イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

モン・サン・ミシェルのたそがれ

 昨年6月のフランス、ノルマンディー旅行では、シャルトルで友人たちと合流し、大聖堂や町を訪ねたあと、車でモン・サン・ミシェルに向かいました。長旅のあと、宿のあるポントルソンで休憩してから、車でモン・サン・ミシェルの駐車場まで行き、それから、シャトルバスでモン・サン・ミシェルに向かいました。

f0234936_7594052.jpg
Mont Saint-Michel al tramonto, Francia 22/6/2016 22:17

 ノルマンディーで驚いたのは、天気がひどく変わりやすいことです。ポントルソンに着いたときは、雲はあっても青空が見えていたのに、シャトルバスが着く直前、にわかに雨が降り始め、夫とわたしは傘を持っていたのですが、友人たちは町の店に飛び込んで、すぐにく傘を買いました。ちなみに夫の傘も、パリで突然雨に降られて、どしゃぶりなのに傘を売る店が見つからず、ようやく見つかった店で、骨がさびていたのを仕方がないと購入したものです。もう遅いので、修道院を訪ねるのは翌朝にして、教会で長く祈りを捧げる友人たちにつき合い、町を歩いて夕食を取りました。食事が運ばれるのを待つ間外に出ると、潮が驚くほどの勢いで満ちて行くので、びっくりしました。

f0234936_8145175.jpg
21:27

 夕食後、友人たちについて歩くと、高いところへとどんどん登って行きました。ここなら夕日が沈むのが見えるからと、やって来たようなのですが、5人がすべて夕日を見送れるほど広い場所ではなく、わたしはモン・サン・ミシェル全体と海もきれいに見える場所で、日が沈むのを見たかったので、皆にあいさつをして、

f0234936_8211891.jpg
21:34

海岸へと急ぎ足で駆け下りました。

f0234936_825940.jpg
21:40

 何とか日が沈む前に、砂浜までたどり着くことはできたのですが、ご覧のように水平線が雲に覆われていたため、太陽は時々厚い雲のすきまから、わずかに見えるばかりでした。

 そのため、いつ日が沈んだのかははっきり分からなかったのですが、ちょうど日の入りの頃に、モン・サン・ミッシェルと茜色に染まる空・海を撮影しましたので、興味があれば、ご覧ください。




f0234936_8343710.jpg
22:04

 夕焼けは、日が沈んでから30分ほど後の方がより美しいことが多いと、経験的に知っていたこともあり、その後もしばらくの間、灰色だった空と海が、少しずつ茜色に染まっていく様子を愛でたり、写真を撮ったりしていたら、いつの間にか夫や友人たちも近くまで来ていました。

 夕焼け空の色が美しくなるまでには、もうしばらくかかるから、それまでの間は、ずっとそのままそこでそうしてモン・サン・ミシェルと風景を眺めていたかったのですが、すでに午後10時を過ぎている上に、風が激しく吹き、雨が降ったあとの晩でその風が冷たかったため、皆の意向を聞き、宿に戻ることにしました。

f0234936_8414169.jpg
22:21

 夕食時に満ちていた潮は、日没の頃にはどんどんと引き始め、少しずつ顔を表す地面が増えていきました。

f0234936_8442437.jpg
22:26

 駐車場へと向かうシャトルバスから、モン・サン・ミシェルに明かりがともり、空と海がきれいなピンク色に変わっていくのを名残惜しく見守りました。そうして、最初の停車場で、夫・マヌーと共にバスから降り、次のバスが来るまで、うっとりしながら美しい眺めに見入りました。

関連記事へのリンク
- モン・サン・ミシェル撮影・眺望とっておきの場所を求めて / Alla ricerca dei luoghi da cui si possono fare delle foto belle del Mont Saint-Michel

参照リンク / Riferimento web
- Site officiel de l'office de tourisme du mont saint michel - Home page

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/27447220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2017-01-15 20:56
なおこさん、美しいモンサンミッシェルの夕日をありがとうございます(^^♪
動画でとると波の音や鳥の声が入りとても臨場感に溢れてて、2008年に行った時のことを思い出して懐かしさがこみ上げてきましたよ☆
私が行ったのは9月の半ばを過ぎていたため、もう少し日の入りは早かったものの、それでも今か今かと待ちました!
対岸のホテルに泊まっていたのでホテルの部屋からもモンサンミッシェルの夜景を見たのを思い出します(*^_^*)
Commented by mokochan at 2017-01-15 22:48 x
なおこさん、こんばんは。
モン・サン・ミシェルの夕景、本当に綺麗ですよね、周りに
他に何もないのですものねえ。夏のヨーロッパは日暮れが遅いから待っているうちに眠くなってしまいます。
妹が私のインスタグラムからなおこさんの写真を見に訪ねて
素敵な写真を撮る方なのね。。。と今日言っておりました。
特に葡萄の紅葉がお気に入りだそうです。
朝のリレーの詩を読みました。お互いに太陽をリレーしながらそれぞれ全く違った環境に生きる人々がいて、でもこうして繋がることもできるって素敵ですよね。
Commented by milletti_naoko at 2017-01-16 21:25
アリスさん、こちらこそうれしいコメントをいつもありがとうございます♪ 夕焼けの頃は360度空や風景が茜色に染まっているグラデュエーションが美しいので、せっかくだからと録画してみました。

ちょうど夏至の頃で日がとても長かったのですが、アリスさんが訪ねられた秋分の頃も、まだまだ日の入りが遅かったんですね。
Commented by milletti_naoko at 2017-01-16 21:28
mokochanさん、灰色の空が日の入り後に少しずつきれいなオレンジ色、ピンクに変わっていき、海もその空を映し出していて、本当にきれいでした♪ 妹さんもご覧くださって、mokochannさん、詩を読んでくださったんですね。ありがとうございます。すてきな詩ですよね。大好きです。
by milletti_naoko | 2017-01-14 23:59 | Francia & francese | Trackback | Comments(4)