イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia 日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより

亡き人を偲ぶ墓地のミサとロウソク、イタリア

 日本のお寺や仏壇の前では、線香に火をともしますが、イタリアのカトリック教では、教会や家庭で、ロウソクに火をともします。

f0234936_5542741.jpg

 今日11月1日は、カトリック教では諸聖人の祝日(Ognissanti, Tutti i santi)と呼ばれ、イタリアの国民の休日です。イタリアで、亡き人々を追悼する日(Commemorazione dei defunti)は翌日、11月2日なのですが、こちらは休日ではありません。そのためでしょう、11月1日にはお墓参りをする人が大勢います。11月1日の前夜であった昨晩、夫は、亡くなった人に祈りを捧げようと言って、夫の祖父母など、亡き人の写真が飾ってある棚の上に、ロウソクを置き、火をともしました。

f0234936_603444.jpg

 今日は義家族のお墓がある教区では、午後3時から、墓地でミサが行われ、義父母や義弟夫婦と共に、わたしと夫もこのミサに参加しました。大混雑で、近くには駐車場が見つかるまいと思い、30分以上前にうちを出たおかげで、墓地のすぐ前に車を駐車することができ、ミサの前に、夫たちの家族や親族のお墓参りを済ませることができました。3時過ぎに始まったミサには、大勢の人々が参加し、わたしたち同様に、ミサの前後に墓参りをしているようでした。墓地内では、驚くほど、たくさんの親戚や友人、知人に出会いました。ミサの説教では、諸聖人の祝日にも言及がありましたが、もっぱら、死や亡き愛しい人の追悼について語っていたように思います。宗教による解釈の違いはあれ、亡き人を大切に思う気持ちは、国境を越えても変わらないことを感じました。

 今日は墓地で、たくさんの人たちに、久しぶりに会い、皆とあれこれ近況などを話し合ってから、帰宅すると、もう4時半になっていました。上の写真は、うちを出る前に、撮影したものです。紅葉した葉が浮かぶ水面が、黄葉した木々を映して、とてもきれいでした。

f0234936_615186.jpg

 昨夕作った照り焼きで、鶏肉をぶつ切りにしたのは、骨つきのもも肉だったからです。肉を若干残した骨も、肉といっしょにタレに漬けてから料理し、今朝その肉もついた骨をやると、ミミがとてもうれしそうに、かじりついていました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/28431675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nonkonogoro at 2017-11-02 09:02
ドイツ在住の方のブログでも
この日のことについて書かれていました。
日本のお彼岸の墓参りと同じような感じなのかな。

私も 昨夜は鶏の照り焼きを作りました。(^^)/
私達は日本人同士ですが 食事は和洋中取り混ぜて
います。昨夜は和食でしたが お酒は白ワイン。
シチリア産の CATARRATTO。
Commented by ayayay0003 at 2017-11-02 19:43
なおこさん、11月2日がほんとうは、イタリアではお墓参りする日なのですね~
日本でも、お墓参りの日は有りますが、近年はやはり皆のお休みに合わせてのお墓参りになりつつあると父が言ってます~
その点でも所変われど、現代人は地域に関係なく同じようですね~
1日が諸聖人の日ですか(・・?
ご主人様、火をともして亡き人に祈りを捧げられたのは、良いことですよね~(^-^)

2枚目の水鉢に映り込む黄葉が綺麗ですね~
本物の紅葉との組み合わせは、芸術作品だと思います~♫

ミミちゃん、お久しぶりですが、食欲があって頼もしいです~(^^♪
Commented by milletti_naoko at 2017-11-03 00:45
nonkonogoroさん、そうすると、ドイツでもこの頃に、お墓参りをする習慣があるんですね! 日本のお彼岸とよく似ている気がします。

お宅でも照り焼きを作られたんですね。おいしいですよね。日本は食卓に、世界のいろいろな国の料理を柔軟に取り入れることが多い国だなと、こちらに暮らしていると思います。
Commented by milletti_naoko at 2017-11-03 00:48
アリスさん、お休みに合わせて、お墓参りの習慣がそうすると日本でも変わってきていて、以前より日程を柔軟に解釈できるということなのでしょうね。今日はミジャーナのうちの掃除に出かけたのですが、近所の墓地で、なんと音楽や言葉の朗読も予定されていて、興味深かったのです。残念ながら行けなかったのですけれども。

昨晩も夫は夜間ロウソクに火をともしていました。
by milletti_naoko | 2017-11-01 22:22 | Feste & eventi | Trackback | Comments(4)