イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

FBウィルス写真装う添付ファイルつきメッセージで感染の恐れ、イタリア

 サイバー犯罪の世界では、同種のウィルスや詐欺が、英語圏→イタリア語圏→日本語圏と、領域を広げていく傾向があります。今回ご報告するのは、イタリア警察が警告するイタリアで蔓延中のウィルスですが、他国にお住まいでイタリアとは縁のない方も、そのうち同じような手口によってウィルスが蔓延し、危険に出会う可能性があり、イタリアに関心があって、イタリアの方や店などとFBで交流があれば、日本あるいは世界の他国に暮らしていても、この新たなウィルスに感染する恐れがあるので、ご注意ください。

FBウィルス写真装う添付ファイルつきメッセージで感染の恐れ、イタリア_f0234936_18324048.png

 友人アカウントからのチャットにおける個人的な会話を装って、送ってくるメッセージに、写真を装うような添付ファイルがあり(上記イタリア警察FB投稿における例であればPhoto_4060.svg)、それをクリックすると、ウィルスに感染してしまうようです。

 友人アカウントから来るメッセージだと、つい安心して、すぐに添付ファイルをクリックして開けてしまいそうです。上の例では".svg" というファイルの拡張子が、ウィルスと判断する決め手になるようなのですが、今後また犯人が手口を変えて、新たな拡張子を使わないとも限りません。友人からのメッセージだと安心して、すぐにクリックすることなく、ウィルスの恐れがあると思ったら、その友人に自分にそういうメッセージを本当に送ったか否か確認するなど用心し、友人からのメッセージだから安心だろうと、気軽に何でもクリックしてしまわないように気をつけましょう。

 実は数日前にも、FBのメッセンジャーで「友人からのメッセージ」と思い込んで添付ファイルをクリックし、スマートフォンがウィルスに感染する被害が多発しているというイタリアのオンラインニュースを見かけました。記事中の広告があまりにもうるさいので、そのときは記事にしなかったのですが、今日はそのFB経由ウィルスのニュースを、警察のFB投稿でも、Sky TG24のツイートでも見かけましたので、かなり被害が拡大してきているのではないかと思い、記事にしました。

 「感染した友人アカウントから、友人本人が知らぬうちに送られてきたウィルスつきメッセージ」である点が、「友人だから安心だ」と思う利用者のすきにつけこんでいて、悪辣だと思います。実はわたし自身、数年前にツイッターのダイレクトメールで、大学時代の親しいイタリアの友人でかつ英国にも留学していて英語が堪能な女性から、「ここにあなたの写真が」というメッセージを受け取り、海外からの友人も多いからメッセージを英語にしたのだろうかと、つい疑いもせずにクリックをしてウィルスに感染して、ツイッターでフォローしてくださった方すべてに自動的に同様のウィルスつきDMメッセージが送られてしまい、その削除に非常に時間と手間がかかった上、何より受け取った方に迷惑をおかけしたという苦い経験があります。

 お互いに十分、気をつけましょう。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2016-11-23 23:59 | Notizie & Curiosita