イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_7271294.jpg
22/4/2017

 今朝は、ヒナゲシ(papavero)のつぼみが少しずつ、つぼみ全体を覆っている殻を脱いで、花を開き咲いていく様子を、庭で見ることができて、とても興味深かったです。ペルージャでは早朝の気温が、零度あるいは-1度まで冷え込むと言われていたため、よろい窓と窓を開けたのは、午前9時頃でした。寒さのために、咲く準備がいつもに比べて、2時間ほど遅れたようです。人にもせっかちな人とのんびりな人がいるように、そのとき、まだようやく衣を脱ぎ始めたつぼみもあれば、その真っ最中のつぼみもあり、あるいは、ほぼすべて脱ぎ終わって今にも咲こうという花があり、思いがけず、ヒナゲシがどんなふうにつぼみから花となるのかを、知ることができました。

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_7354316.jpg

 咲くヒナゲシの花は、背筋をまっすぐに伸ばして、天に向かって開いているのですが、ご覧のように、つぼみの間は、緑色の殻をかぶり、首を垂れています。そうして、このうつむいたつぼみの状態が、かなり長い間続きます。

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_7384432.jpg

 つぼみが花になろうというときは、まずはこの地面を向いていたつぼみの先端が、背筋を伸ばして、空に向かいます。そうして、ほんの少しだけ殻が開いて、深紅の花びらがわずかに見えます。

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_7413079.jpg

 つぼみが殻を上へ上へと押し上げていきます。

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_742349.jpg

 このつぼみでは、殻が上のつぼみに比べて、幾分上まで上がっていました。風に揺れぬようにと手で茎を押さえたら、そのわずかな振動で、殻のもう半分が下に落ちてしまいました。

 この状態から、さらにつぼみが少しずつ花びらを開いて、冒頭の写真に見えるように、殻が花の下方へと移動していきます。この後、殻が落ちて、さらにつぼみが開き、

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_7455872.jpg

こんなふうに花を咲かせるのでしょう。殻から抜け出たばかりのヒナゲシは、まだ花びらにしわが寄っているのですが、その分、独特のあでやかさがあるように思います。

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_7481691.jpg

 同じ花壇に咲いて、花びらが同じように赤くても、柱頭の色やおしべの色・数などが違っています。

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_7513284.jpg

 4枚目の写真に見える、殻の半分だけをかぶり、下部が黒いつぼみからは、こちらの花が咲きました。

衣脱ぎ咲くよヒナゲシ寒い朝_f0234936_7565971.jpg

 この数日、早朝の気温が零度に近い日が続いたために、元気がなく花の数も少なかった庭のヒナゲシも、今日は早朝こそ寒かったものの、日中は天気がよく、気温も上がったためか、花がまだ元気を取り戻したように見えます。

 出かけるときにも、町や道路、麦畑沿いに、ヒナゲシを見かけることが多くなり、そのたびにうれしくなる今日この頃です。

***************************************************************************
Interessante e bello vedere un fiore di papavero
uscire dal guscio del bocciolo
***************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-04-22 23:59 | Fiori Piante Animali