イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夕日追いかけ湖畔を行けば、イタリア

 同じトラジメーノ湖畔で見る夕日や夕焼けでも、見る日や見る場所によって違ってきます。また、同じ日にひとつところにとどまって見ていても、日が沈むにつれ、そして、沈んだあとも、空の色や様子が、刻々と移り変わります。

夕日追いかけ湖畔を行けば、イタリア_f0234936_5561871.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno, Sant'Arcangelo
Magione (PG) 21/5/2017 20:43

 あまりにも厚い雲が空を覆っているときを除いては、空の色がことさらに美しく変わっていくのは、むしろ日が沈んでしばらくしてからです。

 上の写真も、昨日同様、5月21日曜日の夕焼けで、昨日同様にサンタルカンジェロの桟橋から、日没の約10分後に撮影したものです。沈んだ日が下から上空に広がる雲を照らすためでしょうか、茜色が少しずつ空全体に広がり、わたしたちが桟橋を後にする頃には、上空に、桜色の大きな鷲(わし)が、翼を広げて飛んでいるかのように見えました。地平線近くの雲も、日の入り後こそ、燃え上がるようにさらに赤く色づいていました。

夕日追いかけ湖畔を行けば、イタリア_f0234936_66346.jpg
20:12

 感動は、まだ日が高いとき、マジョーネで高速道路を下りて、南へと進み、トラジメーノ湖が視界に入り始めた頃から始まります。日曜の晩も、目に飛び込んできた湖と空の色がそれはきれいだったので、走る車の窓から、撮影してみました。

夕日追いかけ湖畔を行けば、イタリア_f0234936_6102099.jpg
20:18

 サンタルカンジェロ(Sant'Arcangelo)に着くと、もう夕日がかなり地平線に近づいています。わたしたちがサンタルカンジェロに夕日を見に来ることが少ないのは、トッリチェッラやサン・フェリチャーノに比べて、ペルージャから時間がかかるため、そして、冬の間は太陽が、今よりもかなり左の方に沈み、そのため、桟橋を歩いて湖の上へとかなり歩かないと、夕日が沈む様子が、岸辺からは見えなかったためです。

 一方、他の湖畔の市町村に比べて、高速道路から遠く、サン・フェリチャーノやパッシンニャーノと違って、島行きのフェリーが出ているわけではないため、晴れた週末や真夏に、他の場所に比べると、ずっと静かで、ゆったりと夕焼けを楽しむことができるという利点があります。

夕日追いかけ湖畔を行けば、イタリア_f0234936_620385.jpg
20:37

 日が沈んだあたりの雲は、しばらくすると金色に輝き、周囲はより深い赤へと、色が変わっていきます。

夕日追いかけ湖畔を行けば、イタリア_f0234936_6225575.jpg
20:37

 ズームで拡大した写真では、金色の輝きが分かりやすいのではないかと思います。

 この写真の6分後には、冒頭の写真のように、上空の空がピンクに染まっていきました。

夕日追いかけ湖畔を行けば、イタリア_f0234936_6275873.jpg
20:40

 振り返って東の空を見ると、湖畔の丘の間から、テッツィオ山(Monte Tezio)が、のぞいていました。その後ピンクが空全体に広がる様子を、わたしはうちへと湖畔を走る車の中から、感嘆しながら眺めました。

********************************************************************************************
Vola una grande aquila rosa nel cielo sopra il Lago Trasimeno.

12 minuti dopo la foto precedente
Sant'Arcangelo, Magione (PG) 21/5/2017 20:43
********************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-05-24 23:32 | Umbria