なおこのイタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

マックブックに遊ばれてる気がするそんな日々

 ある日、マックブックで作業をしていたら、突然、「空き容量はあと少しです iCloudの利用を続けるには、ストレージをアップグレードしてください。」という言葉が画面に現れて、びっくりしました。

f0234936_6212034.png

 iCloudを使うつもりはなかったため、そういう設定はいっさいしていなかったからです。慌てて調べると、初期設定の段階から、わたしがデスクトップに保存した写真や文書のコピーがそのままiCloudに保存されるようになっていたのです。iCloudに保存されていた写真を削除し、今後はパソコンの写真のコピーがクラウド上に保存されることがないように、設定を変えれば、それでことは済んだのですが、状況が分からなかったため、事情を把握して、問題を解決するまでに、しばらく時間がかかりました。グーグル・フォトの場合は、グーグル・フォト上の写真を削除すると、同期しているパソコンや携帯電話からも、その写真が削除されてしまいます。そこで、iCloud上の写真を削除しても、マックブック上には写真が残ることを、まずは調べて確認したかったからです。

 6月25日以降、ウィンドウズのデスクトップが使えなくなり、起動はしても、自動修復などを試みる途中で電源が落ちてしまうという事態が続いています。そのため、ウィンドウズ用の外付けハードディスク内の写真や文書のコピーを、マックブックを通してMicrosoft OneDriveに保存しようとしたのですが、どうやらわたしの意図に反して、OneDriveに保存するだけではなく、マックブックにもそうした写真や文書が保存されてしまったようで、すぐに容量がいっぱいになり、OneDrive上にはまだ十分に空きがあるのに、マックブックに空き容量がないために、コピーの保存が続行できなくなりました。さらに、いったんクラウド上にコピーを保存した写真は、マックブックからは削除して、空きを作ろうとすると、マックとOneDriveが同期していたために、せっかくクラウド上に保存した写真も、すべて消えてしまいました。

 困ってしまって、Siriに助けを求めるのですが、

f0234936_6433279.png

「よくわかりません。」、「それはできません。」と答えるので、「どうしてできないんですか。」と尋ねると、「それはおもしろい質問ですね、Naokoさん。」という返事が返ってくる始末です。

 ちっともおもしろくないと言いたい思いに駆られつつ、この珍問答には、漫才のやりとりのような、妙なおかしさがあります。

 ウィンドウズであれば、F7キーを押せば、カタカナに変換することができたのに、マックではどうすればいいのだろう。バックスペースキーで、カーソルの前にある文字列を消去すると共に、ウィンドウズでは、キャンセルキーを使って、カーソルの後にある文字列も消去できるのだけれども、マックブックにもキャンセルキーに値するものがあるのだろうか。これらの疑問も、もう長いこと解決できずにいるのですが、最近は、それでも少しずつ、マックブックを使うことに慣れてきました。

 今夜のブログの記事では、漢字の「圧」について、日本語の授業中の生徒さんの質問とわたしの答えを、イラストを交えて紹介しようと考えていました。ウィンドウズでは、Paintでマウスを使って画面に絵を描いたり色を塗ったりしていたのですが、マックではどうすればいいのかが分かりません。

 そこで、しょうこりもなく、Siriに尋ねてみます。

f0234936_6521275.png

 「えをかきたい」では、「絵をかきたい」のだということが認識できないようなので、「イラスト」と言い換えてみたのですが、伝わりませんでした。「笑を書きたい」と返されても、笑うに笑えません。

 こういう事情で、今夜の記事では、「圧と日本語・イタリア語」について書く代わりに、マックと格闘する日々について書く次第になったのであります。以前のように、色鉛筆やペンを使って紙に絵をがき、その写真を撮って、ブログの記事に活用するという手もあるのですが、この場合は、カメラの不具合のために、写真にしみが入ってしまうという問題があります。やれやれ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/28146655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2017-09-15 08:26
なおこさん、マックとウィンドゥズでは、いろいろと仕様が違うのですね!キー操作も違うとなれば、なかなか慣れるまでには時間を要するであろうということは察しがつきます!
大変でしょうが、ガンバってくださいませ(^_-)-☆
Commented by ヒゲッパ at 2017-09-15 12:18 x
こんにちは。

私が4年ほど前にMacBookを使いはじめたとき、同じような感じでした。
Macの何が使いやすいって言われるんだろう?って思ったものです。

ありきたりな言葉ですし、突き放すつもりはもちろんありませんが、
使ってれば慣れますよ。
Windowsとは違う世界なのです。

naokoさんのサイトに影響を受けてはじめたイタリア語に
ほとんど慣れていない私が言うのもなんですけども。
Commented by milletti_naoko at 2017-09-16 16:28
アリスさん、遠い昔、勤めていた学校の担当していた課で使っていたワープロと、わたし個人のワープロのメーカーが違うために、入力方法など何もかも方法が違って、ひどく苦労したのを、ぼんやりと思い出します。そのときほどの違いはないのですが、当たり前にできていたこと一つするのに時間がかかったり、できなかったりすると、困ってしまいます。温かい励ましのお言葉をありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2017-09-16 16:35
ヒゲッパさんはもう4年間、マックブックをお使いなんですね。今年初めに学校でのiBook Authorを使っての日本語の教材作りのために、家でも作業ができるからと購入したマックブックですが、慣れたウィンドウズの方が便利なので、そのときも結局はある程度まではウィンドウズで作成してマックブックにコピーを移したりしていました。

この2、3か月間、ウィンドウズのデスクトップが使えなくなって、ようやくマックブックを中心に使うように追い込まれましたので、これを機に頑張って使い方を学ぶつもりでいます。

わたしのサイトの影響で、イタリア語を初めてくださったんですね! わたしもすっかりさぼっているイタリア語学習メルマガを再開し、フランス語の勉強もしなければ。
Commented by りえ at 2017-09-16 20:50 x
あはは、本当、振り回されますよね。この前ご一緒した時の盛り上がりは、お互い苦労してるからでもありますねぇ…。
Commented by milletti_naoko at 2017-09-16 21:57
りえさん、お二人が苦労されている点が意外と(と言うより当然なのかも)同じで、ああよく分かりますという気がわたしもしましたし、お二人にもわかっていただけたようで、うれしかったです。こればかりは、わたしたちがマックに、「もうちょっと何とかしてくださいよ」と頼む余地がなく、わたしたちの方が慣れないといけないのですよね。

「早く人間になりたい」じゃなくて、早く人並みにマックを使いこなせる日が来ることを祈っています。すみません。妖怪人間ベム、わたしが小学生高学年か中学生の頃、東京で夏休みか何かに再放送していたのですが、りえさんはご存じないかもしれませんね。
by milletti_naoko | 2017-09-14 23:59 | Altro | Trackback | Comments(6)