イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

自動車保険とブラックボックス

 昨年9月に、自動車保険を更新したとき、「走行距離が短いのですが、それでさらに割引になるということはありませんか」と尋ねたら、保険会社の人に勧められたのが、車にブラックボックスを搭載することで保険料が割引になるという保険でした。

自動車保険とブラックボックス_f0234936_0315469.jpg
Col de l’Iseran, altitude 2770m 3/8/2015

 1年前の話なので、記憶に不確かなところもありますが、「前年までの契約を更新するだけなら、年間保険料が640ユーロとなるところ、ブラックボックスを搭載すれば、同じ補償内容で、560ユーロで済む」とのことです。そして、これまでと同じ保険なら、走行距離がどんなに短くても、1万キロ未満は割引率が変わらないのに対して、ブラックボックスを搭載すれば、走行距離が1万キロ未満の場合にも、3千キロ未満、3800キロ未満など、走行が少なければ少ないほど、割引率が高くなると言います。

 ふだんから制限速度にも気をつけて運転しているわたしは、後ろめたいところもなく、すぐにこのブラックボックスつきの保険に切り替えることに決めました。調べてみると、最近では日本でも導入されつつあり、「テレマティクス保険」と呼ばれているようです。

自動車保険とブラックボックス_f0234936_032326.jpg

 さて、その日仕事から帰った夫にその話をしたら、すでに契約は済ませていたものの、夫は反対でした。どこにどんな速度を出して行ったか、スピード違反が記録されていき、個人情報も漏れてしまうと言うのです。と言うのも、わたしの車は、特に遠出する場合には、夫と交代で運転することが多いからです。夫はむやみに車を飛ばす人では決してないのですが、見晴らしのいい直線道路なのに、どういうわけか制限速度が時速50キロという郊外の道が時々あって、そういう道路では、皆にならって、いけないのですが、夫もスピードを出して運転することがあるからです。確かに、そういう道路で、わたしが10キロ上乗せして時速60キロで走ると、どんどん後ろの車に追い抜かれ、対向車線に車があると、後ろに列ができてしまうのではありますが。

 問題は、このブラックボックスが、わたし自身では取りつけが難しく、業者に頼まなければいけなかったことです。これは幸い、修理後にまだ問題があったアイゴを、修理会社に再び運んだついでに取りつけを頼んだら、無料で設置してくれました。

自動車保険とブラックボックス_f0234936_0324190.jpg

 そうして、1年が経ち、昨日再び保険料を納めに行きました。今度は夫が同行してくれたので、「家族割引の10%」も確実にしてくれ、やはりブラックボックスを搭載しての年間保険料は、519ユーロでした。今昨年の契約書を見ると、夫同伴でなかったためか、わたしが言い忘れたためか、家族割引が忘れられていたようです。ただ、もし昨年夫がいっしょにいたら、テレマティクス保険にはしていなかったかもしれません。今回の継続更新の際は、店の人から話を直接聞いて安心したからか、夫も特に反対はしませんでした。代理店の人が夫の質問に答えて、「事故が起こった場合にだけ、具体的情報の連絡がある上、ブラックボックスで分かるのは、速度ではなくて、走行距離と事故時に車が受けた衝撃です。」と言った上、ブラックボックスを搭載した方が、料金がずっと安くなることが、夫にも分かったからです。ちなみに、ブラックボックスでは、単に走行距離と受けた衝撃の強さ以外の情報が、本当は分かるのではないかと、さまざまなオンライン記事を読んで、わたしは感じました。

 ただし、わたしの場合は、ブラックボックスがはじき出した年間走行距離が5370キロと短いために、保険料が2割引になる上、最初の保険契約時に、同居している家族である夫の等級を利用できたものの、過去の自動車運転経歴が不詳ということで、比較的高い保険料を払っているために、ブラックボックス搭載による割引の恩恵が受けられるのかもしれません。

自動車保険とブラックボックス_f0234936_0325679.jpg
Di nuovo al Colle dell’Iseran con l’Aygo 4/8/2015

 と言うのも、インターネット上で見かける新聞記事や読者・利用者のコメントを見る限り、テレマティクス保険に懐疑的な意見や、まったく安くならなかったというものが多いからです。事故に際しては、ブラックボックスを搭載している側だけの速度違反が明らかになり、ブラックボックスをつけたために不利になりかねないと書いた記事さえあります。

 イタリアでは今年に入って、「保険会社はブラックボックスを車に搭載する顧客には、保険料金を割引する義務があり、その義務を怠った場合には、業者に対して罰金が課されることになった」ようです。そうして、政府がそう定めた背景には、ヨーロッパの他国に比べてイタリアの自動車保険料金がひどく高いという事情があるようです。それで、わたしは何となくこうも勘ぐるのです。ひょっとして、こういうインターネット上のテレマティクス保険に対する反対意見は、「顧客が皆ブラックボックスを搭載し始めて、保険料金が下がること」を恐れる保険会社側が書かせたものではないかと。実際、わたしと夫が契約している代理店は、一昨年まで、そうして昨年も、わたしが走行距離が少ないことに触れなければ、「ブラックボックスをつければ保険料金が安くなる」ことは、まったく口にしなかったからです。果たして真実はどこにあるのか、そうして、わたしが搭載しているブラックボックスでは、実際にどんな情報が分かるのかは謎なのですが、今のところ、わたしとしては、保険料金が2年連続でずっと安くなったこともあり、搭載してよかったと思っています。

 写真は、アルプスで最も標高の高い峠、イズラン峠です。今年の8月、2日間だけフランス・アルプスに足を伸ばしたとき、行きと帰りに訪ねました。ピエモンテ側から山を登り始めたときは、ひどく暑かったのに、標高2770mのこの峠まで来ると、吹く風が冷たくて、寒いほどでした。行きは空が晴れわたり、見晴らしがすばらしかったです。帰りに撮影した最後の写真には、アイゴも写っています。

*********************************************************************************************************
2770m slm! Sul passo più alto d'Europa, sul Colle dell'Iseran
con l'Aygo. Panorami stupendi! Alpi francesi agosto 2015
*********************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ    

by milletti_naoko | 2015-09-23 17:33 | Francia & francese