イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夕日・朝日・朝の月と日本語学習、時の表現と歌と折り紙

 夏至に向かって、日の出は少しずつ遅く、日の入りは少しずつ早くなっています。特別な時間割変更がなければ、わたしは、月曜・水曜・金曜は、朝8時からの授業を担当しているため、7時半過ぎに学校に到着し、火曜・木曜は夕方4時半まで授業をしています。今日はペルージャの日の出は7時25分、日の入りは4時35分とのことですが、

夕日・朝日・朝の月と日本語学習、時の表現と歌と折り紙_f0234936_54069.jpg
Tramonto a Perugia 5/12/2017 16:33

ペルージャは小高い丘や山に周囲を囲まれているため、今日はちょうど授業が終わった頃に、美しい夕日が山の向こうに沈むのが見えました。そうして、昨日の朝もまた、駐車場に車を置いてから、授業が始まるまでに時間があるので、すぐに学校に入らずに、丘の後ろから太陽が昇る様子を見守りました。

 最近は、まるく美しい月を見かける機会も多く、おとといの夕方は、ミジャーナで木々の間から昇る満月を愛で、昨日は朝7時頃に、その月が西の丘に沈むのが、うちの窓から見えました。

夕日・朝日・朝の月と日本語学習、時の表現と歌と折り紙_f0234936_5473560.jpg
5/12/2017 7:44

 昨夜は夕食を食べに出かけて、住宅街のマンションの上にさやかに輝く月が、大きく見えたのですが、今朝もまた、その月が西の丘に沈もうとするところを、うちの窓から目にすることができました。

 そんなふうに、朝日や夕日、そして月が見られる機会が多いのがありがたい今日この頃なのですが、

夕日・朝日・朝の月と日本語学習、時の表現と歌と折り紙_f0234936_5531720.jpg

今日ホワイトボードの隅に、「あさひビール」と書いたのは、そのためでも、アサヒビールの回し者だからでもありません。先ほど調べてみて、「アサヒ」がカタカナなのに気づいたわたしは、ビールは、と言うよりも、炭酸が苦手で飲めません。

 「あさ7時」、「あさごはん」、「やすみのひ」、「こどものひ」など、「あさ」や「ひ」が授業でよく出てくるので、「あさ」や「日」という言葉の定着を図るためにも、授業中に日本のビールについて質問があったときに、アサヒビールの話をしたのです。イタリアで見かける日本のビールメーカーとしては、アサヒを目にすることが多い気がしたからでもあります。
 
 さて先日、時刻表現を学習したときに、「ごぜん・ごご」も学びました。午前・午後を教えるときには、「午(ご)」は十二支の「午(うま)」で、昔は午の刻が正午の頃を指したから、今もAM・PMを表すのに「午の刻の前」、「午の刻のあと」と書くのだと説明し、十二支についても簡単に説明します。

 そのとき、十二支の「辰」に触れたときに、鯉の話になり、鯉のぼりについても言及していました。そこで、今教えている課では、「年月日」を学習し、最後のページに「ゴールデンウィーク」が出てくるために、季節はずれではありますが、「5月5日」を日本語で何と言うかを確認したあと、こどもの日とゴールデンウィークの話をしてから、「こいのぼり」の歌を学習しました。「おとうさん」、「おかあさん」、「こども」という家族を表す言葉や、形容詞、「たかい」の復習にもなります。ちなみに、今年5月の授業では、当時の生徒さんから、「お母さんは出てこないんですか。」という質問があり、恥ずかしながら、そのとき初めて、母への言及がないことに気づいたのですが、今日の授業では、そういう質問はありませんでした。
 
夕日・朝日・朝の月と日本語学習、時の表現と歌と折り紙_f0234936_621146.jpg

 そうして、歌詞を確認してから、いっしょに歌を歌い(「カラオケは好きじゃありません。」と言っていたのですが、ちゃんと歌ってくれました)、YouTubeで映像や文字も見ながら歌を聴いたあと、折り紙のカブトをいっしょに折りました。

 かっこいいカブトができた、子供にもぜひ教えたいと、喜んでくれてうれしかったです。

*******************************************************************************************************************************
In questi giorni di sera ammiro il tramonto dalla nostra aula di scuola e di mattina a casa vedo la luna che sta per calare dietro la collina. Sono bellissimi sia il sole sia la luna perché l'aria è limpida.
A scuola ora si insegnano i modi per dire i giorni e i mesi in giapponese e nella nostra lingua si usa il carattere cinese che significa il sole (日) per indicare un giorno del mese, mentre si utilizza il carattere cinese che vuol dire la luna (月) per indicare un mese perché fino a circa 150 anni fa, il Giappone adottava il calendario lunare.
Dunque, oggi il 6 dicembre si scrive in giapponese 12月6日. Il manuale, "Marugoto" parla della festa dei bambini e così durante lezione di ieri abbiamo cantato la canzone della festa, naturalmente in giapponese, e fatto l'elmo di samurai con gli origami.
*******************************************************************************************************************************
 
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-12-05 22:26 | Insegnare Giapponese