イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

幸せを生きながら、明日開始イタリア語版ディーパク・チョープラ瞑想講座

 イタリア語の形容詞、feliceは「幸せな」と訳されますが、英語のhappyが、どちらかというと一時的な「うれしい、幸せな」気持ちを表すのに対して、持続する心の芯の状態としての幸福を言い表すという違いがあると、約10年前、ペルージャ外国人大学、外国人へのイタリア語・イタリア文化教育の学士取得課程(Corso di Laurea ILIS/ in Insegnamento della Lingua e della Cultura Italiana a Stranieri)の応用言語学(linguistica applicata)の授業で学びました。

 日本語であれば、昔話の最後を「めでたしめでたし」としめくくるところを、イタリア語では童話などの終わりに、しばしばtutti vissero felici e contenti「皆が幸せに満足して暮らしました」と書いてあります。visseroは動詞vivere「生きる、暮らす」の遠過去、contentoは、「うれしい、満足した」という意味の形容詞で、使い方には上記の英語のhappyと共通するものがあります。

幸せを生きながら、明日開始イタリア語版ディーパク・チョープラ瞑想講座_f0234936_1371382.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno, Torricella, Magione (PG) 9/10/2018

 「幸せに生きる」と言うには、こんなふうに、ふつうは動詞+形容詞という形を用いて、vivere felice(形容詞は主語の性・数に応じて変化)と言うのですが、今回の瞑想講座の題は、あえて、このfeliceの名詞形、felicità「幸せ、幸福」を、他動詞としてのvivereの目的語として、vivendo la felicità「幸せを生きて、幸せを生きながら」となっています。

 イタリア時間で6月27日から始まる新しい瞑想講座が、今から楽しみです。生きる勇気や指針、いい言葉を教えてくれるディーパク自身の英語の言葉に、イタリア語訳が続く形を取っていますので、英語が分かる方は、イタリア語の学習教材としても役立てることができると思います。こちらのページから受講を申し込めば、21日間続く無料の、1日約20分の瞑想講座のその日ごとの内容のあらましを書いたメールが届くので、これから聴く講座の内容を、あらかじめ読んで把握しておくこともできます。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2016-06-26 23:59 | Vivere