イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

大理石とダイナマイト フィレンツェブロガー再招集3

 フィレンツェ大聖堂の現在のファサードは、19世紀にようやく装飾が施されるまで、3世紀もの間、むきだしの壁であったことは、以前の記事でもお話しましたが、修復工房では、それにちなむとても興味深い話を聞きました。

大理石とダイナマイト フィレンツェブロガー再招集3_f0234936_7442256.jpg
Bottega dell’Opera di Santa Maria del Fiore, Firenze 28/1/2016

 フィレンツェのドゥオーモに使われている白い大理石は、カッラーラ産です。古代ローマ時代から中世、ルネサンスにかけては、大理石を人間の力を用いて切り出していたのが、19世紀には、大理石採掘のために、ダイナマイトが使われることになったそうです。

大理石とダイナマイト フィレンツェブロガー再招集3_f0234936_7444255.jpg

 そのため、1865年にフィレンツェが新生イタリアの新しい首都となるにあたって、ようやく始まったドゥオーモ正面装飾の再建には、ダイナマイトで採掘した大理石が用いられました。ところが、ダイナマイトで採掘すると、目には見えない微細なひびが大理石にできてしまい、建造や彫刻に際して、もろく壊れやすくなることが分かったため、以後は再び、爆薬を用いずに採石をすることになったようです。

 ドゥオーモのファサードは、近代になってようやく装飾が施されたと言うのに、材料となる大理石採掘にダイナマイトを用いた上、冬に大理石のひびの間にしみ込んだ水分が夜間に凍ったあと、ファサードは日中太陽の光に照らされるため、その氷が昼には解けて、他の壁面に比べて、傷みやすいのだそうです。

大理石とダイナマイト フィレンツェブロガー再招集3_f0234936_7452428.jpg

 大理石を削っていくと、表面からでは分からない細かなひびや割れ目があって、作品が台なしになってしまうということは、ダイナマイトを使っていなかったルネサンス期にもあり、かのミケランジェロもその憂き目に遭ったそうです。

 大聖堂ファサードを装飾していた預言者サムエルの彫像も、傷みが激しいために、本物は付属博物館で展示して、代わりにファサードに飾るための複製を、修復工房でこうして制作中なのですが、上の写真のような機具を用いて、大きさも形も原作どおりの作品を手がけている間、鼻を仕上げている最中に小さな穴が見つかり、鼻を含む顔全体の位置を後方にずらすことで、問題を解決したそうです。

大理石とダイナマイト フィレンツェブロガー再招集3_f0234936_7453388.jpg

 修復工場では、他にも、雨風に傷んだ大理石の実物や、

大理石とダイナマイト フィレンツェブロガー再招集3_f0234936_7455250.jpg

修復や複製の制作に用いられてきた道具類、

大理石とダイナマイト フィレンツェブロガー再招集3_f0234936_7461915.jpg

そうした道具を使っての制作の実演などを見ることができて、とても興味深かったです。

大理石とダイナマイト フィレンツェブロガー再招集3_f0234936_7463249.jpg

 大聖堂のファサードに飾られていた預言者サムエル(Profeta Samuele)の彫像の本物は、現在、ドゥオーモ付属博物館(Museo dell’Opera del Duomo)2階にある19世紀博物館(Museo dell'Ottocento)に展示されています。 

********************************************************************************************************************************
Duomo, Dinamiti & Marmo di Carrara, Blogger a Firenze 3

Interessanti i racconti & dimostrazione lavori
nella Bottega dell'Opera di Santa Maria del Fiore, Firenze 28/1/2016
es. Nell'Ottocento si utilizzarono le dinamiti per prendere il marmo, ma di conseguenze si crearono le microfratture che causavano grandi problemi nella fase di elaborazione e smisero di usare gli esplosivi...
********************************************************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 美への情熱、ブロガ-再招集1 フィレンツェ / Ritrovo di Bloggera a Firenze 1, Bottega dell’Opera di Santa Maria del Fiore (28/1/2016)
- フィレンツェドゥオーモびっくり顔なし300年 ブロガー再招集2 / Blogger a Firenze 2, Nuovo Museo dell’Opera del Duomo (19/2/2016)
- イタリア語学習メルマガ第107号「歴史・美術記事を読む~フィレンツェドゥオーモびっくり情報」 (29/2/2016)

参照リンク / Riferimento web
- Il Grande Museo del Duomo. Firenze – Museo – Sale – Museo dell’Ottocento. Primo Piano
- Zoomedia.it – Firenze – Bottega dell’Opera del Duomo: apertura straordinaria dell’8 settembre 2005 (9/9/2005)
- Notizie Comuni-Italiani.it – Firenze – La bottega dell’Opera del Duomo (1) (20/4/2011)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2016-02-29 23:47 | Blogger a Firenze