イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ペルージャ夏の野外映画祭、9月13日まで元修道院に臨む公園で開催中

 ペルージャでは、9月13日まで、サン・ピエートロ教会と元修道院の道路を挟んで向かいにある公園、Giardino del Frontoneで、日替わりで、主に昨年劇場公開された映画の数々を、楽しむことができます。たとえば、わたしが昨年見ていいなと思った『A Spasso con Bob』が、7月10日に上映されるほか、遠藤周作の小説、『沈黙』を原作とする映画、『Silence』が7月1日に、また、ディズニー映画の 『La bella e la bestia』(美女と野獣)の実写版は7月2日に、好評を博したという『La La Land』は6月30日に、上映される予定です。『A Spasso con Bob』は、特に猫が好きな方にはおすすめです。

f0234936_18354932.jpg
Basilica & Abbazia di San Pietro, Perugia 27/6/2017

 昨年見逃した映画を見たり、あるいは、日本で見た映画のイタリア語版の映画に挑戦したり、あるいは単に猛暑から逃れたりするにも、うってつけのいい機会だと思いますので、ペルージャに留学・在住の方、あるいは旅行などでペルージャにお越しの方は、ぜひ一度足を運んでみてください。

 上映は午後9時半からで、入場料は特別な催しがある場合を除いて、原則的に5ユーロです。上映予定については、以下のウェブページをご覧ください。上映会場の入場券販売所では、野外映画祭の上映予定が、それぞれの映画の上映日時や簡単な作品紹介とともに印刷されたパンフレットを、無料でもらうことができます。

- Cinegatti - Cinema all'Aperto Frontone. In Programmazione al Frontone

 写真は、今日映画の上映会場へと向かう途中に、公園から見えたサン・ピエートロ教会の鐘楼と元修道院を撮影したものです。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- Cinegatti - Cinema all'Aperto Frontone. In Programmazione al Frontone - 猫と若者を描くあったか映画『A Spasso con Bob』 / "A Spasso con Bob" - un film molto bello e commovente (17/11/2016)
- 猫と若者の感動映画、英・米に続き葡・ブラジルで上映、日本では来夏頃、原作は世界でベストセラー / Film, "A Street Cat Named Bob" Trailer in inglese & Libri (18/11/2016)
- 映画『沈黙-サイレンス-』イタリア公開、日本上映は21日 / Film, "Silence" di Martin Scorsese (13/1/2017)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/27930125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nonkonogoro at 2017-06-28 09:35
私は野外映画を見たことがないですが
車に乗った状態で鑑賞するのでしょうか?

どの映画も世界的にヒットしたものばかりで
楽しめるでしょうね。

Commented by ayayay0003 at 2017-06-28 11:43
なおこさん、公園で映画上映とは夏季のイベントとしては良いですね~(^^♪
しかし、そちらは暮れるのが遅いから、夜遅くになるのでは?
ピッティ宮のオペラ始まりが午後8時半からと遅かったので何で?と思いましたが、暗くなるのが遅いからなんですよね~(笑)
美女と野獣は、映画館でみましたが、映像が美しくて野外で観るのは良いと思います~(^^♪
Commented by coimbra at 2017-06-28 21:38 x
なおこさん、こんばんは。猛暑も一段落で良かったですね。
野外映画と聞くと、Nuovo Cinema Paradisoのシーンを思いだします。私は今、2010年にRai unoでテレビ放送され
2012年に日本で劇場公開された「ジョルダーニ家の人々」にはまっています。dvdを買って何度も何度も見ています。
この映画で話されるイタリア語がとても綺麗だと思うのです。先日マルチェロ・マストロヤンニを知らないとイタリア語友達に言ったら驚かれまして、すぐに「ひまわり」を借りて来て見ました。イタリアもの、なかなか興味深いです。。
Commented by milletti_naoko at 2017-06-29 00:13
nonkonogoroさん、そう言えば、昔アメリカの映画かテレビドラマで、車に乗って映画を鑑賞する場面を見た記憶が、わたしもあります。ペルージャの場合は、車は公園近くの駐車場に置いて、会場に並べてある椅子に座って、鑑賞します。早く着いたので、人が少ないうちに会場の写真も撮ろうかと思いつつ、人がいなくて映画も上映されていない会場の写真を撮ってもどうかと思い直したのですが、そうするとやはり、撮影して記事に載せた方がよかったですね。エアコンなどないうちが多く、酷暑の厳しいペルージャでは、夏の夜の野外映画は、映画も楽しめ、夜を涼しく過ごせて一石二鳥です。昨夜の映画は、社会と人の心の闇を描く、ひどく重たい内容だったのですが、なんとか主人公たちが生き延びてくれて、最後にほっとしました。
Commented by milletti_naoko at 2017-06-29 00:17
アリスさん、そうなんです。昨日は午後9時半に始まったのですが、それでもまだ空が明るいという状況でした。幸いコマーシャルが終わった頃には、空が暗くなっていたかと思います。

美女と野獣、アニメの映画と歌が好きで、歌のCDや映画のレーザーディスク(だったような)も買って、何度も見たり聞いたりしました。実写の映画は見逃していたので、ぜひ足を運んで見たいです。と思ったら、上映日は遠いリミニから夜遅く帰るでしょうから、難しそうです。
Commented by milletti_naoko at 2017-06-29 00:24
coimbraさん、そう言えばそういう場面がありましたよね。ジョルダーニ家の人々という映画があるんですね。初めて知りました。繰り返し見るほど、いい映画なんですね。わたしがイタリア語の勉強を始めた約20年前は、日本で見られる、手に入るイタリア映画と言えば、フエッリーニをはじめとする古い名作が多かったのですが、マストロヤンニをご存じなかったということは、逆にそれだけ、様々なイタリアの映画やドラマが、日本でも見やすくなったということでしょうね。まだ日本に暮らしていた頃、愛媛から大阪まで、ゴールデンウィークにイタリア映画祭を見に行ったのがなつかしいです。
by milletti_naoko | 2017-06-27 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(6)