると、だれか日本語の通訳が入って、話や旅行がしやすくなる可能性が高くなると思います。今書いていて、ひょっとしたら、単にイタリアの企業が、日本のお客さんが来るのを前々から知っていながら、通訳を突然探し出すのではないかという疑惑が胸に浮かびました。そう言えば、数年前に、演劇セミナーの講師をする日本の方の通訳を依頼されたときは、あのときは、セミナーを主催し、わたしに通訳の依頼をした方はアメリカ人でしたが、講師の方がイタリア現地に来てはじめて、英語は話せないと知り、慌てて、「明日からなんですが」という依頼があったのです。

 ちなみに、通訳の方は、1時間31.25ユーロ(税込み)で、ペルージャ市内ではない場合は短くても最低3時間分の報酬、そして、移動費を実費でいただいています。

自然の芸術と思うことども_f0234936_5583817.jpg

 写真はすべて、日曜日の薬草講座で、草花を訪ねて山を歩いたときに撮影したものです。前回の野外演習は、天気が悪いためか、ほとんど歩かず、もっぱら薬草や野草について、見分け方などの説明を聞きました。薬草講座は興味深いけれど、せっかくの週末なのに、山を歩いて風景や野の花が楽しめないのが残念だと思っていたら、日曜は、美しい見晴らしも森の散歩も、花との出会いも楽しめてうれしかったです。葉に斑点があるのが特徴のこの自生の蘭(orchidea)にも、おかげで会うことができました。

**********************************************************************************************
Cresce una pianta giovane tra le foglie cadute
insieme al muschio avvolto dall'albero di faggio
il quale sembra una mano che tiene qualcosa di prezioso.
Tante belle opere d'arte della natura e del tempo
le abbiamo trovate camminando verso la Cascata di Capo Rio
durante il Corso di erboristeria il 7 giugno.
**********************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 薬草講座で山登り / Corso di erboristeria sul sentiero verso la Cascata di Capo Rio (7/6/2015)
- 薬草を見分け使い方を学ぶ講座 / Corso introduttivo al Riconoscimento ed Uso delle Piante Officinali a Collepardo (24/5/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2015-06-09 23:00 | Lazio