イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia 日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより

フィレンツェで紅葉・再会・日本食 〜 食・健康・環境を語る会に参加ついでに

 昨日、土曜日は、夫の車でフィレンツェに行きました。フィレンツェの駐車料金や中心街へのアクセスを、前日までに夫が調べ上げ、ローマ門(Porta Romana)近くの駐車場に車を置くことに決めました。料金は1時間2ユーロと高いのですが、料金の安い他の駐車場に比べて、参加予定の会の会場が近く、また、この駐車場のすぐ近くに、ボーボリ庭園(Giardino di Boboli)が、あるからです。

f0234936_2195868.jpg
Giardino dei Boboli, Firenze 11/11/2017

 ボーボリ庭園の入り口近くにある池が、水面に紅葉や彫像が映って、とてもきれいでした。

 庭園の丘を登ると、下方にドゥオーモのクーポラなど、フィレンツェの町並みや、郊外の風景が見渡せました。高みにある陶器の博物館に、こういう陶器もあるのかという意外な陶器や、それは美しい陶器もあって、興味深かったです。ただ、詳しくはいずれ記事を書くつもりですが、ウンブリアやトスカーナなどの郊外や山、パリのもっと美しく、けれども無料、あるいは入場料がずっと安い庭園に比べると、料金が7ユーロもする割には、庭園の案内図ももらえず、33ヘクタールもあるという広大な庭に、案内表示はまばらで、脇道によさそうな小道があっても、進むのがはばかられ、冬が間近で花が少ない時期であることは知りながらも、今ひとつで残念だという印象を受けました。

f0234936_2323821.jpg

 夫は数年前から、『Terra Nuova』という雑誌を年間購読しています。「新しい大地」という名のこの雑誌には、健康や環境によりよい食事や農業の在り方をはじめ、心身の健康や環境保護に関する様々な興味深い記事が、掲載されているのですが、今年はこの雑誌の創刊40周年に当たり、昨日はそれを記念しての会合が、フィレンツェで開催されました。この会に参加するために、わたしたちは昨日、日帰りでフィレンツェに出かけたのです。

f0234936_249111.jpg

 午後3時半から7時まで予定されていた会合に参加するため、ボーボリ庭園は、正午から1時半まで、約1時間半、その広大な庭の一部だけを歩きました。

 昼食は、前を通りかかって見えたピザがそれはおいしそうだった店、Pizzeria Totò atto IIで食べました。ペストをかけたピザは、これまではリグーリアや南仏でしか見たことがなかったので驚き、わたしも夫もペストが好きなので、すぐにこのピザに決めました。巨大な切り売りピザを、温めてもらって食べたのですが、とてもおいしかったです。(リンクはこちら

f0234936_315342.jpg

 昼食後、会合の会場となっている映画館、Cinema Odeonのあるストロッツィ広場を目指して、アルノ川を渡ると、ツタの紅葉や両岸の建物が水面に映って、きれいでした。

 夫が駐車場をどこに決めるか、また、ボーボリ庭園の訪問や昼食にどれくらい時間がかかるか分からなかったので、それまでは夫に何も言っていなかったのですが、グーグルマップで確認すると、映画館に着いてから、会が始まるまでは、いくらか時間があります。

f0234936_384777.jpg

 早足で急げば、中央市場(Mercato Centrale)まで行って、一目なぎささんにお会いしてから、余裕を持って、会場の映画館まで戻ることができる。この数か月、ずっとフィレンツェに行ってお会いしたいと思っていたので、夫が「会に間に合わないよ。まずは、市場にいるかどうか電話で確認してから、行くことにしようよ。」と言うにも関わらず、「わたし一人で行ってくるから、あなたはここで待っていて。」と、市場に向かいました。夫の言うことはもっともなのですが、もし別の場所になぎささんがいらして、わたしが来ると知って、「でも会えない」と気に病まれることのないようにと考えたのです。映画館周辺にとてもおいしいジェラート屋があるらしいと、夫は事前調査をしていたのですが、結局は、中央市場まで同行してくれました。久しぶりになぎささんにお会いして、元気なお顔を拝見できて、とてもうれしかったです。このときのことを、なぎささんもブログの記事にしてくださっています。リンクはこちらです。

 会場の映画館から中央市場に向かう途中も、映画館に戻るときにも、すぐ近くにドゥオーモ広場があるので、建物の間にドゥオーモやジョットの鐘楼が見えました。映画館には早めに戻れそうだったので、わたしはわずかな間でも、ドゥオーモ広場に行けたらと思ったのですが、夫は映画館へと急ぎます。近くにあるというおいしいジェラート屋に行きたかったからです。市場までついてきてもらったので、今回はドゥオーモはあきらめて、わたしも夫と映画館へと急ぎました。ところが、そのジェラート屋は、どこにも見当たりません。気づくと、まだ早いのに、会場前にもう列ができています。そこで、わたしたちもジェラート屋探しをやめて、列に並びました。会合が実際に始まったのは、午後4時頃だったので、結果的には、ドゥオーモを一目見る時間も、ジェラート屋を探し出す時間も十分にあったのですが、朝からあちこち訪ね回っていたので、むやみに歩き回らず、早めに会場に入ってよかったのではないかとも、思います。

f0234936_438734.jpg

 夫が最終的に、会場から近いローマ門近くの駐車場、Parcheggio Oltranaに駐車することに決めたのは、会が終わる午後7時には日がとっぷり暮れているため、料金が高くとも会場から近い駐車場をと考えたからです。

 そう夫が決めたのは出発直前で、わたしはドライブ中にインターネットで調べて、まさにその駐車場の近くに、ずっと行きたかった日本料理店、Il Cuore(リンクはこちら)と、日本語の教材を多く取り扱っているイタリア書房のフィレンツェ支店(リンクはこちら)があることが分かりました。

 ボーボリ庭園を歩いている間に、イタリア書房が閉まってしまうと知りつつ、今回の目的はあくまでも夫とのフィレンツェ訪問と、イタリア書房には言及しませんでした。ただ、日本料理店については、駐車場のすぐ近くにあって便利な上、会合が終わるのが遅いので、フィレンツェを出る前に夕食を食べるのにちょうどいいということで、夫に言うと、すぐに了承してくれました。まあ、いつも夫の希望で、二人のときの外食と言えば、ピザのおいしい店ばかりですので、たまにおいしい日本料理店があると言うと、めったにない機会でもあり、幸い、たいていは了承してくれます。

f0234936_3192842.jpg
Antipasto del menu Kaiseki, l'autentico al ristorante giapponese, il Cuore

 会が終わった7時に映画館を出て、最初はグーグルマップを見ても、行くべき方向がよく分からないので、何人かの人に道を尋ね、しばらく迷い歩きました。あらかじめ予約していたレストランには7時半前に到着することができ、夫もわたしもメニューを見てしばらく迷ったあと、会席コース「真」を選びました。写真の前菜をはじめ、料理が目に美しく、口にもおいしくて、うれしかったです。以前に、なぎささんと3人でお食事をしたユキさんも、店で給仕をされていて、久しぶりにお会いできたのも、うれしかったです。

 こうして充実した1日を過ごし、ペルージャに戻ったのは、午後11時頃でした。道中夫が、「駐車料金が19ユーロ、ペルージャ・フィレンツェ往復の高速料金が13ユーロ(Bettolle-Firenze間が片道6.5ユーロ、ベットッレまではsuperstradaですが無料です。)、ガソリン代を入れると、合計55ユーロくらいになるんじゃないかな。」と言っていました。はるかに遠いローマまで、つい最近、一人往復15.80ユーロで行ったことを考えても、確かにフィレンツェまで、一人当たり往復27-28ユーロは高く感じられますし、公共の交通機関の方が、長距離の運転が不要で、夫も楽です。もし、もっと早くから公共の交通機関の情報を調べていれば、もっと安くペルージャ・フィレンツェ間を、公共の交通機関で往復できたかもしれません。

 ただ今回は、車で行って、ローマ門近くの駐車場に車を置いたそのおかげで、駅からは遠いボーボリ庭園を訪ね、ずっと食べてみたかった店で、おいしい日本料理を味わうことができたので、結局はこれで一番よかったのではないかと思っています。

*********************************************************
Sabato a Firenze;

belli i colori d'autunno nel Giardino dei Boboli e alla riva dell'Arno,
interessante "Il Pane e le Rose" (Terra Nuova) al Cinema Odeon,
lieto l'incontro con un'amica, blogger giapponese al mercato,
poi squisita la cena al ristorante giapponese, il Cuore :-)
*********************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- ブロガー集合@フィレンツェ、夜・日本人編 / Incontro & Cena con le due Amiche, Blogger Giapponesi a Firenze (29/1/2016)
- 美への情熱、ブロガ-再招集@フィレンツェ / Ritrovo di Blogger a Firenze - Visita alla Bottega dell'Opera di Santa Maria del Fiore (28/1/2016)
- フィレンツェ ドゥオーモびっくり顔なし300年@ブロガー再招集2 / Blogger a Firenze 2 @ Nuovo Museo dell’Opera del Duomo (19/2/2016)
- 大理石とダイナマイト@フィレンツェブロガー再招集3 / Duomo, Dinamiti & Marmo di Carrara, Blogger a Firenze 3 (29/2/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/28562993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とすかーな at 2017-11-13 06:19 x
なおこさーん♪ごぶさたしております。フィレンツェにいらしていたんですね。
ピンクの服とってもお似合いでかわいいです☆
そしてお持ちのバッグは、うちのバッグでは?!嬉しい~♪ありがとうございます。

Il Cuoreに行かれたんですね。あそこは、家庭料理とちょっと違う料理を食べられるので貴重ですね。
土曜日フィレンツェにいたら、もしかしたらお目にかかれたかもしれないのになー。なおこさん、またお目に書かれたら嬉しいです☆

Commented by ayayay0003 at 2017-11-13 10:49
なおこさん、フィレンツェに用事で行かれてたのですね~
フィレンツェも、訪ねたのでとても懐かしく感じ嬉しいです☆
ボーボリ公園も訪ねようか?と候補には入れましたが、やはり1日しかないフリータイムでは、他にも見たい場所があり諦めました!
公園の中の案内地図がないのですね~それは、見るには、かなりブログなどでリサーチしてからでないと時間を無駄にしてしまいそうです~情報ありがとうございます♪
そして、ご友人との再会、こころあたたまる記事に感動いたしましたよ~
近くに住んでいてもお互いのお仕事があるしなかなか会うのは難しいですものね!
なぎささんが元気(手術されたみたいで大変でした^^;)にされていて、私も安心いたしました♪

アルノ川のつたの紅葉が素晴らしい映り込みのお写真に感動しましたよ~(^_-)-☆
Commented by フィレンツェのYUKI at 2017-11-14 06:29 x
先日は、il Cuoreにお越しいただき、ありがとうございます。気に入っていただけたのなら幸いです。若いオーナー、スタッフ共々、模索しながら前進しているのを、ほんの少しお手伝いしている身です。
また、フィレンツェに来られることがあれば、いつかのようにお食事できればいいなぁと、懐しく思いつつ、また近い将来、ペルージャの方にも訪れてみたいと思っております。
Commented by nagisamiyamoto at 2017-11-14 08:09
なおこさん、こんばんは
再会に感動!なんか、しゅん・・・ってなっていた瞬間に突然現れたのでもう地獄で仏のような気分でした。なおこさんとご主人の笑顔に助けられて、本当に嬉しかったです。
Commented by nonkonogoro at 2017-11-14 15:53
アルノ川の風景
 おいしそうなピザ
  そして なおこさんとご主人 お友だちのお写真
楽しく拝見しました。(^^)/

いつか イタリアに行ってみたいなあ。。。

Commented by milletti_naoko at 2017-11-15 02:11
とすかーなさん、お久しぶりです。自分では選ぶのにためらいがあったのですが、勧めてくださったとおりに好きな色を選んでよかったと感謝しています。そうです。貴店で購入したものです。夫には春向きだと言われて、去年は春まで使うのを我慢したのですが、大きい教科書なども入って重宝するので、冬が近づいても使っています。お優しいお言葉、ありがとうございます。

わたしもいつかまたお会いできるとうれしいです。お忙しいとは思いますが、ぜひウンブリアにも遊びに来てくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2017-11-15 02:20
アリスさん、フィレンツェを1日でとなると、訪ねたいところが多いので、選ぶのが難しいですよね。夫が駐車場をボーボリ公園横の駐車場に決めて、公園を訪ねることに決めたのが出発直前だったので、コースを調べるひまがなかったのですが、案内図をくれるものと思い込んでいました。今になって思うと、入り口の案内図をスマートフォンで撮影して、その写真の大ざっぱな案内図を参考にして回ればよかったのにという気もします。ただ、後から他の人が撮った写真を見ると、私たちが訪ねなかった美しい場所もいくつかあるものの、案内図には場所と名前だけで、詳細の説明や写真がないので、やはり訪問者には不案内だという気がします。33ヘクタールの登りくだりの多い庭園は、やはり順路や写真つきの案内がほしいな、と。

温かいコメントをありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2017-11-15 02:30
YUKIさん、こちらこそお世話になりました。目にも舌にもおいしいお料理、うれしかったです。夫も喜んでくれて、ほっとしました。

わたしもいつかまた、ゆっくりお食事できたらうれしいです。フィレンツェからペルージャは、バスや電車で片道2時間です。機会があれば、ぜひお越しくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2017-11-15 02:44
なぎささん、こんばんは。わたしもお会いできてうれしかったです。時には日常生活からすっぱり離れてみることも大切だと思いますので、ことさらお忙しいこととは思いますが、また暖かくなったらぜひペルージャにお越しくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2017-11-15 02:46
nonkonogoroさん、突然のフィレンツェ行きでしたが、思いがけず、ずっと会いたかった人に会え、食べたかった店で食べられ、紅葉も愛でられて、うれしかったです。

いつかぜひお越しくださいね。
by milletti_naoko | 2017-11-12 20:39 | Toscana | Trackback | Comments(10)