イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia 日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより

多言語使用説明書と紙さんさよなら大作戦

 言語は、外国語にせよ母語にせよ、そうして、学ぶにせよ教えるにせよ、音声面がとても大切です。それは、世界には、話し言葉があっても書き言葉のない言語がいくつもあるけれども、その逆はないこと、そうして、子供が生まれて初めて身につけるのは話し言葉であり、さらに、書き言葉は話し言葉と違って、学校などで教育を受けないと、きちんと使えるようにはならないことからも明らかだと、大学の心理言語学(psicolinguistica)などの授業で学びました。

 それで、以前から何度か記事にしているように、自分が外国語を勉強するときに、いろいろな音声教材を利用した、我流なんちゃってヒアリングマラソンを試みたり、日本語の授業で、歌や映画などの音声教材を活用するように心がけているのですが、そのためには、やはり用途に即したプレーヤーを購入しなければいけないなと、長い間考えていました。CDの音声なら、うちではパソコンや夫が長年愛用しているシステムステレオを使い、学校では音声機器を借りれば、聴くことができます。けれども、それでは、我が家で個人授業で教える際にも、料理をしつつフランス語などの音声CDを聴くにも不便です。と言うのは、ステレオがあるのは居間で、料理中には音も立てるので、かなり音量を上げないと、細部が聞こえず、階下・階上に住む義家族への迷惑も気になったからです。まあ、義父母は耳が遠いので、テレビをかなりの大音量で視聴していますし、階上に住む義弟の奥さんはエクアドルの人なので、掃除をするときには、家がディスコになったかと思うほどの大音響で、にぎやかな音楽が家中に響きわたるのではありますが。

f0234936_0555092.jpg

 それで、店でいろんな機種を見比べ、インターネットでも情報を集めて、こちらのソニーのプレーヤーを購入したのは、3年前のことです。ラジオも聞けて、録音もできて、CDだけではなくmp3も聴けるので、わたしの外国語学習にも、日本語を教えるときにも大活躍で、購入して本当によかったと思っています。

 ただ、今日本棚を整理していたら、

f0234936_056370.jpg

このプレーヤーの、7か国語で書かれた7枚の使用説明書が出てきたのです。しかも、その一つひとつが、59cm×63cmという大きな紙を、横に四つ折りした上で、縦に三つ折りしてあるため、かなりかさばります。

 イタリア語版に加えて、英語版の使用説明書も、ひょっとして英語からイタリア語に妙な翻訳がされていた場合に、参照にできるからと置いておこうとは思うのですが、ほかの5か国語の使用説明書を、どうして今まで持っていたのか、自分でも謎です。フランス語やスペイン語の勉強に、こういう使用説明書が使えないとも言えませんが、もっと楽しい生きた教材が、インターネット上にも書店にもたくさんあります。

f0234936_0561248.jpg

 というわけで、写真左手にある英語版・イタリア語版だけ残して、それ以外の使用説明書は処分することにしたのですが、せっかくなので、捨てる前に一度だけブログ記事の内容として活用することにしました。

 こんなふうに、大きく「警告・注意」と書かれた文字と、その下の太字の説明だけ並べてみると、近縁にある言語どうしは、単語の形も下の説明もどこかしら似通ったものがあって興味深いです。ちなみに、英語のwarningが「警告」で、ちょっと心臓をどきりとさせるのに対して、イタリア語のattenzioneは「注意」の呼びかけで、若干ニュアンスが違い、イタリア語でも「警告」はむしろ、他のロマンス言語と似た語形を取って、avvertenzaなのですが、こうやって7言語を並べてみると、それぞれの言語が話される地域で、見つけたら注意・警戒をしなければいけない単語が分かって興味深いです。

 ちなみに右手の単語・言語は、上から、Warnung・ドイツ語、Waarschuwing・オランダ語、advertencia・スペイン語、advertência・ポルトガル語、avertissement・フランス語のようです。

f0234936_0562680.jpg

 実は他にも、こんなふうに、それぞれに22か国語で説明がある紙が5枚あって、うち1枚には、言語名と「警告」という言葉が並んでいるため、どれがどの言語かという見当がつきました。「警告」に別の同義語を使っている場合は、インターネットで、どの言語の言葉かを確認しました。

 おもしろいなと思ったのは、フランス語のavertissementです。この使用説明書を見なかったら、英語のadvertisement「広告」に形が似ているので、「広告」という意味だと見当をつけてしまったのではないかと思います。今、仏和辞典を見ると、語義に、「通知、警告」はあっても、「広告」はありません。でもそう言えば、イタリア語のavvertimentoも、「通告、警告」という意味です。

 最後に、ラルース仏伊辞典のavertissementの項へのリンクを付しておきますので、フランス語・イタリア語で「警戒」を意味する語を聴いて、発音練習するのにお役立てください。フランス語の発音が、想像していたのと違うので驚き、もっとこつこつ勉強しなくてはと反省しました。

- Larousse - Dictionnaire français-italien - avertissement

 ちなみに、左手にあるフランス語の下にイギリスやスペイン・ドイツなどの国旗が描かれたボール型のアイコンをクリックすると、英語・スペイン語・ドイツ語で「警告」を意味する語の発音も聴くことができます。

 こうして、まったく不要な使用説明書に出会ったことを、自らに対する「警告」として、少しずつでも着実に、大量の紙類の整理を進めていくつもりでいます。

*******************************************************************
Via nel cestino tanta carta che non serve più!
Oggi nella libreria ho trovato sette fogli delle istruzioni
dello stesso radioregistratore Sony in sette lingue diverse.
Quindi via le istruzioni in tedesco, olandese, spagnolo, portoghese e francese.
Prima di gettarli via, ho imparato come si dice 'avvertenza' in queste lingue;
Warnung, waarschuwing, advertencia, advertência e avertissement.
Ho trovato anche altri cinque fogli, ciascuno con le informazioni scritte
in 22 lingue diverse.
Invece in Giappone, almeno quando ci abitavo io, le istruzioni degli
elettrodomestici erano scritte solo in giapponese...
*******************************************************************

参照リンク
- 英伊仏ヒアリングマラソンと注意点
- ラルース仏仏・多言語辞書サイト
- Amazon. co.jp - ソニー Bluetooth対応CDラジオSONY ZS-RS70BT
- Amazon.it - Sony ZS-PS30CP Radioregistratore
↑↑ わたしの持つSony ZS-RS09CPは、日本とイタリアのアマゾンサイトでは現在販売されておらず、今ある中ではこの二つが一番近そうで、よさそうです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/24518609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by milletti_naoko | 2015-09-28 17:57 | ImparareL2 | Trackback | Comments(0)