イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia 日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより

イタリアのかかし二人で楽しそう

 今から二人でいっしょに踊りましょうか、それとも腕を組んで散歩に出かけましょうか。

f0234936_8342539.jpg
Spaventapasseri @ Sorano (GR) 5/12/2015

 瞳はいきいき、唇の赤も鮮やかで、今にも歌い出しそう、笑い声が聞こえてきそうです。

f0234936_8343587.jpg

 土曜日に、トスカーナ州、ソラーノの町を散歩していたとき、夫が目ざとく、遠くに見えるかかしを指さして教えてくれました。地域で豊富に取れる凝灰岩(tufo)を切り出して築かれた石の町の中心街は、建物がひしめき、庭のある家はまれで、かかしたちの立つ場所も、生えているのは野菜や果樹ではなく、雑草のように見えます。

 「いったいどうしてこんなところにかかしを置いたのかしら。」

 イタリア語では、かかしspaventapasseriと言います。スズメpassero、passeriは複数形)などの野鳥が、大切な作物や実になる果物などを食べてしまわぬように、こわがらせる(spaventare)ために、作って設置するからです。

 「庭を飾るためじゃない? 泥棒よけかなあ。でも、こういうかかしなら、泥棒はおもしろがっても、こわがらないだろうね。」

 いずれにせよ、このかかしさんたちのおかげで、趣ある町の散歩が、さらに楽しいものになりました。

************************************************
In Italia allegri e simpatici anche gli spaventapasseri :-)
@ Sorano (GR) 5/12/2015
************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- tufo(凝灰岩)の里を訪ねて、ソラーノ / Città del Tufo, Sorano, Pitigliano, Sovana & Onano (7/12/2010)
- tufoの里を訪ねて2、オナーノとカソーネのレストラン / Verso Sorano, Lago di Corbara – Onano – Casone, Park Hotel Ristorante Bel Vedere (8/12/2010)
- tufoの里を訪ねて3、ソラーノ温泉 / Terme di Sorano (12/12/2010)
- ソラーノ考古学公園、洞窟の住居群1 / Abitazioni rupestri di Vitozza I - Parco Archeologico “Città del Tufo”, Sorano (5/6/2011)
- ソラーノ考古学公園、洞窟の住居群2/ Abitazioni rupestri di Vitozza II - Parco Archeologico “Città del Tufo”, Sorano (6/6/2011)
- ソラーノ、凝灰岩の町 / Sorano, Città del Tufo (GR) (5/12/2015)
- イタリア語学習メルマガ第49号 「語構成を学んで、語彙増強 ~動詞と名詞から生まれた名詞(1)」

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/24753768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazu at 2015-12-10 17:39 x
なおこさん、こんにちは。かかしと言えば、オズの魔法使いやかかしのトーマスを思い浮かべるのですが、少し早いけれど、季節柄、もしや、プレゼピオのつもりかな、とも思ったりします。リグーリアの海岸の小さな町で見たブレゼピオにお顔の雰囲気がとてもよく似ています。パン屋さんのお店の前や肉屋さん、果物屋さん、それぞれの売り物や道具を抱えた人形たちで出来たプレゼピオは、とてもイキイキとしていてユーモラスでした。オフシーズンの少し寂しい港町がこれらのお人形で明るい雰囲気になっていました。

それにしても、かかしって、どの国にもあるのが面白いですね。日本でもヘルメットを被りオートバイに乗ったかかしを見たことがあって、これって、鳥獣を驚かせることはもとより、見る人も愉快にさせるように作られてるなと感心したことがありました。このかかしを立てたソラーノの町の人もなおこさんたちにこうして楽しんで貰えて満足していることと思います。
Commented by London Caller at 2015-12-10 19:38 x
すごくきれいな町ですね!
はがきみたいな風景です。
数年前いったマテーラを思い出しました。
なつかしいなあ〜〜
Commented by milletti_naoko at 2015-12-11 03:17
かずさんも旅先で、こんなふうに輝いた顔のかかしというか人形たちをあちこちで見かけられたんですね! お話を聞いて、わたしも興味が湧いてきました。店でそれぞれの売り物を抱えているなんて、楽しいですね♪ 確かに今の時期は町にpresepeとして大きな人形を飾るところもあるのですが、この日は町中歩いて出会ったのが、家と家の間に隠れるように見えていたこのかかしだけだったので、これは愛嬌で、飾ったのではないかしらと思います。ズームで拡大して遠くから撮影したのですが、近くを通ったときは、階段や通りよりも高い位置にあるからか、見えなかったのです。

かかしのバイク野郎ですか! みんな、いろいろと考えるものですね。そうやって、通る人を楽しませるために人形を飾るなんて、笑顔が増えてすてきですね。
Commented by milletti_naoko at 2015-12-11 03:19
London Collerさん、こういう素朴な町並みが、昔のままに残っているのって、いいですよね。マテーラに行かれたんですね! 美しい場所ですよね。わたしもいつか行ってみたいと思っているままです。
Commented by Mehreenkhan at 2015-12-11 11:49
かかし!!懐かしいですね。でも、設置されたかたのセンスがこれってうかがわれますよね。

二枚目のお写真。失礼ながらソラーノという場所を知らないのですが、ここは山岳地帯になるのですか?すごく趣のある石造りの建物が混在していますね。ゆっくりと散策するといろいろと発見があって楽しそう♪
Commented by milletti_naoko at 2015-12-11 17:33
めひりんさん、このかかし、衣装や腕の上げ方は、日本のかかしによく似ていて、なつかしいですよね♪

ソラーノはトスカーナ州にあるのですが、ラッツィオ州・ウンブリア州との州境に近く、なだらかな丘や小山が平野のそこここから頭をもたげているところにあります。凝灰岩の石って温かみがありますよね。その石でできた石造りの町、わたしも大好きです♪
by milletti_naoko | 2015-12-09 23:59 | Toscana | Trackback | Comments(6)