イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

湖の夕日と夫婦げんか、ディーパク瞑想講座英語版15日目

 「あなたがうれしい気持ちであれば、そばにいる人もうれしい気持ちになるし、あなたがいらだっていれば、そのいらだちを相手も感じるようになる。わたしたちの心は無意識のうちに、鏡のように相手の心の持ちようによって、移り変わりがちだ。」

 ディーパクの英語版瞑想講座のDay 15を、今日5日遅れで聴いていて、心に響いたのが、こういう教えでした。

湖の夕日と夫婦げんか、ディーパク瞑想講座英語版15日目_f0234936_6495760.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno 25/7/2016

 と言うのも、たまに夫とけんかになるときは、夫が声を荒立てて、あるいは不機嫌に何かを言って、それでわたしも気分を害し、そうして、イタリアの人と言うのは、うちの夫に限らず、悪気はないのだけれど、言いたいだけ悪感情をむきだしにして一通り言えば、あとはけろりとして忘れる場合が少なくないのですが、そういうむきだしの怒りに慣れていない日本人のわたしは、あとあとまで嫌な気持ちを引きずってしまい、もともとの理由はたいしたことではないのに、夫が機嫌を直して、うれしそうに優しそうに和解を求めるように話しかけても、むっつりして話を蒸し返し、それで夫が再び不機嫌になるというパターンが少なくないのです。

 こういうときイタリア人の奥さんだったら、売り言葉に買い言葉で反撃をして、しばらくしたらお互いにけろりとして何もなかったように、笑っているかもしれません。結局けんかの発端はささいなことであって、夫はこういう人だと分かっているのだから、わたしが気分を切り替えれば、すぐに二人とも心穏やかな気分で過ごせるのにと思いつつ、ついそうやって、不機嫌に物を言われると、わたしまで不機嫌になってしまう、そういうことを、ディーパクの言葉を聴きながら、思い出しました。

 「人間関係には二人以上の人が関わるけれど、どちらかが相手の言葉や態度を、懐深くに温かく受け止めれば、そこで何かが変わってくる。あなたの方から、負の連鎖、鏡写しの代わりに、愛や優しさの連鎖、鏡写しに変えていけるはずだ。」

 説明を聴きながらメモを取り、ノートに書いている間は耳がお留守になるため、どの言葉も、本来ディーパクが言ったこととは若干ずれがあるかもしれませんが、わたしはこんなふうにとらえながら、今日の講座を聴きました。

 そうして、講座の冒頭ではオープラが、テレビ番組のインタビューに確か離婚の理由として、「夫といても幸せを感じられなくなったから」と語っていた女性がいたけれども、「自分が夫の幸せのために何をしているか、できるかを自問する必要があるのではないか。結局わたしたちが受け取れる愛というのは、自分自身や他の人々に対して、自分たちが注いできた、注いでいく愛なのだから。」と言っていて、それも心に残りました。イエスの黄金律ではありませんが、自分がしてほしいことを人にしなさい、自分がそうしてもらいたいように、人に優しくしなさいということなのだなと感じながら聴きました。

湖の夕日と夫婦げんか、ディーパク瞑想講座英語版15日目_f0234936_6501315.jpg

 湖は空が雲で覆われていれば、雲を映し、わずかでも光があれば、その光を映し出します。相対する人の心が共に鏡であるならば、意識的に、どちらかが嵐や曇り空の中でも、一条でも光を発していけば、そこから光が、優しさや穏やかさ、落ち着きが、どちらにも戻ってくるのでしょう。

湖の夕日と夫婦げんか、ディーパク瞑想講座英語版15日目_f0234936_6502035.jpg

 写真は、月曜に見たトラジメーノ湖の夕景です。

************************************************************************************************
Le nuvole, il cielo, la luce del tramonto
tutto si riflette sull'acqua calma del Lago Trasimeno. 25/7/2016
*************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2016-07-29 23:50 | Umbria